節約はレジャー!

腸活を節約の観点から考察!ヨーグルトはコスパが悪い?

腸活の費用

数年前から健康の為に腸の健康を整えることを「腸活」と呼ぶようになりました。就活や恋活や妊活などの「○○活」という言葉の流れなのでしょうか。

様々なフルーツ腸の活動が整えることが健康の良いのは間違いありません。どんなに素晴らしい栄養素が含まれている食材を食べても、その吸収率が悪ければ効果は半減してしまいます。

また腸活は便秘の人だけではなく、軟便の方にとっても効果があります。軟便の人も何かしらの理由で腸が過剰に活動していると考えられます。

また特に不満がない人でも腸の状態が整っているとは限りません。より良い状態がある可能性があります。

そんな健康にとって大切な腸活には、大きく分けて3つのアプローチがあるのですが、中には腸の為には良くてもお財布にとっては厳しい選択肢もあります。

そこで今回は節約の観点から腸活を考察します。高価なサプリメントやヨーグルトに頼る前にできることがあるものです。

1 腸活としての運動

お腹を押させる女性腸に限らず、人間の臓器は筋肉が動かしています。年齢を重ねるごとに内臓が衰えるのは筋肉の衰えでもあります。

お腹周りの筋肉が衰えると、腸の活動にも大きな影響を与えます。また姿勢が悪い人は様々な臓器が前傾することになり、腸が下に追いやられて活動が鈍る傾向があります。

特に痩せているのにお腹が出ているという人は、腹筋の衰えや姿勢の悪さが原因の一つでもあります。

腸の活動を促すことだけであれば運動は決して難しくありません。腸の流れに沿ったマッサージもありますが、お腹を凹ませたり膨らませたりするだけでも腸活として大きな効果が期待できます

極端なことを言えば、お腹が痛くなるぐらい笑い転げるだけでも効果があります。

何かしらの運動でお腹を凹ますと横隔膜を引き上げることになるので、内臓を正しい位置に整える効果もあります。またお腹を凹ますだけのドローイングと呼ばれる運動もおすすめです。

また日頃から姿勢を意識することも大切です。これは見た目の印象が良くなるだけではなく、腸の活動がしやすい正しい内臓の位置をキープすることになります。

参考姿勢を良くするメリットが凄すぎ

基本的に腸活の為の運動にお金はかかりません。節約とは相性がバッチリの腸活と言えます。まずはこの方法から取り組んでみてください。

エステでお腹のマッサージをしてもらうのが悪いとは言いませんが、日頃から意識するだけで同じような効果が得られるものですよ。

2 腸活の為の乳酸菌

外国のカップヨーグルト腸活のコストパフォーマンスで気をつけたいポイントが乳酸菌の摂取方法です。

一般的な食べ物(発酵食品)から乳酸菌を十分に摂取することが出来ればいいのですが、腸活として乳酸菌が含まれている食品を、わざわざ追加している人が多いものです。

特にヨーグルトの乳酸菌を意識している人が多いのですが、実はヨーグルトは乳酸菌の摂取としてはコストパフォーマンスが良くありません

デザートとしてヨーグルトの味を楽しむのであれば、それはそれで別の目的があるので構いませんが、乳酸菌の為だけに無理やりヨーグルトを食べるという意味では、コスパが悪いのでおすすめできません

これはその他の発酵食品などにも当てはまります。健康のために納豆を食べているという人も多いと思いますが、納豆が苦手な人が無理やり食べてもストレスによって腸の活動が鈍る可能性もあります。

参考納豆のサイズによる健康効果の違い

またヨーグルトは脂肪分や糖分も多い傾向があります。糖分を加えずプレーンのまま食べたり、低脂肪タイプを選ぶという選択もありますが、乳酸菌の為に我慢して食べてストレスを感じてしまえば元も子もありません。

ストレスでお腹が下る人がいるように、脳と腸は密接に関係しています。健康の為の腸活とはいえ、それがストレスになってしまうと逆効果です。

さらに注意してほしいのが、日本人の中には乳成分を分解できないタイプの人がいるという事です。牛乳を飲むだけでお腹がゆるくなってしまう人が、一定数いると言われています。

このようなタイプの人が無理にヨーグルトを摂取していると、腸の状態が良くなって便意があるのではなく、腸内で分解できない異物が入ってきたということで便意が促されてしまいます

便秘に悩んでいる人にとってはこれも良いのかも知れませんが、決して腸の状態が良くなったとは言えません。牛乳でお腹の調子を崩しやすい人もヨーグルトによる腸活は避けた方が無難です。

また「飲むヨーグルト」は糖分やカロリーがさらに多いので気をつけてください。乳酸菌の為に太ってしまっては本末転倒です。

もちろんヨーグルトが大好きな人は別です。デザートとして満足度が得られるのであれば、ストレス解消にもなって一石二鳥なので相性が良いと思います。

乳酸菌の為に無理やりヨーグルトを食べているは、サプリメントの方が圧倒的に節約になるので意識してみてください。

【amazon】乳酸菌サプリランキング

【楽天】乳酸菌サプリランキング

⇑を見て頂くとわかりますが、意外と安価な価格で乳酸菌のサプリメントが売られています。

私自身も腸活の為に取り入れていますが、特定のヨーグルトで一種類の乳酸菌を取り入れるより、サプリメントで多くの乳酸菌を取り入れた方が効率的でコスパも良くなります。

ヨーグルトでも大容量のタイプを選んだり、カスピ海ヨーグルトのように自作する事でコスパを良くする事ができますが、カロリーや脂肪分や糖分といった事を考えると、よほど好きな人でもない限り、腸活として相性が良いわけではないという事です。

3 乳酸菌の為の食事

糸を引く納豆乳酸菌を摂取するための食事は、ヨーグルトや漬物などの発酵食品を取り入れることですが、お腹の中の乳酸菌を育てる為の食材選びも「腸活」の一つです。

具体的には食物繊維を多く含む食品を選ぶことです。昔は食物繊維を取ると腸内の便が絡んでお通じが良くなると言われていたのですが、現在では食物繊維が乳酸菌のエサになると考えられています。

食物繊維を多く含む食品というと野菜が中心になるのですが、例えばお味噌汁やカップラーメンに乾燥ワカメを追加するなど、ちょっとした一工夫で食物繊維を増やすことも腸活の一つになります。

参考カップラーメンの栄養素を高める工夫

乾燥ワカメは価格が安いのでそれほど負担になりませんが、ヨーグルトのような食品を腸活の為だけに追加してしまうと、家計の負担にもなってしまいます。

色々な野菜また普段の食事から無理なく食物繊維を増やすコツは、付け合わせの野菜を見逃さないことです。

多くの人がお弁当のパセリを残してしまいますが、実はパセリには食物繊維だけではなく、素晴らしい栄養素が含まれています。

お弁当のパセリには彩りや香草としての殺菌作用もあるのですが、なるべくならそのような野菜も積極的に食べるようにしてください。お刺身の大根のツマや食用菊など、見落とされてしまう付き合わせの野菜に食物繊維は多いものです。

わざわざ腸活の為に「高価な食材を購入しなければならない」わけではないという事です。

もちろん食べるのにストレスを感じてしまうものは相性が良くありませんが、彩りの為の野菜などでも意外と美味しいものがあるものでですよ。

さらに節約という意味では野菜の皮を調理することも効果的です。多くの野菜の皮には食物繊維だけではなく、強い抗酸化作用があるポリフェノールがたくさん含まれています。

また最近は白米と玄米を選べるお店やお弁当屋さんが増えてきています。価格に差がないのであれば、なるべくなら食物繊維の多い食材を選ぶように心がけてください。これも立派な腸活になります。

全粒粉の黒っぽいパンパンも全粒粉(黒っぽいパン)だと食物繊維や栄養が豊富になります。これらも立派な腸活の一つです。

蕎麦もつなぎに小麦粉を使用している二八蕎麦よりも、十割蕎麦と呼ばれるそば粉100%の方が食物繊維や栄養が豊富です。スーパーなどで安価に売られている蕎麦(茹で麺)の多くは、蕎麦粉の成分が少ない(大抵は20%未満)ので、なるべく成分表をチェックして蕎麦粉の含有率が高いものを選びましょう。

この辺は味の好みもあるので、腸活の為とはいえ極端に傾くと食事の満足度が下がってしまいますが、それほどこだわりがない食品に限っていえば、腸活に有利な食材を選ぶといった視点を意識してみてください。

まとめ 腸活の効果

医者から説明を受ける女性ここ数年で「腸」の健康状態の重要性が紹介される機会が増えてきました。

そもそも食べた物の栄養を吸収するのが腸の役割です。どんなに身体に良いと言われる食品を食べても栄養が吸収されなければ意味がありません。

参考節約と健康に良い食材10選

一方で腸の状態が整っていると、同じ食品からでもより効率的に栄養を吸収することが出来ます

しばしば食べる量が少なくても元気な人がいますが、おそらく彼らは腸の状態が素晴らしく、少ない食材からでも十分な栄養が得られているのだと思います。

最近は食べ方の工夫で栄養の吸収を抑える方法などがありますが、これらは栄養が吸収されにくい食べ方ということなので、実は本末転倒なことです。

特保のマーク脂肪の吸収を抑える特保の商品などは、脂肪を取り過ぎている人にとっては良いのかもしれませんが、食事の本来の目的である栄養の吸収を、あえて抑えるということは、身体にとって必ずしも良いこととは言えないのではないでしょうか。

そのような自然に反したモノに頼るより、健康的な腸を取り戻す「腸活」の方が、ずっと安全で効果があると思います。

日頃からお腹周りの筋肉を適度に刺激し、乳酸菌が含まれている食品(もしくはサプリメント)を取り、腸内の乳酸菌を増やす食物繊維を取り入れるように意識してみてください。

腸活はあらゆる健康状態を向上させる可能性があります。最近はスポーツ界でも注目されており、一流のアスリートほど腸内の状態が良い傾向がある事が分かってきました。

便秘や軟便で悩んでいない人でも、必ずしも腸内が正常な状態とは限りません。

実は私もしばしば便秘に悩まされていたのですが、これらの腸活を意識するようになってから物凄く快便になりました。

しかも朝方の決まった時間に便意がくるので、凄く安定するようになりました。さらに便の質も一定になってくれたので、ふき取りにくいということもなくなりました。

日頃からメイクをする女性は、便秘による肌への影響を感じている事が多いのですが、男性は無頓着な人が多いと思います。

腸内の状態が悪いと身体中に影響があるので気をつけてください。実感しにくい男性こそ、腸活による健康を見逃している傾向があるものです。

腸活はそれほどお金を欠けずとも出来ることが多いので、まずは簡単なお腹周りの運動から取り入れてみてください。特に不満を感じていない人でも、より良い腸の状態を目指してみてください。

参考お尻の筋肉を鍛えるメリット!

腸の状態が良くなると便のキレも抜群になります。長時間トイレにこもることも力むこともありません。スルっとバナナのような便が当たり前になります。そしてトイレットペーパーに便がそれほど付着しなくなります。

自然界の動物がトイレットペーパーで拭くことがないように、人間の便も腸の状態が良いとスルっと切れが良いので、ほとんど肛門に残っていません。

動物は加工食品など食べませんし、それぞれの動物にとって理想的な食材しか食べていないので、おそらく理想的な便になっています。

人間にとって理想的な食材を定義することは難しいですが、インスタント食品や加工食品は自然の状態から遠ざかっているので、あまり理想的だとは言えません。

参考インスタントラーメンを健康的に食べる方法

白米よりも玄米、小麦粉よりも全粒粉、白砂糖よりも黒砂糖のように、より加工の度合いが少ないほど、腸にとって理想的な食材になると言われています。

全ての食材を変えるのは大変ですが、無理のない範囲で少しずつ取り入れてみてください。またそうではない加工食品が多いという人ほど、乳酸菌や食物繊維のサプリメントなどに頼るのも良いかと思います。

常にサプリメントに頼る食生活は、節約の観点からみてもあまり良いとは言えませんが、腸の状態が悪いと感じたときは、一時的に取り入れて腸を整えることは有効だと思います

私自身も乳酸菌サプリメントにお世話になっていますが、必ずしも決められた量を毎日摂取しているわけではありません。

食品から乳酸菌を取れなかったり、野菜が少なかったり、お通じが悪くなったと感じた時には積極的に摂取するようにしています。

この方法が正しいのかわかりませんが、日頃から自分の腸の状態を意識することが大切です。全く意識してこなかった男性ほど、違いを感じられるのではないでしょうか。

腸を整える為のサプリは、どんなに高価な栄養ドリンクを飲むよりも効果が高いと思います。乳酸菌サプリは価格も良心的なモノが多いので節約とも相性が良いです。

参考栄養ドリンクのリスクを感じた出来事

ただし、乳酸菌には相性の問題があるので、いきなり大容量のタイプや定期購入のようなものは避けてください。まずは一ヶ月分ぐらいの量で相性を見極めた方が良いかと思います。

日頃からしっかりと腸の状態を整えて、食材が持っている本来の栄養を吸収して健康になってほしいと思います。リンゴ一つからでも「100」の栄養を吸収できるのと「60」しか吸収できないのでは大きな差になるはずです。

全身の健康の為にも食べ過ぎを抑えるためにも、日ごろから腸活を意識してみてください。それほどお金を掛けずとも出来る事がたくさんあるものですよ。

コメント

  • 僕も昔はヨーグルトを毎朝たべていました。現在はサプリだけです。腸の調子はむしろ良いぐらいです。ヨーグルトにこだわる必要はないと思います。結構高いですし。

    by 匿名 €

  • 私は長年便秘に悩まされており
    様々な乳酸菌サプリメントを試してきましたが
    何よりも食事が一番大事です

    こちらの記事でも紹介されているように
    野菜の皮を食べるとお通じが良くなるのでおすすめです
    ブロッコリーの芯は食物繊維が豊富なので
    捨てずに食べると良いかと思います

    by 矢間 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]