節約はレジャー!

納豆に使用されている大豆のサイズによる栄養価の違い!

納豆の種類

糸を引く納豆当サイトでは以前に「節約に効果的な食材10選」を紹介したことがあるのですが、

参考健康的で節約に効果的な食材10選

今回はその中でも納豆に特化して紹介します。

納豆は非常に安価でありながら、とても栄養価が高い優れた食品です。一般的に言われている納豆の健康面での効果は、

  • 高血圧
  • 血糖値
  • 骨粗しょう症
  • 肌あれ
  • 女性ホルモン
  • 腸内環境

などの改善効果があると言われています。他にも色々あるのですが、実は納豆のサイズによっても栄養価に違いがあります。

  • 大粒
  • 小粒
  • 極小粒
  • ひきわり

スーパーの食品棚の納豆市販されている納豆には、一般的にこのようなサイズ展開になっています。

同じメーカーから販売されている同じ納豆のシリーズでも、このサイズの違いで栄養価が少し変化します

もちろん大豆そのものが違えば栄養価も違うので、国産の良質な大豆を使用している納豆の方が、より望ましいのですが、今回は納豆に使用されている大豆のサイズによる栄養価の違いについて紹介します。

それぞれ好みの納豆のサイズがあるとは思いますが、味よりも健康の為に納豆を食べているという方は、納豆のサイズの違いを意識することで、より健康効果が期待できると思います。

たんぱく質

大豆に含まれているタンパク質は、大粒の納豆の方がより多く摂取することが出来ます

大粒>小粒>極小粒

という関係なのですが、「ひきわり納豆」は元々大粒の大豆を細かく砕いていることが多いので、たんぱく質が少ないということはありません。

良質な植物性たんぱく質を意識して納豆を食べている方は、「大粒」か「ひきわり」の納豆がおすすめです。

食物繊維

たくさんの大豆納豆に含まれている食物繊維の多くは、大豆の表面の皮の部分です。皮が大きい大粒の納豆ほど、食物繊維が多く含まれています。

整腸作用を期待して納豆を食べている方は、大粒の納豆の方が、より効果が期待できます。

ひきわり納豆も大粒の納豆を使用していると紹介しましたが、多くのひきわり納豆は大豆の皮を取り除いた後に加工されているので、食物繊維が少なくなってしまいます。

大豆を水で戻したことがある方はわかると思うのですが、このように皮が剥がれることがあるものです。

大豆の食物繊維でお通じをよくしたい方には、ひきわり納豆よりも、大粒の納豆がおすすめです。

ただし納豆菌による整腸作用となると別ですが。

納豆菌

納豆菌の多さは大豆の表面積のサイズに比例します。

なので同じグラム数の納豆であれば、サイズが小さいほど納豆菌の数が多くなります

大粒<小粒<極小粒<ひきわり

の順で大豆の表面積は大きくなります。

納豆菌が増えるとビタミンやミネラルが豊富になります。納豆菌の栄養は大豆が細かいほど多く摂取できます。

納豆菌による整腸作用や美容面を期待されている方は、なるべく小さなサイズの納豆の方が効果的です。

納豆菌を増やす方法

冷蔵庫をあける赤ちゃん納豆菌の数は大豆のサイズによって違いますが、ここでは納豆菌そのものを増やす方法を紹介します。これはサイズはあまり関係がありません。

それは納豆を「常温」に戻すことです。

冷蔵庫から取り出したばかりの納豆菌は、低温で活動を休止している状態です。

納豆をよくかき混ぜることも大切なのですが、納豆菌が活動しやすい温度にしてあげることがポイントになります。

基本的には食卓に並べる20~30分前に冷蔵庫から取り出しておくだけでOKです。それからよくかき混ぜてください。

また醤油や薬味を混ぜる方は、納豆をよくかき混ぜて糸がひいた後に入れてください。先に醤油やからしを入れるよりも納豆菌が増えやすくなります。

ちなみに納豆は新鮮なものよりも、賞味期限が近いものほど納豆菌の数が多くなっています。賞味期限が近くなって特売になっている納豆は、節約という意味だけではなく栄養面でもおすすめです。

参考スーパーの半額セールでおすすめの商品

その日のうちに食べるのであれば全く問題はありません。スーパーから持ち帰る時間で常温にもなるので、一石二鳥、三鳥にもなってくれます。

この方法であれば納豆のサイズは関係ないので、食べる前には常温に戻すことを意識してほしいと思います。

まとめ スーパーフード納豆

美味しそうなひきわり納豆納豆の栄養価を最大限に引き出す理想的な食べ方は、大粒の納豆を自分で包丁で刻んで「ひきわり納豆」にすることです。

販売されている「ひきわり納豆」は、大豆を茹でる前に細かく砕かれているので、皮が取り除かれているので食物繊維が少なくなっています。

また納豆に含まれているナットウキナーゼという成分は、加熱されると失われてしまいます。納豆菌そのものは熱に強いと言われているのですが、血液をサラサラにするのに効果的だと言われているナットウキナーゼは熱に弱いという特徴があります。

なので、熱々のご飯でも影響がでる場合があります。健康の為に納豆を食べるのであれば、ここを注意してください。

ご飯を茶碗によそって湯気が出なくなるまで、少しまてば大丈夫です。

ちなみに納豆を健康目的で食べていない方は別です。

納豆そのものが大好きな方は、それほど栄養価の違いは気にする必要はありません。小粒でも極小粒でも好みのサイズの納豆を選んでください。

納豆パスタ納豆パスタや納豆炒飯が好きな方も多いと思います。加熱によってナットウキナーゼによる健康面での効果は少なくなりますが、食事の満足度も健康にとって凄く大切なことです。

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

一方で健康面のことだけを考えて納豆を食べている方には、総合点が高い「ひきわり納豆」がおすすめです。

便秘の方は食物繊維が豊富な大粒の納豆がおすすめです。

それぞれ納豆を食べる目的に合わせて、上手にサイズを選んでほしいと思います。

様々なメーカーの納豆ちなみに同じメーカーの納豆ばかりを食べ続けるより、様々なメーカーの納豆を食べた方が、より栄養のバランスが良くなると言われています。

大豆の種類だけでなく、タレの成分にも違いがあるので色々試してみてください。どんなに健康に良い食品でも、偏り過ぎるとデメリットがあるものです

また初めて食べるメーカーの納豆というのは、意外な発見があるものです。思いもしないタレや食感などを感じ取れるものなので、色々試してみてほしいと思います。

また薬味にこだわるのも楽しいと思います。ちょっと贅沢な調味料や薬味は、あらゆる料理のレベルを引き上げてくれるので、そこはあまり節約を意識しないで選んでほしいと思います。

参考調味料の節約は危険?質を重視

また細かな違いに意識を向けることは、適度に脳を刺激してくれます。それも健康面へ好影響を与えることになります。

ちなみに納豆の購入代金を節約したい方は、たれやからしなしの納豆が安くておすすめです。私はポン酢を混ぜて楽しんでいます。

参考ポン酢納豆の効果が素晴らしい!

お酢による健康効果だけでなく、さっぱりとした味になるので、一度試してみてください。

追記

納豆をかき混ぜる時の注意点が見つかったので紹介します。

それは発泡スチロールの混入のリスクです。多くの納豆は発泡スチロールに入っていますが、そのまま力強くかき混ぜてしまうと、箸の先端で発泡スチロールを削り取ってしまうリスクがあります。

納豆をかき混ぜる前に別の器に移すことが理想ではありますが、洗い物が増えて大変だと思うので、発泡スチロールの納豆はなるべく優しくかき混ぜてください。

少し慣れると箸の先端が発泡スチロールに触れないように、納豆をかき混ぜられるようになると思います。

発泡スチロールにへばりついている納豆を無理に引きはがすことはありません。かき混ぜているうちに、ポロっと剥がれてまとまってくれますよ。

気になる方は紙の容器の納豆を選ぶのも良いかと思います。価格が高かったり、量が少なかったりと、節約という意味では損かも知れませんが、健康の為に納豆を食べている方は意識してみてください。

コメント

  • うーん、小粒派の私はいったい・・・

    by 匿名 €

  • 納豆パスタが好きな私はいったい…笑

    by しか €

  • ひきわり納豆の私は・・・悪くないのねwでも便秘だから大粒がいいのかな~

    by はな €

  • 1粒で見れば大きい方がいいと思うけど、ひとパックに入ってる納豆のグラム数で見れば大して変わらなさそう

    by 匿名 €

down

コメントする