節約はレジャー!

プライベートブランドは節約に効果的!?ケースバイケースです

プライベートブランド(PB)とは?

PBのカップ麺プライベートブランド(PB)とは、大手スーパーや小売店が独自で生産、販売している商品のことです。

有名なプライベートブランドはセブンプレミアムやトップバリューなどでしょうか。

最近ではコンビニや大手スーパーだけではなく、ドラッグストアやホームセンターでもプライベートブランドを展開していることがあります。なので食品だけに限らず、様々なプライベートブランドの消耗品が売れています。

またグループ会社で共通させているケースも増えてきました。消費者にとっては選択肢が増えてありがたいことです。

基本的にプライベートブランドはオリジナルブランドよりも価格を安く設定しているので、節約と相性が良いケースが多いのですが、中にはそうでもないケースもあります。

プライベートブランドだからお得だと決めつけてしまわないでください。上手に見極めて節約につなげてほしいと思います。

【スポンサーリンク】

プライベートブランドの強み

プライベートブランドと言いましても、完全に自社生産というわけではなく委託していることがほとんどです。

PBのポテチポテトチップスを生産しているC社に委託した場合、C社のオリジナル商品として販売されているポテトチップスと、全く同じものが作られていることもあります。

この辺は各社によって違いがあるのですが、パッケージだけを変えて中身が全く同じパターンや、味付けを多少変化させるだけということもあります。

C社からすると全く同じ中身でも、大量生産をすることで本家のオリジナル商品のコストカットにもつながり、しかも安売りをしてブランドイメージを傷つけることもないので、プライベートブランドとは上手く共存できると言われています。

さらにプライベートブランドは広告費を抑えられるメリットもあります。

プライベートブランドを展開している会社の中には、委託だけではなく生産まで手掛けるところもあり、そのような商品は完全なオリジナルで商品でありながら、ライバルより安価に提供しているケースもあります。

どちらのパターンでも一般的な商品よりも安い価格設定になっているので、プライベートブランドを積極的に利用することは、節約につながると言われています。

ただし、ここに落とし穴があるケースがあります。

プライベートブランドのデメリット

比較する女性消費者にとって一般の製品と同じ品質のものが安く購入できるプライベートブランドは、節約になるので嬉しいのですが、注意するべきポイントがあります。

それはプライベートブランドの商品が、必ずしもオリジナルよりも安いとは限らないということです。

プライベートブランドに力を入れている大手スーパー(イ○ン系)では、かなり豊富な商品ラインナップになっています。

当然オリジナルの定価よりも安い価格設定になっているのですが、だからこそプライベートブランドの価格を下回るオリジナルの安売りが行われなくなります

オリジナル商品の定価が「180円」の場合、多くのスーパーでは多少の値引きをして「158円」のような価格設定になっていることが多いのですが、一方でプライベートブランドの価格設定は「148円」のようにお得になっています。

一方でプライベートブランドを展開していない別のスーパーでは、オリジナルブランドの商品が「128円」で安売りされることが珍しくありません。

プライベートブランドに強いスーパーでは、オリジナル商品を自社製品よりも安い価格設定には出来ないわけです。

スーパーのチラシ一つのスーパーの中の商品だけで考えれば、プライベートブランドが最も安いことになるのですが、他店のスーパーのチラシのオリジナル商品もチェックしておいたほうが、より節約になるケースがあります。

 

これがプライベートブランドの落とし穴です。要するにケースバイケースということです。

 

プライベートブランドが強いスーパーほど、オリジナルの価格設定が高い(割引率が低い)と覚えておいてください。

さらに言えば、プライベートブランドの商品は簡易的な包装によって品質が落ちることもあります。オリジナル商品では箱に入っているお菓子が、プライベートブランドでは簡易的な袋だけの包装ということもあります。商品によっては形が崩れてしまいます。

また食品の味も違いがあることは珍しくありません。特にプライベートブランドの調味料は気をつけてください。料理によっては調味料の僅かな違いでも大きな差を生むことがあります。

参考調味料の節約は要注意!

調味料は一回あたりの使用量で考えると1円にも満たないことが多いので、安易に品質を下げる(好みを変える)ことは大きなリスクになります。逆に言えば調味料の質を上げる(特に醤油)だけで、料理全般の質が向上することも珍しくありません。

いきなりプライベートブランドのお得なサイズの調味料を購入するのではなく、小さなボトルで一度試したほうが失敗が少なくなります。

【スポンサーリンク】

まとめ 上手な付き合い方

決してプライベートブランドの商品が悪いわけではなく、基本的には節約になるありがたいシステムです

同じスーパーの商品であれば、オリジナルブランドよりも安く購入できるので節約になります。とりあえずプライベートブランドを選ぶということが、間違いだということではありません。

一方でプライベートブランドの商品を試してみて、オリジナルと品質の差を感じたのであれば、他店のスーパーも含めてオリジナル商品の安売りがないか探してみてください。

カレーのルー以前、某スーパーのプライベートブランドの「カレーのルー」を購入したことがあるのですが、今までの人生の中で最も残念なカレーの味になってしまった経験があります。

味は好みなので何とも言えませんが、このような違いがあることも頭に入れておいてください。もちろんプライベートブランドの味の方が優れている(好み)ということもあると思います。

割引されているオリジナルの商品の価格と、プライベートブランドの商品を上手に見極めて節約につなげてほしいと思います。プライベートブランドが強いスーパーだけで比較しないことがポイントです。


down

コメントする