節約はレジャー!

スーパーの半額時間を理解して節約!狙ってはいけない商品?

食品スーパーの半額時間を理解しよう

半額シールの張られたサラダ節約家の皆さんがよく通っている食品スーパーでは、お弁当やお惣菜に「2割引きシール」や「半額シール」が貼られることがあるでしょうか?

私の自宅から徒歩2分のところにあるスーパーでは、だいたい18時50分頃になると半額シールを貼る店員さんが登場します(輝いて見えます笑)。

あらかじめ馴染みのスーパーが半額になる時間帯を理解しておくと、上手に節約をすることができるものです。

この半額シールを張り出す時間を理解していないと、レジを済ませてから半額シールを貼り始めるの店員を目撃することになり、かなり凹むことになります(苦笑)。

私もそのような経験から、はっきりと半額シールを貼る時間を意識するようになりました。馴染みのスーパーで買い物をする時は時間を意識してみてください。時々担当者が違って時間が遅くなると殺意すら感じますが(笑)。

そこで今回はスーパーの半額セールを上手(?)に選んで節約する方法を紹介します。半額でお得だからとなんでもかんでも購入してしまうと、思わぬしっぺ返しがあるかも知れません。

半額セールで購入してはいけない商品とは?

バツ印をする女性節約家にとって半額で購入出来るのは嬉しいものですが、中にはあまりおすすめ出来ない商品もあります。

それは「その日の内に食べないもの」です。

次の日のお弁当に入れるための、お惣菜なども当てはまります。

おそらく次の日に食べても大きな問題はありませんが、揚げ物の場合は油の酸化が進んでしまうので健康の為におすすめできません

しかもスーパーで売られている総菜の具材というのは、そのスーパーの中の売れ残り商品が利用されていることが多いと言います。

半額のメンチカツコロッケやメンチカツなどが多いのは、売れ残ったお肉を加工しやすいからでもあります。多少色が悪くなっても高熱で揚げてしまえば関係ありません。

揚げ物は高熱で処理されるので、食中毒などの問題があるわけではありませんが、次の日に食べるとなると衣の油の酸化だけでなく、中身も含めてかなり劣化していると考えてください。

もちろんその日のうちに食べるのであればいいのですが、半額シールでお得だからと買い占めて冷凍保存までする人もいます

冷凍しても劣化や雑菌の繁殖が完全に抑えられるわけではないので、この方法はあまりおすすめしません。

同じような理由で生モノの半額セールもおすすめではありません。お寿司屋やお刺身なども日をまたぐことには大きなリスクがあります。

これも「冷凍さえすれば問題ない」と言った考えもあるのですが、冷凍しても少しずつ細菌は増殖します

業者のように食材が新鮮な内に加工して冷凍をするのであれば、それなりに長持ちしますが、調理してから時間が立っているものは、すでに細菌が増え初めています。

揚げたての商品を急速冷凍するのと、それなりに時間が経って半額シールが貼られている商品を冷凍するのでは全く条件が違います。

これは半額になっているお肉なども同様です。一度解凍してから販売されているお肉を再冷凍するのは避けた方が良いです。味や風味もかなり落ちてしまいます。

それだったら冷凍されているお肉や魚を購入した方がいいぐらいです。半額だからと冷凍するぐらいたくさん買うのはおすすめしません。

スーパーの半額シールは、その日に食べる分だけと意識してください。それであれば美味しく健康にいただけるので、結果的に節約にもつながると思います。

半額シールで狙うべき商品

一方で「半額シール」がついていることで、積極的に狙うべき商品もあります。

それは「発酵食品」です。

パックに入った納豆ヨーグルトや納豆は賞味期限ギリギリの方が、最も乳酸菌などが増えている状態と言われています。

スーパーによっても違いますが、お弁当やお惣菜だけではなく、そのような食品にも半額シールが貼られることがあるので、「その日のうち」に食べるのであれば、かなりおすすめの商品です。

参考納豆の大豆の大きさによる栄養価の違い

私はチーズが大好きなので「半額シール」が貼られているのを見つけるとつい購入してしまいます。普段手が出ない高級品や試したことがないチーズが半額だと嬉しくなります。

温めるだけのピザなどにも半額シールが貼られることがあるので、総菜やお弁当ばかり注目しているともったいないですよ。

スーパーによっては半額シールが貼られた商品を、一部の冷蔵庫の中にまとめている事もあるので、それらもチェックしてみてください。

ちなみにあるテレビ番組で「良いスーパーの見分け方」を紹介していたのですが、「良いスーパーとは消費期限が短い乳製品の管理がしっかりと出来ている!」とありました。

良いスーパーほど消費期限が近づいている乳製品を棚の手前に配置し、半額や割引シールなどで無駄に廃棄しないような工夫をしているのだそうです。

逆にこのようなことを積極的にしていないスーパーは、商品の管理が出来ていないことが多いそうです。当然利益率も低くなるので、消費者に還元(値引きや割引)できません。

意外と高級志向のスーパーの方が、食品の鮮度が悪いことがあると紹介していたほどです。

ちなみに発酵食品は食べる少し前に常温にしておくことで、乳酸菌や納豆菌の発酵が促されます。

あまり難しく考えなくていいのですが、スーパーで半額シールの張られた発酵食品を購入して、自宅に戻る間に自然と常温に晒されるので、そのまま冷蔵庫に入れずに食べるぐらいでOKです。

普通に冷蔵庫に保管している発酵食品も、食卓に並べる少し前から常温にさらしておくことで発酵が促されます。

参考腸活を節約の観点から考察してみた

カットメロン他にも果物や野菜が半額になるケースもあります。

カットされたスイカやメロンのように、切り口が空気に触れてしまっているような果物だと劣化が激しいので、その日に食べるのでなければ半額でもおすすめはしません。

同様に加熱しないで食べる生のカット野菜も、その日のうちに食べないのであれば、半額シールが貼られていても避けた方が良いかと思います。

一部のスーパーではカットされた断面の劣化を防ぐ為に、酸化防止剤を添加しているケースがあるそうです。

野菜の半額セールも基本的にはその日のうちに食べられる分だけ購入するのがおすすめです。その日のうちに調理(加熱処理)するのであれば、次の日に持ち越してもそれほど問題はないかと思います。

 

一方で「バナナ」は少し事情が違います。

 

バナナは黒い点々(シュガースポット)が出てくる頃が、最も甘くて食べ頃と言われていますが、実は栄養面でも大きな効果が期待できます

1~2日で食べきれる大きさのバナナの房であれば、半額シールを積極的に狙う価値があります。

他にも冷凍食品の半額セールも狙い目です。スーパーにもよりますが、消費期限が近づいたから半額セールというものではなく、○曜日は「冷凍食品一律で半額セール」というようパターンもあります。

冷凍食品は新鮮な食材を調理した直後に急速冷凍されているので、かなり安全性が確保されています。調理時間の節約にもなるので、冷凍食品の半額セールは節約家にとっても有効です。

ちなみに私は冷蔵庫を手放しているのですが、

参考冷蔵庫が必要ないライフスタイルとは?

たまに冷凍食品のチャーハンやピラフ、ピザなどを購入することがあります。それこそ半額シールが貼ってあると飛びついてしまいます。冷凍食品もその日のうちに食べるのであれば、必ずしも冷蔵庫が必要なわけではありません。

ただ私は電子レンジもないので、フライパンで加熱できる冷凍食品に限ります。冷凍食品やチルドのピザもフライパンに入れて蓋をし、弱火で温めると美味しく出来上がるものですよ。

そして節約家の味方、安価で栄養豊富な「卵」も賞味期限間近の半額はおすすめです。

そもそも卵の賞味期限は、常温で保存された卵を生で食べても問題がないレベルに設定されています。詳細について別のところでも紹介しているのですが、

参考卵を購入するとき知っておくべきこと

卵は加熱するのであれば賞味期限を大幅に過ぎていても問題になりません。卵好きの人の中には、あえて新鮮ではない卵を選ぶ人がいるほどです。

スーパーによっては卵の半額や割引は行われませんが、卵のセール中なら少し多めに購入しても賞味期限の問題にはならないので節約につなげられると思います。もちろん生卵を食べる場合は賞味期限に気をつけてくださいね。

まとめ 半額の理由

いただきますと合掌する男性基本的にはスーパーの半額の商品は、その日のうちに食べるものだけを買うのが得策です(卵や冷凍食品は別)。

半額で節約出来ることは嬉しいのですが、欲張って次の日まで持ち越してしまうと、健康面でのリスクが高まりますし、美味しさも半減してしまいます。

稀にお弁当などを丸ごと冷凍する方もいますが、酸化(劣化)した後に冷凍しても遅いと覚えておいてください。

またお弁当の多くはプラスチック容器に入っています。プラスチック容器を電子レンジなどで加熱し過ぎると成分が溶け出してしまうこともあります。

参考電子レンジのリスクについて

コンビニなどの冷蔵保存されているお弁当の容器であれば、その辺の事も考えて温める時間が設定されているのですが、冷蔵で保存されているお弁当を冷凍して電子レンジで解凍するとなると、大幅に想定時間を超えることになり、プラスチック容器が変形してしまうようなことがあります。

この辺のことに敏感な国では、電子レンジを使う時にはプラスチック容器からお皿に移してから温める事が常識となっています。

半額でお得だからと素人判断で冷凍してしまうと、思わぬリスクを負うことになるかも知れないので気をつけてください。

半額セールでお金を節約できたとしても、健康を害して病院に通うことになれば節約どころではありません。結果的にお金も時間も無駄になってしまいます。

また半額だからと食べたくないものを食べることにもリスクがあります。つい半額シールが張られていると手が伸びてしまいますが、本当に心から食べたいと感じる食品には、その時々に身体が欲している栄養素が含まれているケースが多いです。

参考食べたいモノを食べると健康になる理由

好きなものと食べたいものは違います。久しぶりに「なんだか今日は肉を食べたいなぁ~」といった心の声も大切にしてみてください。

リンゴの皮むきちなみに日頃から酸化したものを多く食べていると、身体の中も酸化しやすくなってしまうと言われています。

人間の身体をつくっているのは食べ物なので、極端に質や鮮度を落とさない方が良いのではないでしょうか。日々のパフォーマンスが落ちてしまうと、全ての行動に影響を与えてしまいます。

特に揚げ物が多く入っているお弁当や総菜の半額セールは気をつけてください。その日に食べきるとしても、毎日のように取り続けてしまうことはリスクになります。

どうしてもお弁当やお惣菜は揚げ物が多いので気をつけてください。

そして、おそらくですが、スーパーの調理場で使用されている油や調味料も新鮮なものではありません

スーパーの商品の中から消費期限が近づいたものから選ぶはずです。賞味期限内であれば問題はないのですが、何でも半額だからと極端に偏らないように意識してほしいと思います。

節約という意味では半額シールは凄く魅力的ですが、健康も意識しながらほどよく取り入れることこそが上手な活用法だということです。

この辺はまとめ買いにも言えることですが、

参考まとめ買いは節約にならない?

半額だからと欲張ってしまうと、しっぺ返しをくらうので気をつけてほしいと思います。

コメント

  • 卵かけご飯は賞味期限ギリギリの方が美味しんだよね

    by 匿名 €

  • 半額シールが貼られる前に買い物かごに弁当を確保しておいて、半額シールを張り始めてから店員につめよるおばちゃんどうにかならないかな。ああはなりたくない。

    by 匿名 €

  • 私の家の近所のスーパーは半額がないからうらやましい

    by 匿名 €

  • 閉店間際で8割引きになるスーパーでコロッケを買って食べたら、とんでもない胸焼けをしてまいった事がある

    半額でも時間の経った揚げ物は避けた方がいいよ

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当ブログ「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。

二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。

当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。