節約はレジャー!

コロコロクリーナーの効率的な使い方!無駄なく節約しよう

コロコロクリーナー

コロコロクリーナーを使用する男性カーペットや布製品などの掃除に便利なコロコロクリーナーを愛用している人も多いと思います。

特に自宅の中でペットを飼っている人にとっては、コロコロクリーナーは必須アイテムではないでしょうか。洋服に着いたペットの毛も簡単に取ることができます。

カーペットの掃除だけであれば掃除機でもいいのですが、複雑な造形のソファーや洋服にまとわりついたペットの毛を取るには、やはりコロコロクリーナーが凄く便利です。

そこで今回はコロコロクリーナーを効率よく使う方法を紹介します。無駄なく使って節約につなげてほしいと思います。

1 本体をケチらない

コロコロクリーナーの本体は安いものなら数百円で購入出来ますが、やはり品質には差があるものです。

少し力をいれるだけで持ち手の金属が曲がってしまう弱いモノもあるので、あまり安物のコロコロクリーナーはおすすめしません。

金属の曲がりを戻したとしても歪みが残るので、コロコロがスムーズにいかなくなるケースがあります。私が過去に100円ショップで購入したコロコロクリーナも、すぐにグラグラになってしまいました。

さらにコロコロクリーナーを収納しておくときのカバーも価格なりの差が出てしまいます。ペラペラのプラスチックのカバーだと閉まらなくなったり、隙間が多いと粘着テープにホコリが付いてしまいます。

汚れが気になった時にサッと掃除できるのがメリットのコロコロクリーナーなのに、カバーの質が低いと手間が増えてしまいます。

コロコロクリーナーの本体は長く愛用できるものなので、なるべくなら高品質なモノを選ぶことをおすすめします。極端に安いモノは避けてください。

またコロコロクリーナーのデザインも意識した方が良いかも知れません。見た目は好みの問題ではありますが、サッと気軽に掃除が出来るコロコロクリーナーだけに、デザインの良いモノやお気に入りのモノを選ぶことでインテリアとしても機能します

基本的に物置などに収納する掃除機は見た目のデザインよりも機能性が重要ですが、コロコロクリーナーを物置に収納しては手軽さが失われてしまいます。

この手軽さを活かす為にも、カバーの見た目や質にもこだわった方が良いかと思います。

素敵なデザインや柄の長いタイプなど色々なコロコロクリーナーがあるので、用途に合わせてお気に入りのモノを選んでみてください。

2 粘着テープの選び方

コロコロクリーナーに使用する粘着テープには決まった規格があるので、基本的にはどのメーカーの粘着テープでも使用することができます。

ただ安い粘着テープだと剥がすときの切り込みが無かったり、向きが表示されていない事があります

テープの端にだけ切り込みがあるタイプだと上手く剥がすことが難しいです。真っ直ぐにならないので、どうしても無駄が多くなります。

さらにゴミやホコリが付いた後だと、切り込みの位置を見つけるのも一苦労です。

節約という意味では、これらのような粘着テープの方が安いのですが、せっかくの手軽さが失われてしまうので、あまりおすすめしません。

一方で少し高い粘着テープだと、しっかりと切れ込みが入っていて無駄になりませんし、コロコロする向きも明示されているので、反対側にコロコロして剥がれてしまうようなミスも回避しやすくなります。

結果的に無駄なく粘着テープを使うことができるので、切れ込みも向きの表示もない安い粘着テープは避けた方が良いと思います。一回あたりの使用料で考えると、ほとんど大差がないものですよ。

3 コロコロクリーナーを使う順番

コロコロクリーナーを効率的に使う方法というのは、面積の広いカーペットなどの使用の前に、他の小物をコロコロして掃除することです。

洋服やクッションなどの小物をコロコロで掃除しても、大抵はテープの粘着力が残っているので、最後にコロコロしやすいカーペットなどを掃除すると無駄なく使用する事ができます。

これを意識するだけで部屋の中で掃除が見落とされがちなアイテムを、効率的に掃除することが出来ます。ちょっとしたことですが、明らかに掃除効率がアップします。

洋服やクッションの他にも、

  • 布製の鞄
  • 座布団
  • 椅子
  • スニーカー、スリッパ
  • ベッド、マット
  • カーテン
  • 滑り止め加工のハンガー
  • 布のカバー
  • コースター

など家庭には様々な布の製品があるものです。それらをコロコロしてから余った粘着力で、面積の広いカーペットをコロコロすることで、粘着テープを隙間なく使用することができるので、順番を意識してみてください。

4 シールの粘着力

コロコロクリーナーはテープの粘着力でホコリを絡めとるわけですが、専用のテープ以外にも粘着力は当然存在します。

それは様々な製品についている値札やシールやテープです。

そのままゴミ箱に捨てるよりも、シールを剥がしてちょっとしたホコリを絡めとることができます。

シールでポケットの掃除シールならではの小ささを活かして洋服のポケットの奥深くに貯まっているホコリを吸着することもできます。

他にも部屋の角のホコリにもシールが向いています。またドアの枠組みの上など、コロコロクリーナーを当てられない段差のホコリは、小さなシールで絡めることが出来ます。

缶ジュースやペットボトルについているシールをそのまま捨てるのではなく、小型粘着テープとして利用することで効率よく掃除してみてください。

これはコロコロクリーナーの便利な使い方ではないのですが、コロコロクリーナーの粘着力を利用した掃除方法としての視点を広げようという意味です。

コロコロクリーナーが入らない靴の中などの掃除にもおすすめです。靴の内側の先端にはホコリが結構貯まっているものですよ。

参考靴の寿命を延ばす方法

あまり古いテープだと粘着力が移ってしまうので気をつける必要がありますが、綺麗に剥がせたテープであれば問題ないので、頭に入れておくと良いかと思います。

まとめ 掃除の本質とは

コロコロクリーナーはすごく便利な掃除グッズです。掃除機のように物置から取り出す手間がないので、気になった時にサッと掃除を出来るのが一番のメリットだと思います。

だからこそインテリアとしても機能する素敵なデザインのコロコロクリーナー選んでほしいと思います。特にカバーのデザインや質は重要です。

様々なキャラクターとコラボしているものもあるので、子供が喜んで掃除するようになるかも知れません。

【amazon】コロコロクリーナー

【楽天】コロコロクリーナー

そしてコロコロクリーナーの粘着テープの質も意識してみてください。

極端に安いものだと切れ込みが無くて無駄になりますし、剥がすのにも一苦労です。

テープはネット通販よりもスーパーやホームセンターの方が安い傾向があります。ネット通販でもまとめ買いすれば安くなる事もあるのですが、よほど頻繁に使う家庭でもない限り、収納スペースを圧迫してしまうので向いていないと思います。

何年間も放置されるとテープの粘着力も落ちてしまうかも知れないので、極端なまとめ買いは避けた方が良いかと思います。

またフローリングが主体の家庭であれば、ほうきやクイックルワイパーと組み合わせることで、掃除の手間を軽減することが出来ます。もしかしたら掃除機は必要ないかも知れません。

参考掃除機のいらないライフスタイル

コロコロクリーナーでもフローリングで使用できるタイプがありますが、効率を考えるとクイックルワイパーの圧勝なので、上手く使い分けることをおすすめします。

参考クイックルワイパーの節約の仕方!

最後にコロコロクリーナーに頼らない方法も紹介します。

ラグマットやキッチンマットなどの小型のカーペットの掃除は、外に持ち出してパンパンと振ってください。

大きく振ることで繊維が起き上がることにもなるので、生地の奥深くのホコリや汚れを落とすことが出来ます

座布団のような小物も外に持ち出してパンパンと表面の汚れを掃ってみてください。そして仕上げにコロコロクリーナーを使うことで、繊維の奥深くに絡まっているホコリを取り除きやすくなりますよ。

軽く掃うだけで落ちる汚れまで粘着テープを利用する事はありません。大まかな汚れを落としておく事で、コロコロクリーナーの粘着テープを無駄にする事も無くなります。

これは毛布やシーツを洗濯する前にも同様の事が当てはまります。外で大きく振ることで、あらかじめ大まかなホコリやダニを落とすことになり、さらに繊維が起き上がって細かな汚れを洗濯しやすくなります

ソファーやイスなどの大型のモノは持ち運ぶことが大変なので、コロコロクリーナーを上手に使い分けて効率の良い掃除をしてほしいと思います。

掃除機をかけることだけが掃除ではありません。

掃除を本質を良く見極めて効率よく掃除をしてほしいと思います。そしてコロコロクリーナーならではのメリットを存分に活かす為にも、本体がしっかりとしたものを選び、カバーの質やデザインも意識してみてください。

日頃の掃除の手間を軽減して、上手く節約につなげてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]