節約はレジャー!

お菓子をやめられない人は手作りしてみると考え方が変わるかも

お菓子の食べ過ぎを防ぐ方法

先日、数年ぶりに再会した女性がびっくりするほどスマートな体型になっていてました。その理由を聞いてみると、

「お菓子をやめただけなの」

と驚きの返答がありました。その女性はふっくらとしていたという表現が当てはまらないほど太っていたので、それだけで痩せられるのかと疑問を感じたのですが、詳しく話を聞いてみると以前は想像以上にお菓子を食べていたようでした。

三時のおやつといった感じだけでなく、食後にも必ず食べていたのだそうです。そしてどうやってお菓子をやめることが出来たのかと聞いてみると、

「自分でつくってみたら、あまりの砂糖の多さに嫌気がさした」

とのことでした。

一般的なお菓子の食べ過ぎを防ぐ方法というと、低カロリーのタイプを選んだり、食べるタイミングを管理したり、食事の栄養バランスを気をつけたりといったものになるものですが、彼女のように自分でお菓子を手作りしてみるのも有効なのかも知れません。

本質を知る良いきっかけになると思います。

お菓子のレシピは想像以上

当ブログでは以前に自宅でフランスパンを作る方法を紹介したことがあるのですが、

参考フライパンでフランスパンを焼いてみた

フランスパンは一般的なパンと違って油分や糖分や乳成分が含まれていないので、パンの中では比較的身体に悪くない傾向があります(良いわけでもない)。

一方で菓子パンのようにパン生地だけでも甘さを感じられるパンというのは、相当な糖分が含まれています

私はパン屋でアルバイトをしていた経験があるので、自然とこの事を理解していたのですが、おそらく太っていた彼女もその現実を知る事でお菓子をやめることができるようになったのだと思います。

お菓子といっても様々な種類がありますが、甘いパンとクッキーの素材はそれほど変わりません。大きく違うのは水分量と膨らませる成分がベーキングパウダーかイースト菌の違いぐらいのものです。

実際に作ってみると分かるのですが、小さなパンやクッキーでも、これでもかと砂糖が含まれています。もちろんチョコレートやあんこが入ると、さらに糖分が増えてしまいます。

クッキーを数枚食べるだけでも、甘いパンと同じぐらいのカロリーがあるので、食事の他にお菓子として食べてしまうと太ってしまうのは当然のことです。食事を一食増やすぐらいのカロリーが含まれているお菓子も珍しくありません。

当然パンやクッキーの小麦粉にも糖質が含まれているので、甘くないものであれば良いというわけではありませんが、実際に手作りしてみると砂糖の量の多さに改めて気がつく良いきっかけになるのかも知れません

なかなかお菓子がやめられなくて悩んでいるという人は、彼女のように一度手作りしてみてください。

パンやクッキーとなると専用の道具や材料を用意するだけで大変かも知れませんが、ホットケーキぐらいなら誰でも簡単に作れると思います。

いわゆるホットケーキミックスで作るのではなく、小麦粉の分量を計りながら作ってみてください。

小さなホットケーキ一枚に、どれほどの砂糖が含まれているのか理解出来るようになると思います。

これが理解できるようになると、パンケーキにたっぷりのメイプルシロップやホイップクリームを乗せるような事はしなくなるはずです。

自然と日々の行動や選択の基準が変わっていくものですよ。

まとめ 手作りの魅力

一般的に既製品のお菓子より手作りの方が保存料や着色料といった添加物が含まれないので、健康に良いイメージがあると思いますが、手作りの魅力はそれだけではありません。

お菓子に含まれている素材や成分を、改めて意識できるようになることも大きなメリットです

既製品のお菓子の成分表を確認しても、なかなか分量まではイメージできないものですが、実際に手作りしてみると様々な気づきが得られます。

また手作りだと糖分を抑えるような調節もできるようになりますし、その甘さ控えめのお菓子の基準を知る事で、既製品のお菓子を食べた時の糖分の量をイメージしやすくなります。

お腹を満たす為だけなら糖分の少ないものを選べるようになりますし、ちょっとしたクリームやジャムなどのリスクも考えられるようになります。

ただでさえ甘いドーナッツにチョコクリームや砂糖をまぶしたものが、どれだけ恐ろしいか理解できるようになります。

参考砂糖のリスクを感じた出来事

食事制限でダイエットをするとなると、それなりに強い意志が必要になりますが、同じような食品の中からでも糖分が少ないものを選べるようになると、無理なくダイエットが出来るのではないでしょうか

コンビニ弁当しか食べないような人であれば、カロリー表示を目安にコントロールできるかも知れませんが、外食やパン屋で購入するとなると、糖分やカロリーを意識するのが難しくなるものです。

健康に良いと言われている日本食でも、甘い煮物にはたっぷりの砂糖やみりんが使われています。実際に作ったことがある人であればイメージできるので、同じ量を食べるにしてもメニュー選びが変わってくるのではないでしょうか。

食パン一つとっても甘いタイプと味気ないタイプでは、随分と糖分やカロリーが違うものです。朝食で食パンにジャムを塗って食べるという家庭であれば、なるべく食パンそのものは甘くないタイプを選ぶといった選択肢が見えてくるようになります。

ホテルパンのように甘い食パンにジャムやクリームを塗ってしまうと、とんでもない糖分量になってしまいます。

世の中にはそんなに食事の量を食べないのに痩せられないという人がいるものですが、大抵は高カロリーのものを自然と選んでしまっている傾向があります

焼き鳥と唐揚げでは随分とカロリーが違うように、お菓子やパンもタイプによって随分と違いがあります。

そのような気づきを得る為にも、一度手作りをしてみる価値があるのではないでしょうか。

節約という意味では、一から道具や材料を揃えてまで手作りをすると、高くついてしまうかも知れませんが、そこで得られた経験はその後の人生に多いに役立つのではないでしょうか

本格的にパンやクッキーを作るとなると材料や道具を揃えるだけで一苦労ですが、それこそフライパンでも作ったりもできますし、ネットで調べると簡単なレシピも見つかります。

私は冷蔵庫を所有していないのでバターや牛乳を用意することが難しいのですが、小麦粉と卵と砂糖とオリーブオイルだけで、それなりに美味しい手作りクッキーを作ることができました。

参考冷蔵庫はいらない?向き不向き

これらのようにお菓子作りも工夫次第で費用を抑えることが可能なので、お菓子がやめられないという人ほど、ぜひ一度手作りにチャレンジしてみてください。

百聞は一見に如かずという諺の通り、大きな体感、経験が得られると思います。

コーヒーに入れる角砂糖を一つ控えるダイエットがバカバカしく感じるぐらい、一般的に売られている甘いお菓子やパンにとんでもない量の砂糖が含まれていることが、よく理解できるようになりますよ。

より本質にアプローチできるようになるので、それほど無理のないダイエットができるようになるのではないでしょうか。

日頃から体型をキープしている人というのは、このようなちょっとした選択で余計に糖分やカロリーを摂取していないものですよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]