節約はレジャー!

飲料水の節約は考え方次第!線引きをどこにするかです

水道水は危険!?

公園の水水道水をそのまま飲むことに抵抗がある方も多いと思いますが、一方で全く気にしない方もいるものです。

この違いは育ってきた環境、地域によるところが大きいようです。私も以前は全く気にしない派だったのですが、現在は浄水器を使用しています。

少し前に話題になった印象深いエピソードがあります。

中国の方が日本のアニメを観て、水道の蛇口に口をつけて水を飲むシーンに影響を受けて試してみたところ、お腹を壊したそうです。

海外の水は慣れていないから危険とは言いますが、自国民ですらお腹を壊してしまう水道水も存在しているわけです。

水道水が安全と言われている日本ですが、それぞれのイメージがあるので難しい問題でもあります。

そこで多くの方が飲料水にお金をかけているわけですが、そのコストがそれなりになってしまいます。そこで今回は飲料水を節約するポイントを紹介します。

【スポンサーリンク】

飲料水の節約

ペットボトルの水飲料水のコストを高い順に並べると、

  1. ミネラルウオーター
  2. ウォーターサーバー
  3. 浄水器
  4. スーパーの水(容器代)
  5. 水道水

と言ったところでしょうか。

それぞれに、飲料水を節約させる方法があります。

大量のミネラルウォーターコンビニや自動販売機でペットボトルのミネラルウオーターを購入すれば割高ですが、まとめ買いや大きなサイズのペットボトルを選ぶことでコストは下げられます。

大型スーパー(コストコ等)のまとめ買いでは、500mlのペットボトルの一本辺りが20円ぐらいになるそうです。

ウォーターサーバーも提供するメーカーが増えてきたので、契約次第でコストを下げられるようになってきました。

浄水器の値段はピンキリですが、フィルターの値段を考えて選ぶことで長期的にコストを下げられます。ネット通販などで最安値を探すことで節約になります。

スーパーの水も専用容器さえ購入すれば無料で提供してくれます。数百円の容器代だけで済むので、物凄く長い目で見れば水道代より節約出来るかも知れません。

一方で「水道水を気にせず飲む」という方は、飲料水の節約に悩む必要はないでしょう。

どの飲料水が正しいというよりも「どの飲料水を許せるか」といった線引きで選ぶことになると思います。あくまでも自分次第ということです。

続いては、それぞれのデメリットについても紹介します。

飲料水のデメリット

ミネラルウオーターのデメリットは、やはりコストが一番高いということです。さらにペットボトルの容器のゴミを大量に出すことになります。ペットボトルのリサイクルも増えてきましたが、再び同じペットボトルに再生出来るわけではありません。エコに敏感な方にも向いていないでしょう。

ウォーターサーバーウォーターサーバーもコストは安くありません。さらに業者に水を届けてもらう手間など、一人暮らしなどでは煩わしさもあります。

さらに設置スペース、タンクの保管スペース、さらには電気代も増えてしまいます。

浄水器はフィルターに貯まった汚れを経由して水が流れてくるので、メンテナンスを怠ると通常の水道水よりも雑菌が多くなる可能性があります。交換時期を知らせてくれるタイプでないと、つい見逃してしまうものです。

スーパーの無料の水は何といっても運ぶ手間がかかります。ミネラルウオーターの購入でも同じですが、買い物の荷物と重たい水を持ち帰るのは楽ではありません。特に主婦には大きな負担になるのではないでしょうか。

ちなみに一部のスーパーでは機械のメンテナンスが問題視されたことがあります。この辺の管理は個人ではどうしようもありません。

水道水のデメリットは塩素の匂いや味を感じることでしょうか。さらにマンションの屋上などの貯水塔に水を貯めている場合は、水の質が落ちる傾向があります。

続いては、それぞれのデメリットへの反対意見も紹介します。自分なりに受け入れられる範囲を見極めてほしいと思います。

それぞれの考え方

ミネラルウオーターの容器のゴミの問題は、「いろはす」などの薄くて潰れやすい容器を選ぶことで大幅に減らすことが可能です。

オシャレなウォーターサーバーウォーターサーバーをオシャレなインテリアとして考えれば、設置スペースは無駄とはなりません。お店の待合室などに設置されている場合はイメージアップにもつながります。

浄水器も定期契約をすれば、メンテナンスやフィルター交換は問題ありません。浄水器による水道水の改善は、野菜やお皿を洗う水の質が上がるというメリットもあります。

水道水の塩素は空気に触れることで揮発します。さらに紫外線に触れることでも抜けやすいという特徴があります。

空のペットボトルに水道水を入れて少し日光に当てて置けば、塩素の味や匂いは抜けてしまいます。水道から出して間もない水と飲み比べてみると違いがわかると思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 線引き次第

水道水単純に節約だけを考えて飲料水を選ぶのであれば、水道水が最も節約できます。ただし水質には地域差があるので何とも言えません。

どんなに優れている水道水でも、塩素は最低限の量が定められているので、全くないことはありません。

ただし地下水の場合は別です。そのような地域にお住まいの方であれば、飲料水に悩む必要はないのかも知れません。

飲料水の節約は選択次第です。あなたが納得できる選択肢の中で、効率よく節約できる要素を見つけてほしいと思います。

 

最後に水道水の意外なメリットを紹介します。

 

実は飲料水として安全性が最も高いと言われているのが水道水です

日本の水道水には安全基準が設けられており、厳密に管理されています。

しかもその基準はかなり厳しく、実はミネラルウォーターよりもずっと厳しい基準で管理されています。

フッ素、ホウ素、ヒ素、亜鉛、マンガンなどの含有量の基準は、水道水よりもミネラルウォーターの方が3~5倍ぐらい緩い基準で販売出来てしまします。

冷蔵庫の説明書を読むと、氷を作るための水に「ミネラルウォーターは使用しないでください」とあります。ミネラルウォーターだと雑菌が繁殖しやすいのだそうです。

水道水の塩素は嫌われがちですが、ある意味優秀でもあるわけです。

美味しそうな水今回紹介した様々な飲料水の節約方法の中で、どれを洗濯しても問題はないと思われます。

あくまでも、あなたがどこで線を引くかだと思います。

どんなに水道水が綺麗な街だと説明されても、生まれた時からミネラルウォーターで育った人には、水道の蛇口から出る水には抵抗があると言います。

私の住んでいる街の水道水の評価は高く、塩素の量も少ないというのですが、浄水器を使用してみると、やはり違いを感じるものです。正直、水道水をそのままで飲みたいとは思えません。

慣れ親しんでいない飲料水の選択は難しいと思うので、あなたが納得できる選択肢の中で可能な節約方法を選んでほしいと思います。


down

コメントする