節約はレジャー!

キッチンの排水溝を簡単掃除!詰まらせない工夫も紹介

キッチンの排水溝のつまり

洗い物が貯まったシンク洗い物をしているとキッチンの排水溝の流れが悪くなることがあると思います。

「ボコッ」なんて音がするとゾッとするものです。

そこで今回はキッチンの排水溝を簡単に掃除する方法を紹介します。

定期的に排水溝の掃除を行うことで綺麗な状態を保つように心がけてほしいと思います。さらに排水溝を詰まらせない工夫も紹介します。

【スポンサーリンク】

排水溝のつまりの原因

折れ曲がったパイプキッチンの排水溝のつまりの原因は、パイプの内側に蓄積した汚れです。

食べ物のカスや油汚れがパイプの内側に少しずつ蓄積していくと、パイプの中が狭くなって水の流れが悪くなってしまいます。

特に食材の切れ端や残飯、鍋に残ったドロドロとした煮汁などを直接排水溝に流している方は、このようにパイプの内側に汚れが蓄積していき、直ぐに流れが悪くなってしまいます。

これは脂っこい食生活を続けていると、血管の内側にコレステロールが貯まって血液の流れが悪くなるのに似ています。

簡単つまり解消法

このパイプの内側の汚れを取り除くには、専用の薬剤を使用して汚れを溶かすという方法が最もポピュラーです。

そのような専用品を使わなくても簡単に掃除出来る方法を紹介します。

キッチンの排水溝の流れが悪くなってきたら、まずは排水溝に蓋をしてお湯(火傷をしないぐらい40℃前後)をシンクに貯めてください。

シンクの半分ぐらいまでお湯が貯まったら蓋を外し、勢いよくお湯をを排水溝に流します。これだけでも日頃の排水溝の掃除はOKです。

お湯には油汚れを浮かす効果があります。お皿の油汚れもお湯の方が落ちやすいように、パイプの中の油汚れを落とすのにお湯が効果的です。

さらにお湯をシンクに貯めることで水の勢いがよくなります。ちょろちょろ流すだけだとパイプの一部にしかお湯が触れません。

ある程度お湯を貯めてパイプの中を隙間なく長時間にわたって流すことがポイントです。

僅かなお湯では流し切れない頑固な油汚れも、お湯の温度、勢い、時間を長くすること溶け出し、詰まりが解消するケースがほとんどです。

排水溝が完全につまっている場合は別ですが、流れが悪い程度であれば、この方法で解決することができると思います。

専用品の代わり

重曹とクエン酸定期的にお湯を勢いよく流すことで排水溝を掃除することが出来ますが、徹底的に掃除を行う場合は専用品を使うのもおすすめです。

専用品と言いましても、わざわざ購入せずに「重曹」と「クエン酸」があれば代用できます。どちらも100円ショップやドラッグストアなどで売られています。

まずはキッチンの排水溝に半カップ程度の重曹をまんべんなくふりかけ、その上に大さじ二杯程度のクエン酸を溶かしたお湯(1カップ)を流します。

重曹とクエン酸が反応してシュワシュワと発泡して汚れを浮かしてくれます。時間は様々なことを言われているのですが、10分程度は置いてください。

排水パイプの曲がりそして10分後にまたカップ一杯程度のお湯(クエン酸なし)を流してください。これで重曹とクエン酸の液体がパイプのひねりの部分に到達します。

そこでまた10分程度放置をすることがポイントです。目に見えない排水溝のパイプの内側の掃除をすることができます。

仕上げに勢いよく水を流して、十分に排水溝とパイプの中に残っている重層やクエン酸をすすいでください。

もちろんパイプクリーナーのような専用品でも構いません。時間は薬品によって違うので注意書きをよく読んで使用してください。

ポイントは先にお湯を貯めて排水管の流れを改善させることです。これが逆だと重曹や薬剤から溶けた汚れが原因で詰まることもあるので、十分に気を付けてください。

排水溝を詰まらせない工夫

最後にキッチンの排水溝を詰まらせない工夫を紹介します。

基本的には、なるべく排水溝に料理の残りを流さないことです。フライパンや鍋に残っている油や汚れを大まかに拭き取ってから洗うだけで、かなり排水は綺麗になります。

料理の残りの汚れは、ちょっとした工夫で減らすことが出来ます。

別のところでも紹介しましたが、スクレーパー(スケッパー)というモノを使うことで、ボールや鍋に残る食材の無駄をかなり減らすことが出来ます。

参考家事の効率を上げる方法

これに慣れると料理によっては調味料そのものを大幅に減らすことが出来るので、節約的にもおすすめの便利グッズです。

揚げ物に使用した油を、そのまま排水溝に流す人はいないとは思いますが、煮汁などもなるべくなら流さないことです。

それでも鍋やお皿の油汚れを排水溝に流す場合は、いきなりその汚れだけを流すのではなく、あらかじめ水道の水を流して排水管に流れを作っておいてください

乾いた排水溝に直接油汚れがつくと付着しやすくなります。水を流しながらであれば直接排水溝やパイプに油汚れが付着しにくくなります。

流しそうめんをイメージするとわかると思います。水の流れがないところに食品が付着すると、その後に水を流しても油分が残ってしまうものです。

パスタやそばのゆで汁を流すときでも水道の水を出しながら流すと、排水溝に直接触れることが少なくなります。

このようなちょっとした工夫でも、排水溝の詰まり具合は大きく変わるので意識してほしいと思います。

【スポンサーリンク】

まとめ 一工夫の習慣

排水管専用の薬剤が悪いわけではないのですが、いちいちこのようなモノを購入していると、部屋の中はどんどんモノで溢れてしまいます。

トイレ用、お風呂用、洗濯機用、キッチン用と様々な用途に分けて専用品を購入していると、モノは増える一方です。それらを収納する為に新たな収納グッズが必要になるかも知れません。

参考収納グッズの購入前に確認すること

頻繁に使う箇所であれば、そのような専用品に頼るのも便利なのですが、たまにしか使わないものであれば、代用品を使用することで部屋の収納スペースを節約することが出来ます。

料理も唐揚げの素、お好み焼き専用粉、回鍋肉専用調味ソースなど、専用の調味料がたくさん売られていますが、それらもいちいち専用品を用意していたら収納スペースが大変なことになります。

様々な調味料また消費期限などの確認だけでも一苦労です。管理という意味でも大きな負担になります。

一方で料理上手の方は、一般的な調味料を組み合わせることで対応できます。専用の調味ソースのようなものは、必ずしも必要ではありません。

掃除も同じように基本的には代用が効くものが多いです。中には「混ぜるな危険」という薬品がありますが、それこそ専用の薬剤だからでもあります。

お手軽な掃除グッズに頼るのもいいのですが、モノが増えすぎてしまうリスクも頭にいれておいてください。

たまにしか使用しないモノであれば、他のモノで代用することでお金とスペースの節約につながります。重曹とクエン酸はあらゆる箇所の掃除に使えるので、おすすめしておきます。

逆に頻繁に掃除をするモノであれば、そのような専用の便利グッズを上手く活用して時間を短縮させてください。使用状況に合わせて上手に見極めてほしいと思います。

排水溝の掃除は詰まらせない工夫をすることで、そうそう詰まるものではありません。

お湯や専用品を使って綺麗に掃除をした後は、日頃から詰まらせないように水道水を流しながら液体の汚れを流すようにしてください。

もちろん油を直接流すようなことはしないでください。フライパンや鍋の油汚れはキッチンペーパーや使い古した衣類などで拭き取ってしまいましょう。

直接洗ってしまうとスポンジまで油汚れが付着してしまいます。

参考キッチンのスポンジの寿命は?

ちょっとした工夫を心がけることで、排水溝の汚れを蓄積させることなく、綺麗に使用することが出来るものです。

またカレーを作った鍋などは、最後に出汁を足してカレーうどんにすると鍋の汚れを綺麗にすることができます。料理が得意な方は、このような工夫も取り入れてみてください。

また焦げ付きにくい鍋や使いやすい料理道具を選ぶこともポイントになります。

参考手入れのしやすさを意識して時間短縮

そもそも汚れが残りにくい調理器具(鍋やお皿など)も、排水溝の汚れを防止することや洗い物の手間を減らすことに関係します。

料理番組などで使われるオシャレ調理器具の中には、洗いにくいものや使いにくいものが含まれているものです。重ねられないお皿など実用的ではないので、ほどほどにした方が良いかと思います。


down

コメントする