節約はレジャー!

舌を出す効果が面白い!リラックス効果だけじゃなかった!

意識的に舌を出す事で得られる効果

当ブログでは以前に「あいうべ体操」というものを紹介した事があるのですが、口を大きく開いたり、すぼめる事で普段あまり使われない口周りの筋肉を動かす事になり、顔の弛んだ皮膚が引き締まったり、口呼吸改善に役立ったり、唾液の分泌が促されるといった様々なメリットがあると紹介しました。

参考あいうべ体操の効果が想像以上!

私も日常的に取り入れているのですが、最近は中でも「あいうべ体操」の「べー」をした時の違いが気になるようになりました。

日によって「べー」と舌を出す感覚に差があり、鏡の前で行うと想像以上に舌が出ている事もあれば、引きつってあまり出ない日もあります。

その事を気にしていると、ある東洋医学の本の中で舌の状態で健康を見極める方法が紹介されており、舌の色だけでなく、力の入り具合(抜け具合)によっても身体の状態を推し量る目安になるとありました。

そこで舌を出す効果について調べてみると、凄く面白いものがたくさん見つかりました。

舌を出すスポーツ選手

一流アスリートの中にプレー中に舌を出す選手がおり、私はマイケルジョーダンぐらいしか知らなかったのですが、パッと調べてみただけでも、

  • カールルイス(陸上)
  • ガルベス(元巨人のピッチャー)
  • 内川聖一(野球日本代表)
  • 遠藤保仁(サッカー日本代表歴代出場回数一位)
  • 酒井宏樹(サッカー日本代表)

などの凄いメンツがプレー中に不自然に舌を出す事があるのだそうです。

マイケルジョーダンがプレー中に舌を出す理由は、幼少の頃に祖父から教わったからなんだそうです。

一般的には大事なプレー中に息を止めて歯を食いしばる選手も多いのですが、歯を食いしばると一発の力は出やすい反面、繊細なコントロールには不向きなので、ボールのような扱いが難しい競技の選手ほど、あえて歯を食いしばらないようにガムを噛む事があるのだそうです。

アメリカの野球選手を中心にプレー中にガムを噛む選手が多いのも、科学的にリラックス効果が認められているからなのだそうです。

日本武術をベースとする格闘家の多くもパンチや突きを出すタイミングで、あえて息を吐きながら出す事で、歯を食いしばって力まないようにするのだそうです。

よく練習中に「ハッハッ」や「シュッシュ」と言いながらパンチを繰り出していますが、その方が筋肉を素早く繊細にコントロールできる事を実感しているのかも知れません。

ニュージーランドのラグビー選手は試合前にハカと呼ばれる伝統的な行事を行うのですが、その中でも大きく舌を出す動作が取り入れられています。自分達を鼓舞する意味合いや相手を威嚇する意味合いがあると言われていますが、もしかしたら身体の緊張を和らげる効果もあるのかも知れません。

私が「あいうべ体操」を行った時に舌が出る長さに差があると感じていたのも、まさにこの身体の緊張状態によっての差であり、先に身体をリラックスさせてから行うと、調子が良い時のようにグーっと長く舌が出てくれました

舌を出す事そのものが身体の筋肉を緩めるリラックス効果があるわけですが、身体の状態を見極める目安としても使えます。

舌は筋肉の塊

そもそも舌は筋肉に塊であり、身体が緊張していたり、筋力が衰えてくると上手く扱えなくなります。

極度の緊張状態になると上手く話せなくなったりするものですが、まさに身体の緊張と舌の筋肉の動きが直結しているからです。

また舌には正しい位置というものがあり、口を閉じている時は上の歯の裏のくぼみ辺りに触れているのが理想なのですが、緊張や筋力の衰えによってそれが出来なくなると、舌が下の歯に触れてしまい、重さを支えられなくなって口呼吸になってしまうのだそうです。

小さな頃からこのような舌の位置でいると、下あごが前に押し出される事になり、受け口になってしまう傾向もあるのだそうです。

また舌の位置は姿勢にも影響が出る事があり、猫背の人との相関関係もあるそうです。特に太っていないのに二重顎の人ほど、舌の筋力が衰えている傾向があるのだそうです。

他にもいびきの原因として舌の筋力の衰えが関係している事もあります。しなやかに舌の筋肉が動く状態であれば、睡眠中でも理想的な位置に舌をキープできるのですが、舌の筋肉が衰えて喉の方に落ちてしまうと、呼吸を妨げていびきの原因になってしまいます。

最近は歯科医の中にも積極的に舌の筋肉を鍛える方法を紹介する例が増えていました。成長期の子供だと歯並びにも影響が出る事があるそうなので、積極的に舌を出して刺激する事は、健康の為にも重要なポイントになるのではないでしょうか。

舌の筋肉を鍛える方法

舌の筋肉を鍛える方法について調べてみると、基本的には舌を大きく出す事が有効なようでした。

ベーと下に大きく出すだけでなく、すぼめてみたり、左右に出してみたり、鼻先に触れるように持ち上げたり、口の中で舌を大きく動かす事も有効なようでした。

中でも私が「これは効くなぁ~」と感じたのは、舌を正しい位置である上あご(上の歯の裏辺り)につけたまま口を開く方法です。

これは少し慣れが必要なのですが、かなり舌に疲労感があると思います。姿勢を正してから行った方が、やりやすくなりますよ。

舌の筋肉は一般的な筋トレのように何かを持ち上げて鍛えられるものではないので、いかにスムーズに動かせるようになるかがポイントです。

しなやかに舌を動かせるようになると、普段の呼吸や食べ物を食べた時の咀嚼の質も良くなり、口内環境を正常な状態に保ちやすくなります。

普通に生活していると舌を大きく出すような事がないので、あえて舌を大きく出すだけでも、舌の筋肉を刺激するのに十分なトレーニングになります。

舌を出す事は単純にリラックス効果が得られるだけでなく、様々なメリットがあるので覚えておいて損はないのではないでしょうか。自然界の動物も身体がリラックスしている時ほど舌を出すものです。

まとめ 意識的に舌を動かそう

世の中には舌だけでさくらんぼの芯(茎?)を結ぶ事が出来る人もいますが、そのような繊細なコントロールをする機会というのは、普通はありません。

棒のついたキャンディーを舌を出してペロペロとなめるような事でもしない限り、積極的に動かす機会がないものです。

日頃から大きな声で話す機会が多いような人であれば、舌の筋肉を動かす機会が多いのかも知れませんが、そうではない人は、あえて意識的に舌を動かしてみるのも良いのではないでしょうか。

それこそ大きく舌を出すだけでも効果があると思います。身体の緊張状態によって随分と差があるものなので、その差を感じ取れるようになると、意識的にリラックスさせるスイッチとしても機能してくれるのではないでしょうか。

参考自分なりのリラックススイッチを作ろう

流石に人前で行うべきではありませんが、緊張している時に肩をゆすったり、深呼吸をするような動作の一つとして、大きく舌を出す事を覚えておいてください。

口を閉じたままでも歯の一本一本を撫でるように舌を動かしたり、猿真似のように歯の前に舌を動かすような事でも似たような効果があるので、ぜひ試してみてください。唾液もたくさん出てくるので口内環境が良くなる効果も期待できますよ。

参考唾液の分泌を促す方法!

もちろん日常的に舌を出して刺激する事もおすすめです。お風呂に入った時や歯磨き前などに、習慣的に大きく舌を出すようにしてみてください。どんどん上達して長く出せるようになっていきますよ。

ちなみに舌を出す効果について調べていると、なかなか衝撃的なものが見つかりました。それは下を向いて亡くなった人の舌が、口から長く飛び出るというものです。

この理由は身体の筋肉の緊張が無くなった事で、重力の力だけで出てしまうのだそうです。それも一般の人が長く出すレベルではなく、とんでもない長さになるのだそうです。

私は見た事はありませんが、身体の筋肉の緊張と関係しているのはイメージできるのではないでしょうか。

あと舌について調べていてもう一つ面白いと感じたのは、世の中には整形手術をして蛇の舌のように先端を二股に分けている人がおり、その別れた舌を見事にコントロールして左右に大きく開いたり、先端だけをくっつけて輪っかにするような人がいました。

普通の人にはどのような筋肉の使い方なのか想像も出来ないですが、舌の筋肉のコントロール能力というのは、後からいくらでも成長する証でもあるのではないでしょうか。

慢性的に姿勢が悪かったり、口呼吸だったり、いびきをかきやすかったり、緊張しやすかったり、口ごもりやすかったり、頬が垂れてきたり、顎周りの脂肪が気になってきたり、ほうれい線が気になってきた人は、ぜひ日常生活に舌を出す事を取り入れてみてください。

痛みが出るほど無理に舌を出す必要はありませんが、無理なく舌を大きく出せる身体の感覚が分かるようになると思います。ゆっくりと息を吐きながら舌を出すと、そらに一歩長く出ると思います。

舌を出す事は様々なメリットがあるだけでなく、身体の緊張をほぐす事にも使えますし、自分の身体の緊張状態を推し量る目安にもなるので、適度に日常生活に取り入れて味方にしてみてください。お金も一切掛からないので、節約的にもおすすめの健康法ですよ!

追記 舌を動かしている人

この記事を書いてから思いついた事なのですが、日常的に積極的に舌を出す機会がありました。

 

それは男女の営みです。

 

よく女性は恋すると綺麗になると言われますが、一般的には女性ホルモンが活性化して女性らしさが増すからだと言われています。

もしかしたらですが、大好きな彼との営みによって舌の筋肉が活性化された事も関係しているのではないでしょうか。

舌を絡めた情熱的なキスや夜の営みによって、今まで使われていなかった舌や口周りの筋肉が刺激され、頬がシュッとしてきたり、姿勢が良くなっている事も無関係だとは思えません。

もちろん女性ホルモンといった要素も関係しているのだとは思いますが、舌を出す効果について調べていると、凄く関係しているようにも感じました。

何歳になっても魅力的な人というのは、このような要素も関係しているのかも知れません。誰もが素敵なパートナーがいるとは限りませんが、そのような人こそ積極的に舌を出す効果が得られるかも知れません。

大切なパートナーを喜ばせる為にも重要なポイントなのかも知れません。私自身も離婚してから色々とご無沙汰なので、未来の為にも頑張って舌を出して刺激しておこうと思います(苦笑)。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]