節約はレジャー!

プライベートブランドは節約に効果的!?ケースバイケースです

プライベートブランド(PB)とは?

プライベートブランド(PB)とは、大手スーパーや小売店が独自で生産、販売している商品のことです。

有名なプライベートブランドはセブンプレミアムやトップバリューなどでしょうか。

最近ではコンビニや大手スーパーだけではなく、ドラッグストアやホームセンターでもプライベートブランドを展開する事が増えてきました。またグループ会社だけでなく、会社の垣根を超えて提携しているケースもあります。

基本的にプライベートブランドはオリジナルブランドよりも価格を安く設定しているので、節約と相性が良いケースが多いのですが、中にはそうでもないケースもあります。

プライベートブランドだからお得だと決めつけていると、思わぬ落とし穴にハマってしまうかも知れないので、上手く見極めて節約につなげてほしいと思います。

プライベートブランドの強み

価格が安いプライベートブランドといっても、完全に自社生産というわけではなく委託していることがほとんどです。

PBのポテチポテトチップスを生産しているC社に委託した場合、C社のオリジナル商品として販売されているポテトチップスと、全く同じものが作られていることもあります。

この辺は各社によって違いがあるのですが、パッケージだけを変えて中身が全く同じパターンや、味付けを多少変化させるだけということもあります。

C社からすると全く同じ中身でも、大量生産をすることで本家のオリジナル商品のコストカットにもつながり、しかも安売りをしてブランドイメージを傷つけることもないので、プライベートブランドとは上手く共存できると言われています。

世の中には「安かろう悪かろう」と決めつけている人や、有名なメーカーのものしか選びたくない人もいるので、大手メーカーは莫大な広告費(主にテレビCM)を投入しているわけです。

もちろんその費用も商品価格に反映されるので、極端な安売りができないのですが、パッケージを変えてプライベートブランドとして他社から販売する事で、ブランドイメージを守るわけです。

このような商品であれば、ほとんど中身が変わらないので、単純に価格が安ければ節約につなげる事ができます。

実はこの手法は昔の弱小メーカーが行っていた方法と似ています。大手メーカーの商品を思わせるような似たパッケージにし、広告費をかけずに商品価格を抑えて店頭で勝負する手法です。見た事がないメーカーのコーラのような事です。

現在は大手メーカー側が自らその手法を取り入れるようになり、それがプライベートブランドとして他社から売り出すようになりました。

一方でプライベートブランドを展開している会社の中には、委託だけではなく自ら生産まで手掛けるところもあり、そのような商品は完全なオリジナルで商品でありながら、ライバルの大手メーカーより安価に提供しているケースもあります。

どちらのパターンでも一般的な商品よりも安い価格設定になっているので、プライベートブランドを積極的に利用することは、節約につながると言われています。

ただし、ここに落とし穴があるケースがあります。

プライベートブランドのデメリット

比較する女性消費者にとって一般の商品と同じ品質のものが安く購入できるプライベートブランドは節約になるので嬉しいのですが、注意するべきポイントがあります。

それはプライベートブランドの商品が、必ずしもオリジナルよりも安いとは限らないということです。

プライベートブランドに力を入れている大手スーパー(イ○ン系)では、かなり豊富な商品ラインナップになっています。

当然オリジナルの商品の定価よりも安い価格設定になっているのですが、だからこそプライベートブランドの価格を下回るオリジナルの安売りが行われなくなります

オリジナル商品の定価が「180円」の場合、多くのスーパーでは多少の値引きをして「158円」のような価格設定になっていることが多いのですが、一方でプライベートブランドの価格設定は「138円」のような価格になっています。

プライベートブランドの価格の引き立て役として、オリジナル商品の価格が設定されるという事です。

一方でプライベートブランドを展開していない別のスーパーでは、オリジナルブランドの商品が「128円」で安売りされているような事が珍しくありません

プライベートブランドに強いスーパーだと、オリジナル商品を自社製品よりも安い価格設定には出来ないわけです。

プライベートブランドが充実しているトップバリューを選ぶだけで、毎月5000円も節約できるといったテクニックを紹介している人もいるのですが、他のスーパーやドラッグストアで本家のオリジナル商品を購入した方が、ずっと安いという事は珍しくありません。

スーパーのチラシ一つのスーパーの中の商品だけで考えれば、プライベートブランドを選ぶ事で節約になるケースが大半なのですが、「プライベートブランド=お得」といった思い込みのせいで、より安い価格の商品が目に入らなくなるという事です。

 

これがプライベートブランドの落とし穴です。要するにケースバイケースということです。

 

プライベートブランドが強いスーパーほど、オリジナルの価格設定が高い(割引率が低い)と覚えておいてください。意外と節約にならないケースがあるものです。

また食品だとあえて味を少し落としているケースもあります。特にプライベートブランドの調味料は気をつけてください。料理によっては調味料の僅かな違いでも大きな差を生むことがあります。

参考調味料の節約は要注意!

調味料は一回あたりの使用量で考えると1円にも満たないことが多いので、安易に品質を下げる(好みを変える)ことは大きなリスクになります。逆に言えば調味料の質を上げる(醤油や味噌など)だけで、料理全般の質が向上することも珍しくありません。

必ずしもプライベートブランドの調味料の質が低いわけではないのですが、オリジナルの容器よりも劣化しやすい(密封率が低い、日に当たる等)ケースもあります。

自宅で食べるお菓子のようなものだと、多少パッケージの質が低くて型崩れしていても大きな問題にはなりませんが、お客さんに出すようなお菓子だと、小分けにパック包装されている物の方が良いケースもあります。

まとめ 上手な付き合い方

決してプライベートブランドの商品が悪いわけではなく、基本的には節約になるありがたいシステムです。

上手く見極める事ができれば節約に役立つので、プライベートブランドのパッケージの裏に記載されている製造会社をチェックするようにしてみてください。

知り合いに健康意識が凄く高い人がいるのですが、ある大手パンメーカーが使用している添加物を問題視しており、絶対に「○○○○パンは買うな!」と言ってくるのですが、ある時に彼がコンビニで購入していたパンを食べており、「製造会社を確認した?」と私が言うと、「ん?」とした顔をしながらパッケージを見ると驚愕していました。

コンビニオリジナルのパンだとしても、製造元は大手パンメーカーという事が多く、まさに彼が忌み嫌っていたパンメーカーだったので、膝から崩れ落ちるかのようにショックを受けていました。

添加物の問題についてはどのように捉えるかは自由ですが、このようなケースもあるので、こだわりがある人ほど裏のパッケージを確認するようにしてみてください。

いかにも自然に優しそうなネーミングの石鹸やシャンプーでも、原材料を見ると石油ベースの合成界面活性剤を使用していたりするものです。むしろ一般的な物よりも自然っぽく見せる為の香料や着色料が多く含まれているかも知れません。

いちいち裏側をチェックするのは大変かも知れませんが、初めて購入する時だけでもチェックする習慣があると、プライベートブランドといったものでも上手く見極められるようになるので意識してみてください。

私がよく行く激安スーパーでは、プライベートブランドはほとんどありません。全くないわけではないのですが、数はかなり絞られており、しかもその価格は圧倒的に安く設定されています。

ライバルであるはずの大手メーカーの商品を置かないぐらい徹底しています。そのようなプライベートブランドの商品であれば、他店も含めて圧倒的に安いので節約になる事が多いです。

一方でプライベートブランドが充実している大手スーパーほど、オリジナル商品を引き立て役にしている事が多いので、他店の価格も含めてよくよく判断してみてください。

最近はコンビニでも日用品のような物までプライベートブランドを展開していますが、大抵はドラッグストアで割引されているオリジナルより価格が高いものです。

コンビニには利便性といったメリットがあるので、気軽さや緊急時にはありがたい存在ではありますが、節約という意味ではそもそも相性が良くないので、プライベートブランドでお得だろうと安易に購入しない方が良いと思います。

コンビニで積極的にポイントを貯めるようなテクニックも同様です。職場や近所にコンビニしかないようなケースであれば節約になるかも知れませんが、そもそもコンビニを利用しない方が節約になるような事です。

参考ポイントの仕組みを理解しよう

「プライベートブランド=お得」と決めつけていると、このような落とし穴にハマってしまうので気をつけてください。あくまでもケースバイケースだという事を肝に銘じましょう。

もちろんプライベートブランドの方が圧倒的に節約になるケースもあるので、しっかりと質を見極めながら上手に選んでみてください。ただ食品などはあえてオリジナルよりも質を落とすようなケースもあるので、初めて購入する時は小さなサイズから試すのが良いと思います。

私も以前にプライベートブランドのカレールーやポン酢で失敗した事があります。価格が安くても質が悪いと無駄になってしまうので、上手に見極めてほしいと思いす。

コメント

  • プライベートブランドは内容量も確認した方がいいですよ。本家より量が多くてオリジナルと同じぐらいの価格でもお得な事があります。パッとみは同じぐらいの袋に入っていても本家は中で小分けパックにしていて少ない事があります。

    by タドコロ €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]