節約はレジャー!

使用後のコーヒー豆の出し殻で強力消臭剤を作る方法

コーヒー豆の出し殻の再利用

コーヒー豆の出し殻なんと使用後のコーヒー豆の出し殻は、家庭用の消臭剤によく使用されている「脱臭炭」よりも、消臭効果が高いと言われています(UCC調べ)。

炭が匂いを吸着するメカニズムというのは、炭に細かい穴が無数に空いており、その穴が匂いの成分を吸着するからなのですが、コーヒー豆の出し殻はその穴が炭より細かく、しかも数が多いという特徴があります。

さらに細かいことを言えば、コーヒー豆は「粗挽き」よりも「細挽き」のほうが表面積が増えて消臭効果が高くなります。おまけの消臭効果の為に、好みのコーヒー豆の引き具合を変えるのは本末転倒ですが。

実際に私も使用後のコーヒー豆の出し殻を、消臭剤代わりに使用しています。

上手に扱えば本当に素晴らしい消臭効果を発揮してくれます。そして消臭剤を購入しなくて済むので節約になります(元々購入したことないですけど笑)。

ただし間違った方法で使用してしまうと、逆にコーヒーの匂いを周りにうつすことにもなります。

そこで今回は私なりの経験を踏まえて、使用後のコーヒー豆の出し殻で強力な消臭剤を作る方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

コーヒー豆で消臭

当たり前のことですが、使用後のコーヒー豆は水分を含んで湿っています。

この湿った状態で消臭剤として使用する方法と、きちんと乾燥させてから消臭剤として使用する二つの方法があります。

この二つの方法を混同しないように気を付ける必要があります。これがポイントです。

湿ったコーヒー豆

コーヒーを淹れている画像使用直後の湿った状態のコーヒー豆には、たっぷりと水分が含まれており、この水分がアンモニア臭を吸着するのに効果的と言われています。

冷蔵庫の中に密封が弱い状態(タッパーなど)で水を入れて置くと、中の水に他の食品の匂いがうつることがあると思います。水分というのはそれだけでも匂いを吸着する作用があります。

だったら消臭の為に水だけでも良さそうなモノですが、もちろんコーヒー豆の出し殻そのものにも匂いを吸着させる効果があるので、より消臭効果が期待できます。

ただし使用直後のコーヒーの出し殻だと、どうしてもコーヒーの香りが強く残っています

悪臭の元のなるアンモニア臭を吸着してくれますが、消臭だけではなくコーヒーの香りが漂うことになります。

コーヒーの香りは好みだとは思いますが、トイレのような個室に使用すると複雑な匂いになるケースがあるので気を付けてほしいと思います。

そして、もう一つ気を付けたいのが「カビ」です。

湿気の多い梅雨時期だとコーヒーの出し殻に白っぽいカビが生えてきます。目視で確認しずらい押入れなどに使用すると、消臭効果どころかカビ臭くなるかも知れません。

使用直後の湿ったコーヒー豆の出し殻は短期間の消臭剤と意識してください。だいたい二日ぐらいで交換をする必要があります。

乾燥させた出し殻

乾燥させたコーヒー豆の出し殻もう一つの消臭剤をつくる方法は、コーヒー豆の出し殻を完全に乾燥させる方法です。しっかりと乾燥させると消臭効果もまた変化します。

単純に水分が少なくなるのでアンモニア臭を吸着させる効果は落ちるのですが、コーヒーの香りの匂いうつりやカビのリスクが少なくなります。

コーヒーの出し殻は、しっかりと乾燥させた方が一般的な消臭剤に近づいてくれます。近づくというか脱臭炭よりも消臭効果が高いので超えているのかも知れません。

私は使用後のコーヒー豆の出し殻を厚めのチラシなどに広げ、しっかりと乾燥させてから食品トレーやカップの容器に入れて消臭剤として使用しています。消臭効果が弱まってきたら容器ごと捨てられるので便利です。

見た目を重視する方であれば、しっかりと乾燥させたコーヒー豆の出し殻を、通気性のある布(巾着のような)などに入れ、吊るして使用するのもおすすめです。

消臭効果がどれぐらいとは言えないのですが、私は一ヶ月ぐらいを目安に交換しています。

以前に押入れの奥に入れて置いたのを忘れてしまい、半年ほど放置してしまったことがあるのですが、特にカビていることもなく、変な匂いを発しているわけでもなく、問題はありませんでした。

【スポンサーリンク】

まとめ 嗅覚の重要性

コーヒーの香り袋ちなみに、あるネットショップでコーヒー豆を購入した時に、おまけで⇒の香り袋を貰ったことがあります。

コーヒーの香りが凄く強かったので、おそらくコーヒーの出し殻ではなく、使用前のコーヒー豆なのだと思います。

説明書きには「下駄箱、食器棚、トイレなどに入れてください」とありました。イヤな匂いを吸着しながらもコーヒーの良い香りが漂います。

使用後のコーヒー豆の乾燥をさせるのが面倒な方や、美味しくないコーヒーが余っている方などは、そのまま消臭剤として再利用しても良いかと思います。

まとめますと、コーヒー豆の出し殻の匂いの吸着効果は、使用直後の湿ったコーヒー豆の出し殻の方が優れています。特に短期的な消臭に向いています。

一方で乾燥させたコーヒー豆の出し殻は、一般的な消臭剤のような使い方に向いています。時々混ぜたりゆすったりして、空気に触れる向きを変えることで消臭効果も長持ちします。

ちなみに私はゴミ箱の匂いの消臭にも使用しています。コーヒー豆の出し殻を普通にゴミ箱に生ごみとして捨てるのではなく、ゴミを出した後の空のゴミ箱に湿ったコーヒー豆の出し殻だけをしばらく入れておくようにしています。

参考キッチンのゴミ箱をオシャレにする理由

プラスチックのゴミ箱特にプラスチック製のゴミ箱は匂いが残りやすいので効果的だと感じています。多少コーヒーの香りもうつってしまいますが、生ごみの匂いよりはずっと良いです。

燃えるゴミを出した後や外出前などにゴミ箱の中にセットしておくようにしています。帰宅後は普通にゴミ袋をセットして、そのままコーヒー豆の出し殻を容器ごと捨ててしまいます。

一方でしっかりと乾燥させたコーヒーの出し殻は、トイレや押入れ、キッチンの下の収納などに活用しています。悪臭か漂いやすいトイレなどは特に効果が高いように感じます。

キッチンの下の収納は鍋などにぶつかるリスクもあるので、倒れにくい瓶に入れて使用しています。もちろん下駄箱や食器棚でもOKです。

コーヒー豆の出し殻を利用した消臭剤は、短期間と長期間を混同しないことがポイントです。消臭剤として使い勝手が良いのは、やはりしっかりと乾燥させたコーヒー豆です。

 

最後にデメリットも紹介しておきます。

 

コーヒー豆の出し殻は、こぼすとかなり悲惨なことになります

特に湿った状態のコーヒー豆をこぼしてしまうと、フローリングでは隙間の奥にまで入り込みますし、絨毯では一瞬で染みになってしまいます。

また乾燥させる為のチラシから水分が染みてしまうこともあります。この辺は十分に気を付けてほしいと思います。

ボール遊びをする子供小さなお子様やペットを飼っているお宅も、誤飲防止の為に避けた方がよいかと思います。

節約も大切ですが、家庭環境に合わせて上手に見極めて使い分けてほしいと思います。

ちなみに紅茶の出し殻にも消臭効果があると言われています。それについても別のところで紹介しているので、良ければ参考にしてみてください。

参考紅茶の出し殻の再利用は注意が必要!

人間の五感は嗅覚から衰え始めると言われています。認知症の始まりの目安とも言われています。

たまに悪臭を放っている方がいますが、嗅覚が衰えてしまって無自覚だと考えられます。

自分の体臭がわかりにくいように自宅などの身近な匂いは慣れてしまいます。自宅に閉じこもっている時間が長くなるほど、嗅覚が刺激を受ける機会が少なくなってしまいます。

嗅覚に敏感に保つためにも日頃から部屋の掃除や換気、そして消臭を意識してほしいと思います。

参考嗅覚を取り戻す方法

またコーヒーや紅茶を楽しむ時は香りも意識するように心がけてください。きっと豊かな生活になると思います。そしてついでにコーヒーの出し殻で消臭剤を作って、節約につなげてしまいましょう。


コメント

  • 私は観葉植物の肥料にしていますよー、虫よけにもなるのでおすすめです!

    by 匿名 €

  • トイレと下駄箱にいれてみました

    消臭効果はわからないですが

    トイレがほんのりコーヒーの香りになりましたww

    by 爽健美ちゃん €

  • デメリットも載せてくださってとても勉強になりました。同効果の説明は多くありますが、経験談の方が実践しようと思う者にとってはベストでした。
    ありがとうございます

    by れおぽん €

down

コメントする