節約はレジャー!

早歩きの本当の効果はダイエットではなく人間力アップ!

早歩きの効果とは?

駅構内を歩く人普通に歩くよりも意識して早歩きをすると消費カロリーが増えます。

この理由は普段の歩き方が自然と効率の良い歩き方になっているからです。無意識はわざわざ疲れるような歩き方を選択しません。

なので単純に早歩きをする事には「ダイエット効果」があります。足を速く動す為にお腹周りの筋肉を使ったり、勢いをつける為に腕を動かす事になります。

また早歩きをすることで時間の短縮になるのも間違いありません。目的地に早く到着するのでこれも当然のことです。

参考時間の節約のポイント

一方でデメリットとしては、転倒のリスクや人とぶつかる可能性があります。ラッシュ時の人混みの中で取り入れるべきではありません。

一般的に言われている早歩きのこれらの効果は間違いではありませんが、実は早歩きには本当に素晴らしい効果がその後にやってきます

それらの効果を頭に入れておくだけで、その後の人生が豊かになるかも知れません。ぜひ日頃から早歩きをする習慣を身につけてほしいと思います。

歩き方を変えるだけで、人生が激減するかも知れませんよ。

1 シェイプアップ効果

早歩きのシェイプアップ効果とは、消費カロリーが増えるダイエットとは別に、体型を引き締める効果があります。

早歩きをすると通常の歩き方に比べて上半身の筋肉を多く(正しく)使います。特に身体の中心部、体幹の筋肉を刺激することになります。

たとえばスマホなどを見ながらダラダラと歩くと狭い歩幅でしか歩けません。スマホを持っていなくても首が前傾していると肩がすぼまって自然と腕が振れる事もありません。

猫背のような姿勢なので骨盤も前傾してしまい、下半身の筋肉だけで歩くようなことです。

極端なことをいうとゾンビが歩くような事です。上半身の力が抜けてベタベタと歩くようになってしまいます。

他にも大きな荷物を抱えながら歩くのをイメージしても良いかと思います。大きな歩幅には成り得ません。

歩きスマホや荷物をもっていなくても、日頃からこのようなトボトボとした歩き方をしていると、上半身の筋肉を使うことがほとんどありません。

一方で意識的に早歩きを行うと、どうしてもバランスを取る必要があるので自然と上半身の筋肉が使われます。

猫背のままだと早歩きはできないので、無理なく骨盤が起き上がって良い姿勢になります。すると自然と体幹の筋肉を使って歩くようになり、肩甲骨も広がって腕が降られるようになります。

ゆっくりとした歩き方でもこのような正しい歩き方が出来れば問題ないのですが、どうしても無意識は手抜きをしてしまうので、自然と省エネのダラダラとした歩き方になってしまいます

この無意識にアプローチできるのが早歩きの凄さです。日頃から歩くスピードを早める事で、下半身を中心とした省エネの歩き方よりも消費カロリーが増えるだけではなく、上半身をスマートに引き締めるシェイプアップ効果が期待できます。

これといった運動をしなくてもスタイルが良い人というのは、歩き方が綺麗な傾向があるものです。

2 歩き姿改善

早歩きをする女性意識的に早歩きを行うと、自然と「正しい歩き方」に近づいてくれます。

そして早歩きを意識的に行うと、いつもよりも筋肉に負荷がかかるので、脳が疲れないように効率の良い歩き方を模索するようになります。

内股やガニ股では力が真っ直ぐ地面に伝わりません。地面をとらえる時に膝が曲がっていると力が伝わりません。引きずるような歩き方だと適切に力が伝わりません。

意識的に早歩きを行うことは、これらの悪い歩き方が自然と正しい歩き方に補正されていきます

わかりやすいのは目線の高さや向きの変化です。しっかりと骨盤が起き上がって胸の張った歩き方が出来ると、目線が高くなって目の向きも上がります。

猫背だと常に足元が視線に入るものですが、正しい歩き方をすると自然と胸を張った良い姿勢になるので、視界に靴がほとんど見えなくなります。足を最も前に出した時に靴の先端が視界の外れをかすれる程度になります

これは試してみると直ぐに分かります。

常に視線の中に靴が見えている歩き方というのは、腰が九の字に曲がって肩がすぼまって首が前に出て下を向いています。

普通の歩き方を意識して身につけた人はあまりいません。多くの人が自分なりの適当な歩き方をしているものですが、それが正しい歩き方とは限りません。

周囲の人の歩き方を観察してみてください。

意識して他人の歩き方を見てみると、意外なほどクセがあるものです。ガニ股だったり、内股だったり、肩をすぼめて重心が前のめりになっていたりします。

お相撲さんのように太っていると胸を張った姿勢になるのですが、あれはお腹が重たくて前に倒れないようにのけぞっているだけなので、極端なガニ股になっているものです。

人によっては左右の歩幅の違いや足の向きもバラバラだったりします。さらに意識して足音を聴いてみると、左右で足音が同じという人が、いかに少ないかわかると思います

自分の足音にも注目しながら早歩きをしてみてください。正しい歩き方になるとリズムよく心地の良い足音が響いてくれます。

ファッションモデルのように歩き方を指導してもらう機会は一般の人にはありませんが、早歩きを意識する事で自然と身体が効率の良い歩き方になっていくので、つま先が前を向いて骨盤が起き上がった正しい歩き方に近づいていきます。

これも早歩きの素晴らしい効果の一つです。姿勢が良くなる事で見た目の印象がグッと良くなります。ファッションモデルのようなスッと胸を張った姿勢を意識しながら早歩きをしてみてください。

3 長寿、健康

早歩きは通常の歩き方に比べて、全身の血流量を飛躍的にアップさせることが出来ます。

筋トレのように特定の筋肉ばかりを動かすより、より健康的な全身運動です。

息が切れるほど(心拍数が上がる)の運動は健康や長寿にとってマイナスに働くことがありますが、早歩きにはそのようなリスクがありません。

日常的に歩く時間が少ない人やデスクワークの人ほど、早歩きによる健康効果が期待出来ます。週に一度スポーツジムに通うより、毎日の歩く時間で全身のトレーニングが出来てしまいます。

実際に試してもらうと分かると思うのですが、自然と胸を張った良い姿勢で歩くと、腕が大きく振られるので肩こりや首の痛みといったものも軽減されていきます。わざわざマッサージをしてもらう必要が無くなるかも知れません。

また70歳の女性を対象として海外の調査結果では、歩く速度に比例して健康だという結果が出ています

早歩きは健康にとっても大きな効果が期待できます。これといった運動をしていなくても健康な人というのは、歩き方が綺麗でスピードも速い傾向があるものです。

効果的な早歩きの方法

早歩きといっても難しく考える必要はないのですが、無理なく早歩きを続けるにはいくつかのポイントがあります。

まず初めに意識してほしいのは靴の重要性です。

サイズの合っていない靴で正しく歩くことなど出来ません。スリッパのような緩いフィット感では早歩きなどできません。

楽だからとサンダルのようなもの頼ってばかりいると、せっかくの全身運動をする機会が無くなってしまうので気をつけてください。どうしても屋内と屋外の出入りが多くてサンダルが手放せないのであれば、クロックスのようなフィット感が良いサンダルがおすすめです。

参考クロックスのフィット感が流石だった

意識的に早歩きを行う為にも、日頃からきちんとサイズを合わせた靴を履いてください。靴紐もしっかりと結びましょう。

多くのサラリーマンが脱ぎ履きしやすいように大きめの革靴を履いていますが、それが理由で歩き方や姿勢が崩れている事は珍しくありません。

また早歩きする時は大股にする必要はありません。今までと同じ歩幅で構わないので、まずは足の回転が速くなるように意識してください

無理に大股にしようとすると不自然な歩き方になってしまいます。また足の回転を上げていくうちに自然と歩幅はベストな広さになるので、初めの頃は気にしなくても大丈夫です。

歩幅は体型や筋肉の量によっても違うので、まずは回転を上げることを意識してください。

ウォーキングの姿勢またウォーキングなどに見られる「腕を上げる動作」も必要ありません。肘を直角に曲げて拳を目線の近くまで上げる人がいますが、これは早歩きとはあまり関係ありません。むしろ遅くなる可能性があります。

消費カロリーという意味では腕を積極的に振っても良いのですが、これでは日常生活の歩く速度を上げることにはなりません。

腕に力が入ってしまうと、腕が惰性で後ろに振られる事もなくなってしまいます。ここがもったいないです。

自然と腕が振られる正しい歩き方をしていると、勝手に肘が身体の後ろ側まで動きます。

これが歩くだけで肩甲骨周りのストレッチになるのですが、極端なウォーキングのように身体の前だけで腕を振ってしまうと、一部の筋肉ばかりが使われる事になってしまいます。

早歩きをすると自然と腕が振られてバランスを取ろうとするので、ウォーキングのように意識的に腕を持ち上げる必要はありません。

もう一つ早歩きのポイントを紹介すると、足の付け根の位置のイメージを上げることも効果的です。股下から足が出るのではなく、おへそや胸から足を前に出すようにイメージしてみてください。

腰に手を当てて歩くと骨盤がロックされるので、足の筋肉だけを使った狭い歩幅でしか歩けなくなるのですが、足の付け根をおへそよりも上にあるようにイメージして歩くと、骨盤がしなやかに動くようになり、足を出す度に骨盤がひねる動作を出来るようになります。

たったこれだけの事で、歩く時の上半身の筋肉の使い方が劇的に上手くなります。自然と腹筋や背筋を使うことになり、歩幅も広くなります。

この足の付け根の位置を意識をしながら、足の回転を少し上げるの早歩きのポイントです。

自然と上半身を使った歩き方は美しいものです。消費カロリーがアップするだけではなく、姿勢も良くなって見た目の魅力もアップします。

もちろん身体も健康になっていくので、美しい歩き方になるということは、人としての総合的な魅力が上がる効果があります

これが早歩きの一番のメリットかも知れません。やらずにはいられなくなるほど早歩きにはメリットがいっぱいですよ。

まとめ 本当の早歩きの効果

ビデオカメラで録画する女性歩き方というのは多くの人が無意識に行っているので、あえて意識にあげないと変えられません

芸能人やモデルのようにカメラで録画してチェックでもしない限り、客観的に自分の歩き方を意識する機会はないものです。

何かの拍子で自分の声が録音された音声を聞くと、「え?これ私の声?」と違和感があるものですが、実は歩き方も同じです。自分が思っている以上にスマートではないかも知れません。

だからこそ意識的に早歩きを取り入れてみてほしいと思います。日頃の歩く速度を少し上げ、自然と正しい歩き姿になるように心がけてほしいと思います。

ファッションモデルにもなったつもりで颯爽と歩くようにしてみてください。モデルのように足をクロスさせる必要はないのですが、一流モデルになりきって歩くと、自然と良い姿勢で早歩きになると思います。

単純に目的地に早く着くだけでなく、健康面での様々なメリットが得られると思います。

歩くスピードの違いは、都会の人と田舎の人をイメージしてみるとわかりやすいかも知れません。早歩きの都会の人ほど颯爽とカッコよく歩いているのではないでしょうか。

のんびりとした田舎が悪いわけではありませんが、颯爽と歩く方が健康の為にも、様々な効率の為にも、そして見た目の魅力の為にもメリットがあるので意識してみてください。

トボトボとうつむきながらで歩いていると、それだけで洋服に皺が増えて見た目でも損をしてしまいますよ。

うつむいた猫背では早歩きは出来ません。偉そうにのけぞっても早歩きは出来ません。スリッパを引きずるような歩き方でも早歩きは出来ません。意識的に早歩きをするという事は、自然とこれらを改善する効果が期待できます。

ダラダラ歩く女性多かれ少なかれ歩き方にはクセがあるものですが、早歩きを取り入れるだけで自然と良い方向へ改善されていくので、意識してほしいと思います。

そして普段よりも少しだけ足の回転を速くすることを心がけてください。これだけで様々な効果を実感すると思います。

無理に大股にする必要はありませんが、正しく歩けるようになると自然と歩幅は広がっていくものです。

正しく歩けないと一部の筋肉や関節に負担がかかります。痩せているのに太ももだけが太いという人が多いですが、下半身の筋肉(主に太ももの前側の筋肉)だけを使った歩き方の可能性が高いです。

また膝や股の関節にも偏って力が加わると痛みが発生してしまいます。これはO脚やX脚の人に多いのですが、正しく歩くということは全身の健康の為にも大切なことです。

早歩きの一番の効果というのは、この「正しい歩き方」に近づくということです。

早歩きで時間短縮や消費カロリーアップは間違いありませんが、それらよりもずっと大切な健康を取り戻す効果が期待できます

足の筋肉だけに頼って歩くと太ももが太くなりますが、全身をバランスよく使って歩けるようになると身体全体が引き締まります。当然全身の血流も良くなり健康になります。

極端なことを言えば、すでに正しい姿勢で歩けている人に早歩きは必要ありません。

実際にこれといった運動をしていないのにも関わらず、綺麗な体型を維持している人がいますが、そのような人ほど普段の姿勢や歩き方が美しい傾向があります

日常生活の動作だけでも正しく筋肉を使えていれば、極端に体型が崩れることもありません。

正しい姿勢で歩いている人は、周りの人に比べて歩く速度が早い傾向があります。全身の筋肉を上手に使って無理なく歩いているので、自然と効率の良い歩き方をしているので疲れも感じません。

周囲の人と比べて歩く速度が遅い人、姿勢が悪い人、靴底の擦り減りに偏りのある人は、早歩きを意識してみてください。

そして周囲の人の歩き方も意識して観察してみてください。靴底を「ザッザッ」と引きずっていたり、足音が左右で全然違ったり、身体を横に揺らしながら歩いていたり、内股でよろよろしていたり、ガニ股でのけぞっていたりするものです。

足あとが残る雪上雪国の人は足跡にも注目してみるのも良いかと思います。見事なガニ股や内股、左右で歩幅が違う方など様々な足跡が残っていると思います。

私自身も雪国に住んでいるので実感しているのですが、どうしても滑りやすい雪道を歩く為に腰を曲げて足元を見てしまう傾向があります。

これも雪道を歩く時だけであれば転びにくいといった意味もあるのですが、駅や会社のような屋内や冬以外では歩き方を変えられるようになってください。

中にはケガや病気で仕方がなく歩き方が崩れてしまうケースもありますが、逆に言えばそのような歩き方だったからこそ、ケガや炎症を起こしたのかも知れません。

たかが歩き方ですが、身体に与える影響はすごく大きいです。歩くという動作はたまにしか行わない運動よりも日常的に行うことなので当然だと思います。

僅かなマイナスでも積み重なっていきます。今後の長い人生の為にも、なるべく早く正しい歩き方をマスターしてください。その為に有効なのが早歩きという事です。

姿勢が良くなれば身長も伸びます(本来の身長に戻る)。肩甲骨周りがほぐれて正しい位置に整えば胸を張った堂々とした印象になります。良い姿勢になれば内臓の機能も上がりますし、肋骨もスムーズに動くようになるので呼吸の質も上がります。これで魅力がアップしないわけありません。

別のところで紹介したのですが、元気そうな姿勢は見た目の印象が良くなるだけでなく、実際に行動や情動を促す様々なホルモンにも影響があります。

参考パワーポーズの効果が凄すぎる!

コロンブスの卵ではないですが、健康だから元気そうに見えるだけではなく、元気そうに見えるから健康だということでもあります。姿勢が身体に与える影響は少なくありません。

もちろん健康だけではなく、颯爽と歩く姿というのも魅力的なものです。仕事が出来るサラリーマンが自信なさげにトボトボと歩くことはありません。

早歩きを意識するということは、今までの人生で無意識に行っていた歩くという動作を見直すきっかけになるので、今後の人生に大きな影響を与えてくれると思います。

今日からファッションモデルにでもなったつもりで、胸の下から足がはえていると思って歩いてみてください。そして少しだけ足の回転をあげて早歩きを意識してみてください。直ぐに様々な効果が実感できると思います。

追記 靴選びも超重要

きちんとした早歩きをする為には、靴も重要です。これを軽視している人が意外と多いので気をつけてください。

つっかけるだけのスリッパで正しく歩けないように、サイズが合っていない靴では正しく歩くことが出来ません。

靴は洋服のSMLのような大雑把なサイズ展開ではなく、「5mm刻み」でサイズがあります。それだけサイズ合わせが難しいということでもあります。

日本は靴を脱ぐ文化なので、どうしても脱ぎ履きしやすい大き目の靴を選んでしまう人が多いのですが、靴紐を緩めたままでは正しく歩くことはできません。

きちんとサイズを合わせた靴というのは、靴べらを使わないと履きにくいものです。

正しく歩く為にも、きちんとした靴を履くことも忘れないでください。これは靴の値段の話ではありません。サイズ合わせや靴紐を結び直す習慣が大切だと言うことです。

休日に運動をするのもいいですが、必ず毎日行う歩くという動作を改善した方が、運動不足解消にとっても効率が良いのではないでしょうか。

日本のサラリーマンの多くが、脱ぎ履きしやすいように大きめの革靴を選んでしまっているのですが、スニーカーのようなフィット感がない革靴のようなものほど、歩き方が崩れてしまいます。

参考疲れない革靴テクシーリュクスの凄さ!

今回紹介した早歩きのメリットを知っているかどうかで、歩き方は劇的に変化します。ここまで長い文章を読んでくれた人は、おそらくもう大丈夫です。イヤでも早歩きしたくなっているはずです(笑)。

早歩きはお金が全く掛からない健康法なので節約とも相性が抜群です。もちろん節約家に限らず、誰にでもメリットがあるので意識してほしいと思います。

コメント

  • 確かに歩くのが早い人は姿勢が良い気がする・・・

    by 匿名 €

  • いつも私より食べるのに痩せている友人は歩くのが早いです。ちょっとしたことで体型にまで影響があるのですね。これからは早歩きを意識するようにします。

    by さな €

  • 半信半疑で早歩きしてみたらホントに姿勢が良くなった。というか姿勢が悪いと早く歩けない。

    by 匿名 €

  • おかげさまで早歩きを意識するようになってからスタイルが良くなりました。
    便秘も解消されて良い事ずくめです。ありがとうございました。

    by 匿名 €

  • 最近の若者はスマホのせいか猫背で俯いて歩く人が多い
    デスクワークが増えている現代こそ、日頃の歩き方を正す必要性を感じる

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]