節約はレジャー!

紅茶のティーバッグの美味しい入れ方を知らなかった!

ティーバッグ紅茶は簡単?

私はコーヒー党なもので紅茶に関しては、それほどこだわりがありませんでした。

自宅で紅茶を入れる時は、お湯を注いだマグカップに紅茶のティーバッグを適当に入れていたのですが、ある時にとても美味しく感じる日がありました。

いつもと同じティーバッグの紅茶なのに、ビックリするほどの違いがありました。

そこでティーバッグの紅茶の美味しい入れ方について調べてみると、あまりにも今まで適当だったことを思い知らされました。

ティーバッグの紅茶の美味しい入れ方

ティーバッグの紅茶の美味しい入れ方といっても、メーカーによって多少の違いがあるのですが、ポイントはティーバッグの入れるタイミングとお湯の温度とです。

紅茶のティーバッグを入れるタイミングは、なんとカップにお湯を注ぐ前が正解でした。私はここから勘違いしていたようです。

理由はお湯の温度です。お湯を注いでからティーバッグの入れるまでに少しでも時間が経ってしまうと、お湯の温度が下がってしまいます。

紅茶は95℃以上の熱湯でなければ十分に成分を抽出できないのだそうです。

この95℃というのがポイントで、電気ケトルなどでお湯を沸かしたとしても100℃になっているわけではありません。せいぜい98℃ぐらいにしかならないそうです。

お湯が沸いた直後であれば98℃に近い温度ですが、数秒置くだけで電気ケトルの中のお湯がボコボコとしなくなり、96℃ぐらいまで下がってしまいます。

なので先にカップにお湯を注いでからティーバッグを用意しているようでは、95℃以上を保つことが難しくなります。

よく美味しいコーヒーを入れる為に先にカップを温めておくと良いと言いますが、あくまでもコーヒーの場合は冷めにくくするという意味がメインです。コーヒーはむしろ80~90℃ぐらいが望ましいと言われています。

一方でティーバッグの紅茶の場合は冷めにくくするというよりも、紅茶の成分をしっかりと抽出する為に高温を保つという意味があるようでした。だからこそ紅茶は抽出中に少しでも冷めないように、ソーサー(受け皿)で蓋をします。

ちなみに私はマグカップしかもっていないので適当な皿で蓋をしています。

参考ボダムのマグカップに感動!

カップを温める為にお湯を注ぎ、少し待ってからお湯を捨てて紅茶を入れている方も多いとは思うのですが、その間にメインのお湯が冷めてしまっては十分に成分を抽出することが出来なくなります。

この場合は改めてお湯を沸騰させてください。このちょっとの温度差の違いが紅茶の美味しさを大きく左右します。

ちなみにカップを温める為だけであれば、電子レンジを活用される方も多いようです(私は電子レンジを断捨離しているので無理ですが)。

そしてティーバッグを入れてから蒸らす時に、お湯が冷めないように受け皿などで蓋をすることも重要です。理由はお湯の温度を下げない為です。

紅茶のティーバッグを入れて蒸らす時間はメーカーによって違いがあるので、しっかりと説明書きを読んで計ってください。私はこの辺の時間も適当でした。

参考紅茶のティーバッグの再利用方法

普通のティーバッグの裏技紹介!

最近の紅茶のティーバッグは高級なものほど三角形(ピラミッド型)になっています。

従来からある平面のティーバッグよりも紅茶の葉が自由に動く(ジャンピング)スペースが出来るので、より美味しく抽出されると言われています。

私が愛用している紅茶のティーバッグは安物ということもあり、普通の平面タイプなのですが、裏技で簡易三角形にしています。

紐と反対側のティーバッグの角を、指で内側に押し込むだけです。

厳密に言えば内側のスペースが失われているので、完全な三角錐とは言えませんが、

紅茶が抽出されている様子を観察してみると、それなりに茶葉が揺らいでくれているものです。

ちょっとした一手間で美味しくなるので、ぜひ試してみてください。

やっぱり美味しい方がいい!

私はコーヒーを入れる時はそれなりにこだわっているのですが、あくまでも紅茶はコーヒーのつなぎといいますか、口直しのような感じでたまに飲んでいるだけでした。

ですが、紅茶もしっかりと入れることで本当に美味しさが違うものです。

私が購入している紅茶のティーバッグは100袋で298円という激安品なのですが、美味しくなる入れ方を意識することで、見事に美味しくなってくれました。

しっかりと紅茶と向き合うことで、高価な紅茶を購入しなくても美味しい紅茶がいただけるので、節約という意味でも大切なことだと感じています。

私のように紅茶にこだわりがないとしても、やっぱり美味しい方がいいものです。

ティーバッグで紅茶を入れる時は適当に入れるのではなく、しっかりと説明書きを読んで入れてみてください。適当にしてきた人ほど、びっくりすぐらい美味しくなると思います。

おまけ カップの違い

ちなみに美味しい紅茶の入れ方について調べていると、興味深い情報がありました。

それはコーヒーカップとティーカップの違いです。

実はコーヒーカップとティーカップでは厚みが違うそうです。

コーヒーカップは冷めないように厚みをもたせているのですが、一方でティーカップは薄くつくられています。

その理由は紅茶は高い温度でつくる必要があるので、完成した時の温度が高くなります。そのままだと熱過ぎて飲みにくいので、カップを薄くして冷めやすくしているそうです。

一方でコーヒーは熱湯で抽出するのではなく、80~90℃ぐらいで抽出した方が美味しくなるので、完成した時の温度が少し低めになります。なのでカップを厚めにして保温性を高めているのだそうです。

さらにティーカップは淵の形状が外に開いていることが多いのですが、こうすることで紅茶を口に含むときに空気を取り込みやすくなるそうです。

ティーカップの方がデザインが女性っぽいぐらいの違いしかないと思っていたのですが、実際にはそれぞれの特性に合わせてしっかりと考えられていて驚きました。

さらにコーヒーカップとティーカップの間のデザインの「兼用カップ」なるものまでありました。

一般的にはこの兼用カップこそが、最も普及しているのかも知れません。

コーヒーや紅茶を眠気覚ましの為のカフェイン摂取という目的で飲んでいる方なら、美味しい入れ方など気にする必要はないかも知れませんが、それにしてもやっぱり美味しいほうが良いのではないでしょうか。

全く同じティーバッグでもちょっとしたコツを意識するだけで、本当に美味しくなるものなので一度しっかりと意識してみてください。一度でも本当の美味しさを知ると、それほど面倒でなくなりますよ。

コメント

  • 裏技おもしろいですね!さっそく試してみます

    by 匿名 €

down

コメントする