節約はレジャー!

トイレの水道代を節約させる意外な習慣を紹介

トイレの水量

水一般家庭で使われている水道の中で最も使用量が多い箇所をご存知でしょうか?

家庭環境や家族構成にもよるのですが、最も水道の使用量が多いのはお風呂と言われています。そしてその次が「トイレを流す水」になります。

お風呂の水量を減らすことは簡単ではありませんが、トイレで使用される水量を減らすことは、それほど難しくありません。

参考お風呂の水道代の節約は難しい!?

日頃の心がけ次第でトイレの水道代は大きく節約すること可能です。

そこで今回は意外なトイレの水道代の節約方法を紹介します。一方で間違った方法も合わせて紹介します。

【スポンサーリンク】

トイレの水量節約のリスク

トイレのタンクよく言われているトイレの水道代節約テクニックとして、貯水タンクの中にレンガや水を入れたペットボトルなどを入れて、タンクに貯まる水量を節約する方法があります。

確かに一度に流れる水の量が減るので、それなりに水道の節約効果があるのですが、この節約法にはリスクが伴います。

トイレで流れる水量というのは、きちんと汚物が流れるように計算された上で設計されているので、その水量を下回ってしまうと、汚物がきちんと流れない可能性があります。

入り組んだパイプ「小」であれば問題はないですが、「大」の場合は見た目では綺麗に流れていたとしても、下水のパイプの途中で詰まってしまうことがあります。

この状態が続くと徐々にパイプに汚れが蓄積していき、詰まる原因になってしまいます。トイレが詰まる時というのは、いきなり訪れるように感じますが、目に見えない箇所が詰まって流れが悪くなっているのが原因です。

こうなると水道代の節約どころではありません。「水のトラブル八千円」なんてCMがありますが、そのお値段でも良心的なぐらいです。水道のトラブルは地域によっては高額なことも珍しくありません。

トイレの形状や排水のパイプの形にもよるのですが、トイレの設計を無視して流れる水量を減らすことにはリスクがあるので気をつけてください。

もちろんこの方法で問題なく水道代を成功できることもあります。計算の上に設計されているということは、かなり大き目の「大」でも流れるように計算されているということなので、よほど大きな「大」をしなければ、大抵は問題ありません。

ですが、レンガやペットボトルは貯水タンクの中で詰まったり、引っかかったりすることもあります(経験有り)。やはりおすすめ出来る節水方法ではありません。

ユニットバス他にもお風呂の残り湯をトイレで流す時に利用する節約方法もあるのですが、ホテルのユニットバスのようにトイレとお風呂がセットにでもなっていなければ、あまり現実的ではありません。

バケツで水を運ぶのは大変です。こぼれてしまえば掃除の手間も増えます。そして掃除の為に水道水を使うことにもなるものです(こちらも経験有り)。

簡単な水道代の節約

そこで最も簡単なトイレの水道代の節約方法を紹介します。

公園のトイレそれは「自宅のトイレの使用回数を減らす」ことです。

物凄く単純なことですが、これが最も効果的な節水方法です。外出時は帰宅する前にトイレを済ませるように心掛けるだけです。

また外出する前にもトイレに行きたいところですが、目的地によってはそちらでトイレを済ませることも可能だと思います。

これにはもう一つのメリットがあります。それはトイレの使用回数が減れば汚れる回数も減るということです。これはトイレ掃除で使用される水道代も節約することになります。当然トイレの洗剤の使用量やトイレットペーパーの節約にもなります。

参考トイレットペーパーはシングルがお得?

外出時にトイレを済ませるというの単純なことですが、このちょっとした日頃の習慣でかなりの水道代を節約することができるものです。公共のトイレのポイントを頭に入れておきましょう。

トイレのレバーまた自宅のトイレを使用する場合は、レバーの「大」と「小」をきちんと使い分けることがポイントになります。

「大」の時に「小」で流すのは下水管が詰まるリスクがあるのでおすすめしませんが、「小」の時に「大」で流すのは完全な水道代の無駄です。

あるテレビ番組で調査していたのですが、世の中の多くの方が「小」でも「大」で流す傾向があるそうです。無意識に「大」で流している方は気をつけてください。

また古いタイプの便器を使用している家庭の場合は、レバーの力加減を調節できるのものなので、「小」の場合に限って言えば、かなり少な目に流すことも節約に効果的です。ただし流れる水が少なすぎて水溜りに残ってしまうと、悪臭の原因になるので気を付けてください。

節水タイプの便器

古いトイレ最近のトイレの便器は従来のものから比べて格段に進歩しています。少ない水の量でも詰まることなく流れるように設計されています。古いタイプの便器を使用している方は買い替えるのも一つの節水方法だと思います。

水道代の節約の為だけと考えると物凄く高い買い物になりますが、トイレが綺麗になることは気分が良いものです。

また最新のトイレは節水効果だけではありません。使い勝手やトイレ掃除も各段にしやすくなります。

参考トイレの神様の本当の意味

節約で貯めたお金の使い道は自由ですが、このように日々の生活を豊かにするものに投資することは、とても有効な使い方だと思います。時間の節約にもなるので検討する価値があると思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 日頃の習慣

シャワー冒頭で一般家庭で水道を最も使用する箇所はお風呂だと紹介しましたが、シャワーしか浴びない人だとトイレがダントツで一番になります。

節約というのは小さな積み重ねが大事なのですが、やはり大きな目を摘むことも大事なことです。トイレの水の使用量はとても大きいので、日頃から意識してほしいと思います。

本当にちょっとしたことですが、外出先でトイレを済ませてから帰宅する習慣を身につけてください。これだけでも水道代は大幅に節約することが出来ます。

ちなみにラジオである人気ミュージシャンが言っていたのですが、その方は昔からトイレ掃除が大嫌いで、自宅では一切トイレを使用しないと公言していました。

「近所のトイレスポットを時間別で把握している」と自慢げに語っていました。ここまでするのはどうかと思いますが、やる気のある方は近所の公園などのトレイスポットをチェックしておいてください。

また男性の田舎暮らしで近所に家がないのであれば、あまり大きな声では言えませんが、「小」をその辺で済ませるのも良いかと思います。所有している土地であれば問題ないはずです。もちろん迷惑になるようなことは避けてくださいね。

ちなみに一人暮らしの方は、トイレの水道代を節約しても意味がないケースがあります。

参考一人暮らしの水道代の節約は無意味?

貴重な資源を無駄遣いしないことは立派なことですが、お財布的には意味がないケースもあるので気を付けてください。

トイレの水道代を節約する方法をまとめると、なるべく外出時にトイレを済ませる習慣と、自宅ではレバーの使い分けをしっかりするように意識してください。

自分でお金を支払う感覚のない子供に、しっかりと教育することも大切です。


down

コメントする