節約はレジャー!

冷蔵庫がいらない生活!実践して感じたメリットとデメリット

冷蔵庫なしの生活

保冷バック私は数年前から冷蔵庫は持たない暮らしをしています。スーパーで購入してきた食品は一時的に保冷バックに入れるぐらいで何とかなっています。

決して冷蔵庫を持つことが悪いという意味ではありませんが、人によっては冷蔵庫がなくても無理なく暮らすことが可能です。

一方で節約という観点からみると、冷蔵庫がいらない生活はマイナス面、デメリットも多いと感じています。

冷蔵庫がいらない生活は誰にでもおすすめ出来るものではありませんが、すでに実践されている方や検討している方の参考になればと思い、私が感じている冷蔵庫のいらない生活のメリットデメリットを紹介します。

「冷蔵庫なしの生活なんてありえない!」と感じる方も多いとは思いますが、頭の中で一度検討してみることで新たな気づきがあると思います。始めから無理と決めつけずに検討してみてほしいと思います。

冷蔵庫がいらない立地?

外国のセブンイレブン無理なく冷蔵庫がいらない生活を続ける上で最も重要なポイントが、立地、住宅環境です。

節約のことを無視すれば、全て外食で済ませれば冷蔵庫なしでも生活に支障はありません。またデリバリーを頼むことも出来ます。

一方で節約のことを考えると、やはり自炊をする必要があります。冷蔵庫なしで自炊を行うためには、自宅の近くにスーパーがあることが条件になります

ちなみに私の自宅からスーパーまでは徒歩3分です。

よほどお金に余裕のある方(出前や外食)や近所にスーパーがない方にとっては、冷蔵庫がいらない生活は向いていません。逆にマンションにお住まいの方などで、階下にスーパーやコンビニがある場合は最高の条件です。

田舎に住んでいると車のない生活などあり得ないと言いますが、様々な交通手段がある都会では車のない生活でも困らないようなことです。冷蔵庫のいらない生活も似ています。それが立地次第という意味です。

近所に24時間営業の激安スーパーがあるような立地の方は、冷蔵庫がいらない生活でも全く困りません。

参考24時間スーパーのトライアルが最高過ぎる!

むしろ、その時々に必要なものを必要なだけ購入できるので、節約だけでなく健康にとってもメリットがあると考えられます。

保存食

外国のスーパーの果物私は基本的にスーパーでその日に食べる分だけの食材を購入して調理することが多いです。

と言っても、毎日スーパーに行くわけではありません。日によっては保存食に頼ることになります。

私の場合は主に乾物や乾麺に頼ることになります。お米や蕎麦、パスタはある程度ストックしています。

常温でも日持ちのする根菜と卵もストックしてあります。卵は別のところでも紹介しましたが、卵は常温保存で賞味期限を大幅に過ぎても過熱すれば問題ありません。

参考卵の豆知識6選

他にも温めるだけのレトルト食品も利用出来ますし、缶詰も同様です。もちろんカップラーメンなどのインスタント食品に頼ることもあります。

インスタント食品ばかりになるのは栄養面で不安がありますが、そこに卵や乾燥ワカメ、海苔、高野豆腐などの乾物を足して工夫しています。

参考カップラーメンを節約の観点から考察

これらのような便利な乾物に頼ることで、冷蔵庫がなくてもそれなりの食生活がおくれています。

私は2018年の北海道胆振東部地震を経験したのですが、停電していた二日間を、これらの乾物だけで普通に過ごすことが出来ました。

参考震災への備えは食べ物だけではない!

むしろ冷蔵庫がなかったおかげで、食べ物を腐らせるようなことにもなりませんでした。

要冷蔵の調味料

外国の調味料そして冷蔵庫がない生活で意外と難しいと感じたのが「調味料」です。

多くの調味料が開封後は冷蔵庫で保存する必要があるので、かなり種類が絞られてしまいます。

醤油は常温保存でOKなものもあるのですが、市販されている味噌は難しいです。

一方で小分けにパックされていれば常温でも大丈夫です。たまに味噌汁を作る時は、お湯を注ぐだけのインスタントのみそ汁に具材を足して作っています。

お弁当などに付属してある小分けにされた醤油やソースも長期保存が可能なのですが、業務用のスーパーなどで購入しようとすると、普通の醤油やソースに比べてかなり割高になってしまいます。

これはマヨネーズやケチャップも同様です。節約的には向いていません。

やはり料理好きの方には冷蔵庫は必要だと思います。私のように簡単な料理しかしない方であれば、冷蔵庫がいらない生活と相性は良いと思います。

ちなみに私がストックしている調味料は、塩、コショウ、七味、醤油、めんつゆ、ポン酢、コンソメの元ぐらいです。煮込む時は大抵コンソメ味に仕上げています。

ただし、調味料には少しこだわっています。調味料の質が向上するとあらゆる料理の質も向上するものです。

参考香り七味が最高過ぎる!

参考100均の胡椒ミルが便利!

安易に低品質な調味料を購入して節約してしまうと、せっかくの食材が台無しになるので気をつけてください。

冷蔵庫なしのメリット

青空の下で背伸びをする女性一方で冷蔵庫がいらない生活のメリットは、電気代が安くなることや冷蔵庫のスペースが空くことだけではなく、凄く自由だと感じられることです。

節約思考の方は食材を無駄にしないように消費期限をチェックして管理していると思いますが、それ故に食べたくないタイミングで食べなければならない食材も多くなってしまいます

私も消費税増税のタイミングで缶詰を大量にまとめ買いをしてしまい、しかもセール品で賞味期限間近だったので、修行のように毎日イヤイヤ食べていた経験があります。大好きなはずのさんまの缶詰が嫌いになってしまいました(苦笑)。

節約するためにまとめ買いをする方が多いとは思うのですが、どうしても賞味期限のコントロールに気を使う必要があります。私は冷蔵庫を手放したおかげで、その事から解放されて物凄く食生活が楽になりました

思い立ったタイミングで外食に行けますし、その日食べたくなった料理をつくることもできますし、割引きセールの食材を中心に組み立てて節約することも出来ます。

参考好きなモノよりも食べたいモノが良い理由

冷蔵庫がいらない生活のメリットは、冷蔵庫の電気代の節約以上に、この自由さだと感じています。

私はこの自由さを手放したくありません。

私の周りでは私が冷蔵庫を持ってないことが有名なので、冷蔵庫の買い替えのタイミングでよく連絡がきます。冷蔵庫を処分するのにもお金が必要なので「タダであげるよ」とよく言ってもらえます。

ですが、全てお断りしています。私の生活にとっては冷蔵庫はデメリットの方が大きいと感じているからです。

冷蔵庫がないと何となくといった感じで食材を貯めこまないので、何となく食べることもなくなります。結果的に間食を減らすことにもなります。

小腹が空いても直ぐに食べられる食材がないと、わりと簡単に諦められるものです。空腹具合と料理をする手間や買い物に行く手間を天秤にかけると、大抵は我慢できるものです。

よほどの空腹でもない限り、わざわざ買い出しに出かけることもありません。

またキッチン周りにスペースの余裕が生まれるのも、冷蔵庫がいらない生活の大きなメリットの一つです。冷蔵庫はかなり大きなスペースを取っているので、一気に空間が広がりました。

参考キッチンのゴミ箱はオシャレにしよう

冷蔵庫なしのデメリット

まとめ買いがお得なスーパー一方で冷蔵庫がいらない生活のデメリットは、何といっても生鮮食品のまとめ買いが出来ないことです。こればっかりは仕方がありません。

白菜一玉200円だとすると、四分の一カットは80円ぐらいします。

これは多くの食品に当てはまります。ペットボトルの飲料などがわかりやすいですかね。激安スーパーなら2リットルのペットボトル飲料が130円ぐらいで売られているものです。

また冷蔵庫がないと冷凍保存もできません。たくさんご飯を炊いて冷凍をするいった節約方法も無理です。家族が多い家庭にも向いていません。

また「キンキンに冷えたビールじゃないとダメ!」のようなこだわりがある方にも向いていません。アイスやかき氷が好きな方も同様です。

参考久しぶりのソフトクリームで体臭悪化?

そして一番は料理好きの方には向いていません。そもそも冷蔵庫がいらない生活など検討したこともないとは思いますが。

まとめ 選択の自由

浜辺を見つめる女性冷蔵庫がいらない生活というのは、少なくても一人暮らしでないと厳しいと思います。

家族やパートナーがいる方にはおすすめ出来ません。おそらく同意は得られないでしょう。

これは節約も少し似ています。周りの理解が得られない節約は周囲の迷惑になるので、やはり極端なことは控える必要があります。

一方で一人暮らしをしている方で自由に選択出来るのあれば、節約そのものを楽しむことができます。冷蔵庫がない自由さを謳歌することが可能です。

参考節約がつまらない人の特徴

むしろそれがレジャーとなり、節約した金額以上に満足感が得られるようになるかも知れません

私にとって冷蔵庫がない生活は本当に自由だと感じています。食品も無駄にしないので気持ちが良いものです。

そして冷蔵庫がいらない生活は他人と比較しない方に向いています。自虐的に自分を楽しめる方にも向いています。自分なりの楽しみを見つけられる方に向いています。

ビールの本場の酒場私はある本で「ビールの本場のドイツでは常温のビールが飲まれることもある」ということを知り、さっそく常温のビールを試してみると本当に美味しく感じられたことがあります。

のど越しという意味ではキンキンに冷えたビールもいいのですが、風味や味は常温の方がよくわかりました。

これが本当なのかどうかよりも、そう思って楽しめる方には、冷蔵庫がいらない生活と相性が良いと思います。

試す前から「常温のビールなんてあり得ない!」という方には向いていません。これが一つの判断基準になると思います。

あなたはどちらのタイプでしょうか。

ちなみに韓流スターのヨン様も、身体の中を冷やさないように冷たいモノを避けているのだそうです。このような意見が正しいのかどうかよりも、「へ~面白そう」と感じられるかどうかです。

冷蔵庫がいらない生活は積極的にメリットを見つけられる方には、とても楽しく続けられます。

  • 毎日スーパーで新鮮な食材を選べる
  • その時々に心から食べたいものを選べる
  • 今日は節約で半額のお弁当

など行動を自由に選択することができます。また急に外食や旅行に行っても食材を腐らせることもありません。生活のフットワークが軽くなります

他人や世間の常識と比較することなく、様々なことを自分の物差しで楽しめる方は、冷蔵庫がいらない生活を検討してみる価値があると思います。

また頭の中で冷蔵庫のない生活をイメージしてみることで、意外な発見があるものです。

参考引っ越しをイメージすると断捨離できる

実際に冷蔵庫を手放すことにならなくても、次の冷蔵庫を購入するタイミングでサイズダウンを考えられるかも知れません。

子供がいなくなったのにも関わらず、大きな冷蔵庫を使用している家庭が意外と多いものです。夫婦二人分の食料なら電気代の安い小さな冷蔵庫で十分かも知れませんし、冷凍庫がない冷蔵庫という選択肢もあると思います。

冷蔵庫に限ったことではありませんが、背負う物(所有物)が少なくなるほど、その時々に選択肢が増えて最適な選択ができるものです。

「大は小を兼ねる」と言いますが、大ならではのデメリットがあるものです。

参考大は小を兼ねるが、リスクもある!

冷蔵庫がないデメリットも工夫次第で乗り越えて楽しむことも出来ます。すると炊飯器や電子レンジもいらないと感じるようになるかも知れません。

お米は普通の鍋で炊くことができます。冷蔵庫がなければ冷凍商品もないので電子レンジの出番も少ないものです。基本的に調理した直後に食べるだけなので温め直す機会がありません。

参考炊飯器を手放して感じたこと

「冷蔵庫を買えない・・・」だと悲壮感が漂いますが、いつでも冷蔵庫を買えるという心持でいると堂々としていられるものです。

ちなみに私は冷蔵庫のない生活を6年以上続けていますが、電気屋さんに行く度に冷蔵庫コーナーを散策します(笑)。

「もし購入するならこのサイズで十分かな。2万もあればOKか・・・」

といった感じでよく冷蔵庫コーナーを眺めているので、いざとなったらいつでも買えると安心しています。全く慌てる必要はありません。

参考家電製品が壊れやすい人の特徴

現在所有している冷蔵庫を無理に手放せとは言いませんが、引っ越しや買い替えのタイミングなどがあれば、一時的に試してみる価値はあると思います。

冷たい水を飲むことも自由ですし、常温の水を飲むことも自由です。自分で選択した自由であればいいのですが、世間の常識の自由に惑わされないように気をつけてください。冷蔵庫がないと生活できないという常識は、私には通用しません。

コメント

  • はじめまして、こんにちは、玉五郎と申します。
    私は単身赴任が多く、その都度家電をリサイクルショップなどで揃えて節約をしていたのですが、丁度いい冷蔵庫が見つからず、三ヶ月だからと冷蔵庫なしの生活をおくったことがあります。
    初めは不便に感じていたのですが、幸いコンビニが近くにあったこともあり、問題なく過ごすことが出来ました、それからは単身赴任先では冷蔵庫を購入することはなくなりました。
    コインランドリーも近くにあれば、洗濯機も手放せそうな気がします、ただコンビニほど街にあるわけではないので、立地が難しいとは思いますが。
    私も冷蔵庫を手放したことによるメリットを感じています、不自由なようで選択肢が広がったことに気づけると楽しくなりますよね、同じような感覚の方がいて、つい嬉しくなり書き込んでしまいました、長文失礼しました。

    by 玉五郎 €

  • 常温のビールを今試してみたのですが、
    クソ不味いですwww

    by 匿名 €

  • 俺は料理は全然しないけど、飲み物ぐらいは冷やしたいから冷蔵庫を持っていた。けど引っ越し先に自販機が充実していたから冷蔵庫を捨てた。全く生活に支障なし。

    by 匿名 €

down

コメントする