節約はレジャー!

スマホを手放すという選択肢!スマホの弊害を調べてみた

スマホ依存のリスク

iPhoneを持つ女性スマートフォンが登場してから様々なことが便利になりましたが、中にはスマホなしでは生活が出来ないほど、のめり込んでいる方も多いと思います。

私自身もスマホを使いはじめて5年ほど経ちましたが、あまりにもスマホに時間を奪われていることを感じ、スマホを手放してみようかと考えてみたことがあります。

そこで今回はスマホ手放す方法を調べて見ました。様々なスマホの弊害についても紹介します。

【スポンサーリンク】

スマホを手放す方法

スマホを手放す方法と言っても、ただ解約すればいいのですが、現在の生活に影響を与えないようにするには、それなりの条件が求められます。

シンプルなパソコン自宅にPC環境が整っていれば情報収取という意味では不自由しませんが、自宅にPCがない方はスマホを手放すと不利益を被る可能性が高いのでおすすめはしません。

逆に会社からスマホを支給されている場合は、プライベートの携帯はガラケー(フューチャーフォン)にしても問題がないと思います。

ガラケーでもメールやlineをすることは出来ます。頻繁にSNSを使用しないのであればガラケーでも十分ではないでしょうか。もちろんSNS大好きな方はスマホの方が向いています。

外出先で使用しているスマホの機能を改めて確認してみてください。メール程度であればガラケーでも問題ないはずです。

ガラケーのメリット

ガラケーで話す外人女性あえてガラケーを選ぶメリットというのは、

  • 通信費、本体の節約
  • 電池が長持ち
  • 折り畳み式で小さい

などがあります。

スマホの本体価格や通信費は物凄く高いです。最近は格安スマホも登場してきましたが、昔のガラケー時代のことを思うとまだ高いぐらいです。

ガラケーの電池は三日ぐらい平気で持ちます。そして何よりも折り畳みなのでスペースを取りません。

スマホはどんどん大きくなってきています。中にはポケットに収まり切らないサイズのものまであります。画面のキズを気にしてカバーをつけている方も多いですが、結構な重さやスペースになってしまいます。

スマホの弊害

スマホの弊害というのは通信費が高いなどもあるのですが、それよりも健康状態に影響を与える可能性があります。

ストレートネックの男性特にスマホゲームにはまっている方は、猫背で長時間スマホを操作しているのでストレートネックになってしまいます。

昔のテレビゲームが良いとは言いませんが、スマホやポータブル式のゲーム機の方が、より健康状態に悪影響を及ぼすということです。

しかもスマホゲームはちょっとした空き時間に利用する人が多いので尚更です。健康の他にも膨大な時間が奪われています。

参考姿勢を良くするメリットが多すぎる!

昔の人が同じ空き時間に考え事をしたり、本を読んだり、情報を収集していたのと比べると雲泥の差ではないでしょうか。

もちろんスマホでも本は読めますし、ニュースサイトを読むことも出来ますが、スマホゲームから離れられない方こそ、あえてガラケーという選択肢があっても良いと思います。

また若い世代を中心にスマホの使い過ぎで腱鞘炎になる方が増えているそうです。便利なのは否定しませんが、ある程度の距離を保つのも大切なのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

まとめ スマホの副作用

スマホ片手に歩くビジネスマンスマホが生まれてから便利になった反面、日常の時間が少なくなっている方も多いのではないでしょうか、スマホ片手に歩いている方もよく見かけます。

スマホも上手に使えば素晴らしいツールだと思いますが、スマホに生活の時間を奪われている方が多いように感じます。

普段からスマホの機能をそれほど使用しないのであれば、あえてガラケーにするという選択肢も考えてみてください。

特に節約思考の方におすすめです。大幅に通信費を節約することが出来ます。

電車に乗ると若い世代はスマホゲームに夢中です。息抜き程度に遊ぶのはいいと思いますが、必死になって隙間時間にゲームをしているようにも見えます。

またスマホはどこでも出来てしまうだけに、そこだけでしか出来ないことが見逃されることにもなります。

風景をうつすスマホ旅行先で素敵な風景を前にスマホに夢中というのはもったいないです。芸能人に出会った時にスマホのカメラを経由してみるより、その目に焼き付けることの方が思い出に残ると思います。

写真の風景が夢に出てくることはありませんが、目に焼き付いた風景は思い出として脳の中に強く残ります。十数年後に夢で再現されることも珍しくありません。幼少期の風景が夢で現れるようなことです。

若い世代がスマホを手放すことは難しいでしょうが、何となく世の中の流れでスマホに変えたという方は、あえてガラケーに戻るという選択肢があることも忘れないでください。

SNSでしか繋がれない人間関係というのは、それまでの関係です。そのような対象に大切な時間を奪われる必要などありません。

本当に大切な人であれば、電話でもメールでも手紙でも電報でも連絡するものです。むしろ手紙や電報の方が相手が喜んでくれます。

自宅にパソコンがあって、スマホではメールやlineぐらいしかしないのであれば、ガラケーにすることで大幅にお金と時間を節約することができると思います。

追記

最近は格安スマホも普及してきました、通信費の節約という意味では、大きな効果があると思います。

仕組みが複雑でわかりにくいのですが、デメリットとしてはキャリアメール(ドコモ、au、ソフトバンク)のメールアドレスが使用できないことです。

事前にGメールなどのメールアドレスに変更しておけば問題ありませんし、lineで連絡を取るのが当たり前になってきているので、メールアドレスの変更はそれほど影響しないかも知れません。

格安スマホは様々な通信量の制限があるものですが、だからこそ移動時間のゲームは抑制されるかも知れません。

本当に必要な情報だけを選択するようになれば、理想的な使い方とも言えます。

あなたのスマホの使用環境に合わせて上手に選んでみてください。もちろんスマホごと手放すという選択肢も考慮してみてほしいと思います。

どの選択が正しいかというよりも、それらの選択肢を考慮することで、新たな選択肢(通信プランの変更など)が見えてくるかも知れません。


down

コメントする