節約はレジャー!

ノーシャンプー&脱石鹸で一年経って感じていること。

ノーシャンプー&脱石鹸とは?

「ノーシャンプー脱石鹸」というのは、言葉の通りにシャンプーも石鹸も使用しないことです。基本的に水やお湯だけで身体を洗います。

私は数年前からノーシャンプーや石鹸を使わない方法に興味があったのですが、どうしても体臭のリスクがあると考えてしまい、なかなか踏み出せなかったのですが、ちょうど一年ぐらい前に宇津木龍一さんの「シャンプーをやめると、髪が増える」という本を読み、思い切って完全にシャンプーと石鹸を経ちました。

その本の内容については別のところでも詳しく紹介したのですが、

参考シャンプーをやめると髪が増える|レビュー

ちょうど今月に入って「ノーシャンプー&脱石鹸生活」を実践して一年経過したので、実際に私が感じたことを紹介します。

まずは、あえてデメリットから紹介します。

ノーシャンプー&脱石鹸のデメリット

シャンプーや石鹸を使用しない事によるデメリットというのは、何といっても精神的なストレスを感じることです。

より詳しく言うと、

「他人から臭いと思われないだろうか?」

といった不安がどうしても付きまといます。長年の習慣を変えるというのは、簡単ではありません。

初めの頃はこれが一番のストレスでした。

頻繁に自分の匂いをチェックしたり、柔軟剤を香りの強いタイプに変えたりなど、常に不安がありました。

私は男の一人暮らしであり、職場でも頻繁に人と接する環境ではないのですが、営業職や接客業のように人と接する機会が多い方ほど、これらのストレスを感じる可能性が高いです。ちょっとした指摘で断念してしまうかも知れません。

せっかくシャンプーや石鹸の弊害を避けることが出来ても、強いストレスを感じてしまうと健康に良いわけがありません。

私がこの時期を乗り越えられたのは、それこそ宇津木龍一さんの本や藤田紘一郎さんの本を読み込んだからです。やはりお医者さんの意見には説得力があります。

参考藤田紘一郎のハゲが改善した理由

中途半端な知識でシャンプーや石鹸を経つのは難しいと思うので、心から信じられる段階になるまでは安易に挑戦しない方が良いかも知れません。

この自分の中から沸き起こる精神的なストレスこそが、ノーシャンプー&脱石鹸の一番の難敵です。

興味があるという人は、先にしっかりとこれらの知識を学ぶことがおすすめです。

ノーシャンプー&脱石鹸のメリット

一方でノーシャンプー&脱石鹸をしたことによるメリットは計り知れません。

明らかに髪質が変化しました。これは朝の寝ぐせの付き具合で日々実感しています。

昔の私は薄毛に悩んでいたこともあり、髪質が細く張りもなかったので、ほとんど寝ぐせが付きませんでした。たまに付いても軽く指で撫でるだけで収まってしまう程度でした。

それが現在では簡単には治せなくなりました。毎朝寝ぐせと格闘するのは面倒くさい反面、嬉しいものです。

また頭皮が柔らかくなったのも実感しています。よく薄毛の人の頭皮は硬いと言われているのですが、私の頭皮は厚みが増して柔らかくなりました。

また背中のニキビが全くできなくなりました。昔から常に背中にいくつかニキビがあったのですが、ノーシャンプーと脱石鹸のおかげで落ち着きました。

他にも肌や唇が乾燥してひび割れたり、粉をふくことも無くなりました。流石に空気が乾燥している冬場にシャワーを浴びた直後だと、多少は乾燥してしまうのですが、それでも一時間も経つと落ち着くようになりました。もちろん化粧水や乳液は使用していません。

また白目も綺麗になりました。これは母親から言われて気づいたのですが、昔の私の目はよく充血していたそうです。

「シャンプーをやめると、髪が増える」にも書いてあるのですが、シャンプーや石鹸をすすぐとき目に入ってしまうとダメージを受けるそうです。

誰でも明らかに泡が目に入れば沁みて分かるものですが、すすぎの時の僅かな残留成分が目に入っても影響があるのだそうです。

そしてデメリットのところで気にしていた体臭ですが、これはむしろ匂わなくなりました。

私は腋臭体質で脇の匂いのケアをしているのですが、たまに忘れてしまうとかなり匂っていたはずが、そうでもなくなりました。

参考ミョウバンの消臭効果が最高!

流石に完全に腋臭でなくなったわけではないのですが、明らかに薄まりました。また消臭ケアの時間も長持ちするようになりました。

さらに細かな事を言えば、爪が綺麗になったり、足裏のガサガサが無くなったり、カミソリ負けをしなくなりました。

これらのようにノーシャンプー&脱石鹸は、身体にとっては良いことだらけです。一年以上経って益々これらの効果を実感しています。

しかも期待していなかったメリットまでたくさんありました。

ノーシャンプー&脱石鹸の意外なメリット

単純にシャンプーや石鹸の購入費用が発生しないので、節約という意味でメリットがあるのは当たり前ですが、それだけではありませんでした。

なんとお風呂掃除が楽になりました。

シャンプーボトルの底がカビることがなくなる、というようなことではなく、お風呂場全体の汚れが少なくなったということです。

もちろん全く汚れないわけではないのですが、簡単にお風呂場の汚れが落ちるようになったと感じています。

昔はゴシゴシとブラシで擦ったり、たまにカビ取り剤を使用していましたが、現在では食器洗い用のスポンジと洗剤だけで軽くこするだけで綺麗になってしまいます。

参考お風呂の洗剤がない時は食器洗い用がおすすめ!

そもそもお風呂場の汚れというのは、人間の垢や皮脂汚ればかりでなく、シャンプーや石鹸カスも原因だったのかも知れません。

また私は腋臭体質だと言いましたが、肌着やシャツの脇の汚れも明らかに少なくなりました。

腋臭の人であればわかると思うのですが、洗濯機だけでは匂いを落としきれないので、洗濯前に脇の辺りを手でもみ洗いをする必要があります。

これは毎回ではないのですが、洗濯三回に一回ぐらいの頻度で漂白剤を塗り込んでもみ洗いしていたのが、この頻度が伸びてきました。

いつも洗濯前に鼻を近づけて匂いをチェックするのですが、自分でも驚くほど匂いが薄くなってきました。

おそらくノーシャンプーや脱石鹸のおかげで、皮脂の分泌量が減ったからなのだと思われます。

そして同じような理由でワイシャツの襟や袖の黒ずみも明らかに少なくなりました。こちらも以前は手でもみ洗いをしていたのですが、その頻度が明らかに減りました。

現在では月に一度ぐらいです。洋服に染み付く匂いが抑えられたのは嬉しいメリットとなりました。

石鹸やシャンプーで皮脂を取り過ぎなくなったおかげで、過剰に皮脂が分泌されなくなったからなのだと思います。

お風呂掃除と洗濯が楽になったことは、ノーシャンプー&脱石鹸の意外なメリットでした。もちろん節約的にも助かっていますが。

まとめ もう戻れない!

私はシャンプーや石鹸を使う生活には戻れそうもありません。初めの頃は不安でしたが、その時期さえ乗り越えてしまえばメリットだらけです。

完全にシャンプーや石鹸を経ってから、ちょうど一年を過ぎましたが、未だに体臭を指摘されたことはありません。

匂いを指摘するのは誰もが出来ることはありませんが、私の両親に聞いても「何も感じない」と言われますし、恋人には「子どものような匂いがする」とまで言われました。

生意気盛りの5歳の甥っ子と遊んだ時も、私の身体に何度も抱きついてきました。この甥っ子は思っている事を平気で口に出すので内心ひやひやしていたのですが、問題ありませんでした。

少し前にちょっとした同窓会のようなものがあり、数年前の私を知っている同級生からは「増毛したの?」と疑われましたし、女性陣からは「肌が綺麗!」と褒められました。

自分でもびっくりするぐらい良いことだらけでした。

私の実体験がノーシャンプー&脱石鹸に興味のある人の参考になれば嬉しいです。本当に挑戦する価値があると思います。

ただし、注意点としては、

「シャンプーや石鹸を使っていない」

事を人に言わないことです。これを言ってしまうと、気持ち悪がられたり、わざわざ周囲の人に言いふらされたりしてしまいます。

実際に私もその同窓会で言ってしまい、その場に参加していない同級生にまで知れ渡ってしまいました。

私の匂いをわざわざ嗅ぎにきた女性までいたのですが、「別に臭くないね」と言われましたが。

ただ噂話には尾びれがつくものなので、わざわざ言う必要はないと思います。

他に注意点としては、いきなりシャンプーや石鹸を経つとフケや痒みに悩まされる人がいるそうです。

長年の習慣で皮脂を根こそぎ落としていると、それを補う為に大量の皮脂を分泌しているので、そのサイクルが狂ってしまいます。

私は数年前からノーシャンプー&脱石鹸の事を知っていたこともあり、一年前にシャンプーと石鹸を完全に経つ数年前から、石油ベースの石鹸ではなく、洗浄力があまり強くない純石鹸を使用しており、それで髪も洗っていました。

この準備段階があったからなのか、特にフケや痒みが出ることもなく、一年で肌質や髪質が劇的に良くなってくれましたが、いきなりシャンプーや石鹸を経ってしまうと、皮脂の分泌が落ち着くまでの期間が必要かも知れません。

宇津木龍一さん自身の薄毛が改善したのも3年ぐらい経った後だったようなので、過度な期待や即効性は求めない方が良いかと思います。

肌荒れなどは即効性があると思いますが、肌質や髪質の改善を実感するには、それなりに期間が必要だと思うので、これらを理解した上でチャレンジしてほしいと思います。

いきなりノーシャンプー&脱石鹸に挑戦するのも良いのですが、まずは普段使用しているシャンプーや石鹸の量を減らしたり、優しいタイプに変えるのも良いかと思います。

ただ名前だけ優しいシャンプーや石鹸も多いので気をつけてください。植物由来っぽいネーミングの商品でも、実際には石油ベースというものもあります。

ちなみに純石鹸は肌に優しいのですが、泡だちが悪いという特徴があります。なので当時の私は泡立ちの良いタオルを使用していました。

参考泡立ちの良いタオルは石鹸を節約できる!

純石鹸を普通のタオルで泡立てると、かなり消費量が増えてしまうので、節約的にも泡立ちが良くなるグッズはおすすめです。

普通のシャンプーや石鹸といったものでも、しっかりと泡立てる事で使用量を減らす事につながりますし、原液が付いて肌に負担をかけるリスクも減らせると思います。

またシャワーの温度も高すぎると皮脂を落とし過ぎてしまうので、寒くならない程度に下げてみてください。

少しずつでも出来る事から挑戦してみてほしいと思います。ある程度の準備段階を経てからの方が、スムーズにノーシャンプー&脱石鹸に移行できるかも知れません。

また不安な気持ちを抑える為にも、宇津木龍一さんの「シャンプーをやめると、髪が増える」を読んでみてください。私はかれこれ十回以上は読んでいます。

【amazon】シャンプーをやめると、髪が増える

【楽天】シャンプーをやめると、髪が増える

この本の中では準備段階を取るのではなく、パッと全てやめた方が良いと書かれているのですが、私の実体験からするとレベルが高い事だと思うので、徐々に移行するといった流れでも良いとは思っています。

このような過激(刺激的)な内容の本は、決してテレビのような大手メディアで紹介されることはありません。

シャンプーを販売している会社がスポンサーから降りてしまうので、どんなに効果があっても認められません。おそらくNHKですら難しいと思われます。

雑誌でも化粧品メーカーが広告を出していることが多いので、滅多にこのような情報が紹介されることがありません。

大手メディアの言うことだけが正しい情報ではないので、しっかりと自分の頭で考えて判断してほしいと思います。

また匿名性の高いネット上では、これらの意見に賛同する人がいる一方、強く否定する人もいます。実体験を元に否定するのであればいいのですが、単純にシャンプーや石鹸が売れなくなると困る側の人が一定数いるので、それらを差し引いて冷静に考えてください。

もちろんシャンプーや石鹸を使用していても、全く肌や髪に問題がないという人もいます。私自身も若い頃は何も問題ありませんでしたが、加齢に伴う衰えによってバランスが崩れてしまうと、負担になってしまう事もあるので、自分の身体と向き合いながら考えてみてください。

体臭といったものも食生活や健康状態が関係してくるので、必ずしもノーシャンプー&脱石鹸によって改善するとは限りません。絶対的な正解など決められるものではありませんが、人によっては凄く相性が良いケースもあるので、若い頃から比べて体臭や肌荒れに悩むようになってきた人は、検討する価値があると思います。

コメント

  • 私もシャンプーと石鹸を止めて数年経ちますが、何もデメリットなど感じていません。衣類の汚れも少なくなったので洗剤を使わずに洗濯マグちゃんを利用しています。肌荒れは洗濯洗剤や柔軟剤の影響もあるので、それらも含めて改善していくのが良いと思いますよ。

    by 匿名 €

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]