節約はレジャー!

スマホを手放すという選択肢!スマホの弊害を調べてみた

スマホ依存のリスク

iPhoneを持つ女性スマートフォンが登場してから様々なことが便利になりました。最近は高齢者の中でもスマホが普及してきていますし、スマホなしでは生活が出来ないほど、のめり込んでいる人も多いと思います。

私自身もスマホを使いはじめて5年ほど経ちましたが、あまりにもスマホに時間を奪われていることを感じ、スマホを手放してみようかと考えてみたことがあります。

結論から言うと、私はスマホを手放してはいないのですが、改めてメリット・デメリットについて考えることで、最適な付き合い方というものが見えてきたように感じています。

そこで今回はスマホ手放す方法を調べて感じたことを紹介します。

必ずしもスマホは全ての人に必要だとは限りませんし、人によっては無理なく手放せるかも知れません。もちろん今すぐスマホを手放せと言いたいわけではなく、スマホの弊害を理解した上で上手に付き合っていってほしいと思います。

スマホを手放す方法

スマホを手放す方法と言っても、ただ解約すればいいのですが、現在の生活に影響を与えないようにするには、それなりの条件が求められます。

シンプルなパソコン自宅にPC環境が整っていれば情報収取という意味では不自由しませんが、自宅にPCがない人はスマホを手放すと不利益を被る可能性が高いのでおすすめはしません。

一方で会社からスマホを支給されているような場合は、プライベートで使用しているスマホをガラケー(フューチャーフォン)にしても問題がないと思います。

パソコンやガラケーでもメールやlineをすることは出来ます。頻繁にSNSを使用しないのであれば、緊急用の連絡手段して普通の携帯電話の通話機能だけで事足ります。

自宅でWi-Fi環境が整っているのであれば、スマホよりもタブレットの方が使いやすいだけでなく、価格も圧倒的に安く済みます。

私自身も自宅ではスマホは連絡が来た時ぐらいしか使わず、ネットの閲覧はタブレットばかりです。電子書籍や電子雑誌を読むのにも便利です。

参考電子書籍のメリット、デメリット

外出先でよく利用しているスマホの機能を改めて確認してみてください。頻繁に写真を撮ったり、SNSをチェックするような使い方をしていないのであれば、手放しても問題ないかも知れません。

ガラケーのメリット

ガラケーで話す外人女性あえてガラケーを選ぶメリットというのは、

  • 通信費、本体の節約
  • 電池が長持ち
  • 折り畳み式で小さい

などがあります。

スマホの本体価格や通信費は大手キャリアだと物凄く高いです。最近は格安スマホも登場してきましたが、昔のガラケー時代のことを思うとまだ高いぐらいです。

ガラケーの電池は三日ぐらい平気で持ちます。そして何よりも折り畳みなのでスペースを取りません。

スマホはどんどん大きくなってきています。中にはポケットに収まり切らないサイズのものまであります。画面のキズを気にしてカバーをつけている人も多いですが、結構な重さやスペースになってしまっているものです。

スマホの弊害

スマホの弊害というのは通信費が高くて家計を圧迫するなどもあるのですが、それよりも健康状態に悪影響を与える可能性があります

ストレートネックの男性特にスマホゲームにはまっている人は、猫背で長時間スマホを操作しているのでストレートネックになってしまいます。

昔のテレビゲームが良いとは言いませんが、前かがみになりやすいスマホやポータブル式のゲーム機の方が、より健康状態に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

特にスマホゲームはちょっとした空き時間に利用する人が多いだけに、健康面での悪影響だけでなく、膨大な時間まで奪われています

参考姿勢を良くするメリットが多すぎる!

昔の人が同じ空き時間に考え事をしたり、本を読んだり情報を収集していたのと比べると、スマホゲームにハマってしまうのにはリスクがあるのではないでしょうか。

スマホが悪いという事よりも、誰もが気軽に楽しめてしまえるスマホゲームがあるだけに、リスクになるという事です。

課金していないから損していないと考えている人も多いのですが、膨大な時間が奪われている事を忘れないでください。

もちろんスマホでも本は読めますし、ニュースサイトを読むことも出来ますが、スマホゲームから離れられない人こそ、あえてガラケーを選ぶメリットがあるかも知れません。

他にも視力低下や睡眠の質の悪化といった弊害も考えられます。スマホは便利過ぎるがゆえに、様々な弊害をもたらす可能性があります。

スマホのイヤホンで気軽に音楽を聴けるようになったおかげで、耳に痛みを感じる人も増えています。

参考イヤホンで耳が痛い時の対処法

子供の頃からスマホに触れている世代ほど、相手の目を見て話せない人が増えていたり、自分の頭で考える事なく検索して解決してしまう傾向があるので、脳の発育といった問題も出てきています。

スマホに限った事ではないのですが、便利なものというのは新たな問題や弊害が出てしまうものなので、ハマり過ぎないように意識するのが大切なのではないでしょうか。

車の自動ブレーキのおかげで安全性が高まりましたが、その一方で認知機能や身体の衰えによって免許を返納していたはずのお年寄りが、運転し続けてしまう事になってしまうわけです。

ちょっとした事故は防げるようになったのかも知れませんが、自動ブレーキでは防ぎきれない大きな事故になってしまう可能性が高まってしまいました。

スマホによる弊害というのは便利な機能が悪いのではなく、あくまでも付き合い方の問題ではあるのですが、薬物依存の人が自分の意志だけではなかなか改善できないように、どっぷりとハマってしまうと手放す事が難しくなってしまいます。

だからこそスマホによる弊害を理解した上で、程よい距離を保つようにしてみてください。

人によっては無理なく手放せるかも知れませんし、スマホに依存してしまっている人にとっても荒療治として手放すのが最も効果的かも知れません。

まとめ スマホの副作用

スマホ片手に歩くビジネスマンスマホが生まれてから便利になったはずなのに、日常の時間が少なくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

スマホ片手に歩いている人をよく見かけますが、それによって事故に巻き込まれるようなケースも増えています。

スマホも上手に付き合えば素晴らしいツールではありますが、スマホに生活の時間を奪われてしまっている人が想像以上に多いのではないでしょうか。

普段からスマホの機能をそれほど使用しないのであれば、あえてガラケーにするという選択肢も考えてみてください。

この考えてみるという作業が大切です。鼻から考えることがないと、新たな視点が見えてきません。

最近はガラケーの数が少なくなっているので、むしろ割高になってしまう可能性もありますが、スマホ依存から抜け出したい人にとっては価値がある選択肢かも知れません。

私自身の例でいうと、やはりスマホならではの便利な機能が必要になる事もあるので、手放す結果にはならなかったのですが、通信プランを1Gにする事で使い過ぎないようになりました。

自宅ではWi-Fi環境があるので通信費を気にせずに使えるのですが、画面の大きいタブレットの方が使いやすいので、連絡をする時ぐらいしか使いません。

メールやLINEぐらいなら1Gでも十分ですし、たまに地図を調べるような事をしても超えるような事はなくなりました。そもそも自宅で地図を調べて画像を保管する事が多いので、そのような機会も滅多にありません。

スマホに求める機能も最低限のもので十分なので、買い替える時は一番安いものを選んでいます。

もちろん自宅でタブレットを使っていても、スマホと同じような弊害をうけるリスクがありますが、横になりながら片手で操作するには大き過ぎるので、睡眠前に使ってしまうような事はなくなりました。

電車に乗ると若い世代はスマホゲームに夢中ですが、最近は年配の人でも珍しくなくなってきました。

息抜き程度に遊ぶのは悪くはないと思いますが、必死になって隙間時間にゲームをしているようにも見えてしまいます。

またスマホはどこでも出来てしまうだけに、そこだけでしか出来ないことが見逃されることにもなります。

風景をうつすスマホ旅行先で素敵な風景を前にスマホに夢中というのはもったいないです。芸能人に出会った時にスマホのカメラを経由してみるより、自分の目に焼き付けることの方が思い出に残るのではないでしょうか。

写真の風景が夢に出てくることはありませんが、目に焼き付いた風景は思い出として脳の中に強く残ります。十数年後に夢で再現されることも珍しくありません。幼少期の風景が夢で現れるようなことです。

若い世代がスマホを手放すことは難しいでしょうが、何となく世の中の流れでスマホに変えたという人は、あえてガラケーに戻るという選択肢があることも忘れないでください。

SNSでしか繋がれない人間関係というのは、それまでの関係です。そのような対象に大切な時間を奪われる必要などありません。

本当に大切な人であれば、電話でもメールでも手紙でも電報でも連絡するものです。むしろ手紙や電報の方が相手が喜んでくれるかも知れません。

自宅にパソコンがあり、スマホではメールやLINEぐらいしかしないのであれば、あえてスマホを手放せないか考えてみてください。

しっかりと考えてみる事で、スマホを手放さない結果になったとしても、買い替える時の基準や通信プランが変わる可能性があるので、自分にとって最適な付き合い方が出来るようになると思います。

追記

最近は格安スマホの種類も随分と増えてきました。通信費の節約という意味ではかなり効果的です。

仕組みが複雑でわかりにくいのですが、デメリットとしてはキャリアメール(ドコモ、au、ソフトバンク)のメールアドレスが使用できないことと、最新モデルのスマホが選びにくいぐらいです。

メールアドレスは事前にフリーのGメールなどに変更しておけば問題ありませんし、lineで連絡を取るのが当たり前になってきているので、メールアドレスの変更はそれほど影響しないものです。

最新のスマホを持ち歩きたい人には向いていませんが、それこそ連絡手段やネットの閲覧ぐらいであれば、安い機種でも全く問題ありません。

私は数年前に購入した5000円ぐらいのタブレットを利用していますが、ストレスなく動画をスムーズに見ることが出来ますし、不便だと感じたことはありません。

格安スマホだと通信状態が良くなくて、ネットゲームなどがスムーズに出来ないかも知れませんが、それだけに抑制につながる可能性もあります。

結果的に本当に必要な情報や連絡だけを選択することになるので、スマホとちょうど良い距離を保つことができるようになるかも知れません。

大手キャリアのスマホを使用したい人でも、あえて低額な通信プランにすることで同じような効果があるので、通信費の節約という意味だけでなく、失われてしまう時間を節約する為にも、検討する価値があると思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]