節約はレジャー!

ポカリスエットの成分は点滴と同じ!?メリットとデメリット

ポカリスエットとは?

ポカリスエットとは大塚製薬が1980年から販売している清涼飲料水です。

ポカリスエットはテレビコマーシャルなどの影響で、スポーツドリンクのようなイメージがあるかも知れませんが、実は「飲む点滴」とも言われています。

そもそも販売元の大塚製薬が点滴の成分を元にポカリスエット開発しているので、実際に点滴と非常によく似た成分になっています。

要するにポカリスエットを飲むということは、身体の調子が悪い時に病院で点滴を打ってもらうことと同じような効果が期待できます。

もちろん点滴の方が血管から直接吸収されるので効果は早いのですが、ポカリスエットでも近い効果が得られるようなことです。

一方で「飲む点滴」だからと安全と決めつけて、安易に飲み過ぎることにはリスクがあります。

そこで今回はポカリスエットのメリットとデメリットについて紹介します。状況に合わせて上手く取り入れられるようになってほしいと思います。

ポカリのメリット

そもそも点滴とは身体の調子が悪い時に打つものです。

風邪などで体温が上がり、汗で身体の水分が失われている状態を速やかに回復させる目的があります。

普通の水を飲むことも大切なのですが、体液の成分に近い点滴やポカリスエットというのは、水よりも速やかに吸収されやすいという特徴があります。

また高熱で食欲が落ちている場合や、真夏の炎天下で体力が落ちている時もおすすめです。

熱中症予防にポカリスエットが効果的なのは、水分だけでなくカロリーやミネラルも摂取することができるからです。

実際に身体が点滴を打つような状態の時は、ポカリスエットは非常に有効な飲み物だと考えられます。

固形物(一般的な食べ物)は消化にエネルギーを使ってしまいますが、点滴のように液体であれば内臓の負担も軽くなります。ポカリスエットはエネルギー補給だけでなく、無駄な消化の為にエネルギーを使わないという意味でも、身体の調子が良くない時に効果的だというメリットがあります。

人間は食べたものをエネルギーに変える為(消化吸収)だけに、大きくロスをしてしまう燃費の悪い生き物です。食べ過ぎると眠たくなるのは消化の為に膨大なエネルギーが使われるからです。

だからこそ、身体の調子が良くない時に点滴やポカリスエットが有効だと言われています。身体に負担をかけずに栄養補給(水分補給)が出来ます。

ポカリのデメリット

様々なジュースの糖分一方でポカリスエットのデメリットというのは、単純に高カロリーで糖分が多いということです。

身体の水分が失われていない状態で飲んでも、メリットはほとんどありません。

単純にポカリスエットの味が好きで飲むのであれば、ジュースとしての目的(満足感)が得られますが、多くの清涼飲料水と同様に糖分がたっぷりと含まれています

ポカリスエットが飲む点滴だからと過信してガブ飲みしても意味はありません。健康的な人に点滴が必要ないのと同じです。

野菜ジュースでも飲みすぎるとデメリットがあるように、ポカリスエットにも過剰摂取のリスクがあります。

ここを気をつけてください。

たくさんポカリスエットを飲んだからといって健康になるわけではありません。ジュース代わりに飲んだとしても、ジュースのようなデメリットがないわけではありません。

あくまでも身体の調子が悪い時に消化吸収が速やかに行われやすいということであり、普段から頻繁に飲んでしまうとデメリットの方が上回ってしまいます。

ポカリスエットとアクエリアス

ポカリスエットは飲む点滴として開発されていますが、一方でライバル商品の「アクエリアス」はスポーツドリンクとして開発されています。

結果的にどちらも似たような成分になってはいるのですが、アクエリアスは疲労回復物質のクエン酸やアミノ酸を多く含むという特徴があります。

だからといってアクエリアスも日常的に飲むことで健康になるというわけではありません。ろくに運動もせずに過剰に栄養を補給しても脂肪になるだけです。筋トレしないでプロテインを飲んでも太るだけのようなことです。

ちなみにポカリスエットとアクエリアスの成分表を比較してみると、カロリーはアクエリアスの方が若干少なくなっていました。

どちらもカロリーを抑えたタイプが売られているのですが、それらは人工甘味料が含まれているので、個人的には普通のタイプの方がおすすめです。

特保やローカロリーをうたっている商品の多くには、人工的な成分が含まれています。ダイエットという点だけで考えると有効なような気がしますが、健康面では必ずしも良いわけではありません。

そのようなものに頼って良いスタイルになったり、健康になったという人は滅多にいません。健康的なスタイルを維持している人の多くは、そのようなものに頼らずとも良い食生活や生活習慣を実践しているだけです。

おすすめの飲むタイミング

ポカリスエットを飲むのにおすすめのタイミングは、身体の調子が良くなくて食欲が落ちている時です

夏場に食欲が落ちるのは、身体から汗がたくさん出て疲れているからです。これはお風呂やサウナで汗をかくのも同様です。気分はスッキリするかも知れませんが、身体にとっては負担になっています。

ここで食欲がないからと水分補給だけで済ませていると、塩分やミネラルが不足して熱中症になってしまうこともあります。

普通の水を飲むだけでは栄養は補給されません。食事から十分に栄養補給できない時こそ、ポカリスエットがおすすめです。

参考飲料水を節約する方法!

ちなみにポカリスエットは常温で飲む方がより吸収されやすくなります。これはポカリスエットに限った話ではありませんが、胃の中に冷たいものが入ってくると体温を使って温められることになります

体温を下げる冷たいアイスクリーム実はアイスよりも冷たい飲み物の方が内臓には負担になると言われています。アイスのように少しずつ口の中に入れるのであれば、胃の中に落ちるまでに温められますが、冷たい飲み物をゴクゴクと飲んでしまうと胃の中から冷えてしまいます。

身体が熱い時に冷たいものを飲むと気持ちがいいものですが、身体の調子を整える為にポカリスエットを飲むのであれば、常温、もしくは体温に近い温度の方が余計なエネルギーを使わずに済みます。

しばしば水をたくさん飲む健康法がもてはやされますが、極端におしっこの回数が増えると、その度に体温が奪われてしまうデメリットがあります。

コーヒーに含まれているカフェインの効果で血液がサラサラになるといったものも同じです。極端に摂取してしまうと利尿作用で身体の水分や体温が失われて調子を崩すケースがあります。

運動で身体が火照っているような状態であれば、多少は冷たくても良いとは思いますが、身体の調子が悪い時に飲むポカリスエットはキンキンに冷やさない方が良いと覚えておいてください

参考冷たい飲み物を避けると健康になる?

また人間のエネルギー摂取は効率の悪いと言われています。食べた物を消化して栄養に変換する為だけに、多くのエネルギーが必要になります。

食後に眠たくなるのは消化吸収にエネルギーが必要になっているので、余計な行動をしないように脳が促すからです。

風邪をひいた時に食欲が落ちるのも同じです。免疫力を高めてウイルスを戦う為にエネルギーが必要になるので、無理して食べてしまうと効率よくエネルギーが使えなくなってしまうからです。

断食が身体に良い理由はデトックスという意味もあるのですが、この食べたものを消化の為に働いている内臓を休めることも多いに関係しています。

参考断食の一番の効果は食費の節約!?

同じカロリーを吸収するのであれば、消化が大変な固形物よりも点滴のような液体のポカリスエットの方が内蔵に負担が少ないので、疲労回復というよりは余計な疲労を貯め込まずに済むというメリットがあります。

これをしっかりと理解する事がポイントです。栄養ドリンクなどに含まれているカフェインの覚醒効果や刺激物(強炭酸や辛みや酸味や香り等)によって、一時的に疲労が回復したような気になる事はありますが、あくまでも回復したのではなく誤魔化しただけです。

大事な場面などで一時的にそのようなものに頼るのであれば、それほど身体の負担にはならないと思いますが、日常的に取り入れてしまうとメリットよりもデメリットの方が上回ってしまうので気をつけてください。

これはポカリスエットのようなものでも同じです。きちんとした食事もとらずに代用できるものではありません。ここは勘違いしないでください。

まとめ 粉末ポカリという選択肢

ポカリスエットに含まれている糖分飲み物としてポカリスエットの味が大好きな人もいるとは思うのですが、清涼飲料水の多くには糖分がたっぷりと含まれています。

原材料名に砂糖と書いていなくても、「果糖ぶとう糖液糖」とあると、たっぷりの糖分が含まれていることになります。

毎日コーラを1リットル飲んでいた人がポカリスエット1リットルに変えても、おそらく健康にはなりません。お茶1リットルからポカリスエット1リットルに変えたら、糖尿病になってしまうかも知れません。

また最近はカロリーの少ない人工甘味料の飲料が増えていますが、あまりそのような物は身体に良いとは言えません。ダイエットコーラで痩せた人などいないものです。

ポカリスエットの成分は点滴に近いのは間違いありませんが、だからといって過度な期待は禁物です。たくさん飲んだからと言って調子が良くなるものではなく、食欲がなく身体の調子が悪い時に内蔵に負担をかけずに、水分とカロリーを吸収しやすい飲み物と覚えておいてください。

疲労回復する魔法の飲み物なのではなく、消化の為の余計な疲労を貯め込まずに済む飲み物です。

まさに点滴のような扱い方でポカリスエットと付き合うのが良いのではないでしょうか。

いくら「飲む点滴」といわれるポカリスエットでも、飲み過ぎにだけはならないように気をつけてください。日常的に飲むものではありません。

ちなみにポカリスエットには、水で希釈する粉末タイプも販売されています。

これは節約という意味でもおすすめなのですが、粉末タイプは水で希釈する割合を自分で調節できるので個人的におすすめです。私は倍ぐらいに希釈して飲むことが多いです。

そして粉末タイプは場所も取りません。

常に冷蔵庫の中にペットボトルのポカリスエットをストックしておくとスペースを取りますが、粉末タイプであれば問題ありません(そもそも私は冷蔵庫を手放していますが)。

参考冷蔵庫がいらない生活の基準

成分表を確認してみてもペットボトルと粉末タイプでは僅かな差しかありませんでした。

身体の調子が悪くなったときの保険(常備薬)として、自宅に粉末のポカリスエットを用意しておくのも良いかと思います。ただし賞味期限にだけは気をつけてください。

節約という意味では、ドラッグストアなどに売られているスポーツドリンクの粉末タイプの方がお得なのですが、そもそも頻繁に飲むようなものではないので、やはり点滴の成分により近いポカリスエットの方が良いのではないでしょうか。

それぞれの生活スタイルに合わせて、ポカリスエットを上手く取り入れてほしいと思います。職場近くの自動販売機のポカリスエットの有無をチェックしておくと、調子が悪くなった時や食欲がない時の強い味方になってくれると思います。

身体の調子が悪そうな同僚などに差し入れしてあげることもできますし、食事が取れないほど忙しい時にも有効なので、職場近くのポカリスエットの購入ポイントを頭に入れておきましょう。

ポカリ=「飲む点滴」

覚えておいて損はないかと思いますが、健康な人に点滴が必要ないという当たり前の事実も頭に入れておいてください。

追記 本物の点滴を初体験!

聴診器をもつお医者さん少し前に仕事中に具合が悪くなってしまい、急遽内科を受診することになりました。

診断結果はただの風邪ということだったのですが、お医者さんに、

「この後、時間に余裕はありますか?」

と言われ、私が時計を確認していると、

「時間があれば点滴打っておきますか、もし無理ならポカリでも飲んでおいてください」

と言われました。

まさに「ポカリ=点滴」なのだと実感したのですが、せっかくなので人生で初めての点滴を打ってもらいました。

ちょうど点滴を打ってもらう前に、私は喉の渇きを感じていたのですが、いざ点滴を打っていると徐々に喉の渇きが癒えていくのを感じました。

直接喉に水分が届いているわけではないので不思議な感じがしたのですが、血液から水分を補給できたせいなのか、見事に喉の渇きが収まった事に驚きました。

やはり「餅は餅屋」というように、点滴の吸収力、即効性は凄いのだと思います。

お医者さんが「ポカリでもいいよ」と言ったぐらいなので、ポカリスエットの成分も優れているとは思いますが、本当に身体が辛いときは、やはりプロのお医者さんに診てもらった方が良いかと思います。

ちなみにその病院の自動販売機にもしっかりとポカリスエットが売られていました。

それからお見舞いなどで訪れた病院の自動販売機をチェックするようにしているのですが、見事なぐらいポカリスエットが売られていたので、病院側にとっても信頼されているの飲料なのかも知れません。

アクエリアスや他のスポーツドリンクでも悪くはないとは思いますが、やはりポカリスエットならではの魅力があるのだと感じる出来事となりました。

コメント

  • 熱中症予防について調べてたどり着きました。ポカリのカロリーが気になっていたので、粉のポカリを薄めにつくって飲むようにしてみます。

    by じゅん €

  • 粉末ポカリって味がイマイチなんだよねー

    by 匿名 €

  • ポカリを常温で飲むと甘さが増しますね
    水で薄めて丁度良いぐらい

    by 匿名 €

  • ポカリを水代わりに飲むのはカロリーの点から感心しませんが、エナジードリンクで亡くなったのはカフェインの過剰摂取が原因であって、それをポカリと同列に扱うのはかなり違うのではないかと思います。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]