節約はレジャー!

姿勢を良くすることの効果が凄い!猫背のデメリットを意識しよう

姿勢が悪いと損?

「偉そうに踏ん反りがえっている人が好き」という人は少ないと思いますが、「姿勢が悪い人が好き」という人も少ないと思います。姿勢の良し悪しというのは人の魅力を大きく左右するものです。

姿勢の悪いゴリラ日頃から見慣れていないはずの動物ですら、姿勢で印象は大きく左右します。

姿勢が悪くなる原因や姿勢を良くする方法というのは、テレビや雑誌やネットでも色々と紹介されていまし、当ブログでもいくつか紹介してきたのですが、

参考姿勢を正すポイントはつま先!?

「なぜに姿勢が悪いといけないのか」という観点が不足しているように感じました。

そこで今回は猫背のデメリットというものを、改めて紹介しようかと思います。

単純に「姿勢を正しなさい」と言っても、何の意味があるのか理解しないと行動は長続きはしないものです。

しっかりと姿勢が悪い事のデメリットを理解できると、姿勢を良くする効果もより理解できるのではないでしょうか。

筋トレやダイエットなどでもそうなのですが、これらのモチベーションが低下する理由の一つは、なかなか効果を実感できないからでもあります。

体重のように数値で現れるものであれば、これといった体感や変化が見られなくても納得しやすいですが、姿勢が良くなった効果というのは、これといって数値化することができません。

だからこそ、姿勢が良くなる効果を日々実感する為に知識が必要になります。

まずは猫背によるデメリットを知ってください。これが理解できると、イヤでも姿勢を良くしたくなると思います。

猫背のデメリット

1 自信喪失

猫背のデメリットとして最も印象的なのは「自信がないように見える」と言うことです、見た目の印象が悪く、落ち込んでいるように見えるので、他の人と比較されて不利に働きます。

そして姿勢が表情に与える影響というのは、実はすごく大きいです。

上を向きながら落ち込んだ表情をキープするのは難しいのですが、逆に下を向いた状態で笑顔をキープすることも難しいです。

実際にやってみてください。

軽く首を逸らせるように上を見上げて力を抜くと、自然と笑顔になると思います。そこで落ち込んだ表情をしても、顔の筋肉に違和感を感じると思います。

逆に肩を落として猫背にして下を向きながら笑顔をつくってみてください。つくり笑いのような不自然な筋肉の使い方になると思います。そこで力を抜くと笑顔が消え、勝手に無表情になると思います。

姿勢が悪いだけで顔の筋肉が自然と自信のない形になってしまうということを覚えておいてください。

逆に言えば姿勢を良くするだけで、勝手に表情も良くなります。

それも「無意識の表情が」です。常に作り笑顔を絶やさない人であれば別ですが、大抵の人は無意識の表情がどうなっているのか分かりません。

日頃から自然と笑顔な方が人として魅力的なのは、誰もが理解できるのではないでしょうか。

姿勢を良くする効果というと、健康面やスタイルが良くなるということばかりが注目されますが、実はこの表情にも大きく影響がある事を覚えておいてください

逆にいつも魅力的な笑顔の人というのは、姿勢も良いものですよ。

2 大顔効果

猫背だと表情が優れないだけではなく、顔が大きく見えてしまうというデメリットもあります。

猫背の男性のイラストなぜこのような印象になるかと言うと、このイラストをみれば一目瞭然だと思います。

まず単純に身長が低く見えます。同じ顔の大きさであれば、身長が低いほど顔の大きさの比率が高まってしまいます。極端な事を言えば8頭身の人でも7頭身になってしまいます。

さらに首が曲がって肩も前に入っているので、顔が前に出てしまい、物理的に顔が前に出て大きく見えてしまいます

よく女性同士で写真を撮る時に、隣の女性よりもカメラから顔を遠ざけて小顔に見せるテクニックがありますが、猫背は自分の身体を使って小さく見えるような状態になってしまいます

猫背で顔が前に出ているというだけで、顔が相対的に大きく見えてしまうのも、大きなデメリットの一つです。

顔そのもの大きさが変化するわけではありませんが、比較する身体、首、肩幅が狭まることで大きく見えてしまいます。

ガッチリとした肩幅の水泳選手は小顔に見えるものです。顔の大きさは周辺の状況によって印象が左右されます。これも意外と知られていない猫背のデメリットの一つです。

身体のスタイルが悪く見えるだけでなく、顔の大きさの印象まで変わってしまいます。

3 体型

猫背で表情が暗くなったり顔が大きく見える他にも、猫背だと実際に体型が崩れてしまいます

特に筋肉力が少ない女性は様々な箇所に影響が出ます。二重あごになったり、二の腕がたるんだり、太ももが太くなるのも姿勢の悪さが原因と考えられます。

正しい姿勢だと骨にバランスよく体重が乗るのですが、猫背のように姿勢が崩れて前かがみになると、倒れないようにバランスを取ろうと様々な筋肉に力が入ります。

それが原因で肩こりや首の痛みや腰の張りが生まれるのですが、一方で筋肉は力を入れて縮むと、反対側が緩むという特性があります。

いつも背中や肩に力が入っていると、腹筋や胸の筋肉が緩んでしまいます。するとお腹が出てきたり、胸が垂れるということになってしまいます。

猫背で骨盤が倒れていると足もスムーズに動かなくなるので、太ももの前の大きな筋肉を使って足を持ち上げることになります。これは極端な事をいうとダンボールを抱えて歩くような動作です。

しなやかに全身の筋肉を使って歩く人と、猫背で足の筋肉だけを使って歩くのでは、運動量も負担の掛かり方も違うので、体型に影響が出るのは当然の事です。

太っていないのに足だけが太いという人の多くは、このような歩き方になっているものです。

猫背のデメリットというと、単純に見た目の印象が悪くなるだけでなく、実際に体型が崩れることを覚えておいてください。

一時的に姿勢を正しても体型の崩れは元に戻りません。

もちろん良い姿勢をキープできるようなると、少しずつ正常な体型に戻っていくので安心してください。

4 洋服

姿勢が悪いと洋服が似合わなくなります。上着は肩に均等に洋服の重さが乗らないと似合いません。

スーツの背中の皺猫背だと洋服の背中の生地が引っ張られて横に皺が入ります。一方で洋服の前側は生地が前に寄せられて縦に皺が入ります。

はと胸の人や胸が大きい女性は、逆に洋服の前方が引っ張られて横に皺が入りますが、猫背は逆の事が起きています。

あくまでも洋服のサイズがあっていることが前提ですが、サイズが合っていても猫背で姿勢が悪いと、洋服の生地が引っ張られて余計な皺が多く出てしまいます。

生地の伸縮性の少ないスーツを着ると疲れるという人というのは、スーツの生地の重さや硬さの影響だけではなく、姿勢の悪さが原因です。

いつも猫背でいると、どんなに素晴らしい洋服でも皺だらけになり、常に身体を引っ張って疲れやすくなってしまいます。これも大きなデメリットです。

5 健康

猫背でいると体型が崩れると紹介しましたが、この体型の崩れは内臓の状態にも悪影響が出てしまいます。

腹筋が緩んでいると内蔵を正しい位置に保つ事ができなくなり、重力の影響で徐々に下がってしまいます。すると皮膚もたるんでしまい、ポッコリお腹になってしまうわけです。

猫背の内蔵への影響のイラストさらに猫背で姿勢が前傾してしまっていると、内臓が圧迫されて機能が落ちてしまいます。また肩が前に入ってしまうと肺も膨らみにくくなり、呼吸も浅くなってしまいます。

他にも大腸の働きも弱まって便秘になりやすいですし、そもそも大腸を動かすのは腹筋の内側の筋肉なので、それらの筋肉が衰えていると腸の活動も弱まってしまします。

これらのように猫背は見た目の印象が悪いだけでなく、健康にも悪影響があると覚えておいてください。

中年になると多くの人のお腹が出てきますが、食べ過ぎだけが原因ではありません。そもそも脂肪は特定の箇所にだけ偏ってつくことはありません。

お相撲さんぐらいまで太っていると、前に倒れないように後ろに踏ん反りがえった姿勢になるのですが、お腹だけが出ている人は姿勢が悪い傾向があります。

猫背のデメリットを理解していただけたでしょうか。まとめると、

  1. 自信喪失(のように見える)
  2. 大顔効果(顔が大きく見える)
  3. 体型の変化(たるみ)
  4. 洋服の皺
  5. 健康状態(内蔵機能の悪化)

といったデメリットがあります。もちろん細かく分けていけば血流やリンパの流れが悪くなるような様々なデメリットがあるのですが、要は何も良い事は無いということです。

猫背のデメリットを理解できると、逆に姿勢が良くなる効果もイメージできるのではないでしょうか。これらのデメリットが改善されると、誰でも魅力がアップするはずです。

姿勢を良くする効果!

姿勢を良くする効果というのは、単純に姿勢が悪いことで引き出されてしまったデメリットが解消することを意味します。

  1. 自信が漲る(堂々とした姿勢や表情)
  2. 小顔効果
  3. 体型が整う
  4. 洋服が似合うようになる
  5. 健康状態が良くなる

これらのような素晴らしい効果が期待できます。

これはプラス効果というよりも、姿勢が崩れたことによるマイナスをゼロに戻すということなのですが、その人本来の魅力を引き出すことになります。

スマホやデスクワークの影響で姿勢が崩れてしまっている人が多い現代だからこそ、正しい姿勢を取り戻す価値があるのではないでしょうか。

まとめ 本来の魅力を取り戻そう!

姿勢を良くする効果というのは、あくまでも自分本来の魅力を取り戻すという事です。

多くの人が姿勢が崩れて本来の魅力を失ってしまっています。

今回紹介した猫背のデメリットをしっかりと頭の中に入れておいてください。それだけで日頃の自分の姿勢を意識するようになれます。

猫背の女性のイラスト女性であれば小顔効果は嬉しいと思います。男性も姿勢が良くなれば肩幅が広がって男らしい体型に見えるようになります。

そして身体の内側から健康になっていきます。内臓の機能が回復して筋肉も動きやすくなると、それだけで基礎代謝が上がってダイエットの効果も期待出来ます。

そして何よりも表情が変わります。

猫背のまま素敵な笑顔をキープするのは難しいです。常に意識でもしていないと笑顔をキープすることはできません。日常の自然体の表情は姿勢に凄く左右されるということを覚えておいてください。

悪気がなくても姿勢が悪いだけで印象が悪くなります。表情も悪くなります。血行も悪くなります。

人は中身が大切だといいますが、やはり外見も大事です。これは容姿の良しあしだけではなく、姿勢や表情といった要素も含まれます。

猫背のデメリットを理解して、日頃から自分の姿勢に意識を向けられるようになってください。

個人的に良い姿勢を取り戻すのに有効なのは、「おしりの筋肉に力を入れる方法」です。それについても別のところで詳しく紹介したことがあるのですが、

参考おしりの筋肉を鍛えるメリット!

無理やり胸を張っても長続きしませんし、腰や背中が痛くなってしまうものですが、これは土台から姿勢が狂っているからです下半身の使い方を正す事こそが、姿勢を正すポイントになります。

ジェンガやだるま落としでも、土台近くが傾いていると、上に行くほどバランスを取る為に大きく傾いてしまうような事です。

猫背のまま胸を張っても辛いだけなので、全身と向き合いながら姿勢を正してほしいと思います。

最後に姿勢を良くすることの、もう一つのメリットを紹介します。

これも別のところでも紹介したのですが、元気な姿勢やポーズというのは、見た目の印象だけではなく、様々な行動を促すホルモンに影響を与えることがわかってきました

参考パワーポーズの効果が凄すぎる

簡単に説明すると元気なポーズを取ると、本当に元気になるホルモンが分泌されるということです。

嬉しいことがあると自然とガッツポーズが出るものですが、ガッツポーズを取ると本当に嬉しくなるということです。

人間の身体にはこのような機能があります。身体の状態と内面の状態には相関関係があります。

逆に考えると、姿勢が悪くなると精神的にもそちら側に引っ張られるということです。

猫背を放置していると、精神的にも辛くなりやすいので気をつけてください。

落ち込む男性強いストレスなどで気分が落ち込んでいる時に、パッと気分を変えて何かしらの行動をするのが理想ではありますが、誰もが簡単に気持ちを切り替えられるわけではありません。

そのような落ち込んでいる時でも、姿勢を正すだけであれば、それほど難しくはないのではないでしょうか。

辛い時こそ姿勢を正す効果があります。これも大きなメリットではないでしょうか。

人間関係の問題を解決するのは簡単ではありませんが、姿勢を正すだけなら誰もが気軽の取り入れられます。

しばしば作家やミュージシャンが、散歩中に良いアイディアが思いついたというものですが、散歩で全身の血流が良くなったおかげで、パフォーマンスが引き出されたとも考えられるのではないでしょうか。

机の前で背中を丸めて悩むより、良い姿勢で心身ともに良い状態に導いた方が、自分本来の魅力を引き出しやすくなるものです。

深く落ち込んでいる時に気分転換で運動など出来るものではありませんが、姿勢を正す事や散歩ぐらいであれば、それほど難しい事ではないはずです。

姿勢を良くする効果は本当に凄いので、上手く味方にしてほしいと思います。お金も全く掛からないので、節約家にもおすすめですよ。

コメント

  • 小顔効果があるなんて驚きです!今すぐ猫背やめまーす笑

    by かなちゃんママ €

  • 姿勢が悪いばっかりに見た目を損している人は多いよね。私もその一人でしたが、整体に通うようになってからモテるようになりました。体調もすこぶる良好です。姿勢はホントに大事!

    by はる €

  • 姿勢の悪さは精神面でも影響があるのですね。勉強になりました。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]