節約はレジャー!

おしりの筋肉を鍛えることの5つのメリット、どこでも鍛えられます

おしりの筋肉を鍛えるメリット!

キュッと引き締まったお尻の筋肉の女性の後ろ姿みなさんは自分のお尻の筋肉を意識したことがあるでしょうか。

正直、私は全く意識したことがありませんでした。

女性の中にはお尻のたるみが気になってきて、お尻の筋肉を意識されたことがあると思いますが、多くの男性はお尻のたるみなど気にすることがないと思います。

お腹周りの筋肉や腕の筋肉であれば、鏡の前などで何かと衰えを実感する機会があるものですが、お尻の筋肉の衰えは見落としがちになってしまいます。

少し前にたまたまテレビでお尻の筋肉を鍛える方法が紹介されており、何となくその場でお尻の筋肉を意識して動かしてみると、思わぬ効果を実感しました。

それからもしばらくお尻の筋肉を鍛え続けていると様々な効果があり、さらに詳しく調べてみるとメリットだらけで驚きました。

そこで今回はお尻の筋肉を鍛えることで得られる5つのメリットを紹介します。これを知るとお尻の筋肉を鍛えずにはいられなくなるかも知れません。スタイルが良くなるといった分かりさすいメリットだけではありませんよ!

1 美尻効果

まずは美尻効果です。これはイメージしやすいのではないでしょうか。

お尻の筋肉を鍛えることで引き締まったお尻を手に入れることができます。これは男女限らず効果があります。

女性の方がスリムなズボンを履く傾向があるので、お尻のシルエットを意識する機会が多いのですが、実は多くの男性のお尻の筋肉も加齢に伴って垂れ下がっていきます

多くの男性がサイズにゆとりのあるズボンを履いてしまうので、気がつきにくい傾向があります。

お尻の筋肉は普段からあまり使われていないだけに、少し鍛えるだけで「キュッ」と引き締まってくれます。この即効性が感じられるのも、大きなメリットだと感じました。

腕の筋肉を鍛える男性腕や胸の筋肉だとそれなりに鍛えて大きく発達しないと効果が実感できませんが、日頃からあまり使われていないお尻の筋肉であれば、少し鍛えるだけでシルエットが変わるのを実感できます。

わりと早い段階で引き締まってくれるのも、おしりの筋肉を鍛える大きなメリットです。他のシェイプアップトレーニングと比べて効果が実感しやすいという特徴があります。

またお尻の筋肉が引き締められて小さくなると、ズボンのサイズも下げられるかも知れません。美尻効果だけでなく足長に見える効果も期待できます。

お尻の位置や股下の位置が上がるので、相対的に足を長く見せる効果も期待できます。

美尻効果というのは、お尻の筋肉をガチガチに鍛えて大きく発達してから表れるものではなく、かなり初期から実感できるということです。他のトレーニングに比べてかなり効率が良いと感じました。

人の後ろ姿というのは意外なほどお尻のシルエットの影響を受けているので、全身のスタイルを気にするモデルさんほど意識して鍛えているものですが、後ろ姿を気にする機会がない一般人ほど、お尻の弛みに気がつかないのかもしれません

2 姿勢を良くする効果

お尻の筋肉に力をいれて姿勢が良くなる女性のイラストそしてお尻の筋肉を鍛えて最も驚いたのが「姿勢が良くなる効果」でした。

お尻の筋肉に力を入れると、自然と骨盤が起き上がって上半身の姿勢まで良くなります

これはお尻の筋肉に効率よく力を入れるために、勝手に骨盤が起き上がってくれるようなことです。

試しに猫背の状態でお尻に力を入れてみてください。力を入れようすると自然と背筋が伸びると思います。

無理やり胸を張ったような不自然な姿勢ではなく、あくまでも自然と上半身が起き上がるような感じです。

骨盤が倒れたまま胸を張っても腰や背中に負担が掛かって辛いだけですが、おしりの筋肉に力を入れると自然と骨盤が起き上がるので、無理に腰を逸らせることも胸を張ることもなく、堂々とした正しい姿勢に導かれます

骨盤整体などで整えることも有効ではありますが、自分の力で正しい骨盤の位置に整えられるのが、おしりの筋肉を鍛える大きなメリットです。

無理やり良い姿勢を維持しようとしても難しいものですが、おしりの筋肉に力を入れるだけで自然と全身の姿勢が良くなります。

個人的にはこれが一番嬉しい効果でした。単純にお尻が引き締まるだけではなく、全身のシルエットが綺麗になるメリットがありました。

3 便秘解消効果

便秘の痛みを感じている女性便秘解消は姿勢の改善とも関係しているのですが、骨盤が正しい位置になると大腸の動きもスムーズになります

骨盤が倒れて猫背になっていると、お腹周りの筋肉が緩んでしまうのですが、正しい姿勢になると自然と腹筋にも力が入るようになります。

そもそも腸を動かすのも筋肉(腹筋の内側の体幹の筋肉)なので、お尻の筋肉に刺激を与えて姿勢を正すことは、結果的に腸がスムーズに動くことにつながり、便秘解消になります。

中年になるとお尻がたるんでしまう人が多いように、お腹がポッコリと出てしまう人も多いですが、そもそも脂肪は特定の部位にだけつくものではありません

お腹が出ている男性お腹だけが出るというのは、猫背で腹筋が緩んで内臓の位置が下がってしまうことも原因の一つと言われています。

腹筋を鍛えることも悪くないのですが、お尻の筋肉に力を入れることで骨盤が起き上がり、普段から腹筋に刺激を与えられるようになるので、内臓の位置が正常に戻り、腸の活動もスムーズになって便秘解消につながります。

参考腸活をコスパで考えてみた

誰もが深呼吸をする時には自然と胸を張った良い姿勢で胸を膨らませますが、日頃からお尻の筋肉を刺激する事で良い姿勢になるので、スムーズに肋骨が広がって呼吸の質も上がります。

単純に美尻効果があるだけではありません。良い姿勢で身体にまで好影響が期待できます。

ちなみに和式トイレだった昔の日本は、しゃがんだ態勢で力むことになっていたので、日常的にお尻の筋肉を刺激する機会がありました。

現在は洋式トイレの普及もあり、日本人のお尻の筋肉が衰えて姿勢が悪化し、便秘が増えたとも言われています。

便秘の原因は食生活や生活習慣など様々ですが、お尻の筋肉を鍛えることも有効だという事を覚えておいてください。

ちなみに便秘に関して言えば、お尻の筋肉を鍛えるほかに肛門の筋肉を意識してコントロールすることも有効です。

参考肛門の筋肉を的確にコントロールする方法

お尻や肛門の筋肉を分けてコントロールできるようになると、便の排泄がとてもスムーズになります。

お尻の筋肉に力を入れるのと肛門を締める筋肉は別なので、便秘に悩んでいる方は、それぞれ意識しながら鍛えて(コントロールして)みてください。

4 基礎代謝アップ

これはお尻の筋肉に限った話ではありませんが、筋肉が発達すると消費カロリーが増えて基礎代謝が増加します。

基礎代謝が上がればダイエットに効果的なのは言うまでもありませんが、お尻の筋肉を鍛えて姿勢が良くなると、結果的に腹筋や背筋の筋肉の活動も増加します

これらが基礎代謝を劇的に上げることになり、ダイエット効果が期待できます。

スタイルの良い人というのは普段から姿勢も良いものです。正しい姿勢は全身の筋肉をバランスよく使えるので、消費カロリーも増えてくれます。

また様々な内臓も猫背で姿勢が悪いと機能が落ちてしまいます。正しい姿勢で胃や腸が正しい位置に導かれることにより、内臓の機能が回復して消費カロリーも増加します。

日頃からお尻の筋肉に力を入れて姿勢を良くしておくと、身体の外側の筋肉を使う機会が増えるだけでなく、内臓の活動もスムーズになって効率が上がるので、ダイエットに効果的な基礎代謝が上がることにつながります

特別な運動をしていなくても太らない人に近づける可能性があります。

5 頻尿対策(骨盤底筋)

元々頻尿対策としてお尻の筋肉を鍛えることは有効だと言われていました。

頻尿は骨盤底筋と呼ばれる肛門の近くの筋肉の衰えが原因と言われています。意識的に肛門を締める動作を繰り返すことで、骨盤底筋に刺激を与えることができます。

頻尿対策だけで考えれば、肛門にグッと力を入れるトレーニングや意識的に尿意を止めるようなトレーニングが有効なのですが、お尻の筋肉を鍛えることでも骨盤底筋に刺激を与えられるので、結果的に頻尿対策にもなります。

姿勢が良くなる事で筋肉のコントロールもしやすくなるので、頻尿が気になる人にもおすすめのトレーニングです。

まとめ お尻の筋肉の鍛え方

お尻の筋肉を鍛えることは、ただお尻の見た目が引き締まるだけではなく、様々なメリットがあります。

  1. お尻の引き締め効果(美尻)
  2. 姿勢改善(骨盤が整う)
  3. 便秘解消(体幹の刺激)
  4. ダイエット効果(筋肉量アップ)
  5. 頻尿対策

お尻の筋肉を鍛えるだけで、これだけの効果が期待できます。

姿勢が良くなると歩き方も変わりますし、あらゆる生活に好影響がつながっていきます。

これらのメリットを逆に考えると、お尻の筋肉が緩んでいるとデメリットが多いのも理解できるのではないでしょうか。

昔の日本人のような和式トイレに変えるのは現実的ではないので、日頃から意識してお尻の筋肉を鍛えるようにしてみてください。

最後に私がおすすめするお尻の筋肉の鍛え方を紹介します。それはお尻に力を「ギュー」っと入れるだけの方法です。これならいつでもどこでも鍛えることができます。

コツをつかむまでは軽くしかお尻の筋肉に力を入れられないかも知れませんが、慣れてくるとかなり強く力を込められるようになります

自分のお尻の筋肉を確認する男性これを言葉で説明するのが難しいのですが、自然と立ち上がった姿勢で自分なりにお尻の筋肉に力を込めやすい角度を探ってみてください。

最も効率よくギューッとできる姿勢というが、まさに骨盤が起き上がった正しい姿勢です。

実際に自分の手でお尻の筋肉に触れながら力を入れてみると、効率よく力を入れる感覚がわかるようになります。

慣れてくると想像以上に強くお尻の筋肉を「ギュー」っとできるようになると思います。数秒間お尻の筋肉に強く力を入れるだけで、次の日に筋肉痛になるほどです。

それぐらいお尻の筋肉は普段使われていません。だからこそ効果が高いトレーニングだと実感しています。慣れてくるほどに強く力を込められるようになりますよ。

もう一つ意識しているのが階段の上りです。階段を下りる時は太ももの前側の筋肉が使われるのですが、上る時は太ももの裏側とおしりの筋肉が使われます

もちろん太ももの前側を鍛えるのも悪くないのですが、女性だと太ももが大きくなるのがイヤだという人もいると思うので、階段の上りだけでも意識してみてください。

ちなみに太ももが太くて悩んでいる人ほど、普段からももの前側の筋肉ばかりを使って歩いている傾向があります。この間違った歩き方を改善する為にも、お尻の筋肉に少し力を込めて歩くようにしてみてください。

あまり難しく考えなくて良いのですが、日頃から「ギュー」とお尻の筋肉に力を入れるように意識してください。

お尻の筋肉を鍛えるスクワットをする女性本格的にお尻の筋肉を鍛えるためのスクワットや運動もありますが、初めは立ち姿でお尻の筋肉に「ギュー」っと力を込めるだけでも十分な効果があると思います。

「6秒力を入れて6秒休む」を数回繰り返してみてください。慣れてきたら時間や回数を増やしてもらって構いません。

電車やバスやエレベーターを待っている間など、ちょっとした隙間時間にお尻の筋肉に力を入れる習慣を身につけてほしいと思います。

なかなかお尻の筋肉に力を入れる感覚が分からない場合は、あえて本格的なお尻のトレーニングをすることで意識しやすくなると思うので、おすすめの動画を紹介しておきます。

このような姿勢でお尻の筋肉に力を入れると、自然とお腹が持ち上がっていきます。腹筋や背筋を使うのではなく、太ももの裏側からお尻にかけての筋肉を意識しながら行ってみてください。

このようなトレーニングで筋肉痛になると、軽くお尻に力を入れても痛みが感じられるようになります。この感覚が分かると、いつでもどこでも「グッ、グッ」とお尻の筋肉を刺激できるようになりますよ。

私は出先でも思い出す度に「ギュー」っと刺激していますし、最近は歯を磨くときにもセットで刺激しています。

参考歯磨きをしながら行える運動を紹介

マッチョの男性よくマッチョが胸の筋肉をピクピク動かしているものですが、あれは大きく発達した胸の筋肉のおかげで分かりやすいのもあるのですが、度重なるトレーニングによって胸の筋肉痛を経験したことで、胸の筋肉に意識が向けられるようになるからです。

要はコツをつかんでいるだけです。

なので元マッチョでも同じように胸をピクピクさせることができます。もちろん筋力が衰えていると動きも少ないですが、左右別々に動かすことも可能です。

これはお尻や肛門の筋肉でも同様です。日ごろから意識を向けて力を入れていると、左右のお尻の筋肉を分けて動かせるようになります。このような細かなコントロール能力が身につくと、排便や頻尿のコントロールも上手くなります。

現代人はスマホやデスクワークの影響もあって猫背の人が多いのですが、猫背のまま歩いているとお腹やお尻の筋肉に刺激が少なくなるので、どんどん衰えてしまいます。

だからこそ日頃から意識的にお尻の筋肉に力を入れるようにしてみてください。想像以上にメリットを感じられる人が多いと思います。

 

最後にお尻の筋肉を鍛えるデメリットというか、注意点も紹介しておきます。

 

頻尿の方がお尻の筋肉に力を入れるトレーニングを行うと、尿漏れをしてしまうことがあります。慣れるまではトイレの後にお尻の筋肉に力を入れるようにしてください。外出先では避けましょう。

また初めて行うときは、それなりの筋肉痛になることを覚悟してください

デスクワークでお尻の筋肉が痛い男性座りっぱなしのデスクワークの方は仕事に影響があるかも知れません。お尻の筋肉が筋肉痛になると座っていられなくなります。それぐらい強烈な筋肉痛になることがあります。

参考デスクワークしながら出来る運動

たかが「ギュー」っと力を込めるだけといっても普段あまり使われていない筋肉なので、想像以上に負荷が掛かる可能性があります。

初めて行う人は調子にのってガンガンと追い込まないでください。初めは休日の前など余裕をもって行ってみてください。もちろん慣れてきたら強度を上げていきましょう。

私はお尻の筋肉に力を込めるようになって2年以上経ちますが、未だに本気でやると筋肉痛になるほど追い込めるので、バカにしないで取り入れてみてほしいと思います。

追記 お尻の筋肉が注目されるようになった!

最近はテレビや書籍でもお尻の筋肉の重要性について取り上げられることが増えてきました。とても喜ばしいことです。

私もいくつかの書籍を読んでみたのですが、お尻の筋肉の鍛えるメリットは、今回紹介したメリットのほかにもたくさんあるようでした。

代表的なのはバランス感覚の向上です。お尻の筋肉を鍛えることは、足腰が弱ったお年寄りの転倒防止にも役立つようです。

他にも歩く時に疲れにくくなったり、血圧を下げる効果があったり、足の冷え性まで良くなる効果があるようです。

お尻の筋肉に力をいれると骨盤が正しい位置に導かれてバランスが良くなるので、全身が健康になるのも当然の流れなのかも知れません。

お尻の筋肉はジムで本格的なトレーニングを行わなくても鍛えられるので、日頃から「ギュー」っと力を入れるように意識してみてください。

参考公共のスポーツジムを利用して節約!

コツを掴むと左右で分けてコントロールしたり、テンポよく「ギュッ、ギュッ」と回数を積み重ねる事ができるようになりますよ。

日頃から運動量が少ないデスクワークの人が多い現代人ほど、日頃からお尻の筋肉を意識する事でたくさんのメリットがあるので、ぜひ取り入れてみてください。

コメント

  • 昨日この記事を読んで試してみたところ、見事にお尻が筋肉痛になりましたwww
    デスクワークなので地獄です、助けて~w

    by 匿名 €

  • 私も筋肉痛になりました、少しでもお尻が小さくなるといいな♡

    by 美尻 €

  • 普段スポーツジムで追い込んだ時は二日後に筋肉痛になるのですが、これは見事に次の日に筋肉痛がきました、それだけお尻の筋肉は普段使っていないのですね、勉強になりました。

    by ザハス €

  • ガッテンでも頻尿対策にいいと紹介されていましたね、個人的には美尻効果と姿勢補正効果に期待です

    日頃からお尻の筋肉を意識すると、片側の足に体重をかけていたり、楽な姿勢をとっていることがわかるようになりました、悪い姿勢に気づくきっかけになるので感謝しています

    by にわ €

  • 体重はそれほど変わらないけど明らかにお腹がへっこんできました。ありがとうございます。

    by 匿名 €

  • 座っていてもお尻に力を入れるとグッと腰が入りますね、これはいい!

    by 匿名 €

  • 足がつり病院へそこでおしりの筋肉を鍛えた方が良いとのことおしりの筋肉つけたいと思います

    by 民子 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]