節約はレジャー!

洗濯洗剤を節約するなら粉末洗剤がおすすめ!

洗濯洗剤のコスパ

洗濯用の洗剤には大きく分けると、昔ながらの粉末タイプと液体タイプがあります。

最近は液体洗剤をパックにしたようなものもありますが、コスパで考えると勝負になりません。

あくまでも今回は使い勝手ではなく、洗剤のコスパで考察していきます。

コスパ抜群の洗濯用粉末洗剤結果から言うと、「粉末洗剤」が最も節約できるのでおすすめです。

単純に液体洗剤よりも洗浄力が優れており、コストだけでなくパフォーマンスも良いです。詰め替えパックにすればさらに節約できます。

手軽に使えるパックや濃縮した液体洗剤などが普及している現在でも、普通に売られている昔ながらの粉末洗剤というのは、やはり素晴らしいものがあります。

ただし、粉末洗剤には注意点があります。全ての人におすすめ出来る洗剤ではありません。

粉末洗剤の注意点

冷たい水で溶けきらない洗濯用の粉末洗剤粉末洗剤の一番の注意点は「水に溶けにくい」ことです。特に水温が低い冬場だと溶けきれずに残ってしまうことがあります。これでは本末転倒です。

これの解決策はお湯で洗濯をすることです。そもそもお湯の方が汚れが落ちやすいので、洗浄力もアップします。

ただし、単純にお湯を使用してしまうと節約という意味では損になってしまうので、洗面器やバケツなどで少量のお湯に粉末洗剤を溶かしてから、洗濯機の中に入れる方法がおすすめです。

この方法であればドラム式でも粉末洗剤を使用することが出来ます。

他にもお風呂の残り湯を洗濯に再利用したり、浸け置き洗いをするのもおすすめです。

これらは一般的に言われていることですが、私がおすすめするのは粉末洗剤と相性の良い洋服選びという視点を加えることです。

これを意識することで、さらなる節約につなげることが出来ます。

粉末洗剤と相性の良い洋服とは?

粉末洗剤は洗浄力が強いだけに、色落ちしやすい生地やオシャレ着と呼ばれる洋服との相性が良くありません。

またウールやシルクなどの高価な天然素材とも相性が悪い傾向があります。

私は節約家ということもあり、これらのような高価な天然素材の洋服をもっていません。

昔はオシャレ着洗いが可能な液体の洗濯洗剤と使い分けていたのですが、現在は色落ちや色移りがしやすそうな生地の洋服を選ばなくなったことで、液体洗剤の出番が無くなりました。

参考皺になりにくい洋服を選ぼう!

すると全ての衣類が粉末洗剤で洗濯をすることが出来るようになります。使い分ける手間もコストも掛からなくなりました。

さらに柔軟剤の使用も止めました。

最近流行りのオールインワンタイプの洗剤だと、予め柔軟剤が含まれていますが、そもそも柔軟剤は生地の繊維をコーティングするので、その柔軟剤を落とす為に洗剤の洗浄力が発揮されてしまう傾向があります。

要するに洗剤の洗浄力を弱めてしまいます。

一般的な洗濯機で液体の柔軟剤を投入口に入れると、脱水の前の段階で柔軟剤が投入されるので、直接洗剤の洗浄力とバッティングするわけではないのですが、私はそもそも繊細な生地の洋服をもっていないので、柔軟剤によるメリットが必要なわけではありませんでした。

私が柔軟剤を止めたきっかけは単純に買い忘れていただけなのですが、柔軟剤を入れなくても何も問題がありませんでした。

フワフワさが分かりやすいタオルのようなものだと、確かに肌触りが硬くなるのですが、これは干すときに「バッ、バッ」と振ることで繊維が起き上がってくれます。

この辺は洋服との相性の問題ではあるのですが、全ての洋服に柔軟剤が必要なわけではありません

一般的な綿の洋服であれば、柔軟剤のメリットは香りがあるぐらいのものです。

ウールのような静電気が起きやすい生地だと、静電気の発生を抑える効果も期待できるのかも知れませんが、これも全ての人が求めているわけではありません。

柔軟剤を止めることで粉末洗剤の洗浄力が発揮されやすくなるので、粉末洗剤の使用量も抑えられるようになりました。

これが節約につながると感じた理由です。粉末洗剤のパッケージに目安となる使用量が書いてありますが、汚れが酷くない場合は少し減らしても綺麗に落ちてくれます。

まとめ ポイントは水温と洋服の生地

色落ちしない衣類を畳む男性私がおすすめする洗濯洗剤の節約方法というのは、粉末洗剤一つだけで対応できる衣類のタイプに統一することです。

要するにありふれた色の普通の洋服で統一しています。

セールでお得だからとカシミヤのセーターに手を出すようなことはありません。

参考カシミヤセーターの落とし穴

色落ちや色移りが目立つ洋服が好きな人には難しいですが、それほどこだわりがない人であれば、洗浄力が強くて価格も安い粉末洗剤のメリットを最大限に活かすことが出来ます。柔軟剤も入りません。

水温の低い冬場などは粉末洗剤をお湯に溶かす一手間が必要ですが、お風呂にお湯があれば洗面器ですくうだけですし、それほど大した手間ではありません。

ちなみに私は自宅ではシャワー派なのですが、シャワーを浴びた後に給湯器の電源を切り、その余熱だけでしばらく出てくるお湯を利用することが多いです。洗面器分ぐらいは余裕でお湯が出てくるものですよ。

柔軟剤も昔は何も考えずに入れていたのですが、止めてからの方が洗浄力がアップしたことを実感しています。

手洗い洗濯用の桶と板ちなみに私は腋臭体質でして、シャツの脇の部分に汗染みができたり、そこから匂ってくることもあるので、昔は脇の部分だけ手洗いをする必要がありました。

それが今では粉末洗剤で少し(2時間ぐらい)浸け置き洗いをするだけで必要なくなりました。

粉末洗剤の洗浄力もさることながら、柔軟剤による余計なコーティングがなくなったのも功を奏しているのかも知れません。

手軽で便利なパックの洗濯洗剤最近の液体洗剤やジェルボールのようなものは手軽で便利ですし、すすぎも一回で済むタイプもあるので、水道代の事まで含めると、もしかしたら節約になるのかも知れませんが、洗濯の本質である洗浄力で考えると、やはり昔ながら粉末洗剤の圧勝です。

粉末洗剤が未だにドラッグストアで普通に売られているのは、この抜群の洗浄力を求めている人がたくさんいるからなのだと思います。

あらゆる分野で液体の洗濯洗剤の方が優れているのであれば、粉末洗剤など淘汰されているはずです。

ちなみに一人暮らしの人でお風呂にお湯を貯めない人であれば、水道代の基本使用料内に余裕で収まっているので、洗濯のすすぎ回数による水道代は気にしなくて大丈夫です。

参考一人暮らしで水道代の節約は難しい・・・

洗濯洗剤は手軽さや重さや頻度などの問題もあるので、全ての人に粉末洗剤をおすすめするわけではありませんが、今回紹介した方法と相性の良い人であれば、最大限にメリットを活かせると思います。

自分の洗濯環境に合わせて、上手に洗濯洗剤を選んでみてください。洋服選びも洗濯のしやすさを考慮しましょう。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。