節約はレジャー!

散髪代を節約する6つの方法!妥協点を見つけよう

年間の散髪代は人それぞれ

年間の散髪回数年間の散髪代は人によって大きく違うのですが、平均すると3~5万円程度かかると言われています。

またカットの料金というのは、地域によっても大きく差があります。昔ながらの床屋さんは理容協会が定めた価格になるので、地域の中で統一されているのですが、最近は理容協会に属さずに安い価格を売りにしているお店も増えてきました。

一方で高額な美容室も存在します。人気の美容師となると指名料などが加わる事もあります。

消費者の立場からすると、選択肢が増えているのは喜ばしいことです。それぞれの経済力や髪型に対する考え方次第で、洗髪代は大きく抑える事が可能になります。

どの選択肢が正解というものではありませんが、これらの様々な選択肢の中から自分で納得できる散髪代の価格を選ぶことで、大幅に節約につなげることもできます

そこで今回は散髪代を節約する6つの方法を紹介します。それぞれのメリット、デメリットを理解して上手に節約につなげてほしいと思います。

1 カットの頻度

短く刈り上げられた髪型そもそも髪をカットする頻度を下げると、年間の散髪代を大きく減らすことが出来ます。髪を伸ばしている女性は数ヶ月に一度という場合も珍しくありません。

逆に髪を短く刈り上げている男性は、髪型を維持する為に二週間に一度という人もいます。

髪型にそれほどこだわりがないのであれば、ほどよく髪を伸ばした方が散髪の頻度が下げられて節約することが出来ます。

髪のクセや伸びる速度は人それぞれ違うので、誰もが月に一度カットしないと清潔感が保てないというものでもありません。今まで何となく月初めにカットしていたという人は、自分なりに最適な頻度を考えてみてください。

2 クーポン利用

クーポンは主に女性が利用する美容院が発行しているケースが多いのですが、最近は大手のチェーン店などでも発行しているケースがあります。

節約思考の女性の中には、毎回初回限定のクーポンを利用できる美容室を選ぶ人もいます。これはある程度の都会でないと難しいかも知れませんが。

散髪代の割引クーポンはチラシやフリーペーパーやアプリなどで配布されています。新しい美容室に行くことに抵抗がない人は、これらを利用することで大きく散髪代を節約することが可能です。

こちらも髪型にこだわりがある人には向いていませんが、セット次第でどうにでも印象を変えられる無造作な髪型や長い髪型の人であれば、どこでカットしてもそれほど大きな差にはなりません。

3 格安店

髪を切る男性理容協会や美容協会によって定められている地域の価格よりも、散髪代を少し安く設定しているお店も増えてきました。

そのようなお店だからといって必ずしも技術が劣るわけではありません。顔剃りやシャンプーも含まれていることがあります。工程に大きな差があるわけではありませんが、全体的なスピードが若干速い傾向があります。

デメリットとしては、やはり中には技術が劣るお店もあります。カットに時間のかかる難しい髪型には向いていませんが、それほどカットの技術がいらない平均的な髪型の人とは相性が悪くありません

以前の私もこのような格安店でカットして散髪代を節約していました。顔剃りやシャンプーなしにすることでさらに価格を抑えることが出来るのもメリットです。格安店は一般的な節約家におすすめの選択肢です。

4 激安店

激安店というのはカットのみで千円のようなお店のことです。

人通りの多い駅やショッピングモールなどに併設されています。

激安店では10分、15分で仕上げてしまいます。とにかくスピード重視なので、会計が券売機のところが多いです。

また仕上げに掃除機で髪を吸い取ることもあります。効率を重視したい人にもおすすめです。

激安店の理容師はかなりの数をこなしているので、素早くカットする技術は申し分ありません。

こちらも難しい髪型や細かな指摘は出来ませんが、平均的な髪型であれば節約との相性がバッチリです。床屋さんが苦手な子供とも相性が良いかと思います。

髪型によっては月に一度正規料金の理容室に通うよりも、半月に一度激安店を利用したほうが、結果的に節約しながらも清潔感がある髪型を保てるかも知れません。

時間を掛けて丁寧にカットしてくれる理容協会の床屋さんが悪いわけではないのですが、流石に良い状態をずっとキープできるわけではありません。

現在の私もこのような激安店を利用して散髪代を節約しています。前は一月半毎に格安店を利用していたのですが、1080円の激安店で毎月カットしてもらった方が、清潔感のある髪型の状態を保つことが出来るようになりました。

私は髪の頭頂部が少し薄く、サイドは濃いままなので、横にボリュームが出てしまうので、一月も経つとバランスが悪くなってしまうのですが、頻度を改めた事で満足する結果となりました。

ただデメリットとしては理容師さんのアタリハズレが激しい事です。同じお店でカットしても担当する人によってかなり腕に差があります。以前に良かった人がいても指名することは難しいです。

なので私はそこでアタリだった理容師さんにカットしてもらった時に、その髪型の写真をスマホで撮らせてもらいました。

毎回その写真を見せて「このような髪型にしてください」と伝えると、再現率が高くなるのでおすすめです。

これは格安店やクーポンを利用してお店を変える人にもおすすめのテクニックです。髪型は口で伝えるよりも、写真で伝えた方がずっと効率的ですよ。

5 カットモデル

カットしてもらっている女性カットモデルというのは、修行している見習い美容師さんにカットしてもらうことです。多くのカットモデルは散髪代は無料ですが、一部料金がかかることがあります(それでも超激安)。

見習いなのでカットの技術が未熟ではありますが、極端に酷いことにはなりません。大抵は最後にプロの美容師さんがバランスをとって仕上げてくれます。

デメリットとしては地域によって募集に差があることです。美容師さんに知り合いがいる場合は聞いてみてください。稀にお店のサイトでも募集することもあります。

ただし希望の髪形にすることは出来ません。ある程度の希望は聞かれるかも知れませんが、想像以上に短くカットされるかも知れないので、そこは覚悟しておいてください。

6 セルフカット

セルフカットとは言葉の通り自分で髪をカットすることです。

基本的には坊主頭のような短い髪型に限ります。髪の長い女性は毛先を整えるぐらいは可能かも知れません。

一度バリカンを購入してしまえば、電気代程度で髪を切ることができます。坊主頭は髪をセットすることも寝癖に悩まされることもありません。

髪型に全くこだわりがないのであれば、最も節約効果が高い方法なのかも知れません。

デメリットとしては髪型の選択肢がないことでしょうか。坊主頭の長さぐらいしか選べません。

ちなみに坊主頭は汗がたれやすいという特徴があります。実は私も経験があるのですが、意外と清潔感を保つのが難しいのだと感じました。

実際に清潔なのは簡単に頭皮の汗を拭いやすい坊主頭なのですが、汗や匂いの影響が出やすいだけに、清潔感が失われやすくて大変でした。

さらに強面の人が坊主頭にしてしまうと、押し出しが強くなり過ぎるかもしれません。

たまに薄毛だからと坊主にしてしまう男性がいますが、かなり怖い印象になってしまっているケースがあるので、気をつけてほしいと思います。

まとめ 髪型は清潔感が大事!

ドレッドヘアの女性散髪代を節約するポイントは、どこで妥協するかです。髪型へのこだわりが強くなければ、節約することはそれほど難しくありません。

理容協会に属している床屋さんは時間を掛けて丁寧に仕上げてくれます。きれいに顔剃りをしてくれますし、中には肩や首のマッサージ、耳掃除までしてくれるところもあります。

髭ぐらいなら自分で剃る事ができますが、耳元の産毛などが濃い人は定期的にプロに剃ってもらった方が清潔感を保てます。

参考電気シェーバーの臭いを落とす方法

最近は女性でもあえて床屋さんで顔剃りをしてもらう人が増えているのだそうです。

美容室だと顔剃りは別料金だったり、技術がイマイチな事があるのだそうです。女性でも定期的に顔の産毛をカットすると化粧ノリが全く違うのだそうです。

髭や産毛の濃さも人それぞれなので、必ずしも全ての人がプロに綺麗に剃ってもらう必要はないのですが、人によっては自分で剃るには難しい箇所もあると思うので、上手く使い分けてみるのも良いのではないでしょうか。

また女性はオシャレな美容室で過ごす時間そのもので癒されることがあると思います。そのような髪のカット以外のメリットを甘受したいのであれば、無理に散髪代を節約する必要はありません

娯楽として楽しむことが出来るので、それはそれで立派な選択肢です。

南青山のオシャレな店内で、素敵な美容師さんに接客してもらいながらカットしてもらうという経験そのものに価値を感じる人にとっては、高価でも十分に価値があります。

一方でそれほど髪型にこだわりがない人であれば、散髪代を節約することは難しくありません。

私が通っている1000円カットのお店には女性客も結構多いです。適度に梳いてバランスをとるような時だけ、そのようなお店を選ぶといった使い分けも出来ると思います。

散髪代は価格が安くなるにしたがって、どうしてもスピードが速くなるので丁寧な仕上がりは望めませんが、若者のような無造作な髪型であれば、それほど気にする必要はありません。

どちらかと言えばセットの腕次第です。

子供の髪を切る母親一方で小さな子供の髪をお母さんがカットしても不潔とは感じないように、人によってはセルフカットでも問題ありません。

家族や友人にカットしてもらうという選択肢もありますし、プロでなくてもカットが上手い人がいますし、簡単な髪型であれば清潔感は損なわれないものです。

坊主頭でも違和感なく似合う人なら、バリカンを購入して散髪代を節約する事も可能です。

人によって似合う髪型や求められる清潔感が違うので、一概に正しい選択肢があるわけではないので、自分で納得できる範囲を上手く見極めて節約につなげてほしいと思います。

知り合いの女性は男性と見間違うぐらい短い髪型にしているのですが、その人いわく「髪を乾かさなくて良くなったのが何よりも楽」と言っていました。

散髪代が安く済む髪型といった他に、日頃の手入れといった要素でも髪型によって左右されるので、長い髪にこだわりがない女性であれば、シャンプーやコンディショナーといった面でも節約につなげられると思います。

追記 美容室よりも床屋を選ぶ女性が増えている?

少し前に学生時代にお世話になった先輩が経営している床屋さんに、挨拶がてら行く事があったのですが、何とそこは床屋さんなのに女性客の方が多くて驚きました。私が、

「こんなに女性客が多いなんて珍しいですね」

と言うと、

「オシャレな美容室よりも床屋の方がカラーやパーマが安いからだよ」

と教えてくれました。

男性の私はそれらの料金を気にした事が無かったのですが、なんと半額以下なのだそうです。女性の方がカット代だけでなく、そのような要素も含めて節約できる可能性が高いのかも知れません。

そこの床屋さんでは顔剃りをする女性も多いらしく、メイク直し専用のスペースまでありました。

その先輩がイケメンなのも関係しているのかも知れませんが、美容院代を節約したい女性にとって床屋さんは、かなり良い選択肢なのかも知れません。

もちろんカラーやパーマの技術の問題もあると思うので、そこは事前に調べる必要がありますが、半額以下になるのであれば、しっかりと調べる価値もあるのではないでしょうか。

昔ながらの頑固おやじがやっていそうな床屋さんでは難しいと思いますが、最近の床屋さんは色々と多様化しているようなので、お住まいの地域で調べてみてください。

コメント

  • 僕もずっと千円カットだけど、割と清潔感があると言われますよ
    たまにしかカットしないより、定期的に安いとこでいいから行った方が良いと思う

    by 匿名 €

  • 坊主頭は人を選ぶよね
    本人が良くても周りの迷惑になるケースもある

    by 匿名 €

  • このあいだ初めてQBハウスにいったら女性客が多くて驚いた
    髪を梳いたり毛先を整えるぐらいなら十分だよね

    by 匿名 €

  • 女の私も十年ぐらい前から床屋さんでカラーをしていますよ♪それまで通っていた美容室よりも3分の1ぐらいで済むので元に戻れません笑カットの技術も申し分ないですよ\(^_^)/

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]