節約はレジャー!

節約の観点から防災対策を考察!防災グッズだけではNG

防災グッズの数々

防災グッズのイラスト最近は地震による災害だけではなく、大雨や台風による被害も増えてきました。大きな災害がある度に防災グッズが人気を集めています。

私は幸いにも大きな災害に遭遇したことがないのですが、被害にあった人と話すと、防災グッズの重要性について教えられ、用意しておこうと思いました。

様々な防災グッズを見てみると本当によく考えられており、とても素晴らしいなと思うのですが、一方で防災グッズに頼るだけが防災対策ではないなとも感じました

様々な防災グッズを用意することが悪いわけではありませんが、少し違ったアプローチもあります。

そこで今回は節約の観点から防災について考察します。防災グッズを購入したからと、安心しきってしまわないように気をつけてほしいと思います。

災害の被害を減らす方法

災害による被害を減らすには、モノを減らすことが凄く有効だと感じています。

極端なことを言えば、全ての持ち物がバッグ一つに収まる人であれば避難所に全て持ち込めるわけです。被害は全くありません。

これは現実的ではありませんが、モノが多ければ多いほど被害は大きくなるということです。

詰め込みすぎの本棚そもそも大きなタンスや食器棚や本棚が無ければ倒れてくる心配もありません。家具や家電の転倒防止対策も大切ですが、それらの数を減らすことも防災対策の一つです。

子供が巣立って夫婦二人暮らしになったのにも関わらず、電気代の高い大きな冷蔵庫を使っている家庭は多いものです。

無駄な荷物が多いほどに建物が崩れるリスクも増しますし、部屋に物が散乱して足の裏をケガするといったリスクも増してしまいます。救助に来てくれた人を煩わせる事になるかも知れません。

日頃から必要のないモノを処分したり整理しておく事も、防災対策の一つなのではないでしょうか。

情報の電子化

最近は様々な情報が電子化できるようになりまし。

何百枚ものレコードを所有するには相当なスペースが必要ですが、電子データーであれば全く必要ありません。これは写真やビデオや本でも同様です。

リビングの本棚にこれ見よがしに大きな百科事典を揃えておくことがステータスだった時代もありますが、現代ではパソコンやスマホ一つで事足りるはずです。

またネット上にデーターを保管することも可能です。無料でもかなりの量が保存できます。

日頃から大切なデーターをネット上の空間にバックアップしておくことも、防災対策としても有効です。

災害時の物理的な被害が無くなるだけでなく、普段の生活のスペースといった面でもメリットが多いのではないでしょうか。

実はお金にも同じような役割があります。お金にはモノのバックアップ機能があります。

物々交換

魚を売る黒人お金がない時代は物々交換をしていました。

大きな物は持ち運ぶことが大変ですし、食べ物は鮮度が落ちます。お金に交換することは価値を保存するということです。

貯蔵に向いているのがお金の特徴です。

だからといって財布の中にたくさんの現金を入れておくという意味ではありません。強盗や紛失時のリスクが高まってしまいます。

自宅の中で札束を保管している人は少ないと思いますが、これも空き巣や強盗の被害にあった時のリスクが高まりますし、災害時に避難している時に火事場泥棒に合うリスクを下げられます。

投資目的やリスク分散で金(ゴールド)や貴重品を所有している人もいるかも知れませんが、それらも災害時にはリスク要因となってしまいます。

銀行のATM一方でお金を銀行に預けておけば安心です。仮に銀行が潰れたり襲われても、一定額までは補償されます。

強盗や空き巣は自然災害ではなく人災ですが、お金を安全な銀行に預けて管理するのも防災対策の一つとして考えられるのではないでしょうか。

お金の管理は誰でも当り前に行っていますが、同じ価値であるはずの物に対しては、管理が甘くなる傾向があります。

財布の中に必要以上にお金を入れて置かないことが強盗対策になるように、自宅の中に必要以上に物を入れて置かないことも防災対策になるということです。

貴重な絵画を自宅に飾って置くより、博物館に貸し出した方がセキュリティがしっかりとしているはずです。

仮に被害にあっても保険が掛けられているので、被害額も少なくなります。

好きで好きでたまらないような物を手元に置いておくのは良いとは思いますが、そうでもない物まで抱えていると、余計なリスクに発展する可能性があるという事です。

ユダヤ人の知恵

ユダヤの学生たち世界中で迫害を受けてきたユダヤ人は、お金や所有物や土地を奪われ続けた歴史があります。

せっかく努力してお金を貯めても、国勢が変われば紙屑同然になることもあります。

だからこそユダヤ人は子供への教育が最も価値のあるものとして捉えています。知恵さえあれば世界中どこにいっても生きていくことができるからです。

これを災害に当てはめて考えると、どんなに素晴らしい防災グッズを用意していても、その防災グッズが被害にあってしまえば意味がないということです。

必ずしも備えていた防災グッズを使用できるとは限りません。比較的安全な場所に防災グッズを備えておくことも大切ですが、それらがなくても生きていける知恵を備えることも立派な防災対策です

家族で集合場所を決めておいたり、近所の避難所を確認しておいたり、電話番号やメールアドレスを暗記したりすることも防災対策の一つです。

最近は多くの自治体で防災ハンドブックのようなものを発行しています。日頃からそれらに目を通しておくことも立派な防災対策です。お金をかける事だけが全てではありません。

また携帯電話やパソコンを紛失したとしても、大切な連絡先をネット上に保管しておけば、いずれデーターを取り出すことが可能です。

防災グッズというモノを備えて置くことも大切ですが、重要な情報を備えて置くことも大切です。

防災グッズより防災意識

防災グッズの購入代金を節約しようと言いたいのではありません。なるべくなら防災グッズとは別に飲料水も備えておくべきです。

ただし、お金さえかければ防災対策は万全というわけではありません。

防災グッズを備えているからと安心しきってしまうことにリスクがあるということです。

たとえば車の安全運転のお守りのようなことです。

ルームミラーにお守りをぶら下げて安全を願うことが悪いとは言いませんが、本当に安全のことを考えるのであれば、お守りの購入代金で運転の本を購入して勉強した方が、ずっと安全運転につながります。

「ちゃんと免許を取得したのだから問題ない!」

と考える人が多いのですが、自動車の進化と共に細かな交通ルールは年々変更されています。シートベルト着用や携帯電話禁止のような大きな変更は、新聞やテレビで紹介されますが、細かな変更点は伝わっていないかも知れません。

そもそも車の免許の学科試験は「90点」で合格します。間違えた10点を指摘されることもありません。ルールを間違えたまま車の運転をしている人が珍しくないということです。

そのような人でも、たまに車の運転の本を読んで学んでいけば、より正確なルールや技術を知ることになりますが、多くの人は「自分の運転は間違っていない」と確信し、問題なのは周囲だと決めつけ、神頼み(お守り)だけになってしまいます。

防災グッズはお守りと違い、きちんとした機能、役割があるので全く同じとは言えませんが、「防災グッズがあるから安心」と油断してしまうことが問題だということです。

だからこそ、日頃から防災に関する知識を学ぶことだったり、そもそもの被害を減らす為の工夫、物の整理や処分や管理が大切になります。

さらに言うと、健康管理だって立派な防災対策です。不摂生な生活で動けなくなってしまえば、人助けなどできるはずがありません。

また必要以上のモノを所有しないということも立派な防災対策です。全財産を自宅に保管していると一溜りもないですが、ある程度銀行に預けていればやり直すことができるかも知れません。

身軽になればフットワークが軽くなります。一方で背負う物が多いとフットワークは重くなります。これは物理的なモノだけに当てはまることではなく、情報や精神的なことにも当てはまります。

たくさんの銀行口座やメールアドレスを使用していると管理が大変になります。そのようなモノも日頃から整理しておくことで、精神的な荷物を減らすことにつながります。

本当に大切な家族や物を守る為にも、それほど大切ではない物の整理をしてください。節約という意味でも効果的ですが、自然と防災対策にもなってくれます。

不必要な物に邪魔されて、本当に大切な物を見失わないように気をつけてください。

まとめ 備えるとは

防災グッズを備えておくことは素晴らしいことですが、同時に防災意識も備えておいてください。車のお守りのように安心しきってしまうと、そこからの成長がありません。

防災対策に対して意識をもっていると、「カップラーメンを水で戻す方法」といったちょっとした情報にもアンテナが反応するようになり、必要以上に保存食といったものが無くても大丈夫だと考えられるようになるものです。

炊飯器でお米を炊くのが当たり前だと思っていると、停電しただけで食べられなくなると考えてしまいますが、普通の鍋やフライパンでも簡単にお米が炊けると知っていると、ガスや焚火でも対応できるものです。

参考炊飯器は必要ない!?

日頃から防災意識をもっているだけで蓄積されていく知識に差が出るので、いざ被害にあった時の行動力に差が出るのではないでしょうか。

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。

家が火事になった時に高価な家具や大きな仏壇を背負って出てきたことに対して、人間は追い詰められると普段以上の力を発揮することを表した言葉です。

大切な家族を守る為に発揮される「火事場の馬鹿力」であれば素晴らしいですが、家具や仏壇の為にリスクを背負うことはないと思います。ご先祖様だって仏壇を守る為に家事の中に突っこんでいくことは望まないでしょう。

大切なモノの基準は人それぞれですが、よくよく考えてみると、それほど多くはないと思います。本当に大切なモノの為にも、日頃から不必要なモノを手放して、フットワークを軽くしておくことも防災対策の一つなのではないでしょうか。

地震で地盤が悪くなることもあります。川が決壊することもあります。土砂崩れが起こることもあります。物だけでなく土地や家にこだわり過ぎないといった事も重要になるかも知れません。

先祖代々の土地やお墓を守る為に、子孫がリスクにさらされてしまうことを先祖は望んでいないはずです。きっとご先祖様は子孫が元気に健やかに暮らすことを望んでいるのではないでしょうか。私が先祖ならそう思います。

本当に大切なモノを守る為にも、日頃から防災意識をもち、不要な物を減らして身軽になっておくのも、防災対策なのではないでしょうか。

防災意識を備えるのに特別なお金は必要ありません。意識が高まるにつれて物や情報が整理されていくと、精神的にも金銭的にも余裕が生まれてきます。そのタイミングで改めて自分の環境に相応しい防災グッズを選択した方が、より最適な防災グッズになるのではないでしょうか

一週間分の食糧を備えるといっても、災害時に一日三食しっかりと食べなければならないわけではありません。

防災グッズの中には素晴らしい食事を備えているものもありますが、果たして災害時に美味しく食事をお腹いっぱいに食べる必要があるでしょうか

必ずしも災害時に熱々で美味しい料理や満腹さを求める必要などないはずです。

山で遭難した人が一週間ぐらい水だけで生きていたようなニュースがあるように、人間はちょっとの食料と水さえあれば、それなりに生きていけるものです。その為に脂肪は蓄えられています。

もちろん家族の大きさに合わせて保存食といったものを備えることは大切ですが、普段からあるお米や乾麺やインスタント食品のようなものでも、普通に保存食として機能するので、必要以上に備える事はないはずです。

防災グッズが満載で重たいリュックより、ほどほどの防災グッズの方が素早く避難できるかも知れません。

必要十分な量をしっかりと見極め、身軽に日々を暮らしていく事で、結果的に防災対策として機能します。無駄な物を持たない節約家であれば、その事が既に防災対策として機能しているものです。

普段から必要以上に食べて身体が重たくなっていると、災害時に適切に動くことなど出来ません。

きちんと防災意識をもっていると、太るような事も無くなるのではないでしょうか。

本当に大切なものや家族の為に日々を大切に生きる事こそが、一番の防災対策になると思うので、安易に豪華な防災グッズを買ったからと安心するのではなく、防災の本質と向き合う事が大切なのではないでしょうか。

追記 胆振東部地震

この記事を書いてしばらくして、北海道胆振東部地震に見舞われました。その事については別のところで詳しく紹介したのですが、

参考胆振東部地震を体験した感じた事

私は冷蔵庫を手放している事もあり、丸二日間の停電になっても困る事もなく、被害はコップ一つが割れたただけで済みました。

地元のスーパーやガソリンスタンドに行列が出来たりしたのですが、私は普段からある食材(お米、乾麺など)を計算して、一日一食にすれば余裕で一ヶ月は持つと分かったので、何も買い急ぐ必要はありませんでした。

防災グッズのセットは用意しておらず、個別でロウソクと飲料水だけは用意していたのですが、水道は出たのでロウソクだけで十分でした。

持病があったり小さな子供や病気の家族がいるとなると、それなりに備える必要はあると思いますが、もし私が豪華な防災グッズを持っていたとしても、これといって役に立つものがあったとは感じませんでした。

家が崩壊するような大きな被害があれば別だったかも知れませんが、それこそ防災グッズを持ちだす事も出来ないわけで、どれほど意味があるのか疑問でした。

自宅の離れの倉庫に保管しておいたり、車に備えておくようなケースであれば良いのかも知れませんが、自宅の中で防災グッズのアイテムが役立つのであれば、そもそも普通にある物で代用できるのではないでしょうか

部屋に余計な物がなければ、大きな地震がきても物が散乱する事もありません。枕元のスニーカーを用意しておくような防災対策もありますが、スッキリと片付いている部屋なら必要ないかも知れません。

防災グッズを用意する事が悪いわけではありませんが、日頃から防災意識をもち、被害が少なくなるような工夫を取り入れておく事で、必要以上に豪華な防災グッズを所有する必要はないのだと改めて感じる出来事となりました。

東日本大震災のような、より大きな災害を経験した人だと、また違った意見になるのかも知れませんが、不要な物を手放したり、所有している物や量をしっかりと把握していれば、必要以上に備える必要はないと思います。

「備えあれば患いなし」とは言いますが、備えているから安心しきってしまうと本質を見誤るかも知れないので、日頃から物や情報の整理をし、シンプルな生活を心掛ける事が大事なのではないでしょうか。

down

コメントする




節約はレジャーを書いている人

光司

光司

離婚を経て人生のどん底を味わってから節約に目覚めたアラフォー男子の光司(コウジ)です。 実際に役に立った節約情報やオリジナルの節約方法を紹介します。 お金のかからない健康法や節約が上手くいく人の考え方など、様々な観点から節約について紹介するブログを目指しています。 より詳しいプロフィールはこちら⇒ [詳細]