節約はレジャー!

食パンでガーリックトーストを作ったら激ウマだった!

ガーリックトーストが食べたい・・・

少し前に深夜に無性にガーリックトーストが食べたくなってしまいました。

私は無性に食べたいモノが思い浮かんだ時は、迷わず食べるようにしています。その理由については別のところでも紹介したのですが、

参考食べたくなるモノが健康に良い理由!

ガーリックトーストはコンビニなどではあまり売られていないので、どうしようかと考えていると、自分で作ってしまうことを思いつきました。

コンビニにガーリックトーストは売られていなくてもフランスパンならあるので、これはイケると思い、クックパッドでレシピを調べてみると、何と食パンでガーリックトーストを作っている方がたくさんいて驚きました。

それなら手持ちの材料だけでいけるので、さっそく食パンでガーリックトーストを作ってみると、

 

・・・

 

激ウマでした!

 

食パンということで、それほど期待していなかった事もあり、想像以上の美味しさに感動してしまいました。今まで食べたどのガーリックトーストよりも美味しく感じたほどです。

これについてはいくつかの理由が考えられます。

食パンのガーリックトーストが美味しい理由!

私はパン屋さんでアルバイトをしていたことがあります。当然ガーリックトーストもありました。

一般的なガーリックトーストはフランスパンから作られますが、これはフランスパンならではの事情と関係しています。

フランスパンはとても足が早いパンで、焼き上がりから半日も経つと風味が大幅に落ちて不味くなります。

一方で焼きたてのフランスパンというのは、そのままでも凄く美味しいので、当時の私はバゲット一本丸ごと食べることも出来ました。

実際に焼きたてのフランスパンを食べてもらうと一発で理解してもらえると思うのですが、これは白いご飯で考えるとイメージしやすいと思います。

炊き立てのご飯はそのままでも美味しいですが、時間の経ったご飯はおかずなしでは厳しいようなことです。

なぜにフランスパンの足が早いのかというと、小麦粉と塩とイースト菌のみで構成されているからです(パン屋によっては酸化防止剤や発酵促進剤も入っていますが)。

一方で一般的なパンの生地の中には、牛乳や生クリームや脱脂粉乳などの乳成分があり、さらにバターやマーガリンやショートニングなどの油脂成分、砂糖、卵などが入っています。

これは炊き込みご飯のようなものなので、冷めてもそのままでも美味しく食べられます。

風味が落ちたフランスパンを活かす為に、ガーリックトーストのようなパンがあるのだと思われます。他にも明太子やチーズを合わせたパンなどがありますが、どれも香りが強いものと合わせています。

ちょっとジャムを塗ったぐらいでは、風味が落ちてパサパサになったフランスパンは美味しくなりません。

だからこそ、ガーリックを塗り込んで再度焼き直すガーリックトーストが美味しいわけですが、これは必ずしもフランスパンと相性が良いということではなく、風味が落ちたフランスパンを活かす為に考えられたのではないでしょうか。

そして実際に食パンのガーリックトーストを作ってみて感じたのが、柔らかい食パンの生地ならではの相性の良さです。

この辺は作り方を紹介しながら解説してみようと思います。

食パンガーリックトーストの作り方(フライパン)

クックパッドにあった食パンでつくるガーリックトーストのレシピを見ると、様々なパターンがあったのですが、私は食パンとオリーブオイルとニンニクと胡椒のみで作っています。

まず初めにニンニクをみじん切りにします。私は二枚の食パンでガーリックトーストを作るので、ニンニクを二片にしています。この辺はお好みで増やしても構いません。

ポイントは細かくみじん切りにすることです。細かい方がオリーブオイルにニンニクの香りが移りやすくなります。すりおろしても良いかと思うのですが、私はすりおろし器を持っていません。

クックパッドだとチューブのニンニクで代用されている方も多かったです。私は冷蔵庫を手放しているので無理ですが。

参考冷蔵庫がいらないライフスタイルとは?

一般的なフランスパンのガーリックトーストの作り方だと、スライスしたニンニクを擦りつけて香りづけをするのですが、食パンの生地は柔らかいので難しいと思います。

そしてフライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でみじん切りにしたニンニクを温めます。

「温める」というのがポイントです。ニンニクをカリカリに揚げてしまうのではなく、弱火の方が香りが移りやすいです。

オリーブオイルが少しでもフツフツとしてきたら、火を止めて3分ほど放置してください。これはペペロンチーノの美味しく作るテクニックで学びました。

3分ほど放置したら再び火をつけ、オリーブオイルがフツフツとしてきたら、半分にちぎった食パンを並べます。

すると食パンならではの柔らかい生地が、ジュッとオリーブオイルを吸い上げてくれます。

オリーブオイルが少ないと物足りなくなるので、大さじ1以上は入れた方が美味しくなります。この辺は好み次第ですが、大さじ2だと油っぽくなり過ぎたので、私は大さじ1より気持ち多く入れています。

フライパンで焼く時間は1分ぐらいです。既にオリーブオイルが高温になっているので十分です。そして食パンをひっくり返して火を止め、軽く胡椒を振りかけて完成です。

参考100均の胡椒ミルが最高過ぎる!

食パンの裏面はフライパンの余熱だけでいい感じに焼けます。余ったオリーブオイルやニンニクもくっついてくれますよ。

私は洗い物を増やしたくないので、フライパンのまま運んで食べてしまうのですが、お皿に移す方は食パンをひっくり返してから、1分ぐらい放置すると良いかと思います。

ニンニクの良い香りがするオリーブオイルをたっぷりと吸い込んだ、食パンガーリックトーストの完成です。

まとめ 試す価値あり、食パンガーリックトースト!

初めて食パンでガーリックトーストを作るときは、みじん切りにしたニンニクがフライパンに残ってしまわないか心配していたのですが、見事なぐらい食パンにくっついてくれ、綺麗に食べきることが出来ました。

私がスーパーで購入している食パンは六枚切りで78円なので、二枚だと26円です。ニンニクも3株で99円のものなので、二片だと10円もしません。オリーブオイルや胡椒を合わせても、40円未満で美味しいガーリックトーストが完成してしまいます。

節約的にも食パンのガーリックトーストは超おすすめなのですが、本当に美味しく出来るので、ぜひ試してみてください。

パン屋さんで売られているガーリックトーストも美味しいですが、やはり焼きたてというのは美味しいものですよ。

私がアルバイトしていたパン屋さんでは、ガーリックトースト専用のニンニクオイルなるものがあり、それを塗って彩りのパセリを振りかけて焼くだけでした。そもそも難しい調理法のパンではありません。

クックパッドだとオリーブオイルではなくバターという方もいたので、色々試してみるのも面白いかも知れませんね。

ただし、自宅でガーリックトーストを作るとなると、ニンニクの匂いが強烈に残るので翌日のスケジュールの事も考えておきましょう(笑)。ニンニクの匂いが体臭として消えるまでには、16時間ほどかかるそうです。

ちなみにみじん切りをした時に手についてしまったニンニクの匂いは、ステンレスのキッチンに擦りつけると、びっくりするぐらい落ちますよ。まな板の匂いも同じなので、軽く流し台の中で擦ってから洗うと良いですよ。

無性にニンニクが食べたくなった時というのは、身体がニンニクに含まれている何かしらの成分を欲している可能性があるので、ガッツリ補給して元気になりましょう!


ブログランキング参加中!良ければ応援ポチっとお願いします!
  にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]