節約はレジャー!

クロックスの履き心地に感動!サンダルとは別物です

クロックスとは?

クロックスとはアメリカのシューズメーカーが開発した靴で、数年前から日本でもブームになっていました。

ゴムのような特殊な樹脂で作られており、人間工学に基づいて設計されているので、抜群の履き心地やフィット感を実現しています。

とはいえ、私はあまり興味がありませんでした。

数年前に似たような感じのゴムの靴を100円ショップで購入したことがあるのですが、はっきりいってただゴムのサンダルといった感じで、これといったメリットを感じられませんでした。

元々サンダルを履くのがゴミ出しをする時ぐらいだったので、それでもいいやといった感じだったので使い続けていたのですが、少し前に仲間内の飲み会がありました。

居酒屋の小上がり席だったので、トイレに行く時にお店のスリッパを履こうと思ったのですが、見当たりません。

私は日頃から靴のフィット感を重要視しているので、

参考靴の重要性を改めて認識した出来事

基本的に紐靴を履いており、トイレだけだと少々面倒です。

すると誰かが履いてきたクロックスのサンダルが目に入り、仲間に断りを入れて初めて本物のクロックスを履くことになりました。

本物のクロックスの履き心地に感動!

すると明らかにフィット感が違いました。私がよく履いている100円ショップのゴムの靴とは別物です。

いわゆる普通のスリッパやサンダルを履いた時というのは、飛んでいかないように爪先を持ち上げながらソロソロとしか歩けないものですが、本物のクロックスはきちんと靴紐を結んだ靴のように歩けてしまいます。

この事に感動してしまい、さっそく本物のクロックスを購入してしまいました。

私は靴の専門家ではないので、なぜにクロックスだけがこれほど素晴らしい履き心地や当たりの柔らかさがあるのか判らないのですが、普通のサンダルとは格が違います。

最近ではゴミ出しだけでなく、近所のスーパーに歩いていく時でも履いているほどです。

呼び名がわからないのですが、このようなフィット感を向上させる輪っかもあり、これを踵側にして履くと靴の内側の底と足がピッタリと張り付いてくれます。

一般的なサンダルは脱ぐのも簡単ですが、クロックスの輪っかを踵側にすると、手を使わないと脱げないぐらいフィットします。

もちろん輪っかを前側にセットしておくと、普通のサンダルのように手を使わずとも脱ぎ履き出来ますが、それでも普通のサンダルよりは圧倒的にフィットしてくれます。

たまにどこでもクロックスを履いている方がいますが、今ならその気持ちもわかります。単純にオシャレの為に履いていたのではなく機能性を理解していたのでしょう。

私はもうクロックスは手放せそうにもありません。似たようなものしか履いたことがない方は、是非とも本物を試してみてほしいと思います。

まとめ 本物の凄さ

私は節約家ということもあり、それほど機能に差がないのであれば、本物でなくても構わないといったスタンスなのですが、クロックスの機能性の高さには驚かされました。

crocs正規販売代理店 fam

こちらの正規販売店を見てもらうとわかるのですが、人間工学に基づいて足圧を分散していたり、長時間着用時の疲れを抑える効果があるようです。

本物のクロックスが何万円もするのであれば、どんなに機能性が高くても購入することはなかったのですが、ネットで探すと2000円未満で見つかるので節約家にとってもありがたい選択肢だと思います。

ゴミ出しだけだなら普通のサンダルでも問題ないとも言えるのですが、フィットしないサンダルで躓いたり、転んでしまうリスクもありますし、火事や地震などの緊急時の対応も考えてみると、クロックスのフィット感は素晴らしいと思います。

流石にスニーカーと同等とは言いませんが、クロックスなら軽く走ることも可能です。

普通のサンダルとクロックスでは、いざという時に雲泥の差があるように感じます。

100円ショップの似たようなゴムの靴だと、ドアの下のちょっとした段差に引っかかって、つんのめってしまうこともあったのですが、クロックスを履くようになってからそのような事は一切ありません。

本物のクロックスは本当によく考えられて設計されているのだと感じます。

靴を脱ぐ機会が多い日本では履きやすさや脱ぎやすさを優先している人が多いので、普段から大きめのサイズを選んでしまっている人が多いのですが、伸縮性の少ない革靴だとフィットせずに余計な疲労を感じてしまうものです。

ブカブカの革靴は重たいスリッパのようなことなので、まともに歩くことは出来ません。

クロックスは靴のフィット感の重要性を認識している海外のメーカーだからこそ、徹底的に考えられたのかも知れません。

スニーカーは日本のメーカーも素晴らしいですが、革靴となると日本のメーカーが世界でそれほど評価されているわけではありません。

たかがサンダルではありますが、クロックスの履き心地は別格なので、ぜひ一度本物を体験してみてください。偽物を履いている人は感動すると思います。

これ(⇒)なんてamazonで1590円です。本物でも意外なほど手軽な価格で手に入れられるので、体験してみる価値があると思いますよ。

ちなみに私は楽天のスーパーセール時にポイント倍増などを駆使して、1400円台で購入することが出来ました。

クロックスにも様々なモデルがあり、それなりの価格のものもありますが、シンプルなタイプであればそれほど高くないと思います。

もちろんゴミステーションが近かったり、普段からサンダルを履かないという人には必要ありませんが、普通のサンダルで躓いたり脱げてしまう事がある人には、本当におすすめですよ。

節約して貯めたお金の使い道は自由ですが、クロックスのように安全や健康に直結するポイントに投資するのは、かしこい節約なのではないでしょうか。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]