節約はレジャー!

安易にコードレスの商品は選ばない方が良いと思う

コードレス(ワイヤレス)は便利?

最近は様々な家電製品がコードレス化されるようになりましたが、コードが無くて使いやすい反面、充電池の劣化などの問題が出るようになりました。

私自身もいくつかコードレス(ワイヤレス)の商品を購入した事があるのですが、結局はコード有りの物の商品に戻した事が多いです。

コード有りの方が価格が安い事も多く、余計な電池がないので本体も軽くて交換の手間もないので、むしろ使い勝手も良い事があるものです。

もちろんコードレスの方が使いやすいものもたくさんありますが、それほど頻繁に使わないものであれば、あえてコード有りを選んだ方がお得な事が多いと感じています。

失敗だったコードレスの商品

ここからは私がコードレスで失敗したなと感じた商品を紹介します。

まずはアイロンです。コードレスのアイロンは置台に設置する事で温められるのですが、ちょいちょいこの待ち時間の為にアイロン作業が滞っていました。

現在はコード付きのものを使っているのですが、コードの煩わしさを差し引いても仕上がりが早くなったと感じています。スチーム用の水が残っていても最後に一気に噴射して使い切る事ができるのですが、コードレスの時は大量に余ると何度か充電しながら噴射していて面倒でした。

次は電池式のデスクライトです。これは貰い物だったのですが、電池が一週間も持たないのでバカバカしくなってしまいました。移動できるのは便利でしたが、そもそも照明器具を移動する機会などそうあるものではないので、たいして必要な機能ではありませんでした。

他にもパソコンのキーボードやマウスもコードレスからコード有りに戻しました。そもそもキーボードなどは動かすものではないので、コードが煩わしく感じる事などありません。電池交換が面倒なだけでした。

マウスはコードがない方が使いやすいとも感じたのですが、電池のせいで重量が増して疲れやすくなってしまいました。

そもそもマウスパッドから出るような操作をしないので、コードが有ってもたいして邪魔になりません。それに電池カバーの隙間にゴミが溜まってしまうので、定期的に掃除をする手間も増えてしまいました。

どちらもたまに電池が切れてびっくりさせられますし、電気代の方がずっと安いのでコードレスのメリットを感じる事はできませんでした。

またノートパソコンも手放しました。ノートパソコンは充電池が劣化してコンセントに挿しっぱなしだとしても、デスクトップよりも電気代が安いので節約という意味では有効なのですが、どうしてもキーボードの位置が悪いので使い勝手が良くありません。

モニターの位置(高さ)も調節できないので、デスクワークで疲れやすくなってしまいました。

このノートパソコンを使っていた当時に無線のマウスを購入したのですが、その理由はノートパソコンのUSBポートがサイドにあり、それが理由でマウス操作を妨げていたからです。

これもデスクトップパソコンに戻した事で関係なくなったので、コード有りの方がずっと使い勝手が良くなりました。

現在のノートパソコンであれば、ブルートゥース接続でUSBポートの位置など関係ないのでしょうが、ノートパソコンを持ち運ぶ事がないのであれば、電池交換が面倒で重たいだけのマウスになってしまいます。

現在はちょっとした事ならスマホで事足りるので、普段は良い座り姿勢が維持できるデスクトップパソコンの方が相性が良いと感じています。

参考正しく座る方法を意識する方法

次はイヤホンです。外出先で音楽を聴くときにはコードレスの無線イヤホンは便利なので、当ブログでも以前に紹介した事があるのですが、

参考良質なヘッドホンのすすめ

現在は純セレブスピーカーという格安で作れるスピーカーなのに、とんでもなく澄んだ音が出るものを手にしてしまった事もあり、わざわざイヤホンで音楽を聴く事が無くなってしまいました。

コードレスのイヤホンはかなり割高ですし、同程度の音質を求めるのであれば、コード有りの何倍もの価格が必要になってしまいます。コスパも良くありません。

また外出先だけに紛失のリスクも抱える事になってしまいます。最新のiPhoneはイヤホンジャックがないそうなので、ワイヤレスのイヤホンが必需品なのかも知れませんが、もしかしたら音質や使い勝手よりも、紛失して買い直す人がターゲットになっているのかも知れません

もちろんコードレスの方が便利な商品もありますが、そのような商品といのはコード有りが駆逐されてしまっています。電気シェーバーなどが分かりやすいでしょうか。

短時間しか使用しない商品であれば、充電池の劣化という問題もそれほど大きくないですし、使い勝手が良い方が便利なので、現在はコード付きの電気シェーバーなど売られていません。

コードレスを選べる場合

電気シェーバーのようにコード有りが駆逐されてしまっているような商品は別ですが、現在でもコード有りとコードレスが選べるような商品というのは、大抵はコード有りの方がコストだけでなくパフォーマンスも良いのではないでしょうか

数年前からダイソンのコードレス掃除機が人気になっていますが、充電がもたなくなって困っている人が多いものです。交換するとなると万単位でお金が掛かり、純正品ではない安い充電池を購入して発火してしまうような事故も起こっています。

私自身は掃除機を手放しているので関係ないのですが、よほど広い家に住んでいる人でなければ、コード有りの掃除機でも問題ないのではないでしょうか。

クリーニング屋でもコードレスのアイロンなど使用していませんし、音質にこだわる人ほどコードレスのイヤホンは選ばないものです。

スマホにコードがあると不便極まりないですが、そんなものは売られていませんし、コードレスの方が圧倒的に優れている商品なら、そもそもコード有りは無くなっています

だからこそ、現在でもコード有りの商品が売られているものというのは、それだけ需要があると考えられます。

これは洗濯洗剤の種類で考えると分かりやすいのですが、昔ながら粉末洗剤が未だに売られているように、どんなに液体洗剤が進化しても、価格が安くて洗浄力も高い粉末洗剤に需要があるという事です。

参考洗濯洗剤を節約する方法

柔軟剤や漂白剤もセットになっているジェルボールのような、使い勝手の良い洗濯洗剤だけで十分なのであれば、その他の洗剤などとっくに駆逐されているはずです。洗剤メーカーも製造ラインを一つに統一してコストを下げられるはずです。

実際にはそうなっていない事が、ジェルボールのような洗剤の機能がイマイチなのを物語っています。子育てに忙しい世代であれば、洗浄力よりも使い勝手を優先するような事もあると思いますが、使い勝手よりも本質的な洗浄力を求めている層には、未だに粉末洗剤を選んでいるものです。

コードレスの商品も同じで、現在でもコード有りが未だに売られている商品であれば、そちらの方がコスパ(安いだけでなく機能も)が良い傾向があるのではないでしょうか。

少し高くても使い勝手の良さに魅力を感じる人であれば、コードレスのメリットが受けられますが、たまにしか使わないような商品であれば、コード有りの方が価格が安いだけでなく、本質的な機能といった面でも納得できると思います。

まとめ 便利さの代償

コードレスになった事で使い勝手が良くなった商品もたくさんあるので、全てのコードレスが悪いとは言いませんが、電池代や充電池の劣化や交換の手間といった新たな問題も生まれてしまいます。

大事な場面で電池切れになってしまわぬように、早めに電池交換をするような事も考えられますし、想像以上に余計なコストが発生してしまいます。

本体の劣化よりも先に充電池の劣化によって寿命を迎える事もありますし、必ずしもコードレスの方が優れているとは限りません。

コードレスのような便利さの代償が意外とあるものなので、節約家の人ほど安易に手を出さない方が良いのではないでしょうか。

最近はドライヤーのようなものでもコードレスがありますが、おそらく直ぐに電池が切れてしまうのではないでしょうか。芸能人のスタイリストのような人であれば、どこでもサッと使えて便利なものなのかも知れませんが、一般の人が髪を乾かすのに向いているとは思えません。

今後は電池の進化によってコードレスに耐えうるドライヤーが普及するかも知れませんが、よほど軽くて長持ちしないと使いにくいので、まだまだ先のような気もします。

コードレスの便利さだけでなく、あらゆるものの進化には代償があるものなので、よほど新製品が大好きだという人でもない限り、安易に飛びつかない方が良いのではないでしょうか。

参考家電製品が壊れやすい人の特徴

車はマニュアルシフトからオートマに進化した事で多くの人が簡単に運転できるようになり、ハンドル操作を軽くするパワーステアリングや、ブレーキの踏力を増大するマスターバッグのおかげで、力のない人でも運転できるようになりました。

ただそのような進化のせいで、だらけた運転姿勢でも操作できるようになってしまい、危険を見落とすドライバーも増えてしまいました。

古い車を運転した事がある人は分かると思いますが、シートを倒して片手でハンドルをグルグルと回すような姿勢ではまともに運転など出来ません。

しっかりとクラッチやブレーキを奥まで踏み込む為に、腰をシートに密着させる必要がありますし、ハンドルも両手で握って操作する必要がありました。寝そべって運転など出来ません。

だからといって昔のような扱いづらい車に戻す事が良いわけではありませんが、便利さの裏に隠れてしまった要素を無視してしまうと、本末転倒になってしまう事があるものです。

何十枚ものエコバッグを持っている人が全くエコではないように、本質から外れてしまわぬように意識したいものです。

自分が求めている機能が満たされている商品を選べるようになると、安易に割高なコードレスやワイヤレスといったものを選んで、後から困るような事も無くなると思うので、しっかりと自分の基準を明確にして選ぶようにしてみてください。

私の周りでは本当にびっくりするぐらいダイソンのコードレス掃除機を買って、後悔している人達がいます。

最新家電好きの人であれば、毎年のように新商品を買っていくので電池の劣化という要因に悩まされないのかも知れませんが、一般の人が安易に便利そうだからと取り入れてしまうと、充電がもたなくなって掃除の時間が掛かるといった問題を抱えてしまいます。

高価なだけに買い替えをする決断をするのが難しく、結果的に使いにくいものを使い続ける事になってしまいます。

テレビや電気屋で凄いとアピールされているものでも、必ずしも全ての人にとって便利だとは限らないので、しっかりと自分が求めている機能を明確にして、余計な機能にお金を支払わないようにしましょう。

どんなに便利な機能でも、使わない人にとっては故障の原因や重量を増すだけの不要な機能なので、上手く見極めて節約につなげてほしいと思います。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介しているブログです。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介します。 詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]