節約はレジャー!

飲料水の節約は考え方次第!線引きをどこにするかです

水道水は危険!?

公園の水水道水をそのまま飲むことに抵抗がある人も多いと思いますが、一方で全く気にしないという人もいるものです。

この違いは育ってきた環境、地域によるところが大きいようです。私も以前は水道水でも全く気にしない派だったのですが、現在は蛇口に取り付けるタイプの浄水器を使用しています。

少し前に話題になった印象深いエピソードがあります。

中国の方が日本のアニメを観て、水道の蛇口に口をつけて水を飲むシーンに影響を受けて試してみたところ、お腹を壊したそうです。

海外の水は慣れていないから危険とは言いますが、自国民ですらお腹を壊してしまう水道水も存在しているわけです。

水道水が安全と言われている日本ですが、それぞれの地域によって水質は違いますし、個人のイメージにも差があるので難しい問題でもあります。

そこで多くの人が飲料水にお金をかけているわけですが、そのコストがそれなりになってしまいます。そこで今回は飲料水を節約するポイントを紹介します。自分で納得できる飲料水の中から無理なく取り入れられる方法で節約しましょう。

飲料水の節約

ペットボトルの水飲料水のコストを高い順に並べると、

  1. ミネラルウオーター
  2. ウォーターサーバー
  3. 浄水器
  4. スーパーの水(容器代)
  5. 水道水

と言ったところでしょうか。

それぞれに飲料水を節約させる方法があります。

大量のミネラルウォーターコンビニや自動販売機でペットボトルのミネラルウオーターを購入すると割高ですが、まとめ買いや大きなサイズのペットボトルを選ぶことで節約することができます。

大型スーパー(コストコ等)でミネラルウォーターを箱買いすると、500mlのペットボトルの一本辺りが20円ぐらいになるそうです。

ウォーターサーバーも提供するメーカーが増えてきたので、契約次第で節約することが可能です。

浄水器の値段はピンキリですが、交換フィルターの価格や寿命を考えて選ぶことで長期的にコストを下げられます。またネット通販などで最安値を探すことでも節約になります。

ポット型の浄水機も格安のものが増えてきており、水道の蛇口に取り付けるタイプよりもコストを下げられるかも知れません。

スーパーやドラッグストアにある水も、専用容器さえ購入すれば無料で提供してくれます。数百円の容器代だけで済むので、物凄く長い目で見れば水道水よりも節約出来るかも知れません。

一方で「水道水を気にせず飲む」という人は、そもそも飲料水の節約に悩む必要はないでしょう。

どの飲料水が正しいというよりも「どの飲料水を許せるか」といった線引きで選ぶことになると思います。あくまでも自分次第ということです。

この線引きを変えずに節約するのであれば、ここまで紹介してきた方法でコストを下げるのが有効なのですが、より節約を考えるのであれば、この線引きのラインを変えるのが有効です。

次はそれぞれの飲料水のデメリットについても紹介します。今まで何となくイメージだけで線引きをしていた人であれば、正しい知識を得る事で無理なく線引きを変えられるかも知れません。

飲料水のデメリット

ミネラルウオーターのデメリットは、やはりコストが一番高いということです。

さらにペットボトルの容器のゴミを大量に出すことになります。ペットボトルのリサイクルも増えてきましたが、再び同じペットボトルに再生出来るわけではありません。

最近はプラスチック容器に含まれているマイクロプラスチックの問題も叫ばれるようになりましたし、エコに敏感な人や健康に気をつかう人には向いていないかもしれません。

ウォーターサーバーウォーターサーバーもコストは安くありません。さらに業者に水を届けてもらう手間など、一人暮らしなどでは煩わしさもあります。

さらに設置スペース、タンクの保管スペースなども奪われますし、力の弱い女性だと交換作業も一苦労です。さらには電気代も増えてしまいます。

浄水器はフィルターに貯まった汚れを経由して水が流れてくるので、メンテナンスを怠ると通常の水道水よりも雑菌が多くなる可能性があります。交換時期を知らせてくれるタイプでないと、ついつい見逃してしまうかも知れません。

また水道水の水質も地域によって違うので3ヶ月使用できるフィルターだとしても、地域によっては2ヶ月ぐらいで寿命を迎えるかも知れません。

貯水槽がある高層マンションだと、そこの衛生状態によって水質が悪化しますし、消毒の為の塩素が加えられているケースもあるので、直ぐに浄水器のフィルターが詰まるかも知れません。

スーパーの無料の水は何といっても運ぶ手間があります。ミネラルウオーターの購入でも同じですが、買い物の荷物と重たい水を持ち帰るのは楽ではありません。特に主婦には大きな負担になるのではないでしょうか。

ちなみに一部のスーパーでは飲料水を提供する機械のメンテナンスが問題視されたことがあります。この辺の管理は個人ではどうしようもありません。

水道水のデメリットは塩素の匂いや味を感じることでしょうか。水道水に含まれている塩素の量は最低基準があるので、どんなに水が綺麗な地域でも含まれています。

基本的には川の上流の地域ほど少ない傾向があるのですが、川下の地域は川上の地域の下水処理された水が混ざってしまいます。

もちろん浄水器のフィルターが詰まりやすい貯水槽のある高層マンションなどでも同様です。私の実家も古い高層の市営住宅にあるのですが、水道水はそのまま飲めたものではありません。

また古い住宅ほど水道管の中の劣化(錆び、腐食)の影響を受けてしまいます。引っ越し先などで久しぶりに水道を出すと、しばらく茶色い水が出てきた経験がある人もいると思うのですが、あれは公共の水道管から自宅までのルートの汚れです。

これらのように、どの飲料水にもデメリットやリスクがあります。

育ってきた環境だけでなく、現在住んでいる地域や住宅環境によっても変わるので、一概に正解を決められるものではありません。

続いては、それぞれのデメリットを回避する方法を紹介します。自分なりに受け入れられる範囲を見極めて、上手く線引きし直してみてください。

デメリットの回避方法

ミネラルウオーターの容器のゴミの問題は、「いろはす」などの薄くて潰しやすい容器を選ぶことで大幅に減らすことが可能です。一般的なペットボトルでもコツを掴めば細かく潰す事ができます。

500mlではなく大きなペットボトルを選ぶ事も有効です。

オシャレなウォーターサーバーウォーターサーバーはオシャレなインテリアとして考えると、設置スペースは無駄とはなりません。お店の待合室などに設置されている場合はイメージアップにもつながります。

頻繁にお湯を必要とする家庭にも向いていますし、電気ケトルや電気ポットなどを手放せるかも知れません。

浄水器のフィルターも定期契約をすれば価格を下げられますし、フィルターの交換時期を見逃しも回避できます。ポット式の浄水器であればコストも下げられます。

また水道の蛇口に取り付けるタイプ浄水器であれば、野菜まどを洗う時の水の質も上げられるというメリットがあります。料理にミネラルウォーターやウォーターサーバーを使う家庭でも、お米を研ぐ水となるとかなり手間になるのではないでしょうか。

また水道水の塩素は空気に触れることで揮発します。さらに紫外線に触れることでも抜けやすいという特徴があります。浄水場では紫外線が当たらないように工夫されているぐらいです。

なので空のペットボトルに水道水を入れて少し日光に当てて置くと、塩素の味や匂いは簡単に抜けてしまいます。水道から出して間もない水と飲み比べてみると違いがわかると思います。

これらのように飲料水には様々な種類があり、それぞれのメリット、デメリットがあるものです。何となくミネラルウォーターを飲んでいただけという人であれば、改めて考えてみることで線引きするラインを無理なく変えられて節約できるかも知れません。

まとめ あくまでも線引き次第

水道水単純に節約だけを考えて飲料水を選ぶのであれば、水道水が最も節約できます。ただし水質には地域差がありますし、住宅環境も違うので何とも言えません。

どんなに美味しいと言われている水道水の地域でも、塩素は最低限の量が定められているので、全くないことはありません

ただし地下水の場合は別です。そのような地域にお住まいの人であれば、そもそも飲料水に悩む必要はないのかも知れませんが。

ちなみにネット上ではウォーターサーバーなどを売りたいサイトが、水道管の中の錆びを過剰にアピールして問題視していますが、あれはフェイクだと言われています。

【デマ】「水道管は錆びだらけ」【フェイクニュース】

水道の専門家からすると、これは工場排水などで用いられる水道管で、一般的な条件とはまるで違うそうです。

よほど古い水道管だと可能性が0とは言えないのですが、大抵の自治体では定期的に交換していますし、現在の住宅には錆びない素材のものが用いられています。

水道管の問題というのは、どちらかと言えば古い住宅の方にリスクがあります。定期的にメンテナンスされている公共の水道管より、古いままだという事があるそうです。

といっても、引っ越し先で茶色い水が出てきたとしても、しばらく全開にしていれば綺麗な水になるように、大きな問題になるものではありません。

帰宅時や朝一などで数時間ぶりに水道を使う場合は、蛇口を全開にして少し水を出しておけば、これらの問題はなくなります。

これは私が利用している浄水器の説明書に書いてあった事です。そのような水道管の中で滞っていた水を浄水器のフィルターに通してしまうと、寿命が短くなってしまいます。

ウォーターサーバーの利便性に惹かれて選ぶのは構いませんが、過度な水道管のリスクをアピールして恐怖を煽ってくるパターンがあるので、気をつけてください。

飲料水の節約は線引き次第です。あなたが納得できる選択肢の中で、効率よく飲料水を節約できる方法を取り入れてほしいと思います。

最後に水道水の意外なメリットを紹介します。

実は飲料水として安全性が最も高いと言われているのが水道水です

日本の水道水には安全基準が設けられており、厳密に管理されています。

しかもその基準はかなり厳しく、実はミネラルウォーターよりもずっと厳しい基準で管理されています

フッ素、ホウ素、ヒ素、亜鉛、マンガンなどの含有量の基準は、水道水よりもミネラルウォーターの方が3~5倍ぐらい緩い基準で販売出来てしまします。

冷蔵庫の説明書を読むと氷を作るための水に「ミネラルウォーターは使用しないでください」とあります。ミネラルウォーターだと雑菌が繁殖しやすいのだそうです。

参考冷蔵庫の電気代を抑えるポイント!

水道水の塩素は嫌われがちですが、ある意味優秀でもあるわけです。わざわざミネラルウォーターで食器を洗う人はいないと思いますが、水道水で洗った方が雑菌は繁殖しません。

美味しそうな水今回紹介した様々な飲料水の節約方法の中で、どれを選択しても問題はないのですが、あくまでもどこで線を引くかだけです。

どんなに水道水が綺麗な街だと説明されても、生まれた時からミネラルウォーターで育った人には、水道の蛇口から出る水には抵抗があると言います。

東京の水道水の質も随分と向上しているそうです。少し前にテレビの企画で様々な飲料水を名前を伏せて飲み比べをしていたのですが、東京の水道水が上位にランク付けされました。

とはいえ、東京は高層マンションが多く貯水槽の問題もあるので判断が難しいと思います。

ちなみに私の住んでいる街の水道水の評価はかなり高く(北海道で2位)、塩素の量も最低限だというので、気にせずに水道水をそのまま飲んでいたのですが、数年前に近所の家で浄水器を通した水を飲ませてもらうと、塩素の匂いが全くなくて驚きました。

私の住んでいるアパートは結構古い事もあり、おそらく水道管も交換していないので、そのようなリスクの事も踏まえて浄水器を利用するようになりました。

ちなみに浄水器を使用するようになってから気づいた事なのですが、浄水器のフィルターだけでなく、そのまま水道水を流すルートにもちょっとした網目のフィルターがあるのですが、そこに細かな砂や錆びのようなものが挟まっていました。

フィルターの交換が三ヶ月毎なので、その度にこの網も掃除しているのですが、結構な数の汚れがあるものです。おそらくこれが自宅から公共の水道管までのルートのリスクなのだと思います。

これを回避する為だけであれば、おそらく水道の使い始めに少し全開にするだけで問題になりませんが、朝一などでいきなり水道水をそのまま飲むような事は避けた方が良いかと思います。

昔ながらの蛇口の先に取り付けるスポンジのようなものでも回避できるのかも知れません。

これも定期的に交換しないと雑菌の温床になるかも知れませんが、昔の水道管の環境には適していたグッズだったのかも知れません。

慣れ親しんでいない飲料水の選択は精神的な意味で難しいとは思いますが、今回紹介した情報と照らし合わせる事で、それぞれの環境に適した飲料水を選べるようになるのではないでしょうか。

水の綺麗な地域の比較的新しい住宅であれば、水道水のままでも十分かも知れませんし、新しい住宅でも配水管の圧力が減圧されてしまう丘陵地(高低差のある地域)だと、貯水塔を経由してくることもあります。

必ずしも正解の飲料水は決められるものではないので、しっかりと自分の環境に照らし合わせて選んでください。

線引きを変えないにしても、工夫次第でコストを下げる事が可能なので、上手く飲料水を節約してほしいと思います。

コメント

  • 同じ市内に引っ越したのに
    水道水が不味くなって不思議だったのですが
    古い住宅で小高い丘の上に引っ越したので
    貯水塔や水道管の問題がありそうです

    勉強になりました
    ありがとうございます

    僕も浄水器を取り入れてみます

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]