節約はレジャー!

生姜パウダーの効果が凄い!生よりも乾燥が良い理由

生姜の効能

スライスされた生姜一般的に生姜が身体に良いと言われている理由として、身体を温める成分が含まれていることは有名だと思います。

生姜を食べると「身体がポカポカする」という体感も得られやすいので、冷え性改善に生姜が良いと言われています。

また生姜の効果で身体の内側から温まることは、内臓の機能を高め、便通の改善にも役立つと言われています。漢方でも生姜は頻繁に使用されています。

さらに近年では生姜についての研究も進み、様々な効果がわかってきました。

それは「生の生姜」と「乾燥させた生姜(生姜パウダー)」では効果が違うということです。これらを上手に使い分けることで、より生姜の効果を引き出せるようになります。

それぞれ求めている用途に合わせて、最適な形の生姜を選んでみてください。

漢方は乾燥した生姜

乾燥させた漢方薬昔から漢方で使用されている生姜は乾燥させたものです。それを粉末にして使用します。

一方で日本食などに添えられる「すりおろした生姜」などは「生の生姜」です。

身体を温める効果があるのは「ショウガオール」という成分です。これは生姜を加熱したり乾燥させることによって生まれる成分です。

生の生姜が悪いわけではありませんが、身体を温めるということに限って言うと「乾燥させた生姜」の効果が高いことがわかってきました。

生姜とネギの冷奴暑い夏に生姜が添えられている冷奴を食べても身体は温まりません。むしろ血流がよくなり、発汗作用によって熱をさげる効果があります。

生のすりおろした生姜やチューブの生姜も、加熱をすれば身体を温める効果がありますが、加熱の時間によってショウガオールに変化する量が左右されます。

長時間加熱する煮込み料理であればいいのですが、生姜焼きなど短時間しか加熱しない場合は、ショウガオールの効果は少ない傾向があります。

初めから身体を温める効果を狙うのであれば、あらかじめ乾燥させてある「生姜パウダー」の方が効果が期待できます。

冷え性に悩んでいて生の生姜を積極的に取っているという方は、生姜パウダーに切り替えたほうがより効果的です。

一方で生姜の味が好きだという方は、それほど気にする必要はないかも知れません。

生姜パウダーの効果

粉末状の生姜生姜の効果を紹介するとキリがありません。

  • 風邪
  • 筋肉痛
  • 冷え性、むくみ
  • 血圧低下
  • 関節痛
  • 胃腸の不調、食欲不振
  • 下痢、便秘
  • 吐き気、二日酔い
  • 乗り物酔い
  • 肺、気管
  • 頭痛、肩こり、腰痛
  • 目の下のクマ
  • etc・・・

これらをざっくりとまとめると、要は生姜には全身の血液の流れをよくする効果があります。これが万能薬とも言われる所以です。

そして予め乾燥させてある生姜パウダーは、様々なものと組み合わせことが可能です。合わせやすさも生姜パウダーのメリットかも知れません。

  • 紅茶
  • 甘酒
  • ココア
  • 味噌汁

などが有名でしょうか。生の生姜よりも香りが弱く、食感も邪魔しないのが生姜パウダーの魅力でもあります。

逆に言えば、生姜の香りや味を生かした料理でなければ、基本的には生姜パウダーの方が便利で効果的です。

もちろんスライスした生姜やすりおろし生姜のような食感はありませんが、サイダーに入れればジンジャーエールになりますし、生姜焼きをつくることも可能です。

クックパッドを見ると、様々な料理に生姜パウダーが活用されていることがわかります。

クックパッド「生姜パウダー」

普段の料理に手軽に足すことが出来るのが生姜パウダーの魅力です。思いがけない料理にも生姜は合うものです。

ただし、冷奴に沿えるような薬味として生姜パウダーを使用する場合には向いていません。

他にもそうめんのつゆに薬味として合わせるのであれば、生姜パウダーよりもすりおろした生姜の方が美味しく感じられました。

効果的な生姜の取り入れ方

生姜の一日辺りの摂取量の目安は、約10グラムと言われています。

スプーン一杯の生姜パウダー生姜パウダーの粉末の細かさにもよるのですが、小さじ一杯ぐらいで十分たと言われています。取り過ぎも胃腸の負担になるので気をつけてください。

小さじ一杯を全て紅茶に入れると辛すぎますが、数回に分けて入れれば無理なく取り入れることができます。その方が胃腸にも優しくなります。

また身体が温まる効果は3時間ほど続くと言われています。食事や間食のタイミングに少しずつ取り入れていくことがおすすめです。

特に身体が冷えている朝方は効果が高いと言われています。朝食の味噌汁や紅茶などに生姜パウダーを取り入れてみてください。

逆に遅い晩御飯や夜食の場合は生姜パウダーの量を調節してください。身体の内側が熱すぎると眠れなくなる場合があります。

健康の為に生姜を食べているのにも関わらず、睡眠の質を下げてしまっては元も子もありません。

参考睡眠の質を上げるポイント!

まとめ 生姜生活

両手を広げる女性適度に体を動かすことが身体に良いことは誰もが理解していると思います。全身の血行を良くすることで、あらゆる機能が向上します。

生姜による効果も似ています。身体を温めて血流を良くすることで全身の機能が向上する可能性があります。

東洋医学で用いられる漢方薬というのは、何か一つの症状を回復するのではなく、身体全体のバランスを整える為に用いられるものです。

漢方薬の中でも生姜は頻繁に用いられています。

もちろん生姜だけで何でも治るわけではありませんが、身体が悪くなる原因と向き合いながら、少しずつ取り入れることで、全身が健康になることに繋がるのだと思います。

全身の血流を良くするには運動をすることが理想ではありますが、特に冷え性の方ほど身体を動かすことが億劫になっているものです。

だからこそ生姜パウダーで身体を温めて行動につなげてみてください。生姜だけに頼るのではなく、合わせて簡単なストレッチや体操を取り入れてみてください。

参考ラジオ体操の効果がバカにならない!

黄色いサプリメント血圧が高いからと血圧を下げる薬を飲んでも、生活習慣を全く改めなければ改善するわけがありません。薬で血圧を下げて体調が落ち着いたのであれば、そこで軽い運動を取り入れたり、食生活を見直すことで血圧が上がる原因そのものを改善することになります。

冷え性もストーブの前にいるだけでは完治しません。冷え性による痛みや辛さは改善しますが、冷え性の原因となる筋力の衰えを何とかしない限り、冷え性は治りません。

これは生姜パウダーの効果も同じです。あくまでも生姜パウダーをきっかけとして、同時に生活習慣も見直してください。この流れが健康な身体へ導くのだと思います。

生姜パウダーは身体を温める効果はもちろんですが、何と言っても取り入れやすさが魅力です。

いつもの料理に取り入れて、快適な生姜生活をおくってほしいと思います。

ちなみに生姜パウダーは自分でつくることもできますが、様々なメーカーから市販されています。それほど高いものではないので、節約とも相性が良いかと思います。

【amazon】生姜パウダー

【楽天】生姜パウダー

生姜パウダーには相性もあるので、いきなり大容量のパックは試さない方が良いかと思います。メーカーによって風味に差があるので、色々試してみてお気に入りの生姜パウダーを見つけてみてください。

またどうしても生姜の味が苦手な方は、生姜のサプリメントに頼るのも良いかと思います。単体でサプリメントを取るのではなく、食後に合わせて取ることで胃腸への負担を減らすことができます。

生姜で少しでも改善が見られたら、行動することです。

特に足が冷える方は「足の指回し運動」などを積極的に取り入れてみてください。私自身もこれで随分と足の冷えが改善されました。

参考足の指回し運動の効果

チューブの生姜ちなみに私は冷蔵庫を手放しているので、チューブの生姜を使用することが出来ません。

参考冷蔵庫が必要ないライフスタイルとは?

たまに生の生姜をすりおろして使用することもありましたが、生姜パウダーの存在を知ったときから手放せなくなりました。

現在では様々な汁物に生姜パウダーを足して楽しんでいます。入れ忘れると物足りなく感じるほどです。

最近は男性の方でも隠れ冷え性の方が多いそうです。

手のひらで足やふくらはぎや太ももに触れてみてください。冷たく感じるかも知れません。お腹や背中が冷えている方もいるそうです。本人に自覚がなくても身体が冷えていることがあるので、気をつけてほしいと思います。

しっかりと自分の身体の状態と向き合ってほしいと思います。気軽に身体を温める生姜パウダーは心強いパートーナーになってくれると思いますよ。

down

コメントする