節約はレジャー!

スーパーの半額時間を理解して節約!狙ってはいけない商品?

スーパーの半額時間を理解

半額シールの張られたサラダみなさんがよく通っている食品スーパーでは、お弁当やお惣菜に「二割引きシール」や「半額シール」が貼られることがあるでしょうか?

私の自宅から徒歩2分のところにあるスーパーでは、だいたい18時50分頃になると半額シールを貼る店員さんが登場します(輝いて見えます笑)。

あらかじめ馴染みのスーパーの半額になる時間を理解しておくと、上手に節約をすることが出来ます。

この時間を理解していないと、レジを済ませてから半額シールを貼り始めるのを目撃して、かなり凹むことになります(苦笑)。

私もそのような経験から、はっきりと半額シールを貼る時間を意識するようになりました。馴染みのスーパーで買い物をする時は時間を意識してみてください。時々担当者が違って時間が遅くなると殺意すら感じますが(笑)。

そこで今回はスーパーの半額シールを上手(?)に選んで節約する方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

半額で購入してはいけないモノ?

バツ印をする女性節約家にとって半額で購入出来るのは嬉しいものですが、中にはあまりおすすめ出来ないモノもあります。

それは「その日の内に食べないもの」です。

次の日のお弁当に入れるための、お惣菜なども当てはまります。

おそらく次の日に食べても大きな問題はありませんが、揚げ物の場合はかなり酸化が進んでいるので健康の為におすすめできません。

しかも揚げ物の中の具材というのは、そのスーパーの中の売れ残り商品が利用されていることが多いと言います。

半額のメンチカツコロッケやメンチカツなどが多いのは、売れ残ったお肉を加工しやすいからでもあります。多少色が悪くなっても揚げてしまえば関係ありません。

揚げ物は高熱で処理されるので、食中毒などの問題があるわけではありませんが、次の日に食べるとなると、かなり古くなっていると考えてください。

同じような理由で生モノもあまりおすすめ出来ません。

お寿司屋やお刺身なども日をまたぐことにはリスクがあります。

「冷凍さえすれば問題ない」と言った考えもあるのですが、冷凍しても少しずつ細菌は増殖します。

新鮮な食品を冷凍するのであれば、それなりに長持ちしますが、調理してから時間が立っているものは、すでに細菌が増え初めています。

それから冷凍しても既にかなりの細菌が増えているので、効果が薄くなってしまいます。

これはお肉なども同様です。一度解凍してから販売されているお肉を再冷凍するのは、あまりおすすめ出来ません。味や風味もかなり落ちてしまいます。

スーパーの半額シールは、その日に食べる分だけと意識してください。

半額シールで狙うべき商品

一方で「半額シール」がついていることで、積極的に狙うべき商品もあります。

それは「発酵食品」です。

パックに入った納豆ヨーグルトや納豆は賞味期限ギリギリが、最も乳酸菌などが増えている状態と言われています。

スーパーによっても違いますが、お弁当やお惣菜だけではなく、そのような食品にも半額シールが貼られることがあるので、「その日のうち」に食べるのであれば、かなりおすすめの商品です。

参考納豆の大豆の大きさによる栄養価の違い

私はチーズが大好きなので「半額シール」が貼られているのを見つけると必ず購入してしまいます。普段手が出ない高級品や、試したことがないチーズが半額だと嬉しくなります。

あるテレビ番組で「良いスーパーの見分け方」を紹介していたのですが、良いスーパーとは消費期限が短い乳製品の管理がしっかりと出来ている!と紹介していました。

消費期限が近づいている乳製品を棚の手前に配置し、半額シールなどで無駄に廃棄させないように工夫しているのだそうです。

逆にこのようなことを積極的にしていないスーパーは、商品の管理が出来ていないことが多いそうです。当然利益率も低くなるので、消費者に還元(値引きや割引)できません。

ちなみに発酵食品は食べる前に常温にしておくことで、乳酸菌や納豆菌の繁殖が促されます。

あまり難しく考えなくていいのですが、スーパーで購入して自宅に戻る間に自然と常温に晒されるので、そのまま冷蔵庫に入れずに食べるぐらいでOKです。普通に冷蔵庫に保管している発酵食品も、食卓に並べる少し前から常温にさらしておくことで発酵が促されます。

参考腸活を節約の観点から考察してみた

カットメロン他にも果物や野菜が半額になるケースもあります。

カットされたスイカやメロンのように、切り口が空気に触れてしまっているような果物だと劣化が激しいので、その日に食べるのでなければおすすめはしません。

同様に加熱しないで食べる生野菜も、その日のうちに食べないのであれば、やはり避けた方が良いと思います。

野菜は種類によって違うので何とも言えないのですが、その日のうちに調理(加熱処理)するのであれば、次の日に持ち越しても問題はないと思います。

一方で「バナナ」は少し事情が違います。

バナナは黒い点々(シュガースポット)が出てくる頃が、最も甘くて食べ頃と言われていますが、実は栄養面でも大きな効果が期待できます。

1~2日で食べきれる大きさの房であれば、半額シールを積極的に狙う価値があります。

他にも冷凍食品の半額セールも狙い目です。

これもスーパーによりますが、消費期限が近づいたから半額セールというものではなく、○曜日は「冷凍食品一律で半額セール」というようパターンをよく見かけます。

冷凍食品は新鮮な食材を調理した直後に急速冷凍されているので、かなり安全性が確保されています。調理時間の節約にもなるので半額セールは節約家にとって有効です。

と言っても私は冷蔵庫を手放しているので、その日に食べる冷凍食品しか購入しませんが(苦笑)。

参考冷蔵庫を手放して感じたメリット、デメリット

【スポンサーリンク】

まとめ 半額の理由

いただきますと合掌する男性基本的にはスーパーの半額の商品は、その日のうちに食べるものだけを買うのが得策です。

節約出来ることは嬉しいのですが、欲張って次の日まで持ち越してしまうと、健康面でのリスクが高まります。

お弁当などを丸ごと冷凍する方もいますが、酸化した後に冷凍しても遅いと認識してください。

半額セールでお金を節約できたとしても、健康を害して病院に通うことになれば節約どころではありません。結果的にお金も時間も無駄になってしまいます。

また半額だからと食べたくないものを食べることにもリスクがあります。つい半額シールが張られていると手が伸びてしまいますが、本当に心から食べたいと感じる食品には、その時の身体が欲している栄養素が含まれているケースが少なくありません。

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

好きなものと食べたいものは違います。久しぶりに「なんだか今日は肉を食べたいなぁ~」といった心の声も大切にしてください。

リンゴの皮むきちなみに日頃から酸化したものを多く食べていると、身体の中も酸化しやすくなってしまうと言われています。

人間の身体をつくっているのは食べ物なので、極端に質や鮮度を落とさない方が良いのではないでしょうか。日々のパフォーマンスが落ちてしまえば、全ての行動に影響を与えてしまいます。

参考姿勢を良くするメリットが凄すぎる!

特に揚げ物が多く入っているお弁当や総菜の半額セールは気をつけてください。その日に食べきるとしても、毎日のように取り続けてしまうことはリスクになります。

そして、おそらくですが、スーパーの調理場で使用されている油や調味料も、スーパーの商品の中から消費期限が近づいたものを利用するはずです。賞味期限内であれば問題はないはずですが、半額だからと極端に偏らないように意識してほしいと思います。

節約という意味では半額シールは凄く魅力的ですが、健康も意識しながらほどよく取り入れてほしいと思います。


down

コメントする