節約はレジャー!

純セレブスピーカーを自作してみたら感動した!

純セレブスピーカーとは?

純セレブスピーカーとは、音楽家の片岡祐介さんと東大教授の安富歩さんが考案した、スピーカー界の常識をぶち壊す全く新しい発想のスピーカーです。

純セレブスピーカーという名前からすると、高級なスピーカーのように感じるかも知れませんが、いわゆる「高級セレブ」ではなく、「純セレブ」というのがポイントです。

より本質的な音の良さを再現できるのが、純セレブスピーカーの特徴です。

私が純セレブスピーカーの存在を知ったのは、あるYouTube動画でした。そしてさらに調べてみると、実際に片岡祐介さんが純セレブスピーカーを制作する過程を公開してくれていました。

私はこの動画を見て衝撃を受けてしまい、さっそく手元にあった1500円ぐらいで購入したスピーカーをバラして、純セレブスピーカーを自作してみました。

純セレブスピーカーを作ってみた

私が数年前に購入してバラしたスピーカーは⇒です。現在ではamazonでもっと安くなっていました。

このスピーカーは私がウォークマンを購入し、しばらくはヘッドホンで音楽を楽しんでいたのですが、

参考ウォークマンのアップスケーリング機能に感動

どうしても長時間ヘッドホンを使用していると耳が痛くなるので、普通のスピーカーで聴いてみたくなり購入したものです。

ただヘッドホンと比べてあまりにも音質が悪かったので放置していました。

このプラスチック製のスピーカーをバラすのは想像以上に大変でした。ネジなどを外してカバーを取り除くことは出来たのですが、スピーカーやアンプと接続されているコードがハンダで固定されているので、綺麗に引き抜くことが出来ません。

そこで手持ちのペンチでプラスチックを切り刻んでいったのですが、これが想像以上に大変で、結局100円ショップに行ってプラスチック用のカッターを購入してきました。

そして何とかバラすことに成功しました。

純セレブスピーカーを自作したい方は、このバラす作業が大変なので気をつけてください。

ハンダごてを持っている方であれば、もっとスムーズだったかも知れません。ちなみに100円ショップにもハンダごてが売られていて驚きました。ただ500円だったので100円のカッターにしました。

純セレブスピーカーはダンボールが使われているのですが、手元に大きさの揃うダンボールが二つもなかったこともあり、とりあえずティッシュの箱で代用することに。

するとスピーカーユニットの形がティッシュを底上げするくぼみの大きさと一致し、綺麗にスポっとハマってくれました。

動画でも言っていますが、スピーカーをがっちりと固定しないことがポイントなので、ちょうど良くて嬉しかったです。

そして適当な紙を詰めました。この画像ではスピーカーユニットの裏に紙がありませんが、しっかりと裏側にも紙を詰めてからガムテープで蓋をしました。

そして同じようにもう一つのティッシュ箱にもスピーカーをセットし、紙を詰めて純セレブスピーカーが完成しました。

そしてウォークマンに接続し、おそるおそる聴いてみると・・・

 

感動しました!

 

全然違います。笑っちゃうほど違います。ひずみのない綺麗な音に包まれることになりました。

元のスピーカーの時は音量を上げると音が割れてしまい、AMラジオのこもったような音質だったのですが、自作の純セレブスピーカーの音は、まさに包まれるかのような音質に変化してくれました。

動画の中で純セレブスピーカーは定位が良いと解説されていましたが、これも凄く良くわかります。

「Wikipedia 定位」

オーディオ・スピーカーにおける定位感(ていいかん)とは、ステレオ録音におけるサウンド・ステージのなかで、音像の配置関係が左右以外にも遠近方向に渡って表現される情況を指す。 左右の配置は音量のバランスで示されるが、遠近感は左右の逆相成分の大小、イコライジングによるプレゼンスの強弱によって得られる。

自作の純セレブスピーカーを左右バランスの良い位置に設置すると、見事なぐらいヴォーカルの声が中心から響いてきました。

私が良く聴くロックバンドはギターリストが二人いて、それぞれ左右にギターの音を分けて収録されているのですが、それも見事なぐらい感じられます。

これはヘッドホンで聞くとよくわかることなのですが、車の中で聞くとあまり左右の差が感じられていませんでした。

それが純セレブスピーカ-だとしっかりと左右の音も聞き分けられます。目をつぶって聴くと横の広がりだけでなく、奥行きまで感じられます。これにも驚きました。

これまた動画の中で語られていることですが、純セレブスピーカーは録音された音を素直に再現できるというのに納得させられました。納得というか感服しました。

ちなみに私のウォークマンには「DSEE HX」という音質を良くするアップスケーリング機能が搭載されているのですが、これをオフにした方が良い音が響いて驚きました。

ヘッドホンで聴くときはオンにした方が明らかに良くなるのですが、純セレブスピーカーだと余計な事をしない方がバランスの良い音がします。

他にもサラウンド設定でスタジオやクラブやコンサートホールなどが選べるのですが、これもシンプルなステレオ設定が最も音質が良く感じました。

ヘッドホンで聴くときはコンサートホールが好みだったのですが、純セレブスピーカーは素直な音が良くなるというのが、とても良くわかりました。

ホントに「なんじゃこりゃ~」といったレベルで違います。純セレブスピーカーの存在を発見し、公開してくれた片岡祐介さんと安富歩さんに感謝です。

純セレブスピーカーで気づいたこと

私は純セレブスピーカーで音質が良くなったことに単純に感動したわけですが、これ意外にも様々な気づきがありました。

スピーカーを販売しているメーカーというのは、様々な工夫を凝らして音質を良くしているとは思うのですが、それらは動画の中でも語っているように、味の素などで調整された料理のようなことなのだと思います。

味の素も料理によっては相性が良いのかも知れませんし、高級かつお節や昆布から出汁を取らなくても、それなりの味にしてくれる便利なものですが、それらも行き過ぎると素材の味をわからなくしてしまいます。

素直に食材の味を引き出すことが出来れば、必ずしも味の素のような調味料に頼らなくても良いはずです。

香りの弱い中国産の松茸に「松茸の味お吸い物」で土瓶蒸しをつくると、国産松茸のような香りがして美味しくなるらしいのですが、そもそも香りの弱い中国産松茸にあった料理を作ればいいだけです。

美味しいキノコの汁物であれば、他にも美味しい出汁のでるキノコがありますし、それぞれに合った調理法があるものです。

安い外国産の硬い牛肉に工夫を凝らして、国産和牛のような柔らかさに仕上げるのも悪いとは言いませんが、硬い牛肉にあった調理法をすれば、より美味しく頂けるのではないでしょうか。

スピーカーの音質も余計な事をしてしまうことで、せっかくの素材が台無しになってしまうケースがあるのだと思います。

もちろん音楽によっては良くなることもあると思うのですが、このような事の裏に埋もれてしまう事が、世の中には意外とたくさんあるのかも知れません。

まとめ 本質(純)を見極めよう

ティッシュの箱で純セレブスピーカーを自作し、音質が飛躍的に向上したことは素晴らしい体験になりました。

「純」という言葉のように、より本質を見極める機会になりました。

これは節約にも当てはまることです。

便利だと言われているコードレス式の掃除機にも、バッテリーの充電時間などの不満があるものです。この不満を最新式に買い替えることで解消されることもありますが、人によってはそもそも広い部屋に住む必要がないかも知れません。

また事務所やリビングであれば、ホコリの出やすいカーテンではなく、ブラインドに変えることでホコリが激減するかも知れません。

保険を比較して安い保険会社に変えるのも立派な節約ですが、より本質と向き合って保険の必要性を再確認することで、プラン変更や解約という選択肢があるかも知れません。

世の中には「期間限定」「残りあとわずか」「今だけの特別価格」といった感じの様々な誘惑がありますが、価格が安いのと必要性があるかないかは、全くの別問題です。

多くの方がそれほど必要のないモノまで、たくさん抱え込んでいるものです。

それらの不要なモノの為に、余計な家賃を支払っているかも知れません。

純セレブスピーカーだって音楽を全く聴かない人にとっては不要なモノですし、全ての方にすすめたいわけではありません。

ただ私は本質と向き合って誕生した純セレブスピーカーと出会えたことで、たくさんの事を学ぶことが出来ました。

あなたにとっての純セレブスピーカーが何なのかを、ぜひ考えてみてほしいと思います。

ちなみに純セレブスピーカーは、開発者である片岡祐介さんと安富歩さんが試行錯誤して作り上げた自作キットも販売されています。

純セレブ堂

興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。一般的に販売されているスピーカーより断然安いですよ。

純セレブスピーカーのような本物が世の中に浸透していくことは、この世を良くすることに繋がると思います。

膨大な広告費が投じられている有名メーカーの商品が、必ずしも優れているとは限りません。

自分にとって本当に必要なモノを見極め、さらに自分が求めている機能を見極め、最適で最高なモノを手にしてほしいと思います。結果的に無駄なモノも減って節約になると思います。

追記

続編⇒二作目の純セレブスピーカーを作ってみた

down

コメントする