節約はレジャー!

お風呂の洗剤がないときは食器用洗剤で代用しよう!

お風呂の洗剤がない!?

数日前にお風呂に入ったタイミングで洗剤を使い切ってしまい、「詰め替えパックを買わなきゃ」と思っていたのですが、このタイミングで久しぶりに風邪をひいて二日ほど寝込んでしまいました。

風邪は無事に治ったのですが、二日間お風呂に入っていなかったので身体がベタベタでした。その状態で外出するのもイヤなのでシャワーを浴びたのですが、そこでお風呂の洗剤を切らしてしまったことを思い出しました。

そこでまた思い出したのが、昔読んだヨーロッパに嫁いだ日本人女性の本の内容でした。

どこの国に嫁いだのか忘れてしまったのですが、その国では日本のように様々な箇所に合わせた専用洗剤というものがなく、食器もお風呂も車もトイレも同じ洗剤で洗っていたという驚きの内容でした。

その事を思い出し、思い切って食器用洗剤でお風呂掃除をしてみました。

食器用洗剤でお風呂掃除!

結論から言ってしまうと、食器用洗剤でも全く問題なくお風呂掃除できてしまいました

ちょうどお風呂掃除用の洗剤の容器が空だったので、水ですすいでから少量の水と食器用洗剤を数滴たらして軽くシェイクしました。

それを普通のお風呂用の洗剤として使ってみると、全く問題なく掃除できました。

流石にお風呂掃除の専用の洗剤ほどの泡立ちはありませんでしたが、そもそも食器洗い用の洗剤の泡立ちは良いので、スポンジで擦っているうちにどんどん泡だっていきました。

食器洗い用の洗剤は泡切れもいいので、お風呂掃除に何も問題を感じませんでした。

一部の食器用洗剤には香りがついているので多少は影響があるかも知れませんが、私が使用していたのは普通のタイプだったので香りが残るようなことも一切ありませんでした。

専用洗剤はいらない?

食器の汚れとお風呂の汚れと車の汚れとトイレの汚れの成分が同じではないので、それぞれの汚れを落としやすい専用洗剤があるのもわかりますが、そもそも洗剤の主な成分は石油ベースの界面活性剤です。

汚れに合わせて酸性、アルカリ性、中性などありますが、よほど頑固な汚れでもない限り、平均的な中性洗剤で事足りるものです。

そもそも洗剤が汚れを落とすメカニズムというのは、きめ細かな泡が汚れの間に入って浮かしてくれるからです。界面活性剤を泡立てれば勝手に汚れを囲って落としてくれます。

よほど頑固な汚れでもない限り、洗剤の成分はそれほど重要ではないのかも知れません。

各社様々なオリジナルの専用洗剤を販売していますが、洗浄成分の差というよりはパッケージや香りや使い勝手の差なのだと思います。

お風呂掃除専用の洗剤の中には、きめ細かな泡のおかげで「擦らなくても汚れが落ちる」といった感じのものもありますが、本当にそれだけでお風呂掃除を済ませている方は少数派なのではないでしょうか。

多くの方はスポンジなりブラシで軽く擦ってお風呂掃除をしていると思います。

そう考えると少量でも泡立ちの良い中性の食器用洗剤は、かなり万能なのかも知れません。

食べ物を扱う食器や調理器具を洗える洗剤ですし、むしろ身体に悪い成分は少ない気もします。

食器用洗剤の使い道

そこで食器用洗剤の活用法について調べてみると、当たり前のようにお風呂掃除が紹介されていました。

そのほかにもトイレやコンロの掃除にも向いているそうです。中性なので基本的にあらゆる汚れを落とすことが出来るそうです。

さらに窓掃除や壁紙の拭き掃除にも向いているそうです。食器用洗剤の原液をかなり薄め、硬く絞った雑巾で拭くだけで良いそうです。

他にもYシャツなどの襟や袖に染み付いた皮脂汚れに、食器用洗剤の原液をまんべんなく塗り、その後に普通に洗濯機で回すだけで綺麗に皮脂汚れが落ちるそうです。

襟や袖の皮脂汚れを落とす専用の洗剤も売られていますが、わざわざ専用品を購入しなくても代用できるものです。

そう考えると人間の皮脂汚れがついてしまうお風呂の掃除にも、食器用洗剤は向いているのかも知れません。

まとめ 食器用洗剤は安い!

当サイトでは以前に電気ケトルの掃除方法を紹介したことがあるのですが、

参考電気ケトルをクエン酸で簡単洗浄

電気ケトル専用の洗剤の成分が、まさに「クエン酸」だったことについて触れました。

専用の洗剤だと一回の掃除に90円ほどかかる計算になるのですが、100円ショップに売られているクエン酸の量だと六回分に相当しました。

専用の洗剤だと容量をはかったりする手間がないので楽ではあるのですが、節約という意味では一般的に売られているクエン酸を使用した方が圧倒的にお得です。

お風呂の掃除専用の洗剤にも同じような印象を持ちました。

お風呂掃除専用洗剤も詰め替えパックを利用すれば、それほど高いものではありませんが、同じような価格帯でも食器用洗剤はかなり濃縮されているので、一度の洗剤の使用量は圧倒的に少ない傾向があります

食器用洗剤にもお得な詰め替えパックがあるので、そちらを家中の掃除に利用すれば、かなりの節約になるのではないでしょうか。

流石にトイレにこびりついた頑固な尿石を落とせるとは言いませんが、日頃からトイレ掃除をしている方であれば、そもそも頑固な汚れなどないはずです。

ただし、トイレ用の洗剤の容器に食器用洗剤を入れるようなことはしないでください。混ぜるな危険です。これだけは絶対に守ってください!!

ちなみに私は食器洗い用のスポンジで、お風呂掃除をしています。

その理由は食器洗い用のスポンジが激安だからです(笑)。

参考食器洗い用のスポンジの交換時期は?

お風呂掃除専用のスポンジは一つでも100円以上しますが、私が食器洗い用のスポンジを購入している激安スーパーのトライアルでは、5つ入りで68円(しかも税込み価格)で売られています。

参考トライアルは節約家の強い味方!

食器のような傷つけてはいけないモノを洗うのに優れているスポンジであれば、お風呂場を傷つけるようなこともありません。

お風呂掃除に限ったことではありませんが、何にでも専用のモノが売られているものです。プロのように頻繁に掃除をする方であれば、使い勝手の良い専用品の方が効率が良いとは思いますが、一般家庭であれば必ずしも専用品である必要はないと思います。

料理でも基本的な調味料を抑えておけば様々な料理に対応できますが、回鍋肉専用の調味ソースや八宝菜専用の調味ソースなどをいちいち揃えていると、お金もスペースもどんどん奪われてしまうものです。

結局は管理しきれなくなって、賞味期限が切れてしまうかも知れません。

一方で中華味の万能調味料というものもあります。細かな味付けは塩などで整える必要がありますが、中華味の万能調味料さえあれば、多くの中華料理に対応できるものです。

同じように中性の食器用洗剤も様々な箇所の掃除に利用できます。食品をのせる食器を洗うぐらいですから、しっかりとすすげば問題ないはずです。

ちなみに一部の食器用洗剤の注意書きには、野菜を洗うのに利用できると書いてあります。野菜の土汚れや農薬を落とすのにも使えます。

もちろん、しっかりと水ですすぐ必要がありますが、それだけ安全な洗剤なのだと思います。

お風呂場の頑固なカビを綺麗に落とせるとは言いませんが、

参考お風呂掃除を簡単に済ませる方法

日ごろのお風呂掃除としては、食器用洗剤でも全く問題がなく代用できるものです。洗剤の価格そのものが高いものではないので、大きな節約の効果は期待できませんが、モノを少なくするという意味でも悪くないなと感じています。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]