節約はレジャー!

コスパ最強スピーカーに圧勝した純セレブスピーカー!

コスパ最強スピーカー!?

(この記事は「純セレブスピーカーを自作してみたら感動した!」の続編になるので、まだの方は⇒コチラ

少し前に友達に家に行くと、パソコンの横に見慣れないスピーカーがありました。

私は少し前に純セレブスピーカーを自作したこともあり、ちょうど音質に興味が出ていたので、さっそくそのスピーカーの音を聴かせてもらうと、呆気にとられてしまいました。

 

めちゃくちゃ音が悪かったのです。

 

音質を言葉で表現するのが難しいのですが、聞いているのが苦痛になるほどザラついた音なのが印象的でした。

彼はネットゲームが趣味なので、

「結構いい音だろ?これコスパ最強のスピーカーなんだよ、これでネトゲーすると臨場感半端ないよ!」

と自慢げに言ってきました。

詳しく話を聞いてみると、要はネットゲームの仲間にスピーカーの重要性を説かれ、コスパ最強スピーカーを調べてamazonで購入していました。

価格は3000円ぐらいだそうで、この価格帯では最高の音質なんだそうです。

何をもってコスパ最強で最高なのか分からなかったのですが、あまり無下に否定するのも悪いので、「へぇ~」と受け流していたのですが、しばらくして私が自作した純セレブスピーカーの話をしてみると、興味津々になって食いついてきました。

「これよりも音いいの?」

と言われ、

「うーん、もっとスッキリした音かな」

と言うと、

「ホントかよ!じゃあ今からいくぞ」

となり、私の自作した純セレブスピーカーを初めて人に聴かせることになりました。

1700円の自作純セレブスピーカー

私が自作した純セレブスピーカーは、1500円ぐらいで購入したスピーカーセットと、分解するために使用した100円ショップで購入したプラスチックカッターで、コストは1600円です。

さっそく友達に聴かせてみると、

「・・・」

と黙ってしまいました。

しばらくして、

「音質は認めるけど、この見た目はないわ~」

と言われてしまいました。

私も人に見せることを前提としていませんでした。確かに良い見た目とは言えないので、このティッシュ箱製の純セレブスピーカーの見た目を改善することにしました。

ちょうど少し前に純セレブスピーカーをダンボール製の純セレブスピーカーに、和紙を張ったパターンの動画があったので、私のティッシュ箱にも和紙でも張ってみようかと100円ショップに向かいました。

大手100円ショップだったのですが、これといった和紙が見つからず、和柄の折り紙などはあったのですが、ティッシュ箱の大きさには合わないので、どうしようかとウロウロとしていると、厚紙で出来た紙(メッセージボード)が見つかりました。

本家の純セレブスピーカーがダンボール製ということもあり、ティッシュ箱だと強度が足りていないのかもと感じていたので、その厚紙で補強することを思いつきました。

完成品がコチラです。トータルで1700円の純セレブスピーカーです。

見た目は少し良くなったのではないでしょうか。

そしてこの厚紙補強バージョンの純セレブスピーカーで音を出してみると、音質が変化しました。

音に厚みが出たとでもいいましょうか、低音が協調されたわけではないのですが、よりダイレクトな音に変化しました。

前のティッシュ箱だけの時は、裏側のティッシュの取り出し口をガムテープで塞いだだけだったのですが、裏面も含めて厚紙で覆うことで、音質が変化したのかも知れません。

このようなちょっとしたことで変化することが楽しく、改めて純セレブスピーカーの事が大好きになりました。

また前の記事で純セレブスピーカーの定位が良いということを紹介しましたが、このおかげなのか、私の耳が少し良くなったかも知れません。

今までテレビを見ている時に、左右のスピーカーの音など気になったことがなかったのですが、純セレブスピーカーで定位の素晴らしさに気づかされたおかげで、テレビから流れてくるCMの音や歌番組などで、左右の違いを聞き分けられるようになりました。

純セレブスピーカーの開発者である片岡祐介さんが、

「純セレブスピーカーでいい音を聞いていると、耳も良くなるよ」

とある動画の中でおっしゃっていたのですが、まさに「こういうことか~」と実感する嬉しい出来事になりました。

続・純セレブスピーカーづくり!

私は厚紙を張っただけで音質が変化した純セレブスピーカーに感動したこともあり、さらに欲が出てきました。

そして実家に故障してラジオしか聞けないミニコンポがあるのを思い出し、それを譲り受けて新たなる純セレブスピーカーの製作に取り掛かりました。

スピーカーユニットが三つもあり、「これは作り甲斐があるな」と取り組んだのですが、想像以上に大変な作業になってしまいました。

一般的なスピーカーというのは、いかに密封率を高めて箱の中で音を反響させるのか考えられているようで、分解するだけで大変でした。

マイナスドライバーを使って木の箱から取りはずだけで汗だくになりました。これでもかというぐらい隙間なくボンドでくっつけられており、二つのスピーカー分解するだけで3時間弱かかりました。

この分解作業はスピーカーに対する知識や道具の有無でも差が出るのでしょうが、舐めてかかると後悔するかも知れません。引くに引けなくなります(笑)。

そして何とか分解して驚いたのが、一番下のスピーカー(?)でした。

トイレットペーパーの芯のようなもの刺さってあり、おそらく箱の中で反響した低音を出す仕組みになっていました。

私はスピーカーに関する知識がないので、これが当たり前のことなのかよくわからないのですが、純セレブスピーカーの音が良い理由として「余計な事をせずに素直な音が出るから」という解説と一致したように感じました。

オーディオメーカーは良かれと思ってこのような構造にしているのでしょうが、それだけに不自然な低音が響いて邪魔しているのかも知れません。

またその不自然な低音を良い音だと思い込まされている人が多いのかも知れません。

取り外したスピーカーユニットをダンボールに取り付けるのも大変でした。ティッシュ箱だと残り少なくなったティッシュを底上げするくぼみにピタリとハマって楽だったのですが、今回はきちんと計測しながら行いました。

そしてスピーカーユニットの大きさにハマる穴を開ける為に、糸で即席コンパスをつくって円を描きました。私は専門道具を持っていないので、これだけでも結構大変な作業でした。

ちなみにダンボールは100円ショップで購入したA4サイズのものです。適当なダンボールを貰ってきた方が節約になるのですが、綺麗な形のまま同じ大きさのダンボールを見つけるのが難しそうだったので断念しました。

また私が最初に製作したティッシュ箱の純セレブスピーカーの元となったスピーカーとアンプは、ハンダで接続されていたので、それを切り替えられるように端子を購入。こちらはホームセンターで240円ぐらいでした。

ただしっかりと端子とコードを接続するのが大変でした。初めは「普通のペンチで十分だろ」と思っていたのですが、それだと直ぐに抜けてしまいます。

しっかりと固定するには圧着ペンチが必要なので、どうしようかと悩んでいたところ、20年ぐらい前に購入した車用の工具セット(1000円)の存在を思い出し、引っ張り出してみると圧着ペンチがありました。

雑貨市のようなところで購入した売れ残りであろう安物の工具セットですが、度々このように私の人生の役に立ってくれます。圧着ペンチの隣にあるプライヤーは水道が漏れた時に助けられました。

ドライバーなどは見るからにバリがあり、決して品質が高いものとは言えませんが、純セレブスピーカーと同じように物の価値は価格ではありません。きちんと機能を満たせるかどうかです。

そしてダンボールに新聞紙や紙を詰め、総製作時間4時間ほどで、ダンボール製の純セレブスピーカーが完成しました!

総コストは440円でした(ダンボール200円、端子240円)。

そして早速音を出してみると、厚紙バージョンのティッシュ箱の純セレブスピーカーよりも、さらに音に厚みが出てくれました

また全体的にクリアになった印象があります。今まで気づいていなかったコーラスなどにも気がつくことが出来ました。

低音は強くないのですが、だからといってベースやバスドラムの音が聞こえないわけではありません。無駄にうるさくないので、とても聴きやすいスピーカーになりました。

そしてスピーカーユニットが二つあるおかげなのか、音の奥行だけでなく、高さまで出たように感じました。

アンプが元々5ワットのスピーカー用だったので、スピーカーユニットだけ大きくしても意味がないかもと心配していたのですが、あまり関係ないようでした。

純セレブスピーカーを考案した片岡祐介さんと安冨歩さんが、「アンプは変に作り込んでいない安いもので十分」と紹介していたので、問題なかったのだと思われます。

ちなみにある動画で安冨歩さんが「アンプにこだわるのであれば」と、すすめていた高音質のアンプはこちらです。

プロケーブル Dayton

プロケーブル 電源ケーブル

電源ケーブルの価格も含めて考えると、今の私にはなかなか手が出ない価格ですが、いつか購入してみたいですね。プロケーブルさんはamazonよりもかなり安いので節約という意味でもおすすめです。ただ私が購入する時に無くなっていたら困りますが(苦笑)。

(追記、⇒amazonでセールになっていました。電源ケーブルの性能も含めて考えてみてください。)

(追追記、セールは一時的なものだったようで、再び価格が上がっていました。)

私が二つ目の純セレブスピーカーを自作して思ったのは、世の中に出回っているコスパ最強のスピーカーよりも、圧倒的に最強だということです。

もちろん私は音楽に詳しいわけでもなく、聞き比べたわけでもありませんが、純セレブスピーカーは別次元の音質なので、比較にすらならないように感じます。

おそらくジャンク品のスピーカーでも買ってくれば1000円以内で完成すると思うので、コスパ最強なのは間違いありません!

参考不要なモノはリサイクルショップでよくわかる!

ただ自分で作るのは結構大変なので、自作してみたい方は「それなりに覚悟してね!」ということだけです。

ちなみにA4サイズのダンボールだと、ティッシュ箱と比べてこれぐらいの大きさになります。

流石にこの大きさとなるとパソコンの横には置けないので、二作目は寝室で音楽を楽しむ用にしました。

100円ショップにはB5サイズのダンボールも売られていたので、自作したい方はそちらの方が良いかも知れません。

これらの作業は技術がある人であれば、何とてことないのかも知れませんが、私のようにこれといった技術もなく、道具もないという方であれば、自作するよりも専用のキットがおすすめです。

純セレブ堂

「SOLD OUT」になっているかも知れませんが、度々販売が再会されているようなので時々チェックしてみてください。おそらく同価格帯で売られているコスパ最強のスピーカーよりも、圧倒的に最高ですよ!

まとめ 自分の耳(頭)で判断しよう!

私は純セレブスピーカーとの出会いのおかげで、このような様々な気づきがあり、物事の本質について考えさせられる良いきっかけとなりました。

お金をかけるのが悪いわけではありませんが、本当に自分が求めている物(機能)をしっかりと把握することが出来れば、それほどお金をかけずとも出来ることが見つかるものです。

元々私は数年前から良い音楽を聴きたくなり、当時の最新のウォークマンを購入し、それなりのヘッドホンを購入して楽しんでいました。

この選択も当時の私にとっては最適解でした。本格的なオーディオセットを揃える予算がなく、私なりに考えて導き出した答えです。

ですが、どうしてもヘッドホンだと耳が痛くなり、長時間リラックスしながら聴くことが出来ませんでした。さらに眼鏡をかけるとヘッドホンと挟まってしまい、想像以上に使いどころがありませんでした。

それで取りあえず純セレブスピーカーの元となった小さなスピーカーを購入したのですが、あまりの音質の悪さに聞いていられませんでした。

ここで私の思考は止まっていたのですが、純セレブスピーカーの存在を知ったことで、再び私の良い音楽を聴きたいという欲求が復活してくれました。

これと同じように、昔の自分では実現できなかったことでも、現在の自分であれば可能な選択肢があるかも知れません。

昔に比べて格段に情報を収集しやすい時代なので、簡単に諦めてしまうのはもったいないです。純セレブスピーカーのように、意外な解決策が見つかるかも知れません。

ただ私の友達のようにネットで「コスパ最強スピーカー」と検索して、手っ取り早く答えを探すのもいいですが、その答えが必ずしも自分自身に当てはまるとも限りません。

そのような情報を参考にするのは構いませんが、そのまま鵜吞みにしてしまうのではなく、しっかりと一度自分のフィルターに通して判断することで、より良い選択が出来るのだと思います。

ネットゲームに合うスピーカーがどんなものなのか知りませんが、おそらく低音を強調したスピーカーよりも、細かな効果音を的確に聞き分けられるスピーカーの方が、ゲームをプレイする上で相性が良いのではないでしょうか。

そのような基準でコスパ最強のスピーカーを選ぶことは出来ると思いますが、そもそもの基準が曖昧だとコストは良くてもパフォーマンが良いとは限りません。

少し前にある雑誌の企画で「コスパ最強の腕時計」の特集が組まれていたのですが、腕時計に時間を知るという機能を求めるのであれば、100円ショップの腕時計がコスパ抜群ですし、スマホで事足ります。

もちろん腕時計にファッションとしての機能や、ブランディングとしての機能(お金持ちを装う)を求めるのであれば、様々な選択肢があるのでコスパ最強という目安が参考になるのかも知れませんが、自分が求めている機能をしっかりと把握していないと、様々なズレが生じてしまうものです。

カジュアルなファッションに金のロレックスは似合いませんし、スーツにGショックは似合いません。

ゲームを好きな方が、初めから攻略サイトを見ながら効率よく進めても楽しいものではありません。

これらは節約も同じです。

節約を始めた方は何かしらの目的があったはずですが、それが行き過ぎて節約そのものが目的にすり替わってしまっている方がいるものです。

子供の未来の為に節約してお金を貯めていたのに、現在の子供をないがしろにしてしまっていては本末転倒です。

世の中に出回っている様々な情報を鵜吞みにするのではなく、しっかりと自分の頭で考えた上で、上手く取り入れられるようになってほしいと思います。

純セレブスピーカーも高音質でコスパ最強のスピーカーを求めている人には最高の選択肢になりますが、オーディオやスピーカーをインテリアとして機能させるのであれば、良い選択とはいえないかも知れません。

また自宅の部屋の壁が薄くて音漏れするのであれば、ヘッドホンの方が向いているかも知れません。耳に優しいヘッドホンや眼鏡と干渉しないヘッドホンも見つかるかも知れません。

しっかりと自分の頭で良く考え、最適な物を選べるようになってほしいと思います。

凄くお腹が減っている時ならホシ付きレストランのコース料理より、素早く提供してくれる吉野家の牛丼の方が美味しいものです。

ミシュランや食べログの評価を参考にするのは構いませんが、それらの評価を鵜吞みにしてばかりいると、本当に自分が好きなものまでわからなくなってしまいますよ。

続々純セレブスピーカー

ダイソーの300円スピーカーを改造して純セレブスピーカーを作ってみた

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]