節約はレジャー!

お湯を沸かす時に気をつけたい節約テクニック5選

お湯を沸かす費用

ガス台の炎自宅でお湯を沸かすにも様々な方法があり、最もお得な方法が何かと議論されることがあります。

電気ポットや電気ケトル、ガスでお湯を沸かすなどの比較がありますが、電気代もガス代も定期的に変わりますし、地域によっても差があるので、これといった正解を出すのは難しいものです。

特にガス代は都市ガスとプロパンガスでかなり費用が違うので、一概に正解を出すことは出来ません。

またお湯を沸かす為だけの専用グッズを購入するのもいいのですが、今ある道具を無駄なく使うことこそが、結果的に最も節約になるものです。

最も効率の良いお湯を沸かす方法にこだわるより、今現在お湯を沸かしている方法の中から、できることを見つけてください。

そこで今回はお湯を沸かす時に気をつけたい節約テクニックを紹介します。特定の道具ということではなく、既に所有している道具で出来るテクニックです。

1 常温の水からお湯を沸かす

ペットボトルのミネラルウォーター常温の水とは冷蔵庫で冷やさた水でお湯を沸かさないということです。ペットボトルのミネラルウォーターを使用している方は、多くの方が実践していると思います。

これを水道水でも応用させると、お湯を沸かす費用をかなり節約することが出来ます。

特に水温が低い冬場には大きな節約になってくれます。2リットルぐらいのペットボトルに水道水を入れて常温に戻してからお湯をわかすことで、大幅に光熱費を節約することができます。

またこのペットボトルの入れておく方法は、水道水の塩素が気になる方にもおすすめです。水道水の塩素は光(紫外線)に当たると自然と抜けていきます。

天気の良い日に窓際にでも置いておけば、常温よりも温まるので一石二鳥です。

ちなみに水道水をつくる浄水場では、塩素が抜けないように極力日光に当たらないように工夫されています。

1時間ぐらい日光に当てておいた水と水道水を飲み比べてみると、塩素の違いを感じられると思います。

ただし、口をつけたペットボトルは避けてください。細菌が繁殖してしまうケースがあります。

2 使用分のみのお湯を沸かす

必要以上のお湯を沸かすことほど無駄なことはありません。このお湯の量を意識することも節約にとっては大切なポイントになります。

コーヒーやお茶の一杯分であれば、先にカップや湯のみに水を入れて適量を測り、その水のみを沸かすことで無駄がなくなります。

カップラーメンでお湯が少な過ぎて困った経験は誰にでもあると思うのですが、だからと言って極端に多めにお湯を沸かすと無駄になります。

お洒落な軽量カップわざわざ軽量カップで適量を測るのは大変ですが、身近なコップなどで水量の目安を持つと無駄を減らすことが出来ます。

そういう意味ではお湯を沸かす水量を確認出来る電気ケトルは優れています。電気ポットの場合は最後のお湯の出が悪いこともあるので、少し余裕を持つ必要があります。

目安のないヤカンでわかしている方こそ、あらかじめ水の量を計って無駄をなくしてください。

もしお湯を沸かして余ってしまった場合は、そのまま放置するのではなく別のことに使用して節約につなげましょう。

参考余ったお湯の意外な使い道!

3 お湯を沸かす道具の掃除

ヤカン、電気ケトル、電気ポット、いずれも使用しているうちに水のミネラル成分が付着して汚れてしまいます。

これらの汚れは極端に水質を悪くするわ汚れた電気ケトルの内側けではありませんが、頑固な汚れは熱の伝導率を下げることになります。

その分余計な熱が必要になってしまうので、定期的に掃除をすることでお湯を沸かす費用を節約することになります。

電気ケトルやヤカンの汚れを落とすための専用の洗剤も売られていますが、水垢やミネラル成分はクエン酸で簡単に落とすことが可能です。

参考電気ケトルの簡単洗浄方法

稀に水垢だらけのヤカンや鍋を使用されている方がいますが、あれは見た目が悪いだけではなく、余計な光熱費がかかっているということを忘れないでください。

4 なべ底の水滴

火にかけられやかんガスを使用してお湯を沸かす場合は、いくつか気をつけたいポイントがあります。それはヤカンの底や鍋底の水滴です。

ヤカンや鍋に水を入れる時やキッチン周りに置いた時に、底に水滴がついてしまうことがあります。

この底の水滴を蒸発させるのにガスの炎の熱が奪われてしまいます。火にかける前になべ底の水滴を拭き取ることで、ガス代を節約させることが出来ます。

またヤカンや鍋の大きさにもよるのですが、ガスの炎がはみ出るほどの火力は無駄です。周囲の空気を温めているだけです。弱火が良いというわけではありませんが、ほどよくヤカンや鍋底に収まる程度の火力に調節してください。

5 保温は控える

保温機能は電気ポットの魅力の一つでもあるのですが、お湯を保温しておくと電力消費が大きくなります。

頻繁にお湯を利用するのでなければ、その都度お湯を沸かした方が電気代の節約になります。

またお茶一杯の為に数リットルものお湯を沸かしていてもロスが大きいので、電気ポットを使用している方は、水の入れ過ぎにならないように気をつけることで大幅に節約することができます。

まとめ 道具を増やさないことこそ本質

特定の道具が最も効率がいいからと、次から次へと買い替えていると節約にはなりません。

飲食店のように頻繁に使う道具であれば、僅かな効率アップでも回数を積み重なることで節約になりますが、一般家庭での使用頻度では購入価格の元が取れないことが多いものです。

また物が増えると収納スペースも必要になります。僅かな光熱費の違いの為だけに、スペースが取られるのもバカバカしいものです。

参考便利な収納グッズの注意点!

電気ケトルの手軽さや電気ポットの保温が必要な方にとっては、それらの機能が生活を豊かにしてくれますが、たまにしかお湯を沸かさない方が、それらの専用の道具を購入していては節約どころではありません。

これは車の燃費を向上させるグッズやエコモデルの車などにも当てはまります。タクシーのようにとんでもない距離(50万㎞以上)を走るのでなければ、元は取れないものです。

参考燃費向上グッズはウソばかり!?

お湯を沸かす方法も同じです。現在お湯を沸かしている方法の中で、出来ることを取り入れてください。

ある知り合いがエコバッグを何十枚も持っていることを自慢げに語っていました。何をコレクションしても自由ですが、全くエコにはなっていません。これらのように本質を見誤らないように気をつけてください。

お湯を沸かすに最も効率の良い方法というのは、地域や時代(石油価格の変動)によっても違うので、これといった正解があるものではありませんが、今ある方法の中で無理なく出来ることを選択して節約につなげてほしいと思います。

  • 冷たい水からお湯を沸かさない
  • 必要以上のお湯を沸かさない
  • お湯を沸かす道具の定期的な掃除

これらを心がけてください。道具や方法による違いよりも大切なことだと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]