節約はレジャー!

洗濯洗剤を節約するなら粉末洗剤がおすすめ!

洗濯洗剤のコスパ

洗濯用の洗剤には大きく分けると、昔ながらの粉末タイプと液体タイプがあります。

最近は液体洗剤や柔軟剤を合わせて小分けのパックにしたようなものもありますが、コスパで考えると勝負になりません。

あくまでも今回は洗剤の使い勝手ではなく、洗剤のコスパで考察していきます。

コスパ抜群の洗濯用粉末洗剤結果から言うと、「粉末洗剤」が最も節約できるのでおすすめです。

単純に液体洗剤よりも洗浄力が優れており、コストだけでなくパフォーマンスも良いです。粉末洗剤でも詰め替えパック(ボックスやスプーンなし)を選べばさらに節約できます。

液体洗剤でもお得用サイズや詰め替えパックのまとめ買いをする事で、コストを抑えて節約することは可能ですが、洗濯にとって最も大事なパフォーマンス(洗浄力)の事を考えると、同じぐらいの価格の液体洗剤と粉末洗剤では大きな差があります。

液体洗剤の中にも粉末洗剤に引けを取らない洗浄力の高いものもあるのですが、それらはかなり割高になのでコストで勝負になりません

よく雑誌の企画などで洗濯洗剤のパフォーマンスを比較している事があるのですが、液体洗剤の洗浄力を示す売り文句として、

「粉末洗剤並の洗浄力!」

といった感じで表現されるぐらいなので、そもそも洗浄力のレベルには大きな差があります。

価格が安くても洗浄力が優れているのが、粉末洗剤の特徴という事です。

手軽に使えるパックや濃縮した液体洗剤などが普及している現在でも、普通に売られている昔ながらの粉末洗剤というのは、それだけ効果が高い証明でもあります。

最近の例だと液体漂白剤として有名なワイドハイターから、粉末タイプが販売されました。使い勝手よりも機能を考慮した結果なのだと思います。

これらのようにコストの面でもパフォーマンスの面でも優れているのが粉末洗剤の特徴です。節約家には声を大にしておすすめしたいところなのですが、粉末洗剤には注意点があります。

全ての人におすすめ出来る洗剤ではありません。それぞれの洗濯環境に合わせて上手に選んでほしいと思います。

粉末洗剤の注意点

冷たい水で溶けきらない洗濯用の粉末洗剤粉末洗剤の一番の注意点は「水に溶けにくい」ことです。特に水温が低い冬場だと洗剤が溶けきれずに残ってしまうことがあります

これでは十分な洗浄力も発揮されないので本末転倒です。

これの簡単な解決策はお湯で洗濯をすることです。そもそもお湯の方が衣類の汚れが落ちやすいので洗浄力もアップします。

ただし、単純にお湯を使用してしまうと節約という意味では損になってしまうので、洗面器やバケツなどで少量のお湯に粉末洗剤を溶かしてから、洗濯機の中に入れる方法がおすすめです

特にドラム式洗濯機は使用する水が少ないので、粉末洗剤をそのまま入れてしまうと溶けきれずに残りやすくなる傾向があります。

ドラム式の上位機種だと投入口に粉末洗剤をセットできるものがあり、水温も含めて管理してくれるので関係ないのですが、そうではない洗濯機だとこちら側で工夫しなければなりません。

洗濯の回数が多い家庭だと、このひと手間が面倒なので粉末洗剤は向いていません。

もう一つの注意点としては、ピンポイントの汚れと相性が良くないという点があります。

小さなお子様がいる家庭だと、どうしても衣類に食べこぼしの染みが出来てしまうものですが、このようなピンポイントの汚れに対しては、粉末洗剤だけだとお湯で溶かしてから揉み洗いをするといった手間が必要になります。

一方で液体洗剤なら染みに直付け出来るので簡単です。ただでさえ子育てに忙しい主婦には、手間の多い粉末洗剤は向いていません。

これらの洗濯洗剤の使い勝手による違いは一般的に言われていることですが、私がおすすめするのは粉末洗剤と相性の良い洋服選びという視点を加えることです。

これを意識することで、さらなる節約につなげることが出来ます。

粉末洗剤と相性の良い洋服とは?

粉末洗剤は洗浄力が強いだけに、色落ちしやすい生地やオシャレ着と呼ばれる洋服との相性が良くありません。

またウールやシルクなどの高価な天然素材とも相性が悪い傾向があります。これらの生地の洋服は洗浄力の弱い液体の中性洗剤を使用しなければなりません。

私は節約家ということもあり、これらのような高価な天然素材の洋服をほとんどもっていません。

昔はオシャレ着洗いが可能な液体の洗濯洗剤や液体漂白剤などを使い分けていたのですが、現在はそもそも色落ちや色移りがしやすそうな生地の洋服を選ばなくなったことで、粉末洗剤だけでよくなりました

参考皺になりにくい洋服を選ぼう!

全ての衣類を洗浄力が高い粉末洗剤で洗濯できるようになったので、洗剤を使い分ける手間もコストもスペースもいらなくなりました。

さらに柔軟剤の使用もやめました。

最近流行りのオールインワンタイプの洗剤だと、予め柔軟剤が含まれていますが、そもそも柔軟剤は生地の繊維をコーティングするので、次回の洗濯で柔軟剤を落とす為に洗剤の洗浄力が発揮されてしまう傾向があります

要するに洗剤の洗浄力を弱めてしまいます。

一般的な洗濯機で柔軟剤を投入口に入れると、脱水の前の段階で柔軟剤が投入されるので、直接洗剤の洗浄力とバッティングするわけではないのですが、使い勝手の良いオールインタイプの洗剤のパフォーマンス(洗浄力)は、あまり期待しない方が良いかと思います。

洋服選びの基準は人それぞれ違いますが、私のように生地の素材にこだわりがないのであれば、色落ちしない生地や皺になりにくい生地を選ぶことで、柔軟剤が無くても困るような事はありません。

これは髪の長さでイメージすると分かりやすいかも知れません。髪の長い女性ほどリンスやコンディショナーでケアする必要がありますが、短い人だとそれほど気にする必要がないような事です。

生地のフワフワさが分かりやすいタオルのようなものだと、柔軟剤の効果で肌触りが柔らかくなりますが、全ての人がフワフワさを求めているわけでもないはずです。

そもそも私はバスタオルを手放しているので、全く重要な要素ではありませんでした。

参考バスタオルは意外なほど必要ない!?

同じように全ての洋服に柔軟剤が必要なわけではありません。一般的な綿の洋服であれば、柔軟剤のメリットは香りが残るぐらいのものです。

私自身もそうだったのですが、洗濯といえば当たり前のように柔軟剤を入れるものだと決めつけていたのですが、洋服の生地によっては必要ないどころか、汚れが落ちにくくなる事もあります。

ウールのような静電気が起きやすい生地の洋服だと、静電気の発生を抑える効果も期待できるのかも知れませんが、これも全ての人が求めているわけではありません。

そもそも柔軟剤が必要ない洋服選びを意識できるようになると、洗剤を使い分ける手間がなくなり、粉末洗剤の使用量も抑えられるようになりました。

余計なコーティングがないせいか、むしろ洗浄力がアップしたと感じています。この辺は漂白剤などにも当てはまるのかも知れません。

汗染みなどに漂白剤を付けると落ちやすくなるイメージがありますが、あくまでも漂白剤は漂白する事が目的であり、汚れ落ちだけなら固形石鹸の方が優れているといったデーターもありました。

デリケートな生地の洋服が好きな人には向いていませんが、それほど気にしないという人であれば洗濯がしやすい生地の洋服選びを意識してみてください。全ての衣類の洗濯がコスパの良い粉末洗剤だけで事足りるようになりますよ。

おすすめの粉末洗剤

液体洗剤と比べて圧倒的にコスパが良い粉末洗剤ですが、粉末洗剤の中にも価格や性能に差があります。

単純に節約になる粉末洗剤はニュービーズです。ドラッグストアなどで安売りになっている事が多い洗剤です。

ニュービーズは安いからといって洗浄力が低いという事もなく、雑誌の企画や洗濯の専門家によるランキングなどでも、上位に入る事が多いコスパ抜群の洗濯洗剤です。

そもそも一般的な液体洗剤の洗浄力に不満がない人であれば、価格の安い粉末のニュービーズを使用するだけで、かなり節約できると思います。ただニュービーズには香りが強いものもあるので、それは避けた方が良いかと思います。

一方で私のように腋臭体質だったり、皮脂汚れが付きやすい場合は粉末洗剤の中でも洗浄力が高いものがおすすめです。

私はアタックの高浸透リセットパワーという粉末洗剤を選んでいるのですが、必ずしもこれが良いという意味ではなく、粉末洗剤の中にも部屋干しに強いタイプや白さに強いタイプがあるので、それぞれの使用状況に合わせて選んでみてください。

このような洗浄力が高い粉末洗剤は、ニュービーズのような価格の安い粉末洗剤と比べて倍ぐらいの価格になるのですが、詰め替えパックを利用すれば1.5倍ぐらいの価格に抑える事が出来ます。

ネットで探せば詰め替えパックのまとめ買いもできるので、洗濯洗剤をたくさん使う家庭であれば、まとめ買いや業務用の大容量の粉末洗剤を選ぶ事で節約できるかと思います。

ただ一般家庭が極端なまとめ買いをしてしまうと、何年も使う事になるのでおすすめしません。洗剤の進化のスピードは凄まじく、毎年のように前年モデルの洗浄力を上回ってくるので、その都度最新の洗剤を選んだ方が洗浄力が高い傾向があります。

特に新発売されたばかりの洗剤ほど、世間に浸透させる為に割引きキャンペーンを行う事が多いの節約に有効です。

他にも肌に優しい無添加の粉末洗剤なども売られています。あまり洗浄力は期待できませんが、アトピー体質だったり、肌の弱い赤ちゃんの衣類を洗濯する場合は、そのようなタイプを選ぶのが良いかと思います。

価格の安い粉末洗剤でも、一般的に売られている液体洗剤よりは洗浄力が高いので、私のように衣類が汚れやすい体質だったり、汚れが付きやすい職場環境でなければ、その都度安売りされている粉末洗剤を選んでおけば、間違いありません。

ちなみに洗剤類はネット通販よりも、ドラッグストアやホームセンターなどの実店舗の方が価格が安い傾向があります。もちろん地域やタイミングや銘柄によっても差がありますが。

まとめ ポイントは水温と洋服の生地

色落ちしない衣類を畳む男性私がおすすめする洗濯洗剤の節約方法というのは、コスパの良い粉末洗剤一つだけで対応できる衣類のタイプに統一することです。

色落ちしやすい生地や皺になりやすい生地を避ける事で、洗剤を使い分ける手間から解放されます。

オシャレが大好きな人には難しいかも知れませんが、それほどこだわりがない人であれば、洗浄力が高くて価格も安い粉末洗剤のメリットを最大限に活かすことができ、さらに柔軟剤や漂白剤といったものも節約できます。

少し前にお付き合いしていた女性が、ブラトップ(シャツやタンクトップにブラジャーの機能が盛り込まれている洋服)の魅力について教えてくれたことがあるのですが、一般的なブラジャーのようなワイヤーが無くて着心地が良いだけでなく、洗濯が楽だと言っていました。

私は男なので女性用下着の洗濯の仕方を知らなかったのですが、ネットで調べてみるとオシャレなものほど優しく手洗いをするような手間が必要なようでした。

一方でブラトップのようなものであれば、普通のシャツのように簡単に洗濯できるのだと思います。このような衣類を選ぶ事も、日々の洗濯の手間も格段に楽になるのではないでしょうか。

水温の低い冬場などは粉末洗剤をお湯に溶かすひと手間が必要ですが、お風呂にお湯が貯めてあれば洗面器ですくうだけですし、慣れるとそれほど手間ではありません。

時間に余裕があれば洗濯機の中に水を貯めて少し放置するのもおすすめです。自然と冬場の冷たい水が室温に近づくので洗浄力が高まります。

ちなみに私は自宅ではシャワー派なのですが、シャワーを浴びた後に給湯器の電源を切り、その余熱だけでしばらく出てくるお湯を洗濯に利用することが多いです。洗面器分ぐらいの温かいお湯が出てくるので、粉末洗剤を溶かすのに最適です。

また縦型の洗濯機に限るのですが、100均などで売られているランドリーボールというものを併用すると、粉末洗剤の撹拌に役立ち、洋服の絡まりも抑えらるので相性が良いと思います。

参考ランドリーボールの効果が想像以上だった!

柔軟剤も昔は何も考えずに入れていたのですが、やめてからの方が洗浄力がアップしたことを実感しています。

粉末洗剤の中にも柔軟剤のように香りをうたっているものがあるのですが、洗浄力という意味では落ちてしまうので気をつけてください。

手洗い洗濯用の桶と板私は昔から腋臭体質なので、シャツの脇の部分に汗染みができたり、そこから匂ってくることがあるので、脇の部分だけ液体漂白剤をつけて手洗いをする必要がありました。

参考コスパ抜群の腋臭対策はミョウバン

それが今では粉末洗剤で少し(2時間ぐらい)浸け置き洗いをするだけで必要なくなりました。

粉末洗剤の洗浄力もさることながら、柔軟剤による余計なコーティングがなくなったのも功を奏しているのかも知れません。

手軽で便利なパックの洗濯洗剤最近の液体洗剤やジェルボールのようなものは手軽で便利ですし、すすぎも一回で済むタイプもあるので、水道代の事まで含めると節約になるのかも知れませんが、洗濯の本質である洗浄力で考えると、やはり昔ながら粉末洗剤の圧勝だと感じています。

数年前まではやたらと「すすぎ一回」の洗剤がアピールされていましたが、最近は価格の高い高機能な液体洗剤でも「すすぎ一回」ではなくなってきています。やはり洗浄力の事を考えると技術的に難しいのではないでしょうか。

粉末洗剤が未だにドラッグストアで普通に売られているのは、この抜群の洗浄力を求めている人が世の中にたくさんいるからなのだと思います。

あらゆる分野で液体の洗濯洗剤の方が優れているのであれば、粉末洗剤などとっくに淘汰されているはずです。

洗濯洗剤は手軽さや持ち運び時の重さや使用頻度の問題もあるので、全ての人に粉末洗剤をおすすめできるわけではありませんが、今回紹介した方法と相性の良い人であれば、最大限にメリットを活かせて節約にもなるはずです。

もちろん子育てに忙しい世代や家族が多くて毎日洗濯をするような家庭であれば、使い勝手の良い液体洗剤の方が相性が良いと思います。

衣類の皮脂汚れは放置される時間が長くなるほど頑固になるので、毎日のように洗濯をする家庭であれば、それほど強力な洗浄力が無くても問題にならないかも知れません。

自宅の洗濯環境や頻度に合わせて上手に洗濯洗剤を選んでみてください。私のように週に2回ぐらいしか洗濯しない人には、手軽さはそれほど必要ないはずです。

節約という意味ではコスパが抜群な粉末洗剤がおすすめですが、洋服の生地や洗濯の頻度によっては相性が悪いので、それぞれの洗濯環境に合わせて上手く見極めてほしいと思います。

一人暮らしで自由のコントロールできるのであれば、私のように粉末洗剤を活かす為の洋服の生地選びといった視点を加える事で、ますます日々の洗濯が楽になると思いますよ。

追記 台所洗剤で洗濯!?

良質な睡眠が得られるシルクの男性パジャマちなみに私が唯一粉末洗剤を使用しない衣類は、シルクのパジャマです。

参考パジャマの意味を知らない人へ

パジャマは睡眠の質を大きく左右するので、疲労回復の為に割り切って高価なシルクのパジャマを愛用しています。

昔はこのパジャマ用に液体の中性洗剤を用意していたのですが、現在は中性の台所洗剤で代用しています。

参考台所洗剤が万能で驚いた!

台所洗剤は少量でも泡立ちが良く、口に触れる食器に使われる洗剤なので、あまり余計な成分が含まれていません。

オシャレな外出着だと色落ち防止成分などが含まれている専用洗剤の方が良いのかも知れませんが、パジャマは誰かに見せるものでもないので気にしていません。

シルクのようなデリケートな生地の衣類は、優しく手洗いをしないと型崩れや皺が出来てしまうので、よほど覚悟がある人(もしくはお金をかけてクリーニングできる人)でなければ、外出着として向いていません。

カシミヤのセーターなどもそうなのですが、これらのようなデリケートな生地の衣類は適当に扱うと直ぐに傷んでしまうので、セールで安かったからと安易に取り入れるものではありません。

粉末洗剤だけで済ませられるという基準で洋服(生地)選びができると、日々のメンテナンスの手間が格段と楽になるので意識してみてください。

私はシルクのパジャマの皺は気にしていないので、洗濯ネットに入れてから台所洗剤を数滴垂らして洗濯機のドライコース(優しいコース)で洗ってしまいます。

洗濯洗剤を節約するポイントというのは、コスパが良い粉末洗剤を選ぶという事だけでなく、衣類の生地選びといった事もポイントになるので、ぜひ意識してみてください。

コメント

  • 私もずっと粉末の洗剤です
    このあいだ液体洗剤をもらったので使ってみると
    変な香りがついて洗浄力も弱くてガッカリしました
    CMでは洗浄力が進化したとか頻繁にいっているけど
    未だに昔ながらの粉末洗剤より劣るのは酷い話です

    by 匿名 €

  • 洗濯機の性能も関係しているのかも知れんけどジェルボールは全然汚れが落ちなくかった

    by 匿名 €

  • クリーニング屋の水洗いコースで使用する洗剤も粉末が主流です。

    by 匿名 €

  • アタック史上最高とかいっていたアタックゼロを使ったら臭くてはらたった
    なんだかんだでシンプルな粉せっけんが最強

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]