節約はレジャー!

音読で得られる7つの効果!勉強ほど向いている理由

音読とは?

本を読む女性音読とは、本などの文章を実際に声に出しながら読み進めていくことです。

「声に出して本を読む」

たったこれだけのことで、驚くべき効果があると言われています。

文字を覚えたての子供は、ゆっくりと声に出しながら本を読むものですが、これには深い意味がありました。

そこで今回は音読をすることで得られる7つの効果を紹介します。音読は一切お金をかけずに出来ることなので、節約家にも相性は抜群です。

また苦手な本や勉強ほど音読が向いていることが理解できると思います。ぜひ今から音読を取り入れてみてください。この先を声に出しながら読み進めてほしいと思います。

1 記憶力UP

音読は通常の読み方に比べて、脳に記憶されやすいという特徴があります。

音声にして読み上げるということは、きちんと文章を認識しないと出来ることではありません。新聞のような流し読みでは不可能です。

脳内のイメージそして音読は一度認識した文章を復習する効果があります。目で観て頭の中にインプットした文章を、声に出してアウトプットし、そしてさらに耳で音声として再認識します。

また間違って発声してしまうと気づくことができます。要するに一度にテストをしているようなものです。

勉強(インプット、読む)して、

回答(アウトプット、発声)して、

答え合わせ(音声認識)をするようなことです。

通常の本の読み方である黙読はインプットだけですが、音読はテストの復習まで行えます。これが音読をすることで記憶力がアップする理由です。勉強のように記憶させるのに効果的です。

小さな子供は当たり前のように声に出して本を読みますが、しっかりと意味があったということです。

2 集中力UP

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。音読をすると集中力がアップします。

特に興味のないジャンルの勉強に効果があります。

大好きな書籍やマンガを読むときは、誰もが楽しみながら読んでいるので、それほど集中することは難しくないのですが、苦手な勉強となるとストレスを感じた脳が、無意識に他のことに意識を向けさせます。

要するに気が散ってしまいます。

本を読んでいた時に別のことを考えてしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

目で文章を追って黙読をしてはいても、頭の中で別の事を考えていては何も記憶に残りません。気づいたら数ページ読み進めていたけど、ほとんど記憶にないという経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

これはカフェなどのBGMで考えると分かりやすいのですが、お気に入りの曲が流れると意識がそちらの方にもっていかれて集中が途切れるような事です。むしろBGMとして知らない曲の方が向いているような事です。

ほどよい雑踏の方が集中しやすいという人がいますが、目の前に好みのタイプの人がいたり、気になる人がいると気が散ってしまうように、読書に集中する環境というのは、意外と安定しないものです。

一方で音読をすると、これら脳の無意識を抑え込みやすくなります。そもそも他のことを考えていては複雑な音読など出来ません。声の発声や耳で音声認識をすることだけで脳が忙しくなります。

音読は良い意味で他のことに意識が向けられる余裕がなくなるので、本を読む集中力をアップさせることになります。これが音読が勉強に向いている理由です。

3 速読効果

音読に慣れてくると、通常の読書の時の読むスピード(黙読)がアップします

多くの人は頭の中で文章を読み上げながら(音声認識)、本を読み進めていきます。

頭の中で音声に変換させるスピードは、実際に声を出して読むスピード(音読のスピード)の最高速度に近くなります。

要するに音読のスピードが上がるほど、黙読のスピードも上がる効果があります。これが速読効果です。

参考本を読むスピードを上げる方法

どうしても初めの頃は黙読よりも音読の速度が遅くなってしまいますが、音読の速度が上がるほど黙読の速度も上がります。情報収集のスピードが飛躍的に向上する効果が期待できます。

速読の効果をあげるための音読のコツは、声に抑揚をつけないことです。音読は誰かにはっきりと聞かせるように声にだす必要はありません。自分で聞き取れればいいだけなので、子供に絵本を読み聞かせるような、抑揚や間合いを気にして読み進める必要はありません。

「、」や「。」で一呼吸おかなくてもOKです。呼吸が続く限り、念仏のように一定のリズムで「ララララララララ」と音読するようにしてください。

4 脳トレ効果

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。音読をすると脳の前頭前野が活発になることが確認されています。

わかりやすく言うと、黙読は「目からの入力⇒記憶」のツーステップですが、音読は「目からの入力⇒記憶⇒発声⇒音声認識⇒音として記憶」とかなり複雑な作業になります。

実際に様々な研究でも音読をすることによる脳の活性化が認められています。

小さな子供が声に出しながら本を読むことで、自然と脳内の様々な部位を刺激して成長していきます。この効果は子供だけにあるわけではありません。

これが音読にボケ防止としても効果があると言われている理由です。

そもそも読書をする習慣のある人は認知症になりにくいと言われていますが、音読はよりその効果が期待できます。

また音読で声に出すことで読めない漢字などに気がつくきっかけになります。黙読だと何となく字面だけで理解しようとしてしまいますが、しっかりと読み方を意識するきっかけにもなります。

5 抗うつ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。音読をすると脳内にセロトニンという物質が分泌されやすくなります。

セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれており、不足すると鬱になりやすいと言われています。

セロトニンは達成感が得られたときなどに多く分泌されるのですが、なんと音読でも効果が認められています。

これが音読がうつ病やコミュニケーション障害を持つ人に有効とも言われている理由です。話し方で躓いてストレスを感じる事が少なくなるといったメリットもあるのですが、もっと単純に音読する事だけでも幸せな気持ちになるという事です。

もちろん実際に声に出すことで滑舌も良くなり、相手に自分の意見を伝えやすくなります。

英語の発音に自信がないと、外国人の前で話せなくなってしまうものですが、発音の悪さよりも話さないという事実の方が、コミュニケーションとして問題です。

「多少発音が悪くとも伝わるだろう」とメンタル面から自信を持つのも有効なのですが、これはよほど自分に自信がある人でないと難しいです。

だったら実際に発音を良くするトレーニングをした方が、その人の自信につながります。

だからこそ日頃から音読を取り入れて話す事に抵抗が少なくなると、精神的なストレスも少なくなります。

そして音読は表情筋の動きも良くなります。同じ発声でも相手に伝わる情報量が増えるので、コミュニケーションが上手くいやすくなる効果が期待できます。

6 唾液

音読をすると自然と唾液が多く分泌されます。

唾液が少ない人は口内環境が悪くなる傾向があります。唾液が少ないと口の中が乾燥するので虫歯や歯周病になりやすく、ウイルスも侵入しやすくなってしまいます。

参考唾液が少ないと危険な理由

また唾液には消化吸収を助ける効果もあります。さらに男性ホルモンも多く含まれているので、唾液を多く飲みこむことで行動的になるとも言われています。この辺も抗うつに効果的な理由です。

ちなみに赤ちゃんは唾液がたっぷりと分泌されていますが、年を取るほどに唾液の量は少なくなるものです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。中国のある有名な気功の先生は、唾液を飲みこむことが健康の秘訣だと語っていました。

参考ぷるぷる気功とゾンビ体操の共通点

実際に気功を実践すると唾液がたくさん分泌されます。それらを飲み込むことが重要なポイントとして紹介されていました。

音読による唾液の分泌の増加も健康面に大きく影響を与えると考えられます。さらに細かなことを言えば、唾液は虫歯予防や口臭予防や消化吸収にも効果があります。

7 小顔効果

音読を続けると様々な顔の筋肉を刺激することが出来ます。顔の血管やリンパの流れを整え、顔のむくみが解消されていきます。

フェイシャルマッサージなどで外部から力を加えるのではなく、音読を行うことで自らの筋肉を活発に動かすことが出来ます。

さらに顔の筋肉が引き締まることで、小顔効果も期待できます。

そもそも小顔にする為のトレーニングの多くは、口の周りの筋肉や舌の筋肉を刺激します。音読をすることでも近い効果が期待できます。

逆に会話をする機会が少ない人は顔の筋肉が衰えて皮膚がたるんでしまいます。一人暮らしのお年寄りや会話が少ない人こそ、音読による小顔効果、引き締め効果が期待できます。

そもそも日本語の発声は英語と比べてあまり表情筋が使われないので、欧米人に比べて日本人は顔がむくみやすい傾向があると言われています。

ちょっと話がそれますが、日本のアニメ文化が発展した理由には、この日本語の発声も関係しています。

日本語は母音が少ないのでアニメキャラの口をパクパクさせるだけで、それなりに成り立ってしまうのですが、母音の多い言語だと口をパクパクさせるだけでは不自然になってしまいます。

声優がキャラクターの口の開きに合わせるのが困難なので、欧米のアニメでは先に声優のセリフを収録してから、アニメキャラの口の動きを合わせるといった手法が持ち入れられる事もあります。

欧米人は普通に会話をしているだけで、顔の様々な筋肉を使う事になるのですが、口の開きが少なく表情を変えずとも話せてしまう日本人ほど、顔の筋肉が衰えやすい傾向があります。

表情筋を鍛える為だけに外国語を学ぶのは遠回りですが、日本語でも日頃から声に出して読むようにする事で、普段の会話ではあまり使われない表情筋を刺激する事になり、顔が引き締まったり、豊かな表情になりやすくなります。

たかが本を声に出して読む音読ですが、様々な効果があることを理解していただけたでしょうか。子供だけではもったいないです。

まとめ 音読の効果が凄すぎる!

音読の効果には素晴らしいものがあります。全くお金もかからないので節約とも相性抜群です。やらない理由が見つからないほどです。

ちなみに音読と似たようなもので、「速聴」というものもあります。通常の音声のスピードを2倍速、3倍速と上げて聴く方法です。

これも初めは聞き取りにくいのですが、ある程度慣れてくると脳がはっきりと認識できるようになります。

速聴も脳トレとして非常に有効だと言われています。ただし音声を2倍速に加工するには専門のツールが必要なので、誰もが簡単できることではありません。

ちなみに動画サイトのYouTubeでは再生速度を変更できます。少しずつスピードを上げていけば、問題なく聞き取れるようになると思います。

一方で音読のスピードを上げるのに特別な道具はいりません。なるべく早口で話すように意識するだけで、スピードがどんどん上がっていきます。

本当に音読をするメリットには凄まじいものがあります。細かいことを言えば黙読よりもカロリーの消費量もアップするので、僅かですがダイエット効果だってあるはずです。

そして何といってもお金がかからないので、節約効果が抜群です(笑)。

あえて音読のデメリットをあげるとすれば、周りに人がいると迷惑になることぐらいでしょうか。通勤電車などには向いていません。

鼻の下に鉛筆を挟んでいる少女興味のある本に対しては誰もが自然と集中できるので、深い理解が得られるものですが、そうではない本に対してはストレスを感じた脳が無意識にインプットを避けてしまいます。

苦手な勉強ほど余計なことを考えて身につかないように、集中する事は簡単な事ではありません。

だからこそ音読は勉強に向いています。脳の無意識の回避行動を抑え込む効果があるからです。

ただし音読そのものに慣れてしまうと、脳に余裕がうまれて回避するようになります。その時には音読のスピードをさらに速くしてください。音読を速くすると脳も忙しくなるので、他のことに意識が向かう余裕がなくなります。

このサイクルに入ることが理想です。素早い音読で情報収集の質とスピードが飛躍的に向上していきます。

この段階になれば文章に全く抑揚をつけて読まなくてもOKです。子供に絵本を読み聞かせてあげるのであれば、臨場感たっぷりに抑揚をつけてあげた方がいいのですが、速読をするのであれば念仏のように唱えてもOKです。

だからといって理解力が落ちることはないので安心してください。想像以上に早く発声できるようになると思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。ちなみにさらに効果を複合的に高める為に、歩きながら音読をする方法もあります。

メンタリストのDaigoさんは一日に20冊もの本を読むそうなのですが、何と自宅の中を歩きながら音読しているそうです。

歩くことで全身の血液が循環されて、よりパフォーマンスが上がるとも言われています。

参考読書しながら行える運動

いきなり歩きながらの音読は難しいとは思いますが、徐々に慣れてきたらチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

ちなみに私は足つぼマットの上を歩きながら音読をすることがあります。

参考足つぼマットの効果がヤバい!?

音読に集中するほど、足つぼの痛みが忘れられるのが不思議です。

音読には本当に素晴らしい効果があります。やらない理由が見当たらないので、是非みなさんもチャレンジしてみてください。

初めは難しくて疲れるかも知れませんが、それだけ脳を使っているということでもあります。続けることで脳が鍛えられて早く音読ができるようになります。

最後に音読の注意点を紹介します。初めての時は長時間の発声をしないでください。時間にすると10分程度で十分です。のどの負担にならない程度で収めて、徐々に時間を伸ばしていってください。

追記

先日、あるテレビ番組で咽の声帯の健康について紹介されていました。

年齢を重ねて話す機会が減少すると、顔の筋肉だけでなく声帯を動かす筋肉そのものが衰えてくるそうです。

声帯が正常に機能しなくなると声が枯れるだけではなく、眠っている時や横になっている時に、声帯が緩んでしまって肺に異物が混入しやすくなるそうです

お年寄りほど咳込みやすく、肺炎で亡くなってしまう人が多いのですが、これは声帯をコントロールする筋肉が衰えるからくるのだそうです。

自分自身の唾液や痰が肺に入ってしまい、肺炎を引き起こすきっかけとなってしまいます。

一方で話す機会が多いお年寄りや、習慣的にお経を読み上げている人の声帯は、とても元気なのだそうです。

もしかしたらご先祖様を敬うことで、何かしらのご利益が得られているのかも知れませんが、日頃から声帯を震わせることは健康の為にも大切なことなんだと思います。

たくさん話をしたり、声を出してお経を読み上げたり、カラオケを楽しんだりすることは、ストレス発散だけではなく、喉の健康の為にも効果があります。

おそらく音読にも同じように声帯を刺激する効果が期待できます。声帯の健康を保つ為にも音読はおすすめです。

若くても話す機会が少ない人や声が枯れやすい人は、積極的に音読してみてはいかがでしょうか。本当に様々な効果が得られると思います。

無口な人ほど顔の筋肉をあまり使わないので、自然とほっぺたが落ちて不機嫌に見えてしまうことがあります。外見の魅力を上げる為にも声に出して本を読んでみてください。

何よりも音読はタダで出来る方法です(笑)。

節約にも相性バッチリの健康法でもあるので、当ブログもぜひ声に出して読んでみてください。より理解が深まり、音読の効果を実感できると思います。

コメント

  • 僕はコミュ障ですが、毎日30分音読を1年以上を続けたおかげで人前でどもらなくなりました。おすすめです。

    by 匿名 €

  • アニメや肺炎予防の話は興味深ったです。
    声を出すって大事なんですね。
    音読、さっそく取り入れてみようかと思います。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]