節約はレジャー!

インスタントコーヒーを美味しく淹れて節約!?ポイントは風味!

インスタントコーヒーらしさとは?

美味しそうなコーヒー一般的に「インスタントコーヒー」は「ドリップコーヒー」に比べて質が低いと言われています。

そもそもインスタントコーヒーは、ドリップしたコーヒーを熱風で乾燥させて粉末にして作られるものです。

なので基本的には同じものですが、インスタントコーヒーはどうしても時間が経っているので、風味が弱くなる傾向があります。冷凍食品の品質をイメージするとわかりやすいかも知れません。

冷凍食品の解凍を失敗すると美味しくなくなるように、インスタントコーヒーも淹れ方によって味の質(特に風味)は変化します

インスタントコーヒーは手軽で便利な商品です。ドリップコーヒーよりも洗い物を減らせますし、上手く活用することができると、時間やお金を節約することも可能です。

そこで今回はインスタントコーヒーを美味しく淹れる方法を紹介します。ポイントは風味を損なわせない工夫です!

インスタントコーヒーの特徴

インスタントコーヒーを最も象徴する特徴というのは、ズバリ風味です。

ドリップコーヒーに比べて、どうしても「香りが弱い」傾向があります。

このコーヒーの風味を損なわさないことが、インスタントコーヒーを美味しく淹れるコツになります。

1 酸化

インスタントコーヒーに限らず、あらゆる食品は空気(酸素)に触れると酸化していきます。

多くの製造メーカーは容器に窒素を封入し、インスタントコーヒーに酸素があまり触れないように工夫しているものです。

外国のポテトチップスポテトチップスの袋がパンパンなのは、商品が割れない為でもあるのですが、酸化を防止するために窒素が閉じ込められています。

ですが、一度でも開封してしまうと窒素は逃げて酸素が入り込んでしまいます。これが一般的に言われている「開封後はなるべく早くお召し上がりください」の理由です。

参考100均の袋止めクリップが優秀!

開封して間もないインスタントコーヒーというのは、非常に香り豊かで美味しいのですが、酸素の触れた瞬間から徐々に香りが失われていきます。なのでしっかりと蓋をするような注意書きがあるわけです。

これは仕方がないことではあるのですが、なるべく酸素に触れるのを防ぐことが風味を保つポイントになります。

インスタントコーヒーの場合は、内蓋の破り方が重要になります。

インスタントコーヒーの紙の破り方具体的にはこのように、蓋の縁の紙を破らないようにします。こうすることでプラスチックの蓋を締めたときの密閉率が高まります。紙の内蓋がパッキンのような役割を果たしてくれます。

つい紙を綺麗に剥がしたくなるものですが、縁の紙を残すようにしてください。これだけでもインスタントコーヒーの劣化を防いで風味を損なわなくなります。

メーカーによっては綺麗に紙を剥がす事を推奨しているケースもあるのですが、そのようなメーカーの紙はビニールできれいに剥がせるようになっているので、紙の場合は縁を残すと覚えておいてください。

大抵のインスタントコーヒーは密閉率を高める為に、蓋の裏側にも紙が貼られているぐらいです。それだけ密閉する事が大事なので、適当に紙を剥がして中途半端にならないように気をつけてください。

2 温度

コーヒーに限らず、香りは熱で飛ばされやすい傾向があります。

参考乾麺のそばの風味を活かす方法

風味をとても大切にする料亭では、ダシを取る時に決してお湯を沸騰させません。細かく温度管理をしてダシの香りを活かすようにしています。

コーヒー用のやかんインスタントコーヒーも熱湯で注ぐと風味が損なわれてしまいます。

普通のコーヒーを淹れる専用のポットの先端が細くなっているのは、熱湯の温度を下げるためです。

少しぬるいお湯でコーヒーを抽出するからこそ、あらかじめコーヒーカップを温めておくテクニックが有効になります。

これが紅茶を抽出するとなると熱湯の方が望ましいので、蓋をして冷めないようにする工夫が良いのですが、

参考ティーバッグの紅茶を美味しく淹れる方法

コーヒーは少し冷ましたぐらいのお湯で淹れた方が、風味が損なわれずに美味しくなる傾向があります。

自宅でインスタントコーヒーを淹れる時に、最近は電気ケトルを使用している家庭が多いと思いますが、沸騰させたあとに1分ほど置いておくと、コーヒーの適温(80~90℃)になると思います。

参考電気ケトルの水垢を簡単に落とす方法

電気ケトルの蓋を開ければ30秒ぐらいでも良いかと思います。

ちなみにコーヒーカップはティーカップに比べて厚みがあります。

紅茶は熱湯で淹れた方が茶葉の旨味がよく抽出されて美味しくなるのですが、それだけに熱過ぎて飲みにくいので、冷めやすいように薄めのカップになっています。

カップの淵も外に広がっており、空気と一緒に啜りやすい構造になっています。

一方でコーヒーは少しぬるいお湯で淹れた方が風味が損なわれずに美味しくなるので、冷めにくい厚みのあるカップが選ばれるようになったと言われています。

同じ食器メーカーから販売されているカップでも、コーヒー用と紅茶用を見比べると面白いものですよ。間をとった兼用カップもあります。

ちなみに私はボダムというメーカーの保温性の高いマグカップでインスタントコーヒーを飲んでいます。

これは少し高価なので誰にでも勧められるものではないのですが、普通のカップと比べて格段に冷めにくいので、ぬるいお湯で淹れた風味豊かなインスタントコーヒーと相性が良いと感じています。

参考ボダムのマグカップに感動!

3 粉っぽさ

インスタントコーヒーを飲んだ時に、粉っぽい雑味を感じることがあると思います。

この正体は「デンプン」と言われています。

ドリップしたコーヒーを乾燥させてインスタントコーヒーを製造する過程で、少量のデンプンを混ぜることで粉末にしやすくしています。

一般的にデンプンは粘り気やとろみを出す為に調理で使われます。中華料理の「あんかけ」が代表的ですが、インスタントのコーンスープなどでも同じような現象が起こります。

コーンスープはとろみをもたえる為に、たくさんのデンプンが含まれているのですが、きちんと混ぜないとカップの底にドロドロとしたデンプン質が貯まってしまいます。

インスタントコーヒーに含まれている僅かなデンプンでも、実は同じような現象が起きてしまう事があり、それが雑味となって感じられてしまいます。

これを解決するには、予め少量の水でデンプンを馴染ませてしまうのが効果的です。

コーヒーカップにお湯をそそぐ前に、インスタントコーヒーの粉末に少量の水を入れてよくかき混ぜてください。スプーン一杯程度の水で十分です。

デンプンは低温の水だと粘り気が出ないで綺麗に混ざり合ってくれます。インスタントコーヒーの粉末が水でドロドロになるように混ぜてください。溶けたチョコレートのようになります。

少量の水であれば、その後にぬるめのお湯を注いでも温度に影響はありません。

冷める時間が長くなるドリップコーヒーだと、カップを温めておいた方が良いのですが、インスタントコーヒーの雑味を抑えて風味を活かしたいのであれば、カップを温めるよりも少量の水で練っている間にお湯を冷ますぐらいが丁度良いと思います。

まとめ ちょっとした工夫がポイント

インスタントコーヒーを美味しく淹れるポイントをまとめると、

酸化を抑える為に紙の内蓋の縁を残しておく事と、コーヒーカップにインスタントコーヒーの粉末と少量の水を入れてよくかき混ぜ、そこに少し冷ましたお湯を注いでよく混ぜる方法です。

たったこれだけの工夫で、随分とインスタントコーヒーの香りが引き立って美味しくなってくれますよ。

またインスタントコーヒーの粉末の量も気をつけてください。理想は軽量スプーンできちんと計る事ですが、よく使うコーヒーカップの大きさと相性の良いサイズのスプーンを決めておくと、粉末の量がズレる事が無くなります。

インスタントコーヒーの瓶の紙を全て剥がして直接カップに入れるような事をしていると、安定した味を引き出せなくなるので気をつけてください。

最後にミルクや砂糖の入れるタイミングについて紹介します。

コーヒーと砂糖とミルク砂糖やミルクはインスタントコーヒーを完成させてから混ぜてください

どうしても面倒で先に入れてしまう人も多いと思いますが、この順番を守るだけで雑味や風味が全然変わってきますよ。

これらを意識するだけで、インスタントコーヒーをいつもより美味しく淹れることが出来ると思います。

また節約という観点から考えると、インスタントコーヒーは大容量のお徳用サイズがいいのですが、今回紹介した開封後の酸化の理由を考えると、あまり大き過ぎるサイズはおすすめしません。

短期間に消費する職場などであれば別ですが、自宅で使用する場合は一ヶ月ぐらいで使いきれる少量のサイズのインスタントコーヒーがおすすめです。

インスタントコーヒーに限らず、ドリップコーヒーでも小分けにされたタイプの方が鮮度が保たれるので美味しいと言われています。コーヒー通の人ほど、コーヒー豆を100g単位でしか買わないのだそうです。

酸化だけでなく湿気の影響も受けるので、適当に輪ゴムで閉じるのではなく、しっかりと密閉するように意識してください。

インスタントコーヒーでも一回使い切りのタイプが売られているので、たまにしか自宅でコーヒーを飲まないという人であれば、少し割高ですがそちらの方が相性が良いと思います。

ちなみに先日初めてインスタントコーヒー専用マシーンのコーヒーを飲む機会があったのですが、本当に美味しくて驚きました。

下手な喫茶店のコーヒーよりも断然美味しかったです。やはりインスタントコーヒーでも淹れ方によって味は大きく異なるのだと思います。

インスタントコーヒーの価格もサイズも色々ありますが、一杯当りに換算すると、それほど大差がないものです。私も含めて節約家はどうしても安いものに手が伸びてしまいますが、一杯当りで考えるとそれほど贅沢ではないはずです。

カフェインによる眠気覚まし効果の為にコーヒーを飲むのであれば、味はそれほど関係ないのかも知れませんが、自宅で飲むインスタントコーヒーでも味や香りを楽しみたい人は、今回紹介した美味しく淹れるコツを試してみてほしいと思います。

大容量のお得サイズでなくても、缶コーヒーよりはずっとお安く、そして美味しいコーヒーができると思うので、ぜひ試してみてください。

コメント

  • スティックタイプって鮮度を保つ意味があったのですね、僕はブラックでしかコーヒーを飲まないのですが、スティックタイプは高いから意味がわかっていなかったです、ビンのインスタントコーヒーも開けて間もないころは美味しいので、なるほどと思いました、これからはスティックタイプを買います

    by TRFF €

  • 水で混ぜるぐらいで味が変わるかい!って思ってたけど想像以上に変わったわ

    by 匿名 €

  • 紙の内蓋は意見が分かれるところですね。蓋や瓶の構造や精度も違うので、それぞれのインスタントコーヒーのメーカーが推奨している方法に従うのがベストなのではないでしょうか。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]