節約はレジャー!

電気ケトルをクエン酸で簡単洗浄!節約効果も抜群!

電気ケトルの汚れ

汚れた電気ケトルの内側電気ケトルを長年使用していると、どうしても内側の底に汚れが目立つようになってきます。

この電機ケトルの底の汚れの主な原因は、水に含まれているカルシウムや塩素などのミネラル成分が固まってしまうからと言われています。

水道水の質やミネラルウォーターのミネラル成分によっても違うのですが、精製水でもない限り電気ケトル内に汚れが付かなくなるということはありません。

元々水に含まれている成分なので、この汚れが体に悪さをするわけではないのですが、電気ケトル内に汚れが増えてしまうと熱伝統効率が悪くなってしまい、水が沸騰するのに余計な電力と時間がかかるようになってしまいます。

また電気ケトルの内側が汚れているのは、やはり気持ちのいいものではありません。電気代と時間の節約という意味でも定期的な掃除をしてほしいと思います。

水垢だらけのやかん電気ケトルに付着するミネラル成分の汚れは頑固なので軽く擦る程度では落ちません。白い電気ケトルだと水垢が目立たないですが、使い古したやかんに付着している汚れをイメージするとわかりやすいと思います。

これらの汚れを科学的に分解して落とす専用商品も売られているのですが、成分を見るとクエン酸になっていることがほとんどです。

ある電気ケトル専用の洗浄剤は、3回分で「269円」で販売されていました。

そのような専用品を使用するのが悪いとは言いませんが、一般的に売られているクエン酸を使用することで代用することがで、簡単に電気ケトルを綺麗に掃除することができるので、節約という意味でもおすすめです。

そこで今回は一般的なクエン酸で電気ケトルを簡単に洗浄する方法を紹介します。

クエン酸で簡単洗浄

私が所有しているクエン酸は「100円ショップ」で購入したモノです。

100円ショップのクエン酸の説明書きご丁寧にも裏面に「電気ポットの容器内の洗浄の仕方」が書かれていました。

2~3リットルの要領に対して50gということなので、私の使用している電気ケトルの容量だと半分の1リットルで済みます。

おおよそ18~25gぐらい必要です。

100円のクエン酸の容量が120gなので、6回以上は電気ケトルの掃除に使える計算になります。専用の洗浄剤よりもずっと節約になるのでおすすめです。

クエン酸で電気ケトルの汚れを洗浄するのはとても簡単です。

クエン酸で洗浄して綺麗になった電気ケトルの内側満水で沸騰させた電気ケトルにクエン酸を入れて、一時間ほど放置するだけです。

これだけでもビックリするほど綺麗に洗浄してくれますが、30分ほど過ぎた頃にもう一度再沸騰させることで、電気ケトルの中のクエン酸水を激しく動かすことになり、よりカルシウムの成分を剥がしてくれます。

その後はお湯を捨てて十分にすすぎ、もう一度満水にして沸騰させてください。

このお湯を捨ててもう一度ぐらい水ですすげば、電気ケトルの洗浄は完了です。

ちなみにクエン酸は食品添加物にも使用されるので、口の中に入っても安全とされています。

一部の電機ケトル専用洗浄剤の中には界面活性剤が使用されているものもあるので、その場合は十分にすすいでください。

電気ケトルの洗浄の頻度

電気ケトルの洗浄の頻度は、専用洗剤によると月に一回とされています。

これは洗剤を売る側の立場からの意見なので、個人的にはもう少し期間が長くても問題はないと思います。

もちろん電気ケトルの使用環境や水道水の成分によっても違うのですが、私は浄水器を使用しているせいか、1ヶ月ぐらいでは気になるほど汚れません。

だいだい2カ月に一度ぐらいの頻度です。

ただし、頑固な汚れになっていたり、初めて洗浄をする方は一度では落ち切らない可能性があります。

その場合は何度かクエン酸洗浄を繰り返す必要があるのですが、必ずしも水を電機ケトルの容量一杯にする必要はありません。

頑固な汚れは電気ケトルの内側の底に集中しています。

初めての電気ケトルの洗浄は満水で行い、それで底の汚れが落ち切らなかった場合は、底の金属が隠れる程度の水量でOKです。

これであればクエン酸の量も少なく済むので節約できます。

まとめ クエン酸の凄さ

ガラスの電気ケトル電気ケトルは100円ショップに売られているクエン酸で簡単に洗浄できるので、わざわざ高価な専用品を使う必要はありません。

またクエン酸はその他の掃除にも使えるので、家庭に一つあると便利だと思います。

最後に電気ケトルの使い方の注意点を紹介します。

電気ケトルは毎回沸騰するので、基本的には常に熱湯消毒されています。

ですが、使用後にお湯を捨てきらずに残したまま長時間(一晩)放置してしまうと、カビや細菌が繁殖することがあります

電機ケトルの使用後は必ずお湯を使いきり、蓋を全開にして内側を乾燥させるようにしてください。

また電気ケトルの形状によっては蓋の開く範囲が狭い場合もあり、使用後の乾燥がしにくいタイプもあるので、これから電気ケトルの購入を考えている方は意識してみてください。

「ガバッ」と大きく蓋が開くタイプがおすすめです。半開きタイプは避けたほうが良いかと思います。

また新しい電気ケトルやしばらく使用していない電気ケトルの場合、プラスチックの匂いがお湯にうつることがあります。そのような場合にもクエン酸で洗浄すると効果的だと言われています。

ちなみに電機ケトルを洗浄した後のクエン酸のお湯をそのまま捨ててもいいのですが、別の個所の掃除に再利用することも出来ます。

重曹とクエン酸による排水溝の掃除

参考簡単な排水溝の掃除

参考シャワーヘッドの簡単掃除

クエン酸は重曹と組み合わせることで、さらに強力な洗浄効果を発揮させることも可能です。

節約という意味でも電気ケトルの洗浄した後のクエン酸入りお湯をそのまま捨てるではなく、重曹と組み合わせて排水溝の掃除などに再利用してみてください。

クエン酸で水垢を落とせるトイレ掃除クエン酸はトイレの頑固な水垢なども分解してくれます。トイレットペーパーを水垢が目立つ箇所に貼り付け、そこに冷めたクエン酸水を垂らして放置すると効果的です(熱湯は危険)。

頑固な水垢は何層にも重なっているので一度で落ちないこともありますが、何度か繰り返すことで普通に掃除をした時にスルッと取れることがあります。

電気ケトルを洗浄したクエン酸水を上手に活用して、節約につなげてほしいと思います。

ちなみにクエン酸そのものを安く購入して節約する方法も調べてみたのですが、ドラッグストアなどに売られていたものよりも、100円ショップの方がグラム数で考えるとコスパが良かったです。

計量スプーン付きの100円ショップのクエン酸計量スプーンも付属していたので、使いやすくておすすめです。

ネットで探せば安いクエン酸もあるのですが、かなり大量で購入しないと送料と相殺できないので、抱き合わせる商品なども考える必要があります。

私個人の印象ですが、ネット上のドラッグストアなどはリアル店舗のドラッグストアよりも価格が高いものが多く、一部のお得なセール品があっても送料無料の価格まで他の商品で買い足すことになり、結果的に節約にならないことが多いので気をつけてほしいと思います。

世の中には電気ケトル専用の洗剤のように、○○専用の洗剤などがたくさん売られていますが、洗剤の成分(界面活性剤)はそれほど違いがないので、よほど頑固な汚れでもなければ専用品でなくても済むものです。

定期的に掃除をしている方であれば、トレイ掃除でもお風呂掃除でも車の洗車でも食器洗いの洗剤一つで事足りるものです。

専用の洗剤をたくさん揃えるとなると、お金だけでなくスペースも取るので気をつけてほしいと思います。

コメント

  • 新品の電気ケトルのプラスチック臭が気になったので、こちらで紹介されていたクエン酸を試してみたところ気にならなくなりました。ありがとうございます。

    by もえ代 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。



価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!