節約はレジャー!

ビーズクッションは姿勢が悪い方にこそ、おすすめの椅子です!

ビーズクッションとは?

ビーズクッションとは、数年前から「人をダメにするソファ」として話題になった椅子のことです。

いわゆるクッションの中身が綿ではなくビーズになっており、ビーズクッションに座った方の形に沿って変化し、程よくフィットしてくれます。

私自身はあまりモノを持たない主義ということもあり、自宅にはソファもなく、座椅子と座布団とパソコンデスクの椅子で事足りていたのですが、たまたま知人の家でビーズクッションに座らせてもらう機会があり、とても驚きました。

今までビーズクッションの存在を軽視していた自分を、叱りたくなったほどです。やっぱり何事も体験してみるものですね。

そこで今回は実際に私が購入したおすすめのビーズクッションを紹介します。

ビーズクッションの凄さ!

いわゆる「人をダメにするソファ」に代表されるビーズクッションの魅力というのは、どんな姿勢でもフィットすることで疲れにくいということなのですが、私が驚いたのは良い座り姿勢を楽に保つことが出来たことです

良い座り姿勢というのは基本的に骨盤が起き上がった状態で座ることです。椅子に少し深く腰掛けて体を前傾させ、そこから自然に体を持ち上げると、しっかりとおしりの骨が椅子にかかり、無理なく骨盤を起き上がらせた姿勢になってくれます。

欧米人はリラックスした座り姿勢でも骨盤が起き上がっていることが多いのですが、筋力や骨格が弱い日本人の多くは、肩が前に出て猫背になってしまう傾向があります。欧米人に肩こりがないと言われる所以とも言われています。

おしりの位置を変えずに無理やり胸を張っても、骨盤が後ろに倒れたままで姿勢を維持する為にお腹や背中の筋肉を使うことになり、すぐに疲れてしまいます。

私は昔から猫背で悩んでいたので姿勢を良くする椅子なども試していたことがあるのですが、これはデスクワークのような座り方のときにしか使えませんでした。

現在は正しい姿勢に慣れたこともあり、この椅子を手放しても骨盤を起き上がらせたままの座り姿勢を維持できるのですが、問題に思っていたのはリラックスして座っているときの姿勢でした。

大抵は座椅子の背もたれに寄り掛かるように座って、本などを読むことが多いのですが、その場合だと、どうしても骨盤が後ろに倒れて猫背になってしまいます。

一日中、座椅子に座ってリラックスしているわけではないので、多少なら問題ないとも言えるのですが、つい長時間読書をしていると、しばしば腰が痛くなることありました。

それでも本を読み続けたいときは、座椅子の背もたれと背中の間に毛布などを挟みこみ、なんとか正しい座り姿勢(骨盤を倒させない)にと工夫をしていたものです。

そして、知り合いの家でビーズクッションに座らせてもらった時に、ビビビッと驚くことになりました。

「これならリラックスした座り方でも骨盤が後ろに倒れずに済むではないか」と。「現在の私が求めていたのはこの椅子だ!」と運命を感じました。

おすすめのビーズクッション

あまりの衝撃に感動した私は、さっさくビーズクッションを購入しようと近くの家具屋さんやショッピングモールに足を運んだのですが、実際にいくつか座ってみても知り合いの家のビーズクッションほどフィットしませんでした。

フィットしないというのも変なのですが、なんだか沈み込みすぎて姿勢を少し変えるだけでも凄く筋肉を使うような感じがしました。

ビーズクッションにもいくつかの形や大きさの違いなどがあり、どれでも良いというわけではなさそうでした。

そこで知人に連絡して教えてもらったビーズクッションがこれ(⇒)です。

販売ページを見るとわかりますが、このビーズクッションの特徴は上下の面の生地(伸びる)と側面の生地(伸びない)が違い、ビーズが横に流れすぎないようになっています。

このおかげで一度座った姿勢を保ちやすい構造になっていました。ほかのビーズクッションに座ったときに私が感じた違和感の正体がこれです。

また側面の伸びない生地を上下に向けて座ると、伸びやすい生地がサイドに膨らみ、柔らかい座り心地のビーズクッションに代わってくれます。

まさに私が求めていたビーズクッションはこれだ!ということになり、さっそく購入しました。

ビーズクッションのある生活

まず初めにビーズクッションのデメリットから紹介すると、その大きさです。

ビーズクッションはかなりの存在感があります。部屋が散らかっている方には向いていません。

私が購入したのがXLということもあるのですが、座椅子や座布団のように収納することもできません。

あと立ち上がる時は少し大変です。いわゆるヤンキー座りから立ち上がるようなことになるので、足の筋力が衰えている方には向いていないかもしれません。

一方でビーズクッションのメリットはたくさんありました。

私の趣味は読書なのですが、明らかに読書をしているときの姿勢が楽になりました。

楽といっても、いわゆるだらけた姿勢とも違います。

ベッドの上でだらけた姿勢で本を読んでいると徐々に痛みが出てくるものですが、ビーズクッションに座ると骨盤が後ろに倒れることもなく、しかも背中も支えてもらえるので、正しい座り姿勢を維持するために余計な力がほとんどいらなくなります

デスクワークに使うような椅子でも正しく座れば同じように座れますが、自然に湾曲した腰や背中を支えてくれるわけではないので、リラックスしたいときにビーズクッションは最適な椅子です。

さらに本を持つ手も楽で驚きました。その理由は側面の硬い生地のおかげで、肘を支えることが出来るからです。これは二人掛けのソファでは難しいはずです。

またビーズクッションが軽いということもあり、移動が簡単なのも大きなメリットです。私は音楽を聴くのも大好きなのですが、スピーカーのベストポジションに簡単に移動できるのも嬉しかったです。

まとめ 上質なリラックスを!

ビーズクッションの良さは、一度体験をしてみないとなかなかイメージできないと思います。正直、私も知人の家で座らせてもらうまでは、まったく興味がありませんでした。

ビーズクッションに座る機会があれば、ぜひ試してみてください。

ちなみにビーズクッションでも悪い姿勢で座ることができます。基本的にビーズクッションに座るときというのは、いわゆるヤンキー座り(ウ〇コ座り)をすることになるので、自然と骨盤が前傾して座ることになります。

これは一般的な椅子に正しく座るときにお尻を深く腰掛けることと同じなので、普通にビーズクッションに座れば骨盤が起き上がったままの正しい姿勢で座ることになります。

一度ビーズクッションに座った後に、少し腰を浮かせながら骨盤を後ろに倒しながら(猫背になりながら)ビーズを動かせば、悪い姿勢でフィットさせることもできます。

わざわざこんな座り方をする必要もありませんが、長年猫背で座ることが習慣になっていると、その状態を維持するために筋肉が慣れているので、正しい姿勢のほうが違和感がある場合があります。

実際に私も姿勢矯正の椅子を使用し始めた頃は、正しい姿勢にも関わらず数分で疲れていました。ですが、徐々に体の筋肉も正しい姿勢に慣れていくので、ほどなく正しい姿勢を維持することが難しくなくなります。

ビーズクッションに姿勢矯正椅子ほど効果があるとは言いませんが、リラックスしながらでも悪い姿勢にならずに済むというのは、大変すばらしいことだと思います。

実は少し前に正しい姿勢をキープできるという座椅子を実家からもらい受けました。購入してみたものの、ほとんど使っていなかったのだそうです。

その座椅子に座ると確かに骨盤が起き上がて背筋がピーンとなるのですが、リラックスできているかというと、やはり違うわけです。親には申し訳ないですが、次の粗大ゴミに出そうと思っています。

その点、ビーズクッションに座ると上質なリラックスが得られます。しかも余計な力を使うことなく、正しい姿勢をキープできるので、床擦れや無理に背筋を伸ばしたような痛みが発生することもありません。

節約や断捨離という意味では不要なモノかも知れませんが、部屋のスペースに余裕がある方であれば、ぜひ一度、ビーズクッションに座ってみてください。

人をダメにするどころか、上質なリラックスが得られると思います。

まったく同じ時間リラックスをするにしても、より身体の負担にならないほうが良いに決まっています。精神的にも肉体的にもリラックスできるということは、健康にとっても大切なことです。

自宅でゆっくり座る機会がない方であればビーズクッションを購入しても意味はありませんが、そうではない方は検討する価値があると思いますよ。

ちなみにビーズクッションのカバーは洗濯できるようになっています。衛生面でも安心なのが嬉しいです。

down

コメントする