節約はレジャー!

手荒れが治らない人は対策だけでなく根本的な原因と向き合おう!

手荒れが治らない人の特徴

知り合いに手荒れが酷くてハンドクリームが手放せない人がいたのですが、半年ぐらい前に自分の皮脂で乾燥した肌を潤す方法を教えてあげると、かなり改善してきたという嬉しい連絡が届きました。

自分の皮脂というのは顔や髪に分泌される皮脂のことです。おでこのように皮脂の分泌が多いところに触れて手のひら全体に馴染ませてあげると、たちまち乾燥が収まります。自分の油なので副作用もありません。

これはある美容家が数十年前に出版した本で紹介されていたテクニックなのですが、いまだに浸透していないのが不思議です。

おそらくテレビや雑誌でこのような情報を紹介してしまうと、手荒れ対策の商品を販売しているスポンサー会社から嫌われてしまうので、なかなか大きな声で伝えられないのではないでしょうか。

ハンドクリームなどには防腐剤や着色料や香料などが含まれているので、肌にとって不要な成分が多いものです。ワセリンのようなシンプルなものであれば害も少ないと思いますが、女性向けのオシャレなハンドクリームほど余計な成分が含まれているものです。

これらのようなものでも手荒れを抑えることができるかも知れませんが、これは対処療法なのでいつまで経っても完治することはありません。

手荒れを改善したいのであれば、やはり根本的な原因と向き合う必要があります。

手が荒れる理由

手が荒れてしまう理由は様々ですが、多くの人は何かしらの理由で手の皮脂が失われてしまっているからです。

美容師のように頻繁にシャンプーをすると手の皮脂が失われていきますし、看護婦のように頻繁に手を洗ったり、アルコール消毒をしていても失われていきます。

仕事の都合で手が荒れてしまう場合は、ハンドクリームなどで積極的に補うのも仕方がないのですが、自宅であれば対策はそれほど難しくありません。食器を洗う時にゴム手袋をしたり、食洗機を導入するのも一つの手段です。

参考食洗機のメリットとデメリット

手が荒れにくい食器用洗剤などもありますが、そのようなモノに頼るよりも根本的な原因と向き合った方が改善する可能性が高まります。

シャンプーだってゴム手袋をすることができますし、私のようにシャンプーや石鹸を使わないという選択肢もあります。

参考脱石鹸・シャンプーで肌質改善!

「そんなこと出来るわけがない!」と感じる人も多いと思いますが、正しい知識を知ると無理なく移行できると考えられるようになるものです。

行き過ぎた清潔は身体の免疫力を衰えさせるので、僅かな刺激にも過敏に反応してしまうようになります。昔の日本人や発展途上国の人達のように、潔癖症でなくても肌荒れや手荒れがない人達がいると知ることも大切です。

自宅に帰ってきたら石鹸で手洗い、うがい薬を使用するのが当たり前と考えている人もいますが、そのような事をしなくても平気な人は少なくありません。

アメリカ人男性と結婚した日本人女性の本で、うがいをしていると夫に笑われたというエピソードがありました。「そんなことをしているから日本人は病気になりやすいんだよ」と言われ、実際に夫は全然風邪をひかないとのことでした。

もちろん不潔な状態が良いというわけではないのですが、空気清浄機や抗菌グッズなどで徹底することが必ずしも良いとは限りません。こんな本が出ているほどです。むしろ清潔が原因で引き起こされているケースがあることを覚えておいてください。

ニキビ対策として徹底した洗顔を勧めている人が多いですが、昔の人は洗顔フォームや化粧水を使用しなくてもニキビなど出来ませんでした。自然界の動物も同じです。

参考ニキビ対策にお金はいらない!

手荒れも過度な対策が逆効果になっているケースがあります。石鹸で手を洗って皮脂が失われてしまう度にハンドクリームで補ってしまうと、自ら皮脂を分泌する必要がなくなるので皮脂腺が正常に働かなくなってしまいます

手荒れ対策をすることが悪いわけではないのですが、根本的な原因と向き合って手が荒れない環境づくりも忘れないでください。

手荒れにだけアプローチしない

手荒れを改善する為に保湿してから手袋をはめて寝るという方もいますが、手荒れにだけにアプローチするより、全身の健康と向き合った方が改善する可能性が高まります。

手は皮脂を奪われる機会が多いだけに荒れやすくなりますが、手の皮膚と同じように全身の皮膚の状態が悪くなっているかも知れません。

これは目の下のクマで考えるとわかりやすいのですが、目の周辺の皮膚は薄くて柔らかいので、ストレスや寝不足などで血行が悪くなると真っ先に症状として表れます

目の下を優しくマッサージして血行を促すことが悪いわけではないのですが、目の下だけ血行が良くなっても全身の血行が良くなるわけではありません。クマという症状は軽くなるかも知れませんが、根本的な血行不良は解決していないということです。

肩こりが原因で首から上の血流が悪くなっているのであれば、むしろ肩をマッサージした方が効果的かも知れません。さらに肩がこる原因と向き合い、デスクワークの人なら姿勢を改善する椅子を導入することが、より適しているかも知れません。

足の冷え性対策も似ています。足の毛細血管に勢いよく血液が届かなくなることで冷たくなってしまうのですが、足先を温めて痛みや辛さが和らいだとしても、全身の血液の流れが改善したわけではないので冷え性は治りません。

足を温めることが悪いわけではありませんが、それと同時に足先まで血流を届けられるような全身の運動やストレッチを取り入れた方が、根本的な解決になるようなことです。

手荒れやクマや冷え性のようにピンポイントで対策をしたくなる気持ちもわかりますが、全身の健康に目を向けた方が根本的な解決に近づくということです。

栄養失調で肌が弱っていると、洗剤などの影響が受けやすい手が荒れてしまいますが、そこでハンドクリームなどで対策をしても根本的な解決には向かいません。栄養バランスを整えたり睡眠環境を整えることで全身が健康になり、皮脂の分泌も正常になって手荒れも改善しやすくなります。

まとめ 症状は一部でも原因は様々

西洋医学は戦争で進歩してきた医学です。基本的に対処療法なので外部からのケガの対策としては優れていますが、様々な原因が複雑に絡まりあっている病気だと症状を抑えることしか出来ません

風邪による高熱や鼻水やのどの痛みなどの症状を抑えることは得意ですが、風邪を治せるわけではありません。むしろ症状を抑えてしまったこと(ばい菌を排出する鼻水など)で、回復が遅くなることも珍しくありません。

あくまでも風邪を治すのは自分の力(免疫力)です。

一方で東洋医学はこの免疫力を高める(正常にする)ための医学です。体温が低い人には生姜のような身体を温める漢方薬が効果的ですが、体温が高い人には毒になってしまうので、万能薬のようなものは存在しません。

あくまでも患者の状態を正常に近づける手助けとして漢方薬を利用するのが東洋医学の発想です。症状は目の下のクマのように弱い箇所に出ますが、影響は全身にあるので全身にアプローチして改善を目指していきます。

手荒れが治らない人というのは、西洋医学的な対処療法ばかりに頼っている可能性が高いです。手荒れを抑えることには有効かも知れませんが、同時に手が荒れる原因とも向き合って根本的に改善していく必要があります。

美容師や看護婦のように明らかに手が荒れてしまう原因がある方は仕方がないですが、普通の生活をしているのに手が荒れてしまうという人は、手荒れ対策をするだけでなく全身の健康と向き合ってみてください。

血圧が高い人というのは血圧を上げないと全身にくまなく血液を届けられなくなっているからです。これを無理やり薬で下げてしまうと、血液が届かなくなった箇所に不具合が出てしまいます。

一方で生活習慣を見直して血液の質が良くなったり筋肉がスムーズに動きやすくなると、血液の流れが改善されて血圧も正常値に戻っていきます。

もちろんお医者さんの判断で危険な高血圧になっている場合は、適格に処置してもらう必要がありますが、薬で下がったから安心だと生活習慣を改めないでいると、一生薬を飲み続けて副作用に悩まされることになってしまいます。

手荒れに悩んでいる人も手が荒れてしまう原因を遠ざけるのと同時に、全身の健康と向き合ってみてください。人によっては便秘を改善することが最も効果的かも知れません。全身が健康になって手荒れが改善してくれば、冒頭で紹介した人のように自らの皮脂だけで潤うようになるかも知れません。節約的にもおすすめの方法です。

私も昔はお風呂上りに全身が乾燥して痒くなるので保湿クリームを塗りたくっていたのですが、石鹸やシャンプーを使わなくなると何もしなくても良くなりました。

今でも食器を洗った後は手が乾燥して指の間の水かきが白っぽく乾燥してしまうことがありますが、おでこの皮脂を馴染ませてあげるだけで、直ぐに潤いを取り戻すことができています。

肌の乾燥は革製品のメンテナンスで考えると分かりやすいのですが、財布のように頻繁に手が触れる革製品というのは、わざわざ手入れをしなくても綺麗な状態を保てるものですが、革靴のように触れる機会が少ない革製品ほど乾燥してひび割れてしまうものです。

スマホの画面を綺麗に拭いても少し使うだけで皮脂がベタベタにつくように、人間の肌には自然と皮脂が分泌されているので、わざわざハンドクリームなどで補う方が不自然な状態です。

必要以上に皮脂を取り除かないで身体が健康な状態であれば、手荒れも収まって正常な状態に戻っていくので、全身の健康と向き合うことを忘れないでください。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。