節約はレジャー!

扇風機がカビの原因に!?簡単お掃除で予防しよう

扇風機の汚れ

シンプルな白い扇風機皆さんは扇風機の掃除をしたことがあるでしょうか?

実は扇風機は使用している内に、カバーや羽に汚れが蓄積してしまいます。

ホコリなどは扇風機の風で吹き飛ばされていそうなものですが、僅かでも油汚れが付くとホコリが付着してしまいます。そしてそのホコリに水分が含まれるとカビが発生してしまうこともあります。

長年掃除をしていない扇風機は、カビの胞子を部屋中にばらまくことになってしまいます。

そのようなことにならないためにも、定期的に扇風機の掃除する必要があります。

そこで今回は扇風機の簡単な掃除方法を紹介します。また汚れの付きにくい保管方法も紹介します。

扇風機の簡単掃除

扇風機のカバーに挟まっているホコリ最も簡単な扇風機の掃除方法は、掃除機などでカバーに付着しているホコリを定期的に吸い取ることです。

この画像は扇風機を使いはじめて半月ほどのカバーの画像です。少し見にくいかも知れませんが、カバー間にホコリが付着しています。

このようなホコリの段階であれば、掃除機だけで綺麗に吸い取ることができます。日頃から掃除機のブラシを装着した際には、ついでに扇風機のカバーのホコリも吸い取るように意識してください。

ホコリが頑固な汚れになる前に掃除機で吸い取ることで、良好なコンディションを保つことができます。

本格的な扇風機の掃除

扇風機を購入して組み立てたことがある方はわかると思うのですが、扇風機の構造は比較的シンプルです。

カバーと羽を外した扇風機扇風機のカバーや羽は簡単に取り外しが可能です。

カバーは掃除機だけでも日常的に掃除することができますが、内側の羽の汚れが目立ってきた場合は、カバーを外して拭いてあげてください。

頑固な汚れの場合は洗剤を染み込ませた雑巾で拭く必要がありますが、定期的に拭き取っていればウェットティッシュだけでもOKです。

カバーの汚れも頑固な場合は掃除機だけで不十分なので、取り外して両側から雑巾などで挟みながら拭くと綺麗に汚れが落ちます。

ちなみに私は掃除機を手放しているので、月に一度ぐらいは扇風機のカバーを取り外して拭いています。

参考掃除機が必要ないライフスタイルとは?

扇風機の羽の汚れは裏表拭いてください。拭きにくい場合は羽を取り外してしまっても構いません。

ただし、扇風機の羽の分解時はグリスが付かないように気をつけてください。グリスの量が減ると異音の原因にもなるので、必要以上に分解はしないでください。

モーター本体の分解はおすすめしません。モーターの中が明らかに汚れている場合は、プロにお願いするか、買い替え時と判断した方が良いと思います。

基本的な扇風機の掃除はカバーと羽の拭き掃除だけで十分です。必ずコンセントを抜いたことを確認してから分解、掃除を行ってください

扇風機のメンテナンス方法

扇風機の汚れは保管時の状態によっても大きく左右されます。冬場など物置や倉庫でホコリをかぶっていると、当然汚れてしまいます。

ビニール袋をかぶせた扇風機扇風機を保管するときはビニール袋などを被せてホコリが付かないように工夫してください。高さが調整できるタイプの扇風機であれば、なるべく縮めた状態で保管した方が、ホコリの付着も抑えられます。

また扇風機に限った話ではないのですが、機械は使用しない期間が長くなるほど調子が悪くなる傾向があります。

しばらく使用されていない機械というのは、油切れを起こしてしまいます。

これを予防するには、扇風機をきちんと使うことです。より具体的には性能を使いきるということです。

いつも扇風機の風量の「弱」しか使わなかったり、首振り機能を使わなかったりすると、調子が悪くなることがあります。

特定の使い方しかしないと可動部のグリスが全体にいきわたらなくなり、渇いた部分が傷ついたり、錆ついたりしてしまいします。

自動車のドアも頻繁に開け閉めする運転席より、たまにしか開けない後ろのドアの方がギシギシと音を立てる傾向があります。

扇風機も時々は風量を「強」に設定したり、首振り機能をフルに使うことで、グリスを全体にいきわたらせ、長く使えるようになります。このような事でも扇風機の寿命に影響を与えることを覚えておいてください。

特に扇風機を物置にしまう前や、扇風機を取り出して使いはじめるタイミングなどで、全ての機能を使うように心がけてください。扇風機の機能をチェックするという意味でも安全に繋がります。

まとめ 壊れない扇風機

思いのほか扇風機は壊れません。人によってはかなり長く使い続けていると思います。

だからこそ、長年蓄積してしまった汚れやカビの影響を受けてしまいます。今回紹介した扇風機の定期的な掃除や保管方法を取り入れてみてください。

また古すぎる扇風機は買い替えも検討してください。

たとえ扇風機の首振り機能が壊れていても、それなりに使い続けることが出来ますが、昔の扇風機はモーターの性能も悪く、電気代がかさむ傾向があります。

ホコリが詰まって熱がこもってしまうと発火するケースもあるので、古すぎる扇風機には気を付けてください。最近の扇風機は3千円ぐらいでも音も静かで省エネ設計のものが手に入るので、古い扇風機を無理して使い続けることはありません。

【amazon】扇風機ランキング

【楽天】扇風機ランキング

ちなみに扇風機専用のホコリよけの布のカバーを使用している方もいると思うのですが、そのようなカバーこそホコリが蓄積しやすいので定期交換や洗濯を心がけてください。

小さなお子様がいる家庭は安全の為にもそのようなカバーを装着することもあると思いますが、ホコリをガードするだけに、その溜まったホコリがカビの影響を受けやすいことも頭に入れておいてください

また別のところでも紹介しましたが、扇風機は涼む他にも様々な使い方があります。

参考扇風機の便利な使い方

積極的な部屋の空気の換気や、大掃除をするときにも扇風機は大活躍してくれるので、上手に活用してほしいと思います。

またエアコンがある家庭でも扇風機と組み合わせることで、冷房費の節約につなげることができます。

参考エアコンの電気代を抑えるポイント

扇風機は何かと便利なアイテムなので、上手く活用してみてください。

扇風機は高級家電メーカーのダイソン製でもない限り、それほど高価ではありません。

ちなみに実家に行くとダイソンの加湿機能付き羽なし扇風機があったのですが、風量の調節も首振り機能も高さ調整もできず、「失敗した」と嘆いていました。

床に置いておくと足元にしか風がこないらしく、わざわざこの扇風機用に台座を購入していたほどです。

ダイソンはオシャレという意味では魅力的かも知れませんが、あまり実用性はないのかも知れません。

むしろ昔ながらの普通の扇風機の方が、ずっと便利なものです。

少し前に家電量販店にいって最新の扇風機を見てみたのですが、少し高級なタイプだと首振り機能が何と360度とありました。

参考家電製品が壊れやすい人の特徴

古い扇風機を使い続けている方は、省エネという意味でも適度に買い替えた方が良いかと思います。扇風機は使い方によって大きく節約に貢献してくれるので、上手に生活に取り入れてみてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]