節約はレジャー!

パジャマは意味がない?睡眠時に得られる6つの効果

パジャマの機能

パジャマ姿の外国の女の子「パジャマ」は睡眠時に着用する衣服であり、寝間着とも言われています。

最近はパジャマを着ないで寝る人が増えているのだそうです。

パジャマを着ない派の意見をまとめると、

  • 着替えるのが面倒
  • 急に出かける時に困る
  • 洗濯物が増える
  • お金がもったいない

などがありました。

確かにどれも間違いではありませんが、パジャマにはこれらのデメリットを補って余りある効果があることを理解していないように思えます。

私自身も一人暮らしを始めた若い頃に、何となくカッコ良いと思って実家時代に着ていたパジャマをやめ、Tシャツやジャージで寝ていた時期があるのですが、20代後半ぐらいに当時の恋人からパジャマをプレゼントされて久しぶりに着てみると、想像以上に寝やすくなったことに驚いたことがあります。

そこで今回はパジャマで得られる6つの効果について紹介します。これらの効果を理解できると、パジャマを着ないで眠るという選択がもったいないと感じるようになると思います。パジャマなんて意味がないという人こそ、しっかりと意味を理解してほしいと思います。

1 パジャマの吸水性

睡眠中に失われるコップ一杯分の水分人は睡眠時にコップ一杯以上の汗をかくと言われています。パジャマには睡眠時の汗を効率よく吸水する機能があります。

一般的な衣類の生地には化学繊維が使われていることも多く、必ずしも吸水性が優れているとは限りません。

特に冬用のルームウェアだと、蒸発した汗を利用して温める機能があるので、身体の場所によっては熱をもってしまい、寝苦しさを感じてしまうことがあります

適当な服で寝てしまうと、睡眠の質を下げる可能性があります。

パジャマは吸水した汗を放出することにも優れています。だからこそパジャマは毎日洗濯をしなくても、直ぐに臭くなるようなことが少ない傾向があります。

また肌着やTシャツなどをパジャマ替わりにして、次の日にそのまま着てしまうと体臭の原因にもなってしまいます。清潔感の為にもパジャマを着る意味があります。

2 パジャマの保温性

パジャマには体温調節がしやすいように保温性が優れています。特に夏用と冬用で大きく機能が違います。

夏のパジャマは体温がこもらないように、肌と生地の間の空気が抜けやすいような構造になっています。シャリ感のある生地でベタつきにくい構造になっています。

一方で冬用のパジャマは保温性に優れています。また裾や袖や襟の形を工夫(絞る)して、体温が逃げにくい構造になっていることもあります。

ほどよく水分(汗)は逃がしながら、快適な温度に保ってくれるので良質な睡眠になりやすい傾向があります。

季節によって寝具を使い分けるように、パジャマも季節によって使い分けることで快適な睡眠が得られやすくなる効果があります。

睡眠の質は健康にとって凄く大切な要素なので、眠る時の服装は軽視するべきではありません。適当な衣類で良質な睡眠を妨げてしまうのはもったいないです。

3 パジャマの寝返り効果

パジャマなしで寝苦しそうな女性パジャマを着ると裸やTシャツ姿に比べて、寝返りをうちやすくなります。寝返りも良質な睡眠の為には非常に重要な要素です。

深い睡眠が得られないと感じている人の多くは、寝返りのタイミングで身体に無理な力が入って目が覚めてしまい、睡眠が浅くなっています

寝返りは主に布団やマットとの相性の問題ではあるのですが、裸やランニングのように肌の露出が多い状態で寝てしまうと、汗や皮脂が布団やシーツに張り付いてしまい、抵抗が増して寝返りがしずらくなってしまいます。

体力や筋力がある若い頃は問題がなくても、加齢に伴って睡眠中に目覚める回数が増えてきたという人は、肌触りの良いパジャマを着て寝てみてください。寝返りのしやすさが全然違うと思います。

私自身も久しぶりにパジャマを着た時に、この違いを大きく感じました。

適当にフリースやジャージを着て寝てしまうと、チャックの金具で痛みが出たり、シーツに引っかかってしまうこともあります。

ベッドやマットの質、低反発や高反発の布団によっても寝返りの質が大きく左右されますが、パジャマの質も少なからず影響を与えるということを覚えておいてください。

特に睡眠中に目覚めることが多くなってきた人ほど、パジャマにする意味があると思います。

4 寝具の汚れ

洗濯したシーツを屋外に干している様子布団やシーツが汚れる最も大きな原因は、人間の肌から付着する汗や皮脂汚れです。

皮脂汚れが生地に付着すると酸化が始まり、徐々に生地が傷んでいきます。さらにダニやカビが繁殖しやすくなってしまいます。

睡眠時に裸やTシャツ短パンだと、どうしても汗や皮脂汚れが寝具に付着しやすいというデメリットがあります。

枕がないと眠れないパジャマを着た女性多くのパジャマが襟付きなのは、首元の汗や皮脂汚れを寝具にうつさない効果があるからです。シーツや布団の洗濯は大変ですが、パジャマや枕カバーだけであれば、日頃の手入れが簡単になるというメリットがあります。

参考枕は必ずしも必要ではない?

せっかくお風呂に入って綺麗な身体になっても、寝具が汚れていると再び身体に付着してしまいます。パジャマを着て寝ることで寝具の汚れを防止することになるので、自らの清潔感だけでなく、寝具の状態を良好に保ちやすくなる効果も期待できます。

5 パジャマによる睡眠スイッチ

パンダ柄の派手なパジャマを着ている女性「やる気スイッチ」という言葉がありますが、ちょっとしたきっかけで気持ちを切り替えやすくなるように、寝る前にパジャマに着替えるという行為が「睡眠スイッチ」の役割を果たしてくれます。

例えば警察官が制服を着た途端にビシッと姿勢が良くなるようなことです。他にも運動着に着替えたり、エプロンなどもスイッチの機能として当てはまります。

パジャマを着ることは、ここまで紹介してきた睡眠の質を向上させる物理的な効果の他に、精神的にも睡眠モードになる効果があります

これも意外と軽視されがちなメリットです。

朝にコーヒーを飲むとカフェインで覚醒作用があることは有名ですが、実際にはカフェインの効果があらわれる前に、コーヒーの香りや味によって精神的な安堵感や目覚め感が得られ、それが「目覚めスイッチ」になると言われています。

目覚めのコーヒーを飲みながら新聞を読む男性要するに目覚めの儀式としてコーヒーを飲むという行為が機能します。カフェインによる覚醒作用は少し時間(30分以上)が経ってからです。

参考インスタントコーヒーを美味しく淹れる方法

これらと同じように毎晩寝る前にパジャマに着替えるという行為そのものが、睡眠へのルーティンとなります。これも意外と知られていないパジャマの大きなメリットです。

パジャマは柔らかい着心地などの物理的なメリットだけではなく、パジャマを着ることそのものに意味づけがされているので、自然と身体が副交感神経優位になり、リラックスして体温が下がり、身体を「睡眠モード」へ促してくれます。

ルームウェアのまま寝る人だと、このスイッチが働くタイミングがありません

帰宅してルームウェアに着替えたタイミングでリラックスすることは出来ますが、睡眠モードへの特別な切り替え機能はありません。

だからこそ、あえて寝る前やお風呂上りなどにパジャマに着替えることで、心身共に睡眠に適した状態へ導かれることになります

枕が変わると眠れなくなったり、お気に入りのぬいぐるみを抱いていないと眠れない子供がいるように、パジャマにも安心感をもたらす効果が期待できるということです。

6 パジャマの美肌効果

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。良質なパジャマに多く採用されているシルクという素材には、美肌効果が期待できます。

シルクは蚕からできており人間と同じ動物性の糸です。肌への負担が少ないだけではなく、シルクの細かい繊維が肌のキメを整える効果があります。女性用の洗顔タオルやスポンジなどにも採用されているのも美肌効果があるからです。

またシルクは非常に肌触りが良く、夏はサラサラで快適、冬は保温性に優れて暖かいので、多くの高級パジャマに採用されています。

参考シルクの靴下でスベスベになった!

シルクを使用しているパジャマは、節約という意味では難しい選択かも知れませんが、節約して貯めたお金を長期的な健康の為に投資するという意味では、素晴らしい選択肢だと思います。

良質な睡眠が得られるシルクの男性パジャマ実際に私もシルクのパジャマを着て寝ていますが、もうシルク以外は考えられないほど気に入っています。サラサラなので寝返りもしやすくなります。

たまに旅館やホテルに泊まった時に浴衣やバスローブなどを着ると、大抵は寝返りのタイミングで絡まって目が覚めてしまうのですが、自宅ではそのような事がありません。

同じ睡眠時間でも睡眠の質によって、疲労回復効果には大きな差があるものです。

参考疲労回復のポイント!

これはパジャマに限ったことではありませんが、良質な寝具で深い睡眠が得られると、日中のパフォーマンスも向上し、病気も遠ざけることになります。

少し高価なパジャマを着て寝るだけで睡眠質を上げられるのであれば、結果的に大きな節約につながるのではないでしょうか。

最近は睡眠薬だけでなく、睡眠用のサプリメントといったものも売られていますが、一時的な効果しか期待できないそれらのようなグッズより、毎晩良質な睡眠が得られるパジャマというのは、とてもコストパフォーマンスの良い健康法なのではないでしょうか。

若い頃と比べて疲れが抜けにくくなってきた人こそ、パジャマの意味、効果を理解して、上手く味方にしてみてください。

下手な健康グッズを購入するより、ずっとコスパが良いはずです。

まとめ パジャマなしは損!

パジャマを着ることの意味、効果をまとめると、

  • 吸水性
  • 保温性
  • 寝返り効果
  • 寝具の汚れ
  • 睡眠スイッチ
  • 美肌効果

ベッドで熟睡する女性などですが、要するにパジャマは良質な睡眠を得やすくなる効果が期待できます。

「餅は餅屋」です。

暑くて寝苦しい夜を過ごすと疲れは取れません。余計な汗をかくと肌がべたついて布団やシーツに絡まり、悪い夢を見るかも知れません。

またTシャツをパジャマ替わりにすると布団やシーツが皮脂汚れや汗がつきやすくなり、その汚れがまた次の日の睡眠時に新しいTシャツに再付着してしまいます。そのTシャツで外出するわけですから清潔ではありません。

人生の三分の一は布団の上です。別の記事でも「寝具の節約はおすすめしません」と紹介したのですが、

参考睡眠の質を上げるポイント

寝間着姿も睡眠の質に大きく影響を与えます。たかがパジャマと思わずに、しっかりと意味や効果を理解してほしいと思います。

「パジャマなんか意味がない」という考え方では大きく損をしています。たとえ僅かでも睡眠の質が向上する可能性があるのであれば、全力でそのメリットをつかみ取ってください

たまに酔っぱらって帰ってきて外出着のまま寝てしまうと疲れが残ってしまうものですが、

外出着>>部屋着>>パジャマ

といった関係性があるので、リラックスできている部屋着よりも、さらに上がある事を覚えておいてください。

睡眠不足で肩こりの男性特に疲労が抜けにくくなってきた中年の人こそ、パジャマの素晴らしい効果を実感できると思います。

私自身もそうでしたが、身体が健康な若いうちはそれほどメリットが実感できないかも知れませんが、僅かな疲労でも積み重なっていくものなので、少しでも早くパジャマの効果を味方にした方が良いかと思います。

睡眠という人生の三分の一もの時間の質の向上です。それが毎日ずっと積み重なっていきます。

様々な健康食品や癒しグッズにお金を使うより、よっぽど効率的だと感じています。睡眠の質が1%でも向上すれば、残りの人生の毎晩の回復力が高まってくれます。節約という意味でも効果的ですよ。

なるべくなら良質なパジャマを手に入れてほしいのですが、予算の都合に合わせて頑張ってみてください。

【amazon パジャマランキング】
レディース   ⇒メンズ

【楽天 パジャマランキング】
レディース   ⇒メンズ

ちなみに私がおすすめする良質なパジャマは国産メーカーのパジャマです。やはり日本の気候や日本人の体型には、日本のメーカーのパジャマがあっていると思います。また夏用でも半袖ではなく、長袖の方が寝具を傷めないのでおすすめです。夏用のパジャマの生地はシャリ感があったり、さらさらとしているものが多いので快適な睡眠が得られますよ。

様々な衣類メーカーがパジャマを販売していますが、私は女性下着で有名なワコールの男性用のパジャマを選びました。

ワコールのパジャマだけが良いということではありませんが、様々な身体のデーターをもっている会社が開発しているおかげなのか、今までのパジャマとは別格の着心地でした。

「睡眠化学」というシリーズの高品質なパジャマを愛用しています。

シルクのパジャマの着心地は本当に素晴らしく、寝返りもスムーズに行えるので目が覚めることがほとんどなくなりました。現在では手放すことなど考えられません。

柔らかいシルクのパジャマこれ(⇒)はシルクの柔らかさを知ってもらう為に、あえて床に乱雑においてみました。

肘に軽くかけているくらいだと、ホロホロ~とこぼれ落ちてしまうほどの滑らかさです。適当にハンガーにかけてしまうと、よくズボンが落ちてしまうほどサラサラで柔らかいです。少し高価なので節約という意味では勧めにくいのですが、価格の価値は十分にあると思いますよ。

良質な睡眠は健康への影響だけではなく、一日を過ごす活力にもなります。目覚めの良い朝は毎日を豊かにしてくれます。

たまにしか着ない外出着にお金をかけるより、毎日のように着用するパジャマにお金をかけた方が、ずっと価値があるのではないでしょうか。

パジャマを着ない派の人でも、ぜひ一度パジャマにチャレンジしてみてください。毎日着替える洋服よりも、ずっと大切な洋服なのだと理解できると思います。

節約して貯めたお金の使い道は自由ですが、パジャマのように毎晩効果を積み重ねられるものに投資してみてください。睡眠による回復力が1%でも向上すると、年間で365%で三日分以上の睡眠に相当します。これは大きな差ではないでしょうか。

下手な健康食品やサプリメントよりも、ずっと効果があるので、パジャマを着ないなんてもったいないですよ!

コメント

  • 下着はワコール派でしたが、パジャマは気にしていなかったので勉強になりました。シルクはお肌もスベスベになるからよさげですね!

    by のんママ €

  • 私は50代の主婦です。若い方にはわからないかもしれませんが、少し前に良質なパジャマを着るようになってからよく眠れるようになりました。パジャマは凄く大切です。

    by やまぐち €

  • 一人暮らしをするようになって眠りが浅くなっていたけど久し振りに実家に帰ってパジャマを着るとぐっすり眠れた。初めは安心感が理由だと思ったけどパジャマを持ち帰ると眠れるようになった。

    by 匿名 €

  • 確かにパジャマを着ていた実家の頃は寝苦しいなんてなかったな
    ベットや布団の違いかと思っていたけどパジャマも関係あるのね

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]