節約はレジャー!

大掃除のコツは年末前に終わらせてしまうこと!

大掃除のコツ!

年末になると大掃除をする方が多いと思います。

普段やらない箇所の掃除をしたり、わざわざ大掃除の為にスケジュールを組んだり、と大変そうなのですが、大掃除のコツをズバリ言ってしまうと年末にやらないことです。

どういうことかと言うと、単純に気温の低い時期は汚れが落ちにくい傾向があります。

頑固な汚れの多くが油分を含んでいるので、単純に気温が高い季節の方が落ちやすい傾向があります

食器の油汚れや衣類の洗濯で考えてみるとわかりやすいのですが、水温の低い冬場ほど落ちにくいものです。

水温だけなら温水にすれば事足りますが、玄関などを温めるのは大変ですし、家の外となると尚更です。

窓の汚れは湿度も気温も高い夏場の方が、ずっと簡単にキレイになってくれるものです。

気温の低い年末に掃除をするのは、実は効率が良くありません。

大掃除特需

多くの方が年末に大掃除をするので、大掃除のためのグッズも年末にたくさん売られる傾向があります。

一年で最も売れる時期だけに、普段よりも価格が高くても売れてしまうので、意外と強気な価格設定になっているものです。

野菜や魚は旬な時期ほど安くて美味しいものですが、黙っていても売れてしまうクリスマスケーキやおせち料理などは、普段よりも強気の価格設定になっているものです。

これは餅なども同様です。鏡餅は年末にしか売れないので、そもそも高い価格になっていますが、普段から売られている切り餅なども、お正月の雰囲気を漂わせたパッケージにして、普段よりも価格が高くなっていることがあります。

大掃除向けの掃除グッズも同様です。普段はあまり売れないような専用洗剤が飛ぶように売れてしまいます。

全く同じ箇所の掃除でも年末に行うことで、汚れが落ちにくいのにも関わらず、高い価格を支払ってしまっている可能性があります。

私は頼んだことがありませんが、おそらくハウスクリーニングなどでも同様です。暇の時期であれば時間が少し過ぎてでも丁寧にやってくれるかも知れませんが、次の予約が詰まっているとそうもいきません。

似たようなところではガソリンスタンドの洗車も当てはまります。

参考洗車代を節約する方法!

私はガソリンスタンドでアルバイトをしていたことがあるので実感しているのですが、とにかく年末は洗車で大忙しでした。

当時はドライブスルー形式の洗車ではなく、ガソリンスタンドの店員が洗車機に通して車内も清掃するのが一般的だったのですが、あまりにも並んでしまっているので手を抜くように指示されていました。

普段はマットを外して別で洗い、車内の隅々まで掃除機をかけているのですが、年末はマットを外さずに目に見える箇所だけ掃除機をかけていました。

他にも洗車機の強風だけでは吹き飛ばせられなかった水分を拭き取る工程を簡素化(窓だけ)したり、タイヤワックスの工程も省いていました。

年末だからといって洗車価格を高くしていたわけではありませんが、どうしても忙し過ぎると手抜きをされてしまうリスクがあります。

これは洗車に限ったことではありません。年末に集中するあらゆる事に当てはまるものです。

床屋さんなども年末に込むので、どうしても普段よりも早めに仕上げてしまうものです。

不用品の処分

また不用品を処分するのにも年末は向いていません。

その年に購入して不要になったモノをリサイクルショップなどに持ち込むにしても、同じような考えの方が多いので、リサイクルショップも大忙しです。

参考不要なモノはリサイクルショップで解る

査定の待ち時間も長くなりますし、既に同じようなモノを買い取っている可能性も高いので、買取価格も期待できません。

その年に話題になった家電やベストセラーになった本など、年末になると大量に持ち込まれます。

話題になっていた時期に売っていれば、それなりの買取価格が期待できますが、たくさん持ち込まれて在庫がだぶついている状態だと二束三文にしかなりません。

さらに細かな事を言えば、ゴミを収集してくれる業者にとっても年末は大変です。

これは個人には関係のない事ではありますが、年末はゴミを収集してくれている業者の人だって何かと忙しい時期のはずです。

いつも決まった時間に来てくれるゴミの収集車が、年末は遅れてくることも多いので、なるべくなら年末になる前に大掃除をしておくことで、彼らの負担を減らすことが出来ます。

まとめ 大掃除は思い立ったが吉日

そもそも日頃からきちんと掃除をしている方には、わざわざ大掃除は必要ありません。

これこそが大掃除のコツと言えます。年末に取っておく理由はありません。

綺麗な家で新年を迎えたいという気持ちもわからなくはないですが、新年でなくても綺麗な家の方が良いはずです。

わざわざ大掃除をする必要がない事が理想ではありますが、少しでも早い時期から大掃除を始めることが大掃除のコツなのではないでしょうか。

汚れも落ちやすいですし、無駄に高いモノをつかまされるリスクも下がりますし、手抜きをされる心配もありません。

ちなみにケーキが最も不味いのはクリスマスです。

不味いというと語弊があるのですが、一年の中でも最も劣化したケーキが売られているのがクリスマスです。

ケーキ屋さんの売り上げの半分以上がクリスマスに集中するので、徹夜で作業が行われたり、何日も前から仕込みが行われています。

普段は店主が丁寧に作っているケーキ屋さんでも、クリスマスシーズンだけはバイトも担当しているかも知れません。

傷みやすい生クリームは当日に塗られることが多いですが、その他のケーキやスポンジは事前に作って冷凍されている事が多いです。

さらに普段は防腐剤や酸化防止剤を使わないケーキ屋さんでも、クリスマスだけは使うということもあります。最近の添加剤はよく出来ているようで、五日ぐらい前から作り始めるケーキ屋さんまであるほどです(実際に私がケーキ屋さんから直接聞きました)。

それでいて普段よりも価格が高いのがクリスマスのケーキです。大のケーキ好きはクリスマスを避けるという方も珍しくありません。

土用の丑の日の「うなぎ」だって、そもそも冬が旬のうなぎが売れない夏場に売る為に、あえて考えだされたものであり、脂がのっていない高いだけの「うなぎ」を多くの方が喜んで食べています。

これらのように安易に需要がある時期にのってしまうと、普段よりも高い買い物でありながら、質の低いモノをつかまされてしまいます。

大掃除も同じです。年末に行わないことこそが、大掃除のコツだということです。

年末は大掃除以外にもやることが多いので年末になる前に済ませ、本当に大切な用事を手を抜かないで行い、気持ちよく新年を迎えましょう!


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]