節約はレジャー!

体重計に乗らない方が本質と向き合えるのかも知れない

ダイエットに体重計は必須アイテム?

体型維持や健康の為に日頃から体重計に乗ってチェックすているという人が多いと思いますが、私は体重計に乗らなくても体型を維持することが出来ています。

会社の健康診断や温泉の脱衣所などでたまに乗る程度です。おそらく年に数回しか体重計に乗っていません。

しばしばダイエットを成功させる為には、毎日の体重の変化をチェックする必要があるといった情報がありますが、これは本質ではないように感じます。

全く同じ身長で同じ体重だとしても、同じようなスタイルかというとそうでもありません。若い頃と同じ体重でも筋肉が落ちていると、だらしないスタイルになってしまうものです。

体重の数値を目安の一つにするのは良いと思いますが、体重だけで判断してしまうと本質から遠ざかってしまうように感じます

人によっては適度に筋肉を鍛えることが良いのかも知れませんし、現在の活動に十分な筋肉量に適した体重はもっと少ないのかも知れません。

体重計に頼るのが悪いわけではありませんが、それだけだと本質を見誤ってしまう可能性があります。

実はこれは節約における家計簿の関係と似ています。

家計簿は必須!?

家計簿をつけてお金の流れをチェックするようになると、無駄な出費の項目を理解しやすくなるので、節約にとって有効に働くケースが多いのですが、そもそも無駄な出費をしていないレベルの人にとっては、単純に手間が増えるだけです。

最近は家計簿アプリに銀行口座やクレジットカードを紐づける事もできますし、レシートの情報を読み取るようなものもあるので、昔ほど手間は掛からなくなっていますが、だからいって全ての人に必要なものではありません。

家計簿で一括管理をするより、銀行口座やクレジットカードを整理するだけで十分かも知れません。

節約家である私自身も家計簿は付けていませんが、そもそも無駄な買い物をしないように意識しているので、購入してから後悔するようなことがありません。わざわざ家計簿で見直さなければならない情報がないということです。

もちろん何にお金を使ったかた分からないような浪費家の人が家計簿でチェックするようになれば、様々な気づきが得られて節約の役に立つとは思いませんが、ある程度のレベルに到達した人にとっては不要な作業です。

参考節約に家計簿は必要なのか?

ダイエットにおける体重計の役割も同じような気がします。必ずしも全ての人に必要なものではありませんし、むしろ体重計に頼らなくても良い状態を目指した方が、よりベストな体型に近づけるのではないでしょうか。

日々の誤差

そもそも体重は一日の中でも大きく変動するものです。トイレに行った後で300gぐらい減ることは珍しくありませんし、水分が不足している朝一と食後では随分と差があるものです。

スポーツ選手が試合後に体重が4キロぐらい落ちることは珍しくありませんが、身体を動かす仕事をしている人でも近い変化がありますし、便秘で体重が増えるようなことも珍しくありません。

僅かな体重の変化に敏感になる必要はありません

風邪をひいて食欲が落ちると体重が数キロ落ちるものですが、だからいってベストな体調なのかというと全く違うはずです。

体重計を目安の一つとして活用するのは構いませんが、自分の身体の調子が良い状態を理解する方が、より本質にアプローチすることが出来るはずです。

たまに銭湯などに行くと、サウナと体重計を行ったり来たりしているおじさんを見かける事があるのですが、これも本質からは随分とかけ離れた行動なのではないでしょうか。

参考サウナで初めて整ってみた

体重計の細かな数字に一喜一憂してしまっているばかりに、今日は後500g余裕があるからと余計な物を食べる口実になってしまうかも知れません。

あるスタイルの女性モデルが語っていたのですが、その人も体重計には一切乗らないそうで、お風呂に入る前に鏡でチェックするだけで抜群のスタイルを維持していました。

体重が増えてきたからと極端な食事制限をしてしまうと、お腹だけでなく胸の脂肪なども失われてスタイルが崩れてしまうので、日々の体重の数値に一喜一憂するのではなく、気になった箇所の筋力トレーニングをして引き締めるのだそうです。

こちらの方がモデルの仕事としてベストなスタイルを維持しやすくなるのは、イメージできるのではないでしょうか。

家計簿をチェックするのも同じです。不幸が続いて出費が増えたからといって、生活に必要な箇所まで無理に節約をしてしまうと支障が出てしまいます。

大切な人の結婚式で出費が控えているからと極端な節約をしてしまうと、健康を害して結婚式に行けなくなるかも知れませんし、人間関係にも影響が出てしまうかも知れません。月単位の出費に目を光らせ過ぎてしまうと、大切な物を失ってしまう事があります。

明らかに太っている人や浪費家にとっては、これらは管理する為に便利なアイテムではありますが、日頃からある程度のコントロールが出来ている人にとっては、体重計や家計簿といったものは、必ずしも必要なアイテムではありません。

まとめ 本質と向き合おう

体重計は高い物ではありませんし、それほど場所も取らないので無理に処分する必要はありませんが、体重計の数値ばかりに頼るのではなく、全身のバランスを意識してより本質(健康)にアプローチするようになってほしいと思います。

しばしば健康の為に良かれと思って取り入れていることが原因で、健康を害してしまう人がいるものです。テレビで「現代の日本人には○○が不足している」という情報を目にしたからといって、全ての日本人に当てはまるわけではありません。

多くの成人病は栄養不足ではなく栄養過多が原因なので、健康に良い栄養素をプラスすることが良い結果になるとは限りません。ビタミン豊富な果物を食べるようになったせいで、糖質過多になって悪化してしまうかも知れません。

お医者さんの管理の元に不足している栄養素を摂取するのは良いと思いますが、不足もしていない栄養素を過剰に摂取しても意味がないどころか、リスクになってしまいます。お金や手間をかけて損をするような事は避けるべきです。

体重計の数値も少し似ています。身長に対する体重の割合を示したBMIという数値がありますが、骨の太さや筋肉量によって人それぞれ適した体重が違うので、必ずしもBMIの適正値がベストな体重とは限りません。

血圧が平均より高いからといって全く健康に問題がないという人がいるように、自分の体感も無視するべきではありません。降圧薬を飲んで体調が崩れたり、副作用に悩まされる人も珍しくありません。

良かれと思ってやっている事が、結果的にマイナスになってしまう事があるということです。

体重計の数値を目安の一つにするのは構いませんが、そこだけに頼ってしまうと本質を見誤る可能性があるので気をつけてほしいと思います。

若い頃と体重が同じでもポッコリお腹では健康な状態とはいえないはずです。体重を気にするよりも、腹筋や背筋を鍛えて良い姿勢を取り戻すことがベストかも知れませんし、長時間のデスクワークの椅子の高さを変える事がベストかも知れません。

他にもトボトボとした歩き方が原因なのかも知れません。そのトボトボした歩き方も靴選びが間違っているのかも知れませんし、きちんと靴紐を結ぶことが有効かも知れません。

参考靴の大切を感じた出来事

様々な要因が複雑に絡まった結果、お腹周りに脂肪が付いてしまうので、単純に体重を落とすことだけがベストな選択肢になるとは限らないということです。

体重計の数値ではなく鏡に映った全身のスタイルを気にするモデルさんのように、より本質と向き合うことが大切なのではないでしょうか。

一般の人がモデルのような体型である必要はありませんが、日頃から姿勢の崩れや肌荒れのような身体の調子と向き合う習慣をもつことで、トータルバランスを整えられるようになると思います。

風邪を引いた時に体温計を使用するのは構いませんが、日常的に体温計を使用していると、特に身体の調子が悪いわけでもないのに、体温が上がっているのを見た途端に具合が悪くなってしまう事があるものです。

ちょっとした運動でも体温は変わりますし、食事をした後でも体温は変化します。風邪を引いたときの目安に使うのは良いと思いますが、日頃から一喜一憂するものではありません。

何の為に体重計に乗っているのかと、改めてよく考えてみてください。数値だけに囚われてしまうと、ポッコリお腹のまま足がガリガリになってしまうかも知れません

BMIといった数値を目安にするのは良いと思いますが、必ずしも全ての人に当てはまるわけではないという当たり前の事を見逃さないでください。

メタボ検診の目安のように、年代も身長も骨格も無視した目安など、あまり当てにならないものです。

毎朝トイレにいった後に体重計に計るような事であれば、ある程度の安定したデーターになるとは思いますが、それだって前日に食べた食事の塩分量によって、体内に必要な水分量が変わってしまうもので、結構な差となってしまいます。

そのような微差に一喜一憂するのではなく、鏡の前にうつっている現実の体型と向き合った方が、より目指している体型に近づけると思いますよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]