節約はレジャー!

洗濯機のゴミ取りネットがカビの温床!?盲点も紹介します

洗濯機の掃除

洗濯機を長年使用していると、洗濯槽の中が汚れていき、カビが発生してしまうことがあります。

酷い状態になると洗濯物に臭いがうつってしまうケースがあるほどです。洗濯後にすぐに蓋を閉めている家庭は特に注意が必要です。

この洗濯槽の汚れは有名なので、定期的に洗濯槽クリーナーなどで掃除をしている家庭も多いとは思うのですが、洗濯機の汚れはそれだけではありません。

参考洗濯槽クリーナーのコスパを調べてみた

洗濯槽の汚れの他にも、洗濯機は様々な箇所がカビの温床になることがあります。そこで今回は盲点になりやすい洗濯機のカビ対策について紹介します。

ゴミ取りネットの掃除

洗濯機はゴミ取りネット(糸くずネット、糸くずフィルター)の繊維のホコリを、毎回取り除かないとカビの温床になってしまいます

洗濯後の湿気がたっぷりの洗濯槽の中は、カビが繁殖するには好条件です。そこに湿気を吸収しやすいホコリが残っていると、どんどんカビが繁殖してしまいます。

家具の裏などにホコリが貯まっていると、そのホコリが水分を吸着して緑色にカビてしまうことがあるものですが、洗濯機の中はその比ではありません。

洗濯後には必ずゴミ取りネットを取り外して、掃除をする必要があります。

またゴミを掃除してそのまま洗濯機に戻してしまうと、僅かに残ったホコリが湿気を含んでカビが発生することもあります。

ゴミ取りネットは風通しの良いところで完全に乾燥させてから洗濯機に戻してください。この習慣を意識することが大切です。

また洗濯機の蓋は常に開けおくことでカビを予防しやすくなります。最近は蓋が横に開くドラム式洗濯機が人気ですが、中が乾燥しにくいので気をつけてください。

液体のため口

液体洗剤のため口の汚れ濯機の液体洗剤や柔軟剤の「ため口」には、僅かに残った液体にホコリが付着してしまうことがあります。

このようなホコリを長年掃除していないと、ここからカビてしまうことがあります。

手が届くところの汚れは拭き取ることが出来ますが、どうしても液体の通り道に残ってしまいます。

手に届かない箇所を掃除する為には、定期的にお湯を流してあげてください。固まった液体洗剤や柔軟剤が溶けて綺麗になってくれます。

お湯を沸かした時に少し余ったお湯などを活用すると良いと思います。ただし熱湯は危険なので少し冷ましてから流してください。

ホコリの盲点

実はカビにとって好都合なゴミ取りネットの環境と似ているモノがあるいます。

それは靴下と洋服のポケットです。

特にドラム式ではなく、従来の縦型の洗濯機ほどホコリがポケットに貯まりやすい傾向があります。

靴下は表面だけしか洗濯をしていないとゴミ取りネットと同じような役割を果たしてしまい、内側にホコリが貯まってしまいます。なので靴下を時々裏返しにして洗濯をしてください。

特に五本指ソックスを使用している人は気をつけてください。裏返してみると指先にホコリがごっそりと貯まっているかも知れません。

参考五本指ソックスのメリット、デメリット!

履いた時にイヤな気分になるだけでなく、このホコリが汗を吸ってカビが繁殖しやすくなり、悪臭の原因となってしまうこともあります。

裏返したズボンのポケットそしてもう一つ問題になるのが洋服のポケットです。特にポケットの多いズボンはゴミ取りネットがいくつもあるような状態です。

しかもポケットの中の生地が重なり合っている隙間に挟まったホコリは、乾燥するのも遅いのでカビの温床になりやすくなってしまいます。

今着ている洋服のポケットを取り出してチェックしてみてください。想像以上にホコリが貯まっていると思います。

そのままの状態で衣替えで長期保管してしまうと、洋服にイヤな匂いが染みついてしまうこともあります。

洋服のポケットの中のホコリを取り除くには、粘着力のあるテープが簡単でおすすめです。

コロコロクリーナーだと少し大きすぎます。ちぎって使ってもいいのですが、食品などの付いている値札などのシールをはがしてホコリを取ってしまうのが簡単でおすすめです。

参考コロコロクリーナーの便利な使い方

捨てるはずだったシールの再利用なので、節約という意味でもおすすめです。粘着テープなどでもいいので、たまに洋服のポケットの内側に貯まっているホコリを取り除いてください。

これらのようにカビの温床を減らして、洋服や洗濯機を清潔な状態に保ちましょう。

まとめ 洗濯機の盲点

最近では様々な洗濯槽クリーナーが販売されていますが、それだけで安心はしないでください。

洗濯機のゴミ取りネットの存在も忘れないでください。毎回ゴミを取り除いて、しっかりと乾燥させることで、洗濯機をカビから守ることができます。

またゴミ取りネットは消耗品です。定期交換をすることで綺麗に洗濯をすることが出来ます。使用している洗濯機の説明書をよく確認してください。見つからない場合は洗濯機の型番を検索すると見つかりますよ。

そして液体洗剤や柔軟剤のため口に付着しているホコリも、定期的に掃除(お湯で溶かす)してください。カピカピになっているかも知れません。

そして靴下は時々裏返して洗濯をしてください。洋服のポケットの中のホコリは毎回取る必要はありませんが、せめて衣替えの前に取り除くことをおすすめします。

掃除機で吸い取ってもいいのですが、ポケットごとゴボゴボと吸い込まれてしまうので、個人的にはシールの粘着力を再利用するのがおすすめです。

白い洋服(特にワイシャツの胸ポケット)などは、ホコリが透けてしまうこともあるので、特に気を付けてほしいと思います。

ただし古本などについている古いシールはおすすめしません。綺麗に剥がせない古いシールはベタベタになるので避けてください。

洗濯機のカビの原因は洗濯槽の汚れだけではありません。他に原因があるとまた直ぐに洗濯槽までカビてしまいます。定期的に洗濯槽クリーナーを使用しても、洋服への匂いうつりが気になる場合は、今回紹介した様々な箇所の掃除をしてみてほしいと思います。

それでも改善しない場合は洗濯機を買い替えるなり、専門家に分解清掃をお願いしてください。分解清掃はそれなりの価格になるので、安い洗濯機を使用している人であれば、買い替えた方がお得かも知れません。

中古で売られている洗濯機でも、大抵は綺麗に清掃済みなので、節約的にはそちらもおすすめです。

最近はYouTubeなどで自分で分解清掃をしている動画を公開しているケースも多いので、DIYが得意な人であれば自分でも行えるかも知れません。

それなり工具が必要で力もいるので、誰にでもおすすめできる方法ではありませんが、自信がある人は試してみるのも良いかと思います。

所有している洗濯機のメーカーや型番で検索すると、もしかしたら丁寧に分解清掃の仕方を解説している動画が見つかるかも知れません。

もちろん自己責任でお願いします。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]