節約はレジャー!

ついでに掃除をするという視点をより広げよう!

ついでに掃除?

どこかのポイントを掃除したついでに、他のポイントも掃除をするという人は珍しくないと思いますが、これは掃除機のような特定の道具を使用した掃除だけという事が多いようです。

このような「ついでに掃除」のテクニックを、より広範囲に広げる意識を持つと掃除が格段に楽になります。

本格的に掃除をする事が悪いわけではないのですが、汚れというのは放置される期間が長いほどに頑固になるので、ちょっとしたタイミングでサッとついでに掃除するようになると、本格的な大掃除のような事をしなくても良くなる傾向があります。

参考大掃除のコツは年末に行わない事

ティッシュのような使い捨てのもので汚れを拭いた時に、サッとついでの掃除として活用できると、節約という意味でも効果的です。

そこで今回は、そのような「ついでに掃除」をする様々な視点を紹介します。自分なりにこれらの範囲を広げていってください。

1 靴磨き

靴磨きをする時に頻繁に履いている革靴のほかに、冠婚葬祭用の革靴をついでに磨くという人は多いと思います。

ここでさらに視点を広げて、家中の革製品もついでに磨いてしまいましょう。

意外と多くの革製品が見つかるものです。革の鞄やベルトだけではなく、ちょっとした革小物などもついでに磨いてしまえば、長く愛用できるようになり節約にもつながります。

探してみると意外と革製品というものは多いものです。財布や名刺入れやコースターなど、それぞれの家庭に色々あるものですよ。

2 シールやテープ

包装されているシールやテープを剥がした後、そのままゴミ箱に捨てるのではなく、そのシールやテープに残っている粘着力で、ついでに掃除をすることもできます。

いわゆるコロコロクリーナーのような役割を持たせるということができます。

これも徹底的に掃除をするというのではなく、あくまでもついでに掃除という視点が大切です。

ちょっとした段差や隅に貯まっているホコリや、家具の足の裏に付着しているホコリなどを、「パッ」とシールにくっつけて掃除してしまうのがコツです。

個人的におすすめなのは、洋服のポケットの内側の縫い目に貯まっているホコリです。

参考洗濯の見落としがちなポイント!

ポケットを裏返してみると生地の縫い目に意外なほどホコリが貯まっているものです。ただただ捨てていたシールやテープでも、工夫次第で掃除道具として活用できるものですよ。

3 洗い物

シンクに貯まった洗い物を一気に片付けるとなると大変ですが、洗い物が少ないときについで洗える物がないかと探す視点も大切です。

洗面所のコップや水切りかごなど、毎日洗うとは限らない物を頭に入れておくと、洗い物が少ない時に洗剤を無駄にせずに、ついでに洗ってしまえます

しばらく使っていない食器や包丁なども時々洗ってあげることで、頑固な汚れにならずに済みます。

これは洗濯物にも共通します。

洗濯機の容量や干すスペースなどは限られているので、洗濯物が少ない時についでに洗えるものがないかという視点を広げてみてください。トイレのタオルなどつい忘れがちになるので、ついでに洗濯してあげましょう。

4 拭き掃除

ちょっとした汚れをふき取った後のキッチンペーパーは、まだまだ利用価値があります。

ウェットシートやティッシュペーパーなども当てはまるのですが、メインの汚れをふき取った後に、ついでに他の汚れもふき取って無駄なく使いきりましょう

あくまでもメインの汚れを取り除くことが重要なのですが、ちょっとした汚れであればキッチンペーパーの真ん中を使用しなくてもいいはずです。

あらかじめついでに他の箇所も拭くという視点があると、キッチンペーパーの端の方でメインの汚れをふき取るようになります

すると残りのキッチンペーパーの汚れていない箇所で、別の油汚れなどを拭き取ることができるわけです。

ウェットシートでスマホの汚れを拭き取った後などでも、裏側でリモコンや机を拭いたっていいわけです。

私の例でいうと、ティッシュの残りでゴミ箱の蓋の裏側をよく拭いてしまいます。ホントにちょっとした汚れで使った場合は、ゴミ箱の裏なども拭く事が多いです。

この時に徹底的に掃除をしなくても構いません。あくまでもメインの汚れを拭き取ったついでなので、深追いする事なく済ませてしまいます。

これが大事です。深追いはしないけど、日頃からチョコチョコとついでに掃除しておく事で、いざ大掃除で本格的に行おうとした時に楽になってくれます。

まとめ 自己満足だけど・・・

今回紹介した「ついでに掃除」というのは、あくまでもメインの掃除のついでにやるという感覚が大切です。ついでのはずが本格的な掃除になってしまうと大抵は長続きしません。

ポイントはメインの掃除の箇所よりも、より汚れている箇所をついでに少しだけ掃除してしまうような感覚です。

窓枠などには汚れが溜まっているものですが、新しいウェットシートでふき取ってもすぐに真っ黒になってしまいます。完璧に掃除しようとすると、何枚ものウェットシートが必要になってしまいます。

ついでに掃除だと完璧に行う必要がないので、手が汚れない程度に軽く拭いてしまえばOKです。新しいウェットシートを使う必要もありません。

たまにでも窓枠の汚れを大まかに取り除いていれば、大掃除などで本格的に窓掃除をするときの手間がグッと楽になります

ついでに掃除をするコツは、徹底的に綺麗にしなくても構わないという感覚が大切です。

ちょっとした水ハネを拭き取ったキッチンペーパーなどは、ほとんど汚れていません。そのままゴミ箱に捨ててしまうのではなく、ついでにコンロ周りの油汚れを拭いてしまえば無駄になりません。

外食をした時などに紙のナプキンで口を拭くときも、真ん中から使うのではなく、端の方から使うという感覚があると二枚、三枚と無駄にしなくなるものです。

紙ナプキンを節約したからといって得するわけではありませんが、限りある資源を有効活用し、お店にとっても良いお客さんであったということがイメージできれば、満足度は自然と高まるものです。

日頃からこのような視点を意識していると、今まで気がついていなかった汚れを発見できるようになるものです。ほとんど汚れていないティッシュをそのまま捨てるのがもったいなく感じるので、今まで気がついていなかった汚れが目に入ってくるようになります。

大掃除の時にしか掃除をしないような箇所は、なかなか汚れる原因がわからないものですが、日常的についでに掃除を心がけていると、汚れや傷がつく原因もわかるようになっていきます。

すると自然と物の扱い方も変わっていきます。掃除のしやすい物の形や設置位置による汚れ具合の違いなどにも気がつきます。

それらの気づきによって新しく物を購入するときの判断基準も変わっていき、より快適な部屋になっていくのではないでしょうか。

ついでに掃除をするという視点をもつことで、様々な学びや気づきがあるものなので、上手に生活に取り入れてみてほしいと思います。

コメント

  • 私は使い捨てのビニールの手袋で掃除をした時は、ついでに汚れが酷い他のところを掃除しています。使い捨てのものでも使い切ると気持ちが良いですよね。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]