節約はレジャー!

純セレブスピーカーのアンプの情報についてまとめてみた

純セレブスピーカーの壁?

当ブログでは純セレブスピーカーについて色々と紹介してきたのですが、

参考純セレブスピーカー(カテゴリー)

嬉しいことに実際に作ってみたという人から連絡をいただくことがあります。一方でアンプがよくわからないという理由で躊躇してしまうという人もいました。

以前の記事でもアンプについて紹介はしているのですが、改めて今回は純セレブスピーカーのアンプの情報についてまとめて紹介します。

アンプとは?

そもそもアンプとはWikipediaによると、

音響機器(オーディオ機器)におけるアンプ(英: amplifier)とは、音響を表現した電気信号を増幅する機器である。日本語では慣例的に、英語名amplifier(アンプリファイア)を短縮させ「アンプ」と呼ばれることが多い。

とありました。

私なりに簡単に説明すると、音楽を再生する機器から出力される音の大きさというのは、耳の近くで聴くイヤホンやヘッドホンぐらいの音量しかなく、そのままスピーカーに接続すると音量が小さ過ぎるので、マイクのように音を大きくするのがアンプの役割です。

ラジカセやコンポのようなオーディオには、既にアンプが組み込まれているので大きな音に増幅することが出来るのですが、スマホやiPodのような小型の再生機器にスピーカーを接続するとなると、大きな音を出す為に別にアンプが必要になります。

ダイソーの300円スピーカーのように、アンプがスピーカーケースの内部に内蔵されているものもあるので、アンプの存在が分かりにくいのかも知れません。

私のようにオーディオマニアでもない人にとっては、これぐらいの理解で十分かと思います。

純セレブスピーカー向けのアンプ

純セレブスピーカー向けのアンプといっても、必ずしも正解があるわけではありません。基本的にはオーディオ用のアンプであれば問題ありません。

ただ純セレブスピーカーの開発者である片岡祐介さんや安富歩さんによると、個性の強い高価なアンプとは相性が悪いケースがあるようです。純セレブスピーカーの販売ページで紹介されているアンプも比較的安価なものです。

高価なアンプほど細かく音質を調整できるのですが、それだけに様々な部品が組み込まれることになり、純粋な音源の音から遠ざかってしまうことがあるようです。

純セレブスピーカーの初期の動画では、音楽雑誌に付属していた安価なアンプと相性が良いと紹介していたぐらいなので、初めて挑戦するという人は、それほど高価なものでなくても良いかと思います。

実際に私も初めて製作した純セレブスピーカーでは、安価なスピーカーに内蔵されていたアンプのままでしたが、驚くほど澄んだ音になって感動したものです。

純セレブスピーカーの販売ページでも紹介されていうアンプ(→)は「Nobsound NS-01G Pro パワーアンプ」です。

これは私も所有しているのですが、ブルートゥース接続もできるので使い勝手がとても良いです。

ただ一般的な家電量販店で売られているものではないので、ネット通販で用意することになるかと思います。

楽天よりもamazonの方が価格が安くなっていました。ただamazonではもう少し安い価格のものも見つかるのですが、電源ケーブルが付属していない物もあるので気をつけてください。

もう一つ紹介しているアンプ(→)は「Dayton Audio DTA-120」です。

こちらは2万円オーバーで電源ケーブルも別売りで、スピーカーケーブルとの接続にもバナナプラグが必要になります。

初めて純セレブスピーカーを作るという方には向いていないかも知れませんが、既にオーディオにこだわりがある人には向いているのかと思います。音質も素晴らしいのだそうです。

そして最近は様々な方が純セレブスピーカーを試すようになり、他のアンプの情報も増えてきました。

この「Lepy LP-2024+ デジタルアンプ」は数年前からオーディオマニアの世界で安価にも関わらず音質が良いと話題になっていたものです。

これもamazonでは価格が様々なのですが、頻繁にモデルチェンジを繰り返しており、年代や販売店によって品質や付属品に随分と差があるようでした。古いものだとLepaiという名義だったり、スピーカーケーブルを接続するターミナルのLRが逆になっているという情報もありました。

このLepyのアンプにはさらに格安のモデルもあり、ほとんど見た目が同じでこれらの評判も上々なのですが、価格が安いものだと一切ケーブル類が付属されていないので、あまり詳しくない人には向いていません。

他にもamazonでアンプを探すと、格安のアンプがたくさん見つかるのですが、基盤がむき出しのものだったり、ケーブル類が付属していないものも多いので、しっかりとチェックしてから選んでください。

ケースや付属品まで別に購入するとなると、結果的に高くつくことも多いので、よくわからないという方は、やはり公式ページでもすすめているアンプを選ぶのが間違いないかと思います。

一方でとにかく安く純セレブスピーカーを試してみたいという方には、ダイソーの300円スピーカーに内蔵されているアンプを利用する方法もあります。

あまり良いアンプとは言えないのですが、純セレブスピーカーにすることで、デフォルトのプラスチックのスピーカーよりは、格段に音質が向上してくれます。

この方法についても以前にも紹介したことがあるのですが、

参考純セレブスピーカーの作り方を改めて紹介してみた

スピーカーとアンプを接続するケーブルがあまりにも短いので、純セレブスピーカーならではの楽しみであるダンボールや中に詰める紙の調整がしにくいというデメリットがあります

ハンダを扱える人であれば、長いケーブルに替えることも出来なくはないのですが、アンプの基盤が小さくて安い作りなので、かなり慎重に行わないとハンダをつけた基盤ごと剥がれてしまうかも知れません。

実際に私も太いケーブルを付けようとして失敗して台無しにしてしまいました。

この辺は個人の技術にもよるので何とも言えませんが、ケーブルの弾力で動いてしまうほど小さな基盤なので、上手く固定するなど工夫しながら慎重に行ってください。

ダイソーのアンプを活かしたままケーブルを長くするのであれば、既にハンダで取り付けられているケーブルに、別のケーブルを接続した方が難易度が低いかと思います。

以前の私はこのように端子で延長したのですが、切り替える必要がないのであれば、ケーブルの銅線を直接接続しても良いかと思います。

ちなみに片岡祐介さんはダイソーの300円スピーカーのカバーをアンプケースにするという画期的な方法を紹介していました。

amazonでも格安でこのようなターミナルが売られていますし、ホームセンターなどでも見つけることが出来ます。ホームセンターならカー用品コーナーに電装品の部品が売られていることが多いですね。

ダイソーの300円スピーカーのアンプで長く楽しみたいという方は、安全の為にもアンプの基盤がむき出しのままにならないように、このような工夫をするのが良いかと思います。

どのアンプが正解と言えるものではありませんが、純セレブスピーカーを試してみたいという人は、それぞれの予算に合わせて選んでみてください。

ただダイソーの300円スピーカーのケーブルのままで純セレブスピーカーを作っても、ケーブルが短か過ぎて良さ(箱の調整)が出にくいので、それで「純セレブスピーカーは大したことがない」と判断するのは時期尚早ですよ。

ホントに箱の大きさや紙の詰め具合で劇的に変化してくれるので、自分好みに音質に近づけて楽しいですよ。

アンプの電源も重要!?

少し前から純セレブスピーカー愛好家の中で、アンプの電源についても議論されるようになりました。

この辺はオーディオマニアの世界では常識らしく、こだわりが強い人は自宅の敷地にオーディオ用の電柱を設置したり、アースの為の杭を打ったりするそうです。

ここまでお金を掛けられるのは一部の人だけですが、車用のバッテリーから電気をもってくることで電圧が安定するなど、様々な工夫がされているようでした。

この辺の事が詳しく解説されている方のブログ記事があったので紹介しておきます。

アンプの音を決めるのは電源です。電源は電池が最適。

高価なアンプにはこの不安定な電圧を安定させる為にコンデンサーなどが組み込まれているのですが、それ自体が音に影響(ノイズ)を与えてしまうことがあるそうです。

素直な音が出る純セレブスピーカーだからこそ、そのような余計な機能がない安価なアンプと相性が良いと考えられているのですが、それでも電圧の変化によるノイズが全くないわけではないので、電池で駆動すると音質がよりクリアになるのだそうです。

音楽を聴く度に新しい乾電池を用意するとなると経済的に大変ですが、既に充電池などがある方は12V出力が可能な電池ボックスなどで試してみる価値があると思います。

電源をUSBでとれるアンプであれば、スマホなどのモバイルバッテリーを試してみるのも良いかも知れません。

 

ちなみに私は充電池をもっていないのでモバイルバッテリーで試してみたのですが、違いはよくわかりませんでした(苦笑)。

あと車にUSBポートがあれば同じようにアンプを接続することができます。シガーソケットからでもこのようなグッズを利用すれば可能ですが、高速充電と低速のものがあるので、それらの違いによって影響があるかも知れません。

私も自家用車のUSBポートで試してみたのですが、かなり良い音がしてくれました。ただ車内という閉ざされた空間で音が響くので、電源の影響なのかどうかはイマイチ判断できませんでした。

あと車内は左右のスピーカーを自分の耳を中心にバランスよく設置できないので、音の方向が気になりました。純セレブスピーカーは定位が良いだけに、ちょっとした向きで聴こえ方が変わるものです。

純セレブスピーカーを試してみたい人は、いきなりアンプの電源にまでこだわる必要はないかと思いますが、高価なアンプでなくても色々と音質を向上させる工夫があるという紹介でした。

まとめ アンプは何でもいい!?

オーディオマニアの人からすると、鼻で笑われるような情報だったかも知れませんが、純セレブスピーカーを試してみたいと考えている人の参考になれば嬉しいです。

私は高価なアンプを持っているわけでもないですし、一概にアンプの質によってどれぐらい音質が変わるかとは言えないのですが、全く同じアンプでもスピーカーの構造を純セレブ化(ダンボール)することで、劇的に音質が向上することは体感しています

アンプは何でもいいとは言いませんが、アンプによる音質の変化よりも、純セレブスピーカーにすることによる変化の方がずっと大きいと思うので、ぜひ体感してみてほしいと思います。

オーディオの世界はお金を掛けようと思えば天井知らずの世界ですが、純セレブスピーカーであれば、それほどお金を掛けずとも工夫次第で楽しめるものですよ。

吉野家が牛丼に適している牛バラ肉(ショートプレート)をあえて使用するように、サシ(脂身)の多い高価な部位の肉が、必ずしも全ての料理に適しいているわけではありません。

わざわざ牛を運動不足にして脂身を増やし、エサを無理やり与えて太らせたA5ランクの牛肉が、全ての人にとって美味しいと感じるものでもありません。

高価な肉が悪いというわけではありませんが、しっかりと自分の基準で判断することがないと、無駄に高くて美味しくもないものをつかまされてしまうかも知れません。

高価な機械式腕時計ほど余計な機能が満載で時間がズレるものです。正しい時刻を知りたいのであれば、1万円ぐらいの電波時計の方が正確でメンテナンスも楽です。

高価な腕時計による優越感を求めるのは自由ですが、世間の常識に当てはめて「とりあえず管理職ならロレックスぐらいを持っていないとな」と安易に選んでしまうと、余計な嫉妬やメンテナンス費用に苦しむことになるかも知れません。

世間一般の常識や専門家の意見を参考にするのは構いませんが、そのまま鵜吞みにするのではなく、しっかりと自分の基準に当てはめて判断するようにしてください。

そういう意味でも純セレブスピーカーと向き合うことは、とても学びがあると思います。本当に気持ちの良い音を体感できると、世間の常識が誰かの意図によって作られているいびつなものだと知る良い機会になると思います。

本質を見極める能力が求められる節約家にこそ、純セレブスピーカーを試してみる価値があると思います。もちろん音楽を聴く習慣がない人にとっては意味がないものなので、無理に試してみる必要はありませんが。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。