節約はレジャー!

公営のスポーツジムを活用して会員費を節約!

公営のスポーツジムとは?

公営のスポーツジムとは、地元の自治体が運営しているスポーツジム(施設)のことです。

公営の場合はスポーツジムという言葉より、トレーニングルームという言葉の方が一般的かもしれません。

いわゆる民間の企業が運営しているスポーツジムとは違い、最新のトレーニング器具が揃っているわけではないですし、専門の指導者がいるわけでもありませんが、何といっても使用料金が格安というメリットがあります。

多くは自治体が運営しているスポーツ施設や体育館などに併設されており、その施設の使用料として100~300円ぐらいに設定されています。節約家にとってありがたい価格設定になっています。

本格的なスポーツジムが悪いというわけではありませんが、公営のスポーツジムでも上手に活用できれば、しっかりと目的(運動、筋トレ)を達成することが出来るものです。

公営のメリット

本格的なスポーツジムは会費制であることが多く、特に節約思考の方だと「通わなければならない」という強迫観念に襲われてしまいますが、公営のスポーツジムだとそのようなデメリットもありません。

特に高額なスポーツジムだと、まさにこの強迫観念(損したくない!)をモチベーションに変化させているのですが、冷静に考えてみるとこれはおかしなことです。自分を追い込むことが好きな人には向いているのかも知れませんが、私には理解できません。

結局、筋トレの継続は「気持ち次第」というのは誰もがわかっていることです。この気持ちの整え方、捉え方の一つとして、公営のスポーツジムという選択肢は、私にほどよい心地よさをもたらせてくれました。

最近の民間のスポーツジムにはプールやお風呂が充実しているところも多く、施設としてのレベルは比べようがありませんが、あくまでも「筋トレをする」「運動をする」という目的にフォーカスすれば、公営のスポーツジムでも十分に役割を果たすことができます。

また指導者がいるスポーツジムだと、サポートが必要な筋トレや器具があるのですが、個人で使用することが想定されている公営のスポーツジムは、基本的に一人だけで使えるような器具が多いのも特徴です

筋トレ仲間がいない方や人見知りをする方でも、安心して公営のスポーツジムを使用することができます。

節約効果!?

毎日スポーツジムに通うような方であれば、トレーニングマシーンの質だけではなく、休憩所やお風呂などの使い勝手、さらには立地なども重要な要素になりますが、思い立った時にだけスポーツジムを使用したい方であれば、公営のスポーツジムはとても便利な選択肢になります。

何といっても使用料金が格安なので、節約効果が抜群です。

さらに細かいことを言えば、汗を流す為のシャワーを使用することもできます(自治体によって違いますが)。

私は基本的に自宅ではシャワーだけしか使用しないので、公営のスポーツジムに行った日はそれだけで済ませてしまいます。水道光熱費も節約できるということです。

自治体によっては石鹸やシャンプーの使用を禁止していることもあるのですが、そもそも私は自宅でも「湯シャン」だけで済ませることが多いので、何も問題は感じていません。

参考シャンプーを止めると髪が増える!?

この辺は個人の考え方次第ですが、その後の予定によってはシャワーだけでも十分ではないでしょうか。自治体が運営している公営のスポーツジムは、節約にも多いに役立てることが可能です。毎日銭湯に通っている方であれば、かなりの節約になるのではないでしょうか。

まとめ お手軽なモチベーション

そもそもスポーツジムの会費を損したくないというモチベーションでは、筋トレを継続させるのは難しいものです。だからこそ高額なスポーツジムは短期間(二ヵ月など)にこだわります。

本格的に鍛えたい方であれば、もちろん民間のスポーツジムの方が優れていますが、思い立った時に運動や筋トレをするぐらいの方であれば、公営のスポーツジムはかなりおすすめです。

たまにしか運動や筋トレをしない節約家の方こそ、100円でも支払うことでモチベーションが発生しますし、外出することで気分も変わるので、それなりに継続ができていると感じています。

 

私は自宅での筋トレが継続できませんでした。

 

見事なぐらい三日坊主で終わってしまいます。腕立て伏せをして疲れたら、他のメニューなどすぐに諦めてしまいます。

過去に筋トレ器具を購入したこともあるのですが、かなりスペースを取りますし、部屋の隅に追いやられて洋服かけになってしまいました。現在は処分してスッキリしています。

この点スポーツジムというのは他人の目もありますし、損をしたくないという気持ちから、次のメニューへすすめるとも感じています。

昔の私は月に一度ぐらい「筋トレしなくちゃ」という思いに駆られ、自宅で頑張っていたのですが、このタイミングで公営のスポーツジムを利用してみると、丁度いい気分転換になり、現在では週に一度ぐらい利用するようになりました。結果的に継続できています。

実は自宅の近くに大手スポーツジムがあるので、そこの会費も調べて検討してみると、時間帯をしぼれば格安で利用できると知ったのですが、やはり「行かないと損をする!」という強迫観念を抱えるのがイヤなので入会はしませんでした。

その点、公営のスポーツジムであれば行かなくても損はしませんし、そもそも使用料金が格安なので節約家の私と相性が良いと感じています。

本格的なスポーツジムが悪いではありませんし、自宅で筋トレを継続出来ている方であれば全く問題ありませんが、格安で利用できる公営のスポーツジムがあるということを頭に入れておくと、選択肢が広がるのではないでしょうか。

もちろん正解があるわけではありませんが、自分にとって気持ちのいい方法が見つかると、継続もしやすくなると思います。その一つの選択肢として公営のスポーツジムも頭に入れておいてください。

全ての自治体にあるのかどうかはわかりませんが、大抵はあると思うので調べてみる価値はあると思います。

公民館のような小規模の施設にトレーニングルームが併設されていることもあるので、ぜひお住まいの地域を調べてみてください。新し目の施設だと設備も充実しています。

また地域によっては大きめの体育館などで、ヨガなどの様々なフィットネスを開催していることがあります。こちらも格安の料金設定になっているので、節約という意味でもおすすめです。

役所のホームページや広報をチェックしてみてください。意外な選択肢が見つかるかも知れませんよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]