節約はレジャー!

根本的に頭皮を柔らかくする方法!マッサージはNG?

頭皮を柔らかくする方法

一般的に硬くなった頭皮を柔らかくする方法というと、「頭皮マッサージ」が代表的なものになると思いますが、そもそも何故に頭皮が硬くなってしまったのかと考えると、必ずしも頭皮をマッサージする事だけが良いとは限らなくなります。

これは肩こりのマッサージで考えると分かりやすいのですが、肩をマッサージして筋肉がほぐれると肩こりの痛みは和らぎますが、肩の筋肉がこる原因は何も変わっていません

頭皮マッサージも同じです。頭皮への血流が悪くなった原因は何も変わらないので、一時的に柔らかくなる効果しかありません。

そもそも頭皮や肩をマッサージをしなくても全く問題がない人がいるように、マッサージをしなければならない状態の方が不自然です。

頭皮マッサージが悪いという事ではなく、根本的な原因にアプローチすることこそが、適度に柔らかい頭皮を取り戻す事につながります。

血流は全身

足の冷え性に悩んでいる人が足湯をすると痛みが和らぎますが、それで冷え性が治る人はいません。心臓から最も遠い足の指先まで勢い良く血液を届けられない状態が何も変わっていないからです。

この場合であれば下半身を中心とした適度な運動や筋トレをした方が、根本的な問題にアプローチすることになります。

血流が滞って硬くなってしまっている頭皮でも同様です。マッサージをして血液の流れを促す事が悪いわけではないですが、そのような事をしなくても滞らない状態を目指した方が、より本質にアプローチすることになります。

頭皮へ血流を促したいだけであれば、逆立ちをしても効果があると思いますが、ずっと逆立ちをしているわけにはいきませんし、わざわざそんな事をしなくても柔らかい頭皮の人はたくさんいます。

頭皮を柔らかくする事にこだわるのではなく、頭皮が硬くなってしまう生活習慣を改める方が、より自然な状態になるのはイメージできるのではないでしょうか。

頭皮にこだわらない

頭皮を柔らかくしたい人は、頭皮にこだわらずに全身の健康に目を向ける必要があります。顔や首や肩の筋肉が凝っていると、心臓から頭皮までの血流に影響を及ぼしてしまいます。

全身をマッサージするのも良いのですが、そもそもマッサージをしなくても良い身体の状態を取り戻す事がポイントです。

デスクワークの人であれば、パソコンモニターの高さや向きを調節したり、椅子の座り方を改めることで、肩や首の負担が減っていきます。

参考デスクワークの椅子を軽視するな!

普段の姿勢や歩き方も同じです。トボトボと肩を落として歩いていると、下半身の筋肉しか使わなくなり、肩や首にまで負担が出てしまいますが、自然と胸を張った良い姿勢で歩いていると、自然と腕が振られて肩や背中の筋肉まで使えるようになります。

日頃から正しい姿勢で歩くといっても、サンダルのような靴では上手く全身を使って歩けません。靴紐を緩めてスリッパのような靴の履き方をしていても同様です。

靴紐をきちんと結んで歩くようにするだけで、全身に好影響が出ることは珍しい事ではありません。

靴紐を結ばないでスポーツをする人がいないように、正しく身体を動かす為には洋服や靴といった身につける物の影響は無視できないものです。

適当に大きめのサイズの洋服を選んでしまうと、余計な生地がまとわりついて動きにくくなりますし、重量も増してしまいます。このような些細な事が積み重なって、全身の血流を悪くしてしまっている事は珍しくありません

同じ職場の同年代の人でも疲れ具合に差があるように、日頃の身体の使い方や身につける物によって血流が悪くなっている人は意外なほど多いものです。

もちろん食生活や睡眠環境といった要素も当てはまります。脂っこいものばかりを食べていると、いくら運動をしても血液がドロドロのままですし、ぐっすりと睡眠を取ることが出来ないと、翌日に疲労を残してしまいます。

参考睡眠環境を改善するポイント!

これらを改めることなく頭皮をマッサージしても、一時的に頭皮が柔らかくなるだけで、根本的な解決には向かわないという事です。これらをしっかりと理解する事で、結果的に頭皮の硬さも正常な状態へ戻っていく可能性が高まります。

おすすめの頭皮マッサージ?

ちなみに私がおすすめする頭皮を柔らかくするためのマッサージというのは、直接頭皮に触れない方法です。

最近のお気に入りは別のところでも紹介した「力強いうがい」です。

参考歯ブラシがない時の対処法

これをすると口周りの筋肉が凄く疲れるので、顔がポカポカとしてきます。継続していると表情も引き締まっていきます。

他にも「あいうべ体操」もおすすめです。

参考あいうべ体操の効果が想像以上!

口を大きく開いて舌を出すと、普段あまり使われていない顔の筋肉を刺激する事になり、リンパの流れも促進します。

もう一つおすすめなのが耳を引っ張るマッサージです。

参考耳のマッサージ系の本の中で一番優秀!

私は様々な方向に耳を引っ張ると、直ぐにあくびが出てきてしまいます。おそらくこわばっていた顔の筋肉がほぐれて副交感神経系が刺激されるのだと思います。

どれも直接頭皮に刺激があるわけではないので、頭皮マッサージというには問題がありますが、そもそも顔の皮膚と頭皮の皮膚はつながっているわけで、相関関係がないと考える方が不自然です。

意識的に頭皮の筋肉を動かすような事は難しいですが、頭皮に近い顔の筋肉であれば可能です。それらが正常に機能するようになれば、結果的に頭皮の状態も正常に近づいて柔らかくなっていく可能性があるのではないでしょうか。

もちろん肩や首のストレッチもおすすめです。心臓から頭皮の間の血流やリンパや体液に影響があって当然なので、頭皮の周辺の筋肉を刺激するのがおすすめです。

頭皮に物理的なダメージを与えるリスクが少なく、自らの意思で筋肉を刺激する事になるので、下手なマッサージよりも効果的なのではないでしょうか。

ふくらはぎのマッサージでむくみが解消される事も出来るのかも知れませんが、適度に歩いたりストレッチをした方が根本的な解決につながるような事です。

まとめ 頭皮を硬くしない工夫

一時的にしか頭皮が柔らかくならないマッサージを行うよりも、頭皮が硬くなってしまう原因と向き合う方が、結果的に頭皮を柔らかくすることに近づきます。

毎日のようにヘッドスパに通えるのであれば、柔らかい状態を保つこと出来るのかも知れませんが、そのような人は多くないと思います。

自己流で頭皮マッサージを行ったり、それらのグッズに頼るのが必ずしもNGだとは言いませんが、素人判断で適当に行ってしまうと、頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。

職人の手の皮膚が分厚く硬くなるように、過度な刺激は逆効果になる可能性があります。

私自身も薄毛に悩んでいた時に、当時付き合っていた女性に頭を触られて、「頭皮が硬いからマッサージをした方が良いよ」と言われ、必死になってマッサージをしていた事があるのですが、それだけでは一向に頭皮の状態は改善されませんでした。

頭皮が柔らかくなるどころか、手に付いている抜け毛を見る度にストレスを感じてしまいました。

当ブログでは以前に目の疲れを取る方法について紹介したことがあるのですが、

参考目の疲れを取るポイント!

これも全く同じで目の疲れを癒すことにこだわるのではなく、目が疲れてしまう原因と向き合う事こそが改善のポイントだと紹介しました。

目のクマで考えてみても分かりやすいと思います。目の下にクマが出るのは、そこの血流だけが悪くなっているのではなく、単純に目の下の皮膚が薄くて透けて見えやすいからであり、血流悪化の影響は全身に出ています。

目元のマッサージを行ってクマが改善したとしても、それは一時的なものであり、根本的な解決にはなっていません。むしろラジオ体操でもしてぐっすりと眠った方が効果的かも知れません。

参考ラジオ体操の効果はやり方次第!

頭皮が硬くなってきて悩んでいる人も、単純に頭皮マッサージをして柔らかくする方法だけにこだわるのではなく、硬くならない健康的な身体を取り戻すように意識してみてください。健康だった若い頃はマッサージをしなくても頭皮が柔らかかったはずです。

そもそも疲労が回復するのは睡眠中だけです。寝不足の生活スタイルを変えることなく、身体に良い物を食べても大した結果にはつながりません。人によってはプロのマッサージに行くよりも、その間に昼寝でもした方が効果的かも知れません。

もしかしたら枕や寝具を変える事で、劇的に睡眠の質が上がるかも知れませんし、耳栓やアイマスクといった物で改善することもあります。

参考アイマスクの効果が侮れない!

全身から健康になれば足の冷え性や目の疲れや頭皮にも好影響があるのは、誰でもイメージできるのではないでしょうか。

人間関係のストレスで顔の筋肉が凝り固まっているのであれば、カラオケにでも行って思い切り歌う事で表情筋が和らぐかも知れませんし、職場を変えてストレスそのものを減らした方が効果的かも知れません。

身体の不調の原因を特定するのは簡単ではありませんが、たまたま症状が現れたところにだけにアプローチするよりも、全身の健康と向き合った方が不調は早く改善されるものです

もちろんケガや骨折といったものであれば、ピンポイントで対策をするのがベストですが、身体の内側から発せられた不調というのは、たまたまその人の弱い箇所に出やすいだけであり、影響は全身に出ています

急に抜け毛が増えてきたり、頭皮が硬くなってきたと感じている人は、頭皮にだけこだわるのではなく、全身の健康と向き合うことで頭皮の状態も改善されていくので、改めて日頃の生活習慣を改めるように意識してみてください。

参考薄毛に対する東洋医学的対策!

頭皮マッサージをする事が悪いと言いたいわけではありませんが、目の下のクマのマッサージも素人考えで適当に行ってしまうと、色素沈着や皮膚が分厚くなってしまう事があるように、頭皮マッサージといったものもリスクになってしまう可能性があります。

肩がこっていたり、眼精疲労がたまっていたり、ストレスで表情がこわばっていたり、運動不足だったりと、人によって身体が不調な原因は様々ですが、それがたまたま頭皮に表れているだけかも知れません。

頭皮の硬さは健康状態を表すバロメーターぐらいに捉え、そこだけにアプローチするのではなく、生活習慣を見直してみてほしいと思います。それこそが根本的(結果的)に頭皮を柔らかくする方法になるのだと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]