節約はレジャー!

部屋の掃除で最も楽なのは100均の毛ばたきなのかも知れない!

効率の良い部屋の掃除とは?

当ブログでも掃除に関する様々なテクニックを紹介してきたのですが、最近買い換えた100均の毛ばたき(ダスター・お掃除モップとも言います)があまりにも楽に掃除できて自分でも驚いています。

一般的に効率の良い部屋の掃除というと、お掃除ロボットやコードレスの掃除機となるのかも知れませんが、お掃除ロボットは床だけですし、コードレスの掃除機といっても細かな箇所を掃除する為にアタッチメントを取り換える必要があるので、掃除の用途によっては面倒な作業があるものです。

節約家だとホウキと雑巾という方もいると思いますが、私は効率を考えてクイックルワイパーと毛ばたきとコロコロクリーナーで掃除をしていました。

参考クイックルワイパーの効率的な使い方

これは以前に使っていた毛ばたき(ダイソー)です。これはホコリを払うのには優れているのですが、毛足が長くてしっかりとしているので、ガッチリとホコリを絡め取れる感じではなく、これでちょっとした段差や隙間のホコリを払って床に落ちたホコリを、クイックルワイパーで掃除していました。

これも大した手間ではないので十分に楽に掃除できていたのですが、新しい毛ばたきにしてからさらに楽になってしまいました。

毛ばたきの凄さ

毛ばたきを使用したことがない方でもハンディーモップでイメージすると分かりやすいと思いますが、毛ばたきの凄さというのは掃除の場所を選ばないということです。

家具や家電の裏側を掃除機で吸い取るのは難しいですが、軽くてコンパクトな毛ばたきならスルスルと入り込んでホコリを絡めとってくれます。

カーテンレールの上やベッドの下の床だけではなく、ベッドの裏側やフレームに付着しているホコリも撫でるだけで取ることが出来ます。これも掃除機では難しいと思います。

クイックルワイパーのようにハンディーモップにも使い捨てのシートがありますが、交換費用が掛かってしまいますし、手で汚れたシートに触れなければなりません。

一方で毛ばたきは窓を開けて両手で柄をクルクルと回すだけで、遠心力でホコリが飛んでいってくれます。

使い捨てではないハンディーモップでも同じようにすることが出来ますが、大抵は持ち手の形が複雑なので、クルクルと遠心力を使ってホコリを飛ばせずに残ってしまいます。

しかも新しく購入した100均の毛ばたきの毛質はモップのような感じなので、普通に床の掃除まで簡単に出来てしまいました。ホコリだけでなく髪の毛などもガッチリとキャッチしてくれています。

今までは仕上げにクイックルワイパーを使用していたのですが、その必要性までなくなってしまいました。

気軽に窓を開けられない高層マンションだと難しいのかも知れませんが、そうではない方にとっては、これほど楽な掃除方法はないのではないのかも知れません。

それほど部屋が大きくなければ床掃除もこれ一本で済みますし、本当に使い勝手が良くて驚いています。

おすすめの毛ばたきのポイント

実は毛足の硬い毛ばたきを購入する前に使用していたのも、モップのような毛質のものだったのですが、それは柄が柔らかくて勢いよくクルクルと回すことが出来ないものでした。

なので縦に振ってホコリを落としていたのですが、それも強くやり過ぎると柄が曲がってしまうようなものだったので、なかなか綺麗にホコリを落とすことが出来ず、長持ちしませんでした。

それで買い替える時に柄がしっかりしているものを選んだのですが、毛質が硬くなってしまったこともあり、ホコリの吸着効率が落ちてしまっていました。

私が今回購入した毛ばたきは有名ではない100円ショップだったので、どこでも手に入るとは限らないのですが、名前を確認してみると「Naturally-マイクロファイバーマルチモップ」とありました。

なのでマイクロファイバーで柄がしっかりとして回しやすそうな毛ばたきであれば大丈夫かと思います。

ただデスク周りの掃除で使われるような短いタイプはおすすめしません。ちょっとした掃除であれば問題ないとは思いますが、部屋の掃除を楽に済ませるのであれば、それなりに長い毛ばたきの方が効率的です。

長さを計ってみると全長が55センチでモップの長さが36センチでした。

ちなみに100均にはクイックルワイパー用にも同じようにマイクロファイバーのものがありますが、これは強い遠心力でホコリを飛ばせるわけではないので、あまりおすすめはしません。こちらは使い捨てシートの方が楽だと思います。

まとめ 気軽さこそが掃除のコツ!

毛ばたきの何が凄いかというと、他の掃除方法と比べて気軽さが段違いだということです。

物置から掃除機を取り出すような一手間がありませんし、使い捨てシートを取り換えて手を洗う必要もありません。

気になったときにサッと行えてしまうのが毛ばたきの魅力です。だからこそ汚れが大きくなる前に対処できるので、結果的に効率が良くなります。

洗濯機の裏側やタンスの上などの掃除も簡単ですし、ドアの淵の段差などの掃除もサッと出来てしまいます。

気軽さという意味ではコードレスの掃除機も便利だとは思いますが、流石に細かな隙間まで掃除することは出来ません。掃除機に貯まったゴミを取り出したり、フィルターを掃除するのも大変です。

掃除機は騒音の問題もあるので、深夜にホコリが気になっても躊躇してしまいますが、毛ばたきであれば気軽に掃除できてしまいます。

手入れも窓を開けてクルクルと回すだけなので簡単です。あえて難点を上げるのであれば、風向きに注意するぐらいです。

絨毯の多い家庭だと毛ばたきだけでは厳しいと思いますが、フローリングの家庭であれば基本的に毛ばたきだけで掃除は事足りるので、日頃の掃除を格段に楽にすることができます。

もちろん擦らなければ落ちない頑固な汚れや重たいゴミは難しいですが、それは掃除機だって同じことです。

使い捨てのハンディモップでも良いとは思いますが、それなりの価格がしてしまうので、節約という意味ではあまりおすすめではありません。

クイックルワイパーだと様々なメーカーが格安のシートを販売しているので、工夫次第でコスパを良くすることが出来ますが、毛ばたきはクルクルと回すだけで綺麗になってくれるので、節約という意味でもかなりおすすめです。

しばらく使っていると取り切れないホコリも出てくるのですが、そんな時は使わない櫛で梳いてあげると綺麗にすることができます。

ちなみに毎日床を掃除をしていてもホコリが貯まるのは、壁や天井や照明などに付着しているホコリが落ちてくるからです。そのようなちょっとした箇所を掃除するのにも毛ばたきは相性が良いので、ホコリそのものが貯まりにくくなるものですよ。

部屋の掃除が面倒だと感じている方や楽に済ませたいという方こそ、100均のマイクロファイバーの毛ばたきを試してみてください。想像以上に楽で驚くと思います。

ちなみにマイクロファイバーの掃除用品だとスリッパに装着するようなモップも売られています。私は使用したことがないのですが、絡めとったホコリを踏みつけて頑固な汚れにしてしまう可能性があるので、あまりおすすめはしません。

毛ばたきのようにサッとホコリを絡めとるのであれば、マイクロファイバーの奥深くまで汚れが行くことが少ないので、クルクルと回すだけで綺麗になってくれますが、体重をかけて押し付けてしまうと、汚れを落とすのが大変なような気がします。そこで手間取ってしまうと楽でも何でもないので本末転倒です。

やはり毛ばたきほど気軽に掃除が出来て管理も楽なものはそう多くはないので、試してみる価値があると思いますよ。

毛ばたきはホームセンターやスーパーでも売られているのですが、流石に100円を切るような価格ではなかったので、やはり100均がおすすめです。マイクロファイバーで柄がしっかりとしたものを探してみてください。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。