節約はレジャー!

ミョウバンの効果に驚き!わきがの節約家に超おすすめ!

ミョウバンで消臭?

いきなりですが、私は「わきが」体質です。

お風呂上りでしっかり脇を洗っても、数時間も立てば、あのイヤな匂いが漂ってきてしまいます。

なので昔からロールオンタイプの制汗剤を利用していました。私のわきがのレベルだと、スプレータイプの制汗剤では持続時間が短すぎるからです。

取りあえずロールオンタイプであれば、どれでも消臭時間がそりなりに長いので、特に銘柄は気にしていなかったのですが、ある時にたまたまネットでセールになっていたモノ(⇒クリスタルストーン)を購入すると、私のわきがと相性が良かったらしく、しばらくこれを使用していました。

一般的なロールオンタイプは液体を塗り込みますが、これは石けんのような固形タイプだったので、正確にはロールオンとは言えないのかも知れません。

使用するときに少量の水をつけて、脇に塗り込みます。

スースーした感じもなく、汗をかいても自然な感じであり、さらに一般的なロールオンタイプよりも長持ちするので、私は節約という意味でも気に入っていました。

クリスタルストーンの成分表そしてたまたま成分表をチェックしてみた時に驚かされました。

少し見えにくいかも知れませんが、下から二行目の「成分」の欄が、

ミョウバン(有効成分)

のみだったのです。

そこである本を思い出しました。

【スポンサーリンク】

わきのニオイにはミョウバンが効く!

当サイトでは以前に宇津木龍一著の「シャンプーをやめると、髪が増える」という本を紹介したことがあるのですが、

参考シャンプーをやめると髪が増えるに衝撃!

この本の第四章158ページに「わきのニオイにはミョウバンが効く」と書いてありました。

改めて読み返してみると、わきがの人は脂質やたんぱく質を多く含む汗が脇のアポクリン線から出やすく、菌を分解(アルカリ性へ)して悪臭をはなつようになるそうです。

一方でミョウバンは水に溶けると酸性になります。

なので、あらかじめ脇にミョウバンを塗り込むことで、その後に汗が出てきても中和することが出来る、ということのようです。

そこで私は「だったらミョウバン水を作ればいいのか」ということになり、実際に試してみました。

ミョウバン水の効果

結論から言うと、自作したミョウバン水はロールオンタイプ(石けんタイプ)と比べて、消臭効果に遜色がありませんでした。

バッチリあの「わきが」のイヤな匂いを抑えてくれました。間違いなく効果ありです!

お風呂上りにミョウバン水を入れたスプレーを「シュッ、シュッ、シュッ」と両脇に3プッシュずつするだけで、次の日まで匂いませんでした。

しかもミョウバンそのものが安いものなので、節約的にもありがたい結果になりました。

ミョウバン水のつくり方

ミョウバン水のつくり方はいたって簡単です。少量のミョウバンを水に溶かすだけです。

本ではミョウバンの適量がわからなかったので、ネットで調べてみると100mlの水に対し2~4gぐらいとありました。

ただしミョウバンはすぐには水に溶けないので、よく振って冷蔵庫で一晩置いておくと良いそうです(2~3週間で使い切る)。

そしてそのミョウバン水を脇に塗る時は、さらに水で10倍ほど希釈して使用します。

たったこれだけです。

ミョウバンは安いものなので一回あたりの一円にもならないと思います。節約家にとってありがたい存在です。

ミョウバンの使い道

ミョウバンは「わきが」対策としては少量しか使わないので、他の使い道も紹介しておきます。

まずは洗濯です。洗濯時にミョウバン水を入れると、あのイヤな生乾き臭を抑える効果があります。洗濯機にある柔軟剤入れにミョウバン水を入れて使います。また洗濯層の匂いを落とす効果も期待できます。

そしてミョウバンはお風呂掃除にも有効です。お風呂場のカビにミョウバン水をつけて擦るとニオイまでスッキリと落としてくれます。鏡のウロコを落とすのにも効果的です。

そしてお風呂場で一番匂いやすい排水口の掃除にもおすすめです。また入浴剤として利用される方もいるようなので、入浴後にそのまま排水するだけで、排水溝やパイプの匂いを抑える効果が期待できます。

ミョウバンはさらにヤカンや電機ケトル、コーヒーメーカーの水垢やニオイを落とすことも出来ます。アルミ製は向かないので気をつけてください。

ミョウバン水は2~3週間で使い切った方が良いそうなので、「わきが」用につくって余ったミョウバン水は、他の用途にも使用してみてください。

ミョウバンの使い道について調べていると、重層の使い道とすごく似ていると感じました。重層は細かい粒子が汚れの隙間に入り込んで落としますが、ミョウバンは汚れや匂いの下となる成分を分解して落とすようなことなのだと思います。

どちらが優れているというよりも、汚れのタイプによって相性があると思うので、それぞれ試してみてほしいと思います。混ぜては使用しないでください。

【スポンサーリンク】

まとめ コスパ抜群

ミョウバン水による「わきが」対策は、コストパフォーマンスが最高です。節約家にとってこれほどありがたいことはありません。

冒頭で紹介した成分がミョウバンだけのロールオンも、一般的なロールオンと比べてコスパが優れていますが、金額的には自作したミョウバン水の圧勝です。

普通のロールオン(600円ぐらい)を使用していた頃は、毎月一本以上を使用していたました。この先のことを考えると、大いに節約に役立ってくれそうです。

私のように「わきが」に悩んでいる方は、ぜひミョウバンを試してみてください。

ちなみにミョウバンはスーパーや100円ショップやドラッグストアに売られていると言われているのですが、私が訪れたいくつかのお店では見つけられませんでした。

よほど検討違いな箇所を探していたのかも知れませんが、最後に訪れたドラッグストアで店員さんに聞いてみると、「うーん、どこかにあったかも・・・」となり、店員総出で探してくれることになりました。

そして、その結果、見つかりませんでした。

最後に店長さんらしい方が来て「申し訳ないのですが、ミョウバンは数年前から扱わなくなっていました」と謝られてしまいました。

それから自宅に戻り楽天で「ミョウバン」と検索すると簡単に見つかりました。ネットで小物を購入すると送料で高くなる思って店舗の足を運んだのですが、あっけなく送料無料のミョウバンが見つかりました。

ミョウバン 500g

(追記:すいません。私が購入したタイミングがたまたまセールだったようで、普段は3000円以上から送料無料のようです。)

わきがの為だけなら500gもいらないのですが、より少量のミョウバンは送料が発生するので、こちらを購入しました。

だからこそミョウバンの他の使い道を調べることになり、結果的に勉強になって良かったです。

ちなみに私は冷蔵庫を持たない暮らしをしているので、

参考冷蔵庫を持たない暮らしの向き不向き

冷蔵庫でミョウバン水を保存しておくことが出来ません。私は北海道に住んでいるので、冬場は玄関先にでも置いておけば問題ないのですが、夏場は使いきれる分だけつくっています。

お風呂に入る前に100円ショップで購入した空の小さなスプレーに、耳かきで軽くすくう程度(耳かきの半分ぐらい)のミョウバンを入れ、そこに少しのぬるま湯(シャワー)を入れて激しく振ると白く濁り、お風呂上りにはそれなりに溶けてくれています。

厳密には一晩置くほど水には溶けてはいないのでしょうが、特に問題なく使用できています。

大抵は少し残ってしまうので、トイレの水だまりに流したり、キッチンの排水溝に流したりして、無駄なく使い切ります。

ちなみに成分がミョウバンだけのロールオンタイプもまだまだ残っているので、外泊時にお世話になっています。

これはこれでよくできたミョウバンの制汗剤です。一般的なロールオンよりも、ずっと長持ちで節約できると思います。

ミョウバン水を作るのが面倒な方は、こちらを試してみるのも良いかと思います。

【楽天】クリスタルストーン

【amazon】クリスタルストーン

私は中学生の頃から「わきが」に悩まされており、様々な制汗剤を試してきました。

「わきが」のせいで、いったいどれくらいのお金をつぎ込んできたのだろうと、ざっと計算してみると14万円を超えていました。しかも「ロールオンを一月に一本」という少なく見積もっての金額です。

学生時代に親に買ってもらっていた金額まで加えると、「わきが」のせいで相当な金額を支払っていたことになります。

おそらくミョウバン500gもあれば、それら全てを賄えていたと思います。

せめて「シャンプーをやめると、髪が増える」を読んだ数年前からミョウバン水を試していれば、それだけで1万円以上は節約できていたと思うと悔しいものです。

節約を意識している方はもちろん、そうではない方でも、ミョウバン水による「わきが」対策はコスパが抜群な上に効果が高いので、ぜひ試してみてください。

追記

ミョウバン水は一部の肌が弱い方が使用するとかぶれることがあるそうです。

肌が弱い方はパッチテスト(肘の内側などの皮膚が薄い箇所で試すこと)を行ってからの方が安心だと思います。

また消臭効果を高める為に、ミョウバンの量を極端に増やすようなこともしないでください。同様の理由でかぶれる可能性があります。


down

コメントする