節約はレジャー!

トイレットペーパーの節約ならシングルが断然おすすめ!

トイレットペーパーの節約

トイレットペーパーとカエルのオブジェトイレットペーパーにはシングルとダブルがありますが、節約という観点から考えるとシングルが断然おすすめです。

そもそもトイレットペーパーのダブルというのは、通常のティッシュペーパーのように二枚重ねになっているだけなので、実はトータルの長さではシングルとダブルに違いはありません。

ですが、実際にはシングルの方が圧倒的に節約になるケースが多いものです。その理由を理解した上で、それぞれの環境に合わせて選択してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

トイレットペーパーの使用量

ある機関のトイレットペーパーの使用量の調査結果では、二枚重ねの厚みのあるダブルのトイレットペーパーを使用している人に比べて、シングルを使用している人の長さは「1.7倍」とありました。

この調査結果だけでも、単純にシングルのトイレットペーパー方が15%も使用料が少ないので節約になるのですが、問題はそこだけではありません。

巻き取る習慣

シングルのトイレットペーパー日頃シングルのトイレットペーパーを使用している人が、外出先のトイレットペーパーを使用するときに、厚みが倍のダブルだからといって半分の長さの巻き取り量になることは稀です。

ほとんどの人が習慣通りの回数を巻き取ってしまいます

「ここのは家と違ってダブルだから半分にしよう」

という方は滅多にいません。

逆にダブルに慣れている人がシングルを使用するときは、いつもよりも巻き取る回数を増やしますが、倍ほどにはならないそうです。これがシングルのトイレットペーパーの方が圧倒的に節約できる理由です。

自分だけなら別

基本的にトイレットペーパーはダブルの方が「使い心地が良い」「肌触りが良い」と言われています。自宅で自分だけが使用するのであれば、長さが同じだと理解していれば、シングルでもダブルでも節約効果に差は生まれません。

あくまでもコントロール次第です。どちらでも無駄な使用量にならないように、適切な長さにするのが一番の節約になります。

ですが、家族が多い場合やお客さんが多い家庭だと、不特定多数の方がトイレットペーパーを使用することになります。

転がるトイレットペーパーコントロール出来ない他人のトイレットペーパーの使用量に「シングルとダブルでは差が出る」ということです。

特にお店などは「シングル」にすることで、かなり高い節約効果が期待出来ます。

自宅では無駄にならないように長さを気をつけている方でも、外出先では気にしないという方も多いものです。

自宅ではおしっこをした時に小で流す人でも、ついつい外出先では大で流すという方がいるのではないでしょうか。トイレットペーパーの使用量も同じような心理が働きます。

だからこそ、トイレットペーパーはシングルの方が圧倒的に節約になります。

高級さを売りにしているお店などであれば、あえてダブルを選択するのもありかも知れませんが、経費削減という意味ではシングルの圧勝です。

おまけ シングルの使用感

ちなみにシングルのトイレットペーパーに、「表」と「裏」があることをご存知でしょうか?

普通のティッシュペーパーにも「表」と「裏」があり、肌触りの悪いざらざらの裏面が重なって一枚のティッシュペーパーになっています。

ダブルのトイレットペーパーも同じような構造です。肌触りの悪い裏面が重なり合っているので、どちら側を使用しても肌触りが良い方になります。

ダブルに比べてシングルの肌触りが悪いと感じている方は、トイレットペーパーの裏側で拭いている可能性が高いです。

きちんと肌触りが良い表側でお尻を拭くようにすると、シングルでも肌触りが断然良くなります。手で確認してみると全然違うのがわかると思います。

シングルとダブルのトイレットペーパーの紙質には差がありません。この表と裏があるだけです。

日頃ダブルを使用していて外出先のシングルの肌触りが気になる方は、巻き取る向きを注意してみてください。肌触りの良い表面はトイレットペーパーの外側です。

【スポンサーリンク】

まとめ 巻き取る向きがポイント

三角にしたトイレットペーパーダブルのトイレットペーパーは不特定多数の人に無駄に使われてしまうリスクがあるので、シングルにすることで節約効果があります。

そしてシングルでも「表」と「裏」を意識することで肌触りを良くすることが出来ますので、気になる方はいつもの習慣を意識してみてください。

よくテレビのお笑い番組などのコントで、素早くトイレットペーパー巻き取る向きは逆です。右手が反時計回りになるように巻いてください。

多くの外出先では安価で品質の低いトイレットペーパーが設置されているものです。だからこそ肌触りの良い外側の表面で拭くように意識してほしいと思います。

またトイレットペーパーも大切な資源の一つです。外出先でも必要以上に使わない方が良いと思います。

きちんと「表」と「裏」を意識して、無駄なくトイレットペーパーを使用して節約してください。またウォシュレットも上手に使うこともポイントです。

最近のウォシュレットには乾燥機能もあるので、トイレットペーパーの使用量を節約することが出来ると思います。

ちなみに芯なしのトイレットペーパーを選ぶことで、さらに節約効果が期待できます。ただ芯なしトイレットペーパーは、必ずしもスーパーやドラッグストアなどで売られているとは限りません。

ネットで探せば簡単に見つかりますが、送料の事を考えると、かなり大量に購入しないと節約にはならないと思うので気をつけてください。

実は私も検討したことがあるのですが、頻繁に安売りをする近所のドラッグストアのシングルのトイレットペーパーの方が、結果的に節約になる計算になったので諦めました。

ネット上のドラッグストアは、リアル店舗のドラッグストアと比べると若干高い傾向があると感じています。重たいモノや階段が大変な階に住んでいる方には便利だと思いますが、節約という意味では近所の大型のドラッグストアの方が向いているように感じます。

また自宅の収納スペースに余裕がある方であれば、ボックスティッシュやトイレットペーパーの箱買い(ダンボール箱)をすることで、さらに節約できると思います。箱買いしたい方はホームセンターなどをチェックしてみてください。


コメント

  • 今までの人生ずっとトイレットペーパーの裏側使っていました・・・。
    でも表側に巻き取るの難しいというか不自然ですよね、逆に巻いてくれればいいのに。

    by 匿名 €

  • 私も裏側だった・・・w

    by 瑞希 €

  • オレもだ・・・

    by 匿名 €

down

コメントする