節約はレジャー!

歯ブラシがない時の対処法!普段から役に立ちます!

歯ブラシがない時の対処法

少し前に友人とキャンプに行ったのですが、その時に歯ブラシを忘れてしまいました。

忘れていたことに気がついたのが就寝前ということもあり、キャンプ場の売店は閉まっており、お酒が入っていたので車でコンビニに買いにいくわけにもいきません。

そこでスマホで「歯ブラシがない時の対処法」と調べてみると、

「指で磨く」

「木で磨く」

といったものが見つかりました。取りあえず指で磨いてみたのですが、全くスッキリしません。

キャンプ場なので木はそこら辺にあるので、適当な枝を水で洗って試してみたのですが、こちらも歯を磨けている感じでもなく、しかも歯茎を傷つけて出血してしまいました。

「一晩ぐらい仕方がないか」

と歯磨きを諦め、何度も水で口の中をすすでいると、思わぬ発見がありました。

口をすすぐ効果

歯ブラシがなくて水ですすいだ水で口の中をすすぐといっても、なるべくなら歯を綺麗にしたいので、歯磨き後の軽いすすぎのような感じではなく、これでもかと力を入れてすすいで吐き出してみると、思わぬ爽快感がありました。

「あれ?」

といった感じで、歯を磨いた後のスッキリ感がありました。

そして舌や指で歯を触れて確認してみると、見事にキュッキュッといった感じの綺麗な歯になっていました。

「これはイケる!」と思い、さらに力を込めて強くすすいでみると、口の中のモヤモヤ感がどんどん消えてスッキリしていきました。

そして翌日の朝にさらに驚くことになりました

これは周りの友人達に言われて気がついたのですが、同年代の友人の多くが翌日に顔がパンパンにむくんでおり、深酒や慣れない睡眠環境が原因だと思われるのですが、私とお酒が飲めないA君だけが、全くむくんでいませんでした。

私もそれなりにお酒を飲んでおり、十分な睡眠が取れた感じでもなかったのですが、全く顔がむくんでいなかったのだそうです。

鏡がないので自分で確認できたわけではないのですが、わざわざ指摘されたぐらいなので、他の友人たちとは違っていたのだと思われます。

この段階では私の顔がむくまなかった原因がわからなかったのですが、その後に再び歯を磨くタイミングで強めのすすぎを行うと、顎周りの筋肉が筋肉痛になっていることに気がつきました。

よく顔のむくみを取るエクササイズ(顔ヨガなど)やマッサージがありますが、おそらく強めに口の中をすすいだことで、同様の効果が発揮されたのだと思います。

参考あいうべ体操の効果が素晴らしい!

歯ブラシを忘れたことで思わぬ嬉しい結果になりました。

すすぎ方のポイント!

歯ブラシがない時の口の中のすすぎ方のポイントは、少量の水で力強くすすぐことです。

口の中にたっぷりと水を含んでしまうと、あまり激しく動かすことが出来ません。

ホットコーヒーを飲む女性コーヒーを一口、二口飲むぐらいの量だと、かなり強めにすすぐことが出来ます。

いわゆる「ガラガラ」や「クチュクチュ」といったすすぎ方ではなく、ハムスターの頬が膨らむかのように、口の中で荒々しく水を動かしていると、歯の隙間に挟まっている汚れもスッキリと落ちてくれます。

前歯、右側、左側のようにポイントを分け、何度も強くすすいでみてください。

同じ箇所を30回ぐらい「グシャグシャ」と力強くすすいでみると、おそらくかなりの疲労感があると思います。

30回といっても10秒もあればできると思います。疲れてきたらポイントをかえて、何度か水も変えながらすすいでみてください。

ハムスターの頬や猿真似をするように、筋肉を大きく動かしながらすすぐと、歯の前側にも強い水流を当てることが出来ます。

これらの感覚は自分なりに色々な角度を試してみてほしいのですが、想像以上に口の中がスッキリとすると思います。

私はこのスッキリ感にハマってしまい、普段からシャワーを浴びているタイミングなどでよくやっています。慣れてくると一気に50回ぐらい素早くすすげるようになりますよ。

おそらく普段はあまり使われない筋肉の使い方なので、シェイプアップ効果やむくみ防止効果も期待できます。

歯ブラシがない時だけでなく、エクササイズとしても普段からおすすめです。

そして口臭予防にもなると考えられます。普通に歯を磨いても舌の汚れは落ちませんが、水で強くすすぐと歯ブラシが届かない歯茎の奥や舌の裏側の汚れまで落ちてくれます。

この歯ブラシでは落とせない箇所の汚れを落としたからなのか、適度な刺激があったからのかはわかりませんが、唾液の分泌も良くなります。

唾液には歯を修復する成分が含まれていますし、口内環境を整える効果があるので、分泌が良くなると虫歯予防効果も期待できます。

唾液の量が多い人の中には、全く歯を磨かなくても虫歯にならないという人がいるほどです。

歯ブラシがない時だけでなく、日頃から少量の水で口の中を強くすすいでみてください。想像以上に気持ちよく、たくさんのメリットを感じられると思います。

まとめ 歯ブラシは必要ない?

洗濯機に洗剤を入れなくても、汚れはそれなりに落ちるものです。

洗濯洗剤に意味がないとは言いませんが、それほど頑固な汚れでなければ、必ずしも必要なわけではありません。

洗剤要らずのグッズも売られていますし、油汚れは水温によっても落ち具合が全然違います。

ある歯科医師の本に、

「歯磨き粉をつけると爽快感が増して歯磨きが疎かになる」

とあり、歯ブラシだけで歯を磨くことが推奨されていました。

洗剤の香りや歯磨き粉のミントの刺激などがあると、確かに爽快感が得られますが、それが本来の目的である汚れを落とすこととは別の問題です。

車の汚れも軽いものであれば、高圧洗浄機の水圧だけで綺麗になってくれます。

だからといって歯ブラシを使わずに水で強くすすぐだけでOKとは言いませんが、歯ブラシがない時や歯を磨けない時の為にも、覚えておいて損はないと思います。

飲食店などで食事をした後にトイレの洗面所で強めにすすぐだけで、かなりスッキリしてくれますよ。

顔もシュッとしてくるかも知れませんし、歯茎に適度な刺激を与えられるので歯周病予防などにも役立つかも知れません。

指で歯茎をマッサージしたり、舌の汚れを落とす専用のものもありますが、おそらく強く水ですすぐことでも同様の効果が期待できます。

実際に私の歯茎の色も少しずつ健康的な色になってきました。これも嬉しい誤算でした。

水で強くすすぐだけならお金も掛かりませんし、節約とも相性抜群の方法なので、ぜひ試してみてください。

普通に歯を磨く前でもいいのですが、私のようにお風呂場で身体を洗うタイミングなどに、習慣として取り入れてみるのもおすすめです。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。