節約はレジャー!

イヤホンをすると耳が痛い!?一番の対処法は刺激を減らすこと

イヤホンで耳が痛くなる人が増えている!

知り合いにいつでもどこでもイヤホンをして音楽を聴いている方がいるのですが、久しぶりに会うとイヤホンをしていなかったので、「あれ?イヤホンは?」と聞くと、

「半年ぐらい前に急に耳が痛くなって耳鼻科にいったら禁止されたんだよ」

と衝撃の理由を教えてくれました。何故に禁止されたのかというと、イヤホンは直に耳の鼓膜に振動が伝わり、普通に音楽を聴くよりも負担が大きく、長時間のイヤホンの使用には難聴になってしまうリスクがあるのだそうです。

しかも難聴は自然に回復することがほとんどないらしく、現状維持をする為にイヤホンの使用を止められたそうです。

最近はスマホの普及に伴い誰もが気軽に音楽を楽しめるようになりましたが、それだけに新しいリスクが生まれたのかもしれません。

耳が痛くなるイヤホンの対処法

実は私も数年前にウォークマンを購入し、それなりのヘッドホンを組み合わせて音楽を楽しんでいた時期があります。

良質なヘッドホンは音楽の質をグッと引き上げてくれるので、過去にその事について紹介したこともあるのですが、

参考良質なヘッドホンのすすめ

流石にヘッドホンだと持ち歩きにくいので、外出用に3000円ぐらいのイヤホンを購入したのですが、ヘッドホンと比べるとあまりの音質の悪さが気になってしまいました。

事前にウォークマンに合うイヤホンということで調べて選んだのですが、流石にヘッドホンと比べると差があり過ぎました。

そこで思い切って私にとってはかなり高価な無線のイヤホン(2万円!)を購入したのですが、これでも1時間もすると耳が痛くなってしまい、長時間の使用はできませんでした。

その時に改めてイヤホンで耳が痛くなった時の対処法について調べてみると、イヤーピース(先端に取り付けるゴム)の形が合っていないケースが見つかり、100円ショップに売られていたイヤーピースを何種類か試してみたのですが、あまり違いは感じられませんでした。

なので、イヤーピースだけで支えるイヤホンではなく、耳にかけてイヤホンの重さを支えるタイプを選ぶのも対処の一つです。

上の無線のイヤホンのように、イヤーピースだけでなく別でフィットさせる構造のイヤホンもあります。

ただイヤホンで耳が痛くなるといっても、イヤーピースが触れている皮膚が擦れて痛みが出るだけではありません。耳の奥が痛くなったり、耳鳴りがしてしまったりと様々なパターンがあります。

イヤーピースの交換だけで耳の痛みに対処できる可能性もありますが、それだけで痛みがなくなるとも限りません。

そもそも耳の中に触れないタイプのヘッドホンでも耳が痛くなるように、物理的な刺激(擦れ)だけが原因ではありません。

子供用のヘッドホンには音量が大きくなり過ぎないように制御する仕組みが搭載されているものがあるぐらいなので、特に耳が痛くなくてもイヤホンで大音量で音楽を長時間聴くのは、避けた方が良いかと思います。

基本的にはこれぐらいの対処法しか見つかりませんでした。

耳の形に合わせたイヤーピースを選んだり、耳掛けタイプのイヤホンを選ぶことも有効かも知れませんが、基本的にはなるべく音量を下げて使用時間を少なくすることが一番の対処法です。

おすすめの対処法

実は私は半年ぐらい前からイヤホンやヘッドホンを、ほとんど使用しなくなりました。

その理由は純セレブスピーカーと出会ったからです。

参考純セレブスピーカーに感動した!

ダイソーで売られている300円のスピーカーのユニットをダンボールに設置するだけで、とんでもなく澄んだ音を奏でてくれました。

あまりにも純セレブスピーカーの音が素晴らしく、ヘッドホンよりも断然気持ちよく音楽を楽しめるようになりました。

純セレブスピーカーの良さについては生で聴いてみないと分からないと思うのですが、とても耳に心地の良い音質ということだけは自信をもって言えます。

いわゆる一般的なヘッドホンやスピーカーというのは、各メーカーが個性的な味付けをしていることが多く、やたらと低音が響いたり、高音がシャカシャカとしている事が多いのですが、純セレブスピーカーの音色はいっさい余計な事をしないで素材の味を生かしているような感じです。

音量を上げてもズカズカと低音が響かないので、今まで気づきもしなかった音に気づいたり、定位(左右の音のバランス)が抜群に良いこともあり、音の奥行や高さまで感じられるほどです。

もうこの音の気持ちよさを知ってしまうと、ヘッドホンでは物足りないというか、むしろ足り過ぎてうっとうしさすら感じるようになりました。

スピーカーはイヤホンやヘッドホンのような耳に対する物理的な接触がないこともありますが、音色としても耳に優しいのが純セレブスピーカーの魅力です。

流石に外出時には楽しめませんが、本当に良い音を知ると耳障りなやかましい音を聞きたくなくなるので、むしろ外出時に音楽を楽しもうとは思わなくなりました。

イヤホンやヘッドホンを使用しないことこそ、耳の痛みの一番の対処法なので、せめて自宅の中だけでも耳の負担を減らすようにしてみてください

まとめ 良質なスピーカーで音楽を楽しもう

純セレブスピーカーに限ったことではないですが、良質なスピーカーで音楽を楽しむようになると、わざわざイヤホンやヘッドホンで音楽を聴こうとは思わなくなるものです。

本格的なオーディオセットを揃えるとなると、とんでもない費用が必要ですが、純セレブスピーカーを自作するのであればパーツや工具を揃えても数千円で収まります。

アンプは別に用意する必要がありますが、お手頃価格(3000円ぐらい)のアンプで楽しんでいる方が多いものです。むしろこだわりの強い高価なアンプほど、余計な味付けをしてしまって純セレブスピーカーの良さを生かせなくなるようです。

純セレブスピーカー向きのアンプとケーブルイヤホンジャックやブルートゥースでスマホやパソコンに接続することも出来ますし、新たに再生機器を用意する必要もありません。イヤホンで耳が痛くなるという方にこそ、純セレブスピーカーの耳に優しい音色を知ってほしいと思います。

せめて自宅の中だけでも、イヤホンで耳に負担をかけないようにしてみてはいかがでしょうか。これが一番の対処法だと思います。

イヤーピースや耳掛けタイプを選ぶことも対処法の一つではありますが、失われた聴力は戻らないそうなので、将来の為にも使用時間を減らした方が良いかと思います。

イヤホンが原因で難聴になるリスクがあるだけでなく、耳垢が奥に詰まって中耳炎になったり、耳の中の空気がこもってカビが生えてしまう(外耳道真菌症)こともあるそうなので、なるべく音量を下げて長時間の使用は避けてください。音質設定で低音を増すようなことも控えましょう。

私の知人のように耳が悪くなる前に、対処してほしいと思います。

やはり一番の対処法は単純にイヤホンを使用する時間を少なくすることなので、純セレブスピーカーのような良質なスピーカーを試してほしいと思います。

ただ最近のスマホのイヤホンはレベルが高くなっているで、中途半端なオーディオセットでは満足できないかも知れません。

お金に余裕のある方であれば何十万ものオーディオで揃えるのも良いと思いますが、そうではない方や節約家の方は、格安で作れる純セレブスピーカーがおすすめですよ。

純セレブスピーカーの立体的な艶やかな音を体験すると、その辺のイヤホンでは満足できなくなると思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]