節約はレジャー!

目の疲れを取る方法よりも目が疲れない環境に投資しよう!

目の疲れを取る方法

パソコンやスマホの普及に伴い、目の疲れを感じやすくなったという方も多いと思います。

私自身もよくタブレットで電子書籍や雑誌を読むので、目の疲れを感じることがあります。

一般的によく言われている目の疲れを取る方法として、

  • 目を温める
  • 目をつぶる
  • マッサージをする

などがあり、どれも気軽に行えるので悪くはないのですが、最近は目の疲れを取るための専用のグッズが増えてきました。

代表的なものだと目薬でしょうか。それほど高いモノではありませんが、目薬の中には劣化を防止する為に防腐剤が入っていたり、爽快感を得やすくする為の刺激物が入っていることもあります。

何となく目がスッキリとした印象になったとしても、それが必ずしも目に取って良いとは限りません。

冷静に考えてみると、「キターーーーーー」と叫びたくなるほどの刺激物を目に入れるなんて、傷口に塩を塗り込むようなことなのかも知れません。

眼科などで処方される目薬だと、一度で使い切れる小分けパックになっていることもありますが、一般的な目薬には余計なモノも含まれているものです。

目が乾燥している時というのは、基本的に目をつぶるのが一番です。一分ぐらい目を閉じているだけで、目薬なしでも潤ってくれます。

さらに最近では目を温めたり、マッサージをするグッズも売られるようになりました。

わざわざこのようなグッズに頼らなくても、目を温めるのは簡単です。

目の周りの皮膚はとても薄いので、目をつぶって太陽を見ているだけで、ほんのりと目の周辺が温かくなっていくことを感じることが出来ます。

室内や夜でも手を擦り合わせ、摩擦熱で温まった手のひらで目元を軽く覆えば、ほんのりと温かくなってくれます。

さらに目の疲れを取るマッサージやツボにもリスクがあります。目の周りの皮膚はとても薄く柔らかいので、強い刺激を与えると傷ついてしまう可能性があります。

目の下のクマが出来る主な原因は、血行不良によるものなのですが、もう一つの原因としてマッサージなどによる色素沈着というケースがあります。

プロが優しく丁寧に目元のマッサージを行ってくれるのであれば、このようなリスクは避けられますが、素人判断で適当に行ってしまうと、益々状態が悪化する可能性があります。

目の疲れをとるライフハック一般的な目の疲れを取る方法というのは、決して悪いわけではないのですが、良かれと思っていても悪化させてしまうケースがあるということです。

目が乾きやすい職場環境であれば、目薬に頼るのもいいのですが、普段から目薬に頼ってしまうと自分の涙が出にくくなってしまうかも知れません。

目の疲れを取る専用のグッズにお金をかけるのであれば、むしろ目が疲れない環境に投資をするべきです。結果的に節約にもなりますよ。

目が疲れない環境とは?

目が疲れない環境というのは、目が疲れる原因と向き合うことで分かります。

スマホによる目の疲れであれば、スマホの明るさ調整するようなことです。オート機能で変わるものもありますが、それでも真っ暗な中だと明るすぎるケースがあります。

その場合はブルーライトをカットするアプリで調節したり、ブルーライトカットのフィルムを貼ったりするなどの対処が出来ます。

デスクワークのパソコンであれば、目に優しいモニターに買い替えることだったり、高さや向きを調整したり、デスクや椅子に投資することも当てはまります。

古い液晶モニターだと少し角度が変わるだけで見えにくくなってしまうものですが、現在の液晶モニターでも長時間使用するとなると、僅かな角度のズレでも眼精疲労につながるものです。

また椅子の高さが合っていないと、長時間良い姿勢を保つことが出来ません。

これらのように目が疲れる原因そのものを軽減することが出来ると、わざわざ目の疲れるを取る方法に頼らなくて良くなります。

もちろん肩や首の負担も減るので、全身の健康という意味でも効果的です。

目元のマッサージをしても、目元周辺の血行しか良くなりませんが、身体全体を動かすと全身の血行が良くなるようなことです。

そもそも目元の血行がだけが悪くなることはありません。たまたま目元の皮膚が薄いので、血行不良の状態がわかりやすいだけです。

なので目元を温めたり、マッサージをしても根本的な解決にはなりません。

これは冷え性で考えると分かりやすいと思います。冷えている箇所を温めると症状は和らぎますが、根本的な冷えの原因は治らないようなことです。

運動などをして冷え性と向き合うように、目の疲れもグッズに頼るだけでなく、根本的に解決する方向を目指した方が、身体にとってもお財布にとっても良くなります。

目が疲れる原因も色々あるので、自分なりに目が疲れる原因と向き合って対策するようにしてみてください。

テレビを良く見る方なら、テレビのモニターの明るさや部屋の照明やソファーの位置を調節することで目が楽になるかも知れません。

よく本を読む方も同様です。ちょっと証明の位置を調節するだけで、随分と楽になることがありますよ。

また体力や治癒力のある若い頃であれば、一晩眠るだけで目の疲れが回復するかも知れませんが、年齢を重ねるごとに完全に回復しなくなるかも知れません。

だからこそ目の疲れをとる方法ばかりに囚われるのではなく、目が疲れない環境に投資した方が良いということです。

まとめ 目の疲れの本質と向き合おう

目の疲れをとる方法が悪いわけではありませんが、同じお金をかけるのであれば、目が疲れない環境に投資した方が、目に優しいのはイメージできるのではないでしょうか。

会社のパソコンとなると、好き勝手に変えるわけにはいかないかも知れませんが、椅子に座布団を敷いたり、モニターの下に物を置いて高さを調整することは出来ると思います。

ノートパソコンだとモニターの高さを調節できませんが、最近はこのような商品もあります。

キーボードも使いやすいものを選べるので、長時間のデスクワークの方であれば、投資する価値があるのではないでしょうか。

ちなみにマウスとの相性も、意外と疲れと関係していますよ。

パソコンモニター用のブルーライトカットフィルムもありますし、ブルーライトカットの眼鏡を使用することも出来ます。

普段から眼鏡をかけている人であれば、デスクワーク用に視力を弱めた眼鏡を作ることも効果的です

一般的な眼鏡の視力は1.0に合わせることが多いのですが、デスクワーク用だと0.6~0.8ぐらいです。

さらにレンズも口角の広いタイプを選ぶことで、視線を動かしたときの歪みが少なくなり、目が疲れにくくなります。

実際に私もデスクワーク用の眼鏡を作っているのですが、とても目が楽になりました。

きちんとした眼鏡屋さんであれば、デスクワーク用に鼻パッドなどで角度まで調節してくれます。

目が疲れにくくなると仕事のパフォーマンスも上がりますし、肩こりや首や背中の痛みなども軽減するかも知れません。

疲れた身体を癒す為に温泉に行ったり、サプリメントを取っていたり、整体に行っているという人であれば、それらの費用も節約できるかも知れません。

目の疲れに限ったことではありませんが、癒すことにお金を掛けるよりも、疲れの原因そのものを減らすことに投資した方が、結果的にコストパフォーマンスが良いものです。

目の疲れを感じた時は、目をつぶりながら手を擦り合わせ、温まった手のひらで目元を覆ってあげるだけでも効果があります。

目の渇きも1分ぐらい目をつぶっているだけで潤うので、あまり余計なお金をかける必要はありません。

目が疲れる原因(本質)と向き合い、最適な解決策を見つけてください。

目が疲れるという本質から目をそらしていると、目の疲れを癒すことばかりを繰り返すことになり、お金も掛かって目も消耗しきってしまいますよ。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しています。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]

電子書籍情報

縁があって当サイト「節約はレジャー!」の内容をまとめた電子書籍(amazon)が出版されました。

価格を抑えてもらい、さらにamazonのkindle unlimitedで無料で読める設定にしてもらえたので、良ければ読んでみてください!

一冊目の「節約の魔力」では節約の凄さ、メリットについて詳しく紹介しています。



二冊目では具体的な節約のテクニック、効率の良い手順について紹介しています。



当ブログの内容を元に加筆・修正・再編集を行い、わかりやすくまとめました。よろしくお願いします。